『忠犬もちしば』のAIを育てるとグッズが貰える!>>

先日、雑誌で、朝鮮戦争初期時には、韓国軍、北朝鮮軍、中共軍の一部部隊兵士は、旧日本軍の38式小銃、99式小銃を使用していたと、記載されていました。
太平洋戦争終了後、5~6年も経過しても、なお、当該小銃の弾薬実包が、それほど大量に残っていたのでしょうか? それとも、各国で生産したものでしょうか? 
ご教示方よろしくお願いします。 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

>太平洋戦争終了後、5~6年も経過しても、なお、当該小銃の弾薬実包が、それほど大量に残っていたのでしょうか? それとも、各国で生産したものでしょうか? 



三八式6.5mm弾は、旧日本軍の工廠を接収して中国共産党軍が弾薬を製造していました。

製造時、旧日本軍が残した弾薬用素材を使用し、日本軍より接収した機械でそのまま製造していた為、旧日本軍が作った弾か中共軍が作った弾か、殆ど見分けが付かないそうです(箱入りなら区別可能)

九九式7.7mm弾も同様で、旧日本軍が、資材、機械、工場をそのまま残して行ったため、戦後も製造が続いていました。

旧日本軍が残した資材が尽きるか、機械が壊れるまで、製造が続いたと思われます。

韓国も、中国と同様の状態だったと思われます(旧日本軍は、中国同様、韓半島でも全部置き去りにしたので)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そのような状況だったのですか! そういえば、中国では、1960年ころまで、中国農村部の民兵組織では、38式小銃で軍事訓練をしていたというTV報道があったのが思い出しました。 ありがとうございます。

お礼日時:2014/10/04 09:24

99歩兵銃が開発され、配布優先順位として満鮮部隊、内地部隊と決められました。


しかし、置き換えの途中で、太平洋戦争開戦となりました。
完全置き換えが完了しませんでしたが、関東軍に日本軍兵器、実包等の兵器の大部分がストックされていました。
満洲の38式は、中国、南方にも送られましたが、半数は移動されずに、関東軍根こそぎ動員に使われました。
38式の実包は、奉天工廠で生産を続けられました。
残っていた38銃、99銃を接収と共に、接収された奉天工廠の設備も利用操業増産されました。
確か、奉天工廠の工員は、帰国が遅れたと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

また一つ知識を得ることができました。 ありがとうございます。

お礼日時:2014/10/04 09:25

>朝鮮戦争初期時には、韓国軍、北朝鮮軍、中共軍の一部部隊兵士は、旧日本軍の38式小銃、99式小銃を使用していたと、記載されていました。



それどころではなく、中国で余剰となったこれらの銃器は、中共はベトミン、ベトコンに引き渡していました。

38式はそのまま、もしくは別の銃弾用に改造されたものがあります。99式はさほど外地には行き渡らず、また、戦争末期のこともあり、話にならないレベルの品質のものが多く、大量に流用されたとは思えません。

38式の実包は30年式と互換性があり、ロシアでも採用されています。また、当時の戦争では鹵獲兵器を使うことも多く、鹵獲量が多ければその実包は比較的簡単に量産されていました。国民党軍が大量に使用していた万能機関銃ZB26の実包は日本でも製造されています。

どの国でも実包の製造は基本的に難しいことではありません。サイズをあわせるということだけであれば簡単です。パウダーの仕様であったり、HS(Head Space)がマイナスであるとか(7.62x51なんかはそうです)となると難しい点が出てきますが、それ以前の時代のことなので何とかなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

タイかラオスかカンボジアか忘れましたが、15年くらい前頃、住民が狩猟用に38式小銃を使用していたとTV番組で放送されていたことありますが、もしかしたら、その小銃は、ベトコンあたりから流出したのかもしれませんね! ありがとうございます。

お礼日時:2014/10/04 09:33

実際に朝鮮戦争の詳しい知識があるわけではありませんが・・・



99式って7,62mm弾が使用可能なので、特に7,7mm弾が余ってる状況じゃ無ければ普通に中朝の制式弾の7,62mm弾を使ったと思いますよ。もちろん7,7mmがあれば7,7mm使ったんでしょうけどあらたに弾丸生産する場でそんなめんどくさいことせず7,62作るんじゃないですかねえとは思います。現場で補給物資間違いそう・・・。

6.5mm弾については似たような規格の弾が無いですから需要があれば作るしかないでしょうし、いくら中国と言えど小銃弾くらい生産できるでしょうから当然生産したと思いますが・・・。
    • good
    • 0

 No.2様のおっしゃるような状況だと思います。



 実は中国(当時の蒋介石軍)はいち早くドイツやアメリカから兵器の製造ラインを導入し、小銃・機関銃、はては軍用トラックまで生産を行なっていました。日本との戦闘が勃発した後には、鹵獲した日本軍の機関銃や火砲のコピー生産もおこなっていたとのこと。
 それなりに技術も施設も保有していたので、銃弾の製造程度は簡単にやってのけていたはずです。
    • good
    • 0

実包の製造は特に技術的な難易度が高いわけでもない


今現在だって製造されているくらいだし
    • good
    • 0

 武装解除した日本兵が置いていったのでしょうね。


銃の生産が出来るのは工業国だけです。中国も朝鮮もそんな工業はありませんでした。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q朝鮮戦争に旧日本兵が参戦していた?

とある小説に朝鮮戦争に旧日本兵がアメリカ軍側から参加していたという事が書かれていました。実際にはどうだったんでしょうか?
朝鮮半島へ上陸して戦闘するのはともかく、後方支援は周知の事実と言うことも書かれていました。
もちろん小説ですが、理論が「なるほど」と感じるところがあったので実際はどうなのか知りたく質問いたしました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

朝鮮戦争には日本の掃海部隊が参加していました。
所属は海上保安庁ではありますが、人員は旧海軍の軍人達でした。
掃海作業中蝕雷し、殉職者も出しています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E6%88%A6%E4%BA%89#.E6.97.A5.E6.9C.AC.E7.89.B9.E5.88.A5.E6.8E.83.E6.B5.B7.E9.9A.8A

Q太平洋戦争当時日本軍が三八式銃を使用していた理由は

三八式銃とは、明治38年 に発明された旧式の銃らしいですが、
これを太平洋戦争当時でも使用していたそうです。
戦争中の兵器の進歩は日進月歩なのが普通なので、
これは不思議なことです。
使用し続けた理由は何でしょうか?

大量に余っていたとしても新式に鋳直せばよいだけのことです。
現に戦闘機などはどんどん改良を重ねています。
なにか特別なことがあったのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

銃は、航空機、戦車、潜水艦のいわゆる三大新兵器とは違う「熟練した兵器」ですので、寿命は桁外れに長いです。
ほかに寿命の長い兵器は、歴史的に見ると刀剣があります。日本刀は、太刀~打刀に変わったりと、若干の変更がありますがおおむね形は変わりません。これは刀は、熟練した兵器であり、戦術的な変革がなければ、仕様を変える必要がない代物だったといえるでしょう。

さて、三八式についてですが、これも似たようなものです。諸外国の兵器と比べた場合の旧式度合いについては、すでに前に語られていますね。
新しいともいえませんが、それほど古いともいえません。つまり、ボルトアクション式では、すでに三八式は「決定版」ともいえる代物だったのです(No12の方が言っているように日本人にとって扱いやすいのも大きい)。
決定版なので、それ以上のものは戦術的転換がないかぎりは不要です。現在でもピストル、小銃などは50年以上前の設計の物だって十分現役で使っている国もあります。これらは現代の戦術では決定版足りえる代物だからです。

さて、先ほどから「戦術」という言葉を使っていますが、これが、三八式におきた一つ目の悲劇です。
時代は第1次大戦、火器は「小銃による打ち合い(砲は補助的)」から「重砲と機関銃(小銃は補助的)」による戦術に「転換」しました。

つまり三八式の作られた時代の戦術概念と第2次大戦では大きく様相が変わったのです。
基本的に新しく作られた戦術というのは、前に使われていた戦術よりも優れています(優れているから採用される)。
つまり、三八は世界的な戦術である、火砲、機関銃の大量使用による弾幕戦と戦うようには対応していません。
諸外国のようにそれらの「補助兵器」として使うならば十二分の性能だったでしょう。

当時の戦術において勝利を決めるのは火砲、機関銃、戦車といった兵器で、小銃はすでに勝利を左右する兵器ではなくなっていました。
しかし、日本軍にはそれらで力のある兵器はありません。

勝利を左右する兵器を持っていない軍隊と、勝利を左右する兵器を大量保有している国が戦えば・・・どうなるかはわかりますね?

日本軍が、(あくまでボルトアクションから進歩した存在であり、補助兵器の域を出ない自動小銃はともかくとして、です。諸外国がこれの更新を遅らせたのは、他に国力を注いでいたためです)火砲や機関銃の大量配備を嫌ったのは、塹壕戦による経験が薄かったために有効性を信用しきっていなかったのもありますが、最大の理由は、工業力がこれらの兵器を「全軍にいきわたらせて、かつ戦えるだけ」の力を持ち合わせていなかったことです。
国力と軍事力の兼ね合いが著しく悪いとも見れます。海軍でもいえますが、国力以上の軍事費は維持費や更新費用の面で国家を破綻させます。弾薬についてもそうです。自国の国力でまかなえる以上の弾薬を使う軍隊を持てば、補給にひずみが生じて、供給が追いつかなくなります。
かといって軍隊を減らすわけにもいかない状態ですし、そのおかげで更新(つまり戦術転換)に使う国力もない。新しい戦術では弾薬を多く使うので、転換したところで維持できるだけの国力もない(諸外国は生産量を増やしたのですが、日本ではそれができるだけの国力すら残っていなかった)。
日本軍が抱えていたひずみとかゆがみが、小銃にも現れているのです。

もう一つの悲劇が、1つ目の後半とかぶりますが日本の工業力の低さです。
当時、日本の技術力はとにかく欧米に追いつけということでタッチアップを図っていましたが、まだまだ追いついていません。
よく「日本の技術力は世界一だった。アメリカに物量で負けた」なんていう人がいますがこれは大間違いです(空技廠から上がってきた航空機の図面で、「この部分は鋳型をつかった鋳造で」となっていても金型が作れずに削り込み部品にしたというのはよく聞く話です。つまり当時の技術はその程度)。
中でも惨憺たる分野が重工業全般の中でも最重要分野の鉄鋼業でして、製鉄も自国では補完できない、鋳型技術も低い状態です。
さらには、精密機械技術が発展途上でして、とにかく精度が悪い(戦前の日本兵器において「統一規格」はありません。というより作れなかったのです。精度が維持できないのですね)。そのため小銃ですら調整しないと命中精度が維持できない上、部品の互換性がない。これは前線において問題です。
別々の箇所が壊れた銃をばらして一つの壊れていない銃にするというのは、軍隊ではある程度普通ですが、日本ではこれが出来ない。つまり不経済な状態です。
また、弾薬の製造精度も悪いため、弾詰まりが多い。これは自動小銃のほうで批判されますが、こちらについては「吐き出す量が多いためハズレに当たる確率が高い」だけなのです(まあ、自動小銃のほうが若干弾詰まりを起こしやすいというのはありますが・・・)。

ながくなりましたが、結局は日本と日本軍の構造上の問題なのです。
日本において三八式が評判が悪いのは、本来的に責任はない三八式に、日本の抱える問題を添付してしまっているからです。結局問題は日本自体にあるのです・・・
というわけで、三八自体の設計は優秀ですし、ボルトアクション式小銃の決定版でもあります。

銃は、航空機、戦車、潜水艦のいわゆる三大新兵器とは違う「熟練した兵器」ですので、寿命は桁外れに長いです。
ほかに寿命の長い兵器は、歴史的に見ると刀剣があります。日本刀は、太刀~打刀に変わったりと、若干の変更がありますがおおむね形は変わりません。これは刀は、熟練した兵器であり、戦術的な変革がなければ、仕様を変える必要がない代物だったといえるでしょう。

さて、三八式についてですが、これも似たようなものです。諸外国の兵器と比べた場合の旧式度合いについては、すでに前に語られてい...続きを読む


人気Q&Aランキング