祝Queenの日!フレディ・マーキュリーの年代別ファッション&ヒットソングまとめ

ちょっとわかりづらいので日本の場合で例えて質問させていただきます。

円安を抑制するために日銀が為替介入したとしたら
日本円を買うということになって、
市中の日本円を回収した(またはそれに近い状態)ということにはなるのでしょうか?
その逆も同じことが言えるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ドル売り介入の場合は、外貨準備から米国債を取り崩して工面する、そうです。



>介入する際は、財務省において外国為替資金特別会計から捻出される資金を持って取引が行なわれる。円売りドル買い介入の場合、日本の債券市場において政府短期証券(FB)を発行。1993年3月まではFBの全量を日銀が直接引き受けていたが、2000年4月からはFBの市中完全入札により介入資金を調達している。これにより調達した円資金を為替市場で売却し、ドルを買い入れる。ドル売り介入の場合は、外貨準備から米国債を取り崩して工面する。介入の実績は、財務省から公表される。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%96%E5%9B%BD …

この回答への補足

円の工面は財務省がFBという債権を利用して為替市場に参入しているということなんですね。

それでドル(外貨)を調達(円売りドル買い)し、買ったドル(外貨)は米国債(その国の債権)で持っておいてそれを取り崩したりしてドル(外貨)売り介入している。

外貨準備については財務省と日銀がそれぞれ持っている。
為替介入(外国為替平衡操作)については財務省が行う。

つまり、為替介入(外国為替平衡操作)において
市中の通貨量が変化することは無いという認識でいいのでしょうか?

補足日時:2014/10/14 01:00
    • good
    • 0
この回答へのお礼

政府短期証券(FB)というのははじめて知りました。
ありがとうございます。

お礼日時:2014/10/15 06:17

>市中の通貨量が変化することは無いという認識でいいのでしょうか?



たぶん、そうだと思いますが、私は実務的にそういったことをやっていないので確定的なことは言えません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返答ありがとうございます。


>私は実務的にそういったことをやっていないので確定的なことは言えません。

そういうのはあまり気にはしてないです
むしろ中央銀行の人が回答してたら驚きものですし・・・

お礼日時:2014/10/15 06:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング