【まえおき】
Web 上で「八面六臂」を検索すると、「八面六臂の活躍」といういいまわしは、おおくのかおとおおくのてをもった仏像のすがたからできたいいかたであるといったようなことをかいた page がいくつかみつかります。
三面六臂なら興福寺の阿修羅像が有名ですが、八面六臂のほとけさまというのをしらなかったので、2004年5月18日「八面六臂の仏像」という題名で質問を投稿しました。
こういうことは仏教美術にくわしいかたにきくのがいいだろうとおもって、「美術」のカテゴリに質問しました。
が、きょうにいたるまで、八面六臂の仏像の具体例はあがっていません。
そこで、八面六臂の仏像がこのよに存在しないことを前提に「八面六臂」の語源について質問します。

【質問】
1.「三面六臂の活躍」といういいまわしが仏像と関係あるとして、どうして3と6なのでしょうか。十一面観音や千手観音の方が有名だとおもうのですが。
2.「三面六臂の活躍」や「八面六臂の活躍」といういいまわしが仏像と関係ないとして、どうして8と6 (あるいは3と6) なのでしょうか。多数をあらわすのであれば、「七転八倒」や「ななころびやおき」のように、7と8のほうがいいとおもうのですが。

【仏教美術にくわしいかたへ】
八面六臂の仏像の実例がありましたら、美術のカテゴリの「八面六臂の仏像」に回答をください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No.3補足します。



断定は避けますが、顔の数の倍数が自然な姿でしょう。
臂とはひじつまり手の数を表すので一面につき二本が自然体です。しかし、数多くの仏の功徳を説明するために手の数がだんだんと増え遂に千手観音などが考案されたものと思われます。全ては衆生に仏の道を分かりやすく説いたり、不信人者を脅すために仏教関係者ヒンズー教の像を参考に考案したのでしょう。庶民に仏典で仏道の理解が出来ればあのようなややこしい仏像など不要で、仏陀像だけがあれば済むことです。

日本で普及(生き残った)した仏像は日本人の信仰心に
合ったもの、日本人の宇宙観、世界観に受け入れやすかったものだと思われます。仏教は当時の日本人にとって全く異国の教えですからね。

人間が出来ないことを行う能力がある神(仏)を象徴して三面六臂の像が作られても、しょせん理解力のない人間(庶民)は、もっと優れた仏なら4面、六面、八面とあっても良いだろう、その方があり難い、或いは恐ろしいと思うようになっても不思議ではありません。こうして理屈に合わない(面の倍数の手以上の手を持つ)仏像や表現が生まれたものと理解します。(罰が当たらないように正しい説明を坊さんに聞くことにします)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御意見をいただきありがとうございました。

お礼日時:2004/06/02 06:29

仏教の仏様はヒンズー教の神々にその源があります。


ヒンズー教の神々はひとつの神が多くの化身を持ちその関係が複雑です。本来は化身の一つ一つを像とすることも出来たはずですが庶民に理解しやすくするために一体でその神の神性(化身)を表したものと思われます。

三面が具体的に何を表したものか分かりませんが、ヒンズー教と仏教の参考書を紐解けば判明するでしょう。手短に調べるためにはお近くのお寺でお坊さんに聞けば一発回答が得られるはずです。仏教で問題にするのは天、空、地又は地獄道、餓鬼道、畜生道などです。特に人間は後者の三悪道に陥るとされるのでそれを救済する仏を表しているのかも知れません。三つの神性、化身、相を
もつ仏を一体にまとめたのであれば肩や手は6個となります。6には特に意味はないと思います。

八面六臂は後世の人が考えた表現だと思います。そのような仏像は見当たりません。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/youzantei/mitisirube/ …

この回答への補足

あげていただいた page をみました。
三面、四面、六面
四臂、六臂、八臂
といろいろな仏像があるなかで、
「三面八臂の活躍」とか「六面六臂の活躍」とかいわないのは、三面六臂の仏像がおおいせいでしょうか。
それとも、単に語呂のよさなのでしょうか。

補足日時:2004/06/02 00:17
    • good
    • 0
この回答へのお礼

くわしい解説ありがとうございます。

お礼日時:2004/06/02 00:20

#1です。


すでにご質問にもあるように「三面六臂」は阿修羅像のことですね。(私は十一面観音や千手観音よりこちらの方が有名だと思います。)
それと#1のサイトの解説を読めば「八面六臂」はあくまでも語呂だけだと推察できたので挙げさせていただきました。(実在の仏像ははないということです。)
ご希望の回答と違っていたようで失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こちらこそよみがたらず、また、ことばたらずで失礼しました。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/06/02 00:06
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報をいただきありがとうございます。
残念ながら私にはこの page からは、仏像との関係の有無や、なぜ3と6なのかはよみとれませんでした。

お礼日時:2004/06/01 22:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカオスな曲とはどういう意味ですか?

カオスな歌詞、カオスな歌、カオスな曲・・・

カオスって何ですかー?

(´・д・`;)

Aベストアンサー

どちらかといえば混沌という意味で使われます。
なんか凄いのはわかるけど理解できない
凄く面白いけど常人には作りあげることのできない境地
などの意味です。

カオスな歌詞は…「秀逸だけど確実に作詞者は病人」じゃないでしょうか。
カオスな曲はメドレー系などで複数の曲が同時に演奏されハーモニーが凄いんだけど何が起きてるのかよくわからない、という時に使う気がします。

Q七面六臂(しちめんろっぴ)について

よく、「七面六臂の活躍」などの言い回しにをして使う言葉だと思うのですが、広辞苑や大辞林などの辞書を見ても掲載されていません。ことわざ辞典や漢文・漢語辞典にも載っていませんでした。なぜなのでしょうか?今は使われなくなった言葉なのでしょうか?
由来などを調べることもできず困っています。どなたか、この言葉についてご存知の方教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

「八面六臂」、または「三面六臂」が正解です。

http://sanabo.com/words/archives/2000/11/post_612.html

http://www.geocities.jp/kuro_kurogo/ko-jien06/page4.html

Qカオスの言葉の意味は?

題名の通りです。
日本語になったネット用語になるのか?それとも英語になるのか分らないので、ココで質問しました。
意味が分るに教えていただきたいです。お願いします。

Aベストアンサー

カオスChaos, Khaos)とは混沌を意味する言葉です。
ギリシャ神話の原初神の名前が由来で、英語ではケイオスというような発音になります。
プロレスラーの軍団にCHAOS(ケイオスがありますが、ここから名づけたのでしょう。

カオスの対義語はコスモス。
宇宙は調和と秩序により成立しているという概念です。

Q小六・彦六・蔵六・助六などに六が使われるのは?

別の質問で「表六・兵六・宿六・亡六」などの名詞が出ていました。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7732993.html
実は、「名前の中にある数字などは出生順を示すもの」としか思っていなくて、これまで気にしたことがなかったのです。
考えてみると普通名詞には、「表六・兵六・宿六・亡六」などあまり良い表現・内容・言葉とは思えないものに「六」が使われています。
一方、蜂須賀小六、村田蔵六、林家彦六、歌舞伎の助六、秦藏六など、「六」を名前に入れている著名人も多いです。 http://www.shinise.ne.jp/receive/highest/hata_zouroku/index.html
村田蔵六は長男で頭脳優秀ですから、六番目とは関係がなくて、能ある鷹は爪を隠す、実るほど頭を垂れる稲穂かななども踏まえて、「亀が甲中に頭手足尾(六)を蔵して身を守るごとく、人間も六つの感覚器官を制御して」で「蔵六」としたのでしょう。
蜂須賀小六も長男とのことです。何で小六、小六郎だったのでしょう。
正宗彦六(徳川夢声)、林家彦六の六には特別の意味を感じません。六番目だったのかもしれませんが、出生順とは関係のない六なのかもしれないと思えて来ました。
http://www.aozora.gr.jp/cards/001311/files/49830_38859.html
助六、六兵衛などは、元来出生順が六番目の人物がいて、その人物がスゴイ方であったために、引き継いで助六、六兵衛と名乗っただけなのかしれませんが、「六」に悪いイメージがついていたら、昔の人は成人前あるいは成功後には改名して「六」を使わなかったのではないかと思います。
このように考えると、「六」に悪いイメージはなかったのではないかと思えます。
「六=陸」ならば、「陸」も「良い・正常」に近い感覚で、これも悪いイメージはないです。
 
そうすると、「宿六・兵六」が“ゾンザイ扱い”である理由がわかりません。
 
[表六⇔蔵六]は、亀の譬話から推定できても、≪宿六≫はわかりません。
昔のことだから、表六を兵六と書いてしまうことがあるのもわかります。
 
『法句譬喩経』巻1「心意品」第11  水狗(かわうそ)が、歩いている亀を食おうとしたが、亀は頭・尾・四脚を縮めて甲羅の中に隠した。水狗が遠ざかると、亀は頭足を出して再び歩き始め、無事であった。「亀が甲中に頭足を蔵して身を守るごとく、人間も六つの感覚器官を制御して心を守れ」と、世尊は説いた。
おろく(死体)の六は、「南無阿弥陀仏」の「六字」のことだというのは、語源を問われた半可通が作った後付けの俗説でしょうか。
それとも、六⇒六字(南無阿弥陀仏)という常識が、遺体(仏・ほとけ)⇒[おろく]と呼ばせたのが実際なのでしょうか。そうでしたら、仏像をおろくと呼んだり、通夜や埋葬でも遺体をおろくと呼んだりしたのでしょうか。
 ==========================
名前や普通名詞に使われる「ろく・六」に関して、それなりに根拠のあることなどありましたら、お教えください。

別の質問で「表六・兵六・宿六・亡六」などの名詞が出ていました。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7732993.html
実は、「名前の中にある数字などは出生順を示すもの」としか思っていなくて、これまで気にしたことがなかったのです。
考えてみると普通名詞には、「表六・兵六・宿六・亡六」などあまり良い表現・内容・言葉とは思えないものに「六」が使われています。
一方、蜂須賀小六、村田蔵六、林家彦六、歌舞伎の助六、秦藏六など、「六」を名前に入れている著名人も多いです。 http://www.shinise.ne.jp/rece...続きを読む

Aベストアンサー

#2です。
>碌々や碌でもないは、陸が正しい字だったが碌に代わられたとなる説明は不自然な気がします。

それどころか、次の薀蓄ではさすがに眉唾もののように思えて…。
「思うに、「甚六」というのは、「碪碌(ちんろく)」を簡略にした宛字であろう。「碪(チン→ヂェン)」は「砧(ちん)」と同じく、槌で布を打ち柔らげるのに用いる石の台であるが、「碌」は、デコボコのゴロタ石であるから、ゴロタ石の砧では役に立たない。そこで、使い物にならない碌でなしを「碪碌」といい、それを略して、「甚六」と書いたものと思われる。」(萩谷朴「語源の快楽」角川文庫)

>「陸」からの否定形への転位は、いつ頃おきたのでしょう。
1603年刊の「日葡辞書」には、すでに形容詞や副詞用法が盛んだったようですが、それが打消しで記録に現れるのは約100年後の浄瑠璃本あたりからのようです。
「Rocuna ロクナ(陸な) 平坦な(こと)。 例」Rocuna michi(陸な道) 平らでなだらかな道。また、まっ直ぐな(こと) Rocuni ロクニ(陸に) 副詞」(「日葡辞書」)
「ろくなことは出かさず片鬢剃りこぼされ。大門口に曝された友達の一分棄てさする。」(近松門左衛門「冥途の飛脚」)

一方、「ろくぢ」で「陸地(平坦な土地)」と「六字(浄土宗の名号)」を掛けた言い方が元禄期には文献に現れています。
「北野に常題目といふ所あり。さる法花の俗人聞き及びて、はじめて参られけるに、寺内事の外ひろしといへども、地形たかひく有てみぐるしゝ。「とてもの事に地をろくにならしたきものかな」と噂するを、亭坊申さるゝは、「此の高ひくありてこそ題目も相続すれ。ろくぢは此方にさし合いぢゃといふ」」(「軽口露がはなし5、9常題目の地形」1691年)
言ってみれば、「平らにならしては困る。高低があるから題目(南妙法蓮華経)なので、平らな六字(南無阿弥陀仏)では当方とは宗旨に差し支える」と洒落ているのでしょう。

>宿六、甚六が現在のような使われ方になったのは、いつ頃のことでしょう。
「浮世風呂」(1809年)には亭主(てへし/おやだま)、主人(おやゆび)といった言葉に混じって「宿」や「良人(やど)」といった言葉が出てきています。

#2です。
>碌々や碌でもないは、陸が正しい字だったが碌に代わられたとなる説明は不自然な気がします。

それどころか、次の薀蓄ではさすがに眉唾もののように思えて…。
「思うに、「甚六」というのは、「碪碌(ちんろく)」を簡略にした宛字であろう。「碪(チン→ヂェン)」は「砧(ちん)」と同じく、槌で布を打ち柔らげるのに用いる石の台であるが、「碌」は、デコボコのゴロタ石であるから、ゴロタ石の砧では役に立たない。そこで、使い物にならない碌でなしを「碪碌」といい、それを略して、「甚六」と書...続きを読む

Q言葉の意味

「カオス」について、
(1)日本語では「カオス」とは何ですか?
(2)ゲームでいう「カオス」とは何ですか?
(3)「彼の頭はカオス」ってどういう意味ですか?
(4)「彼の顔はカオス」ってどういう意味ですか?
(5)「彼の体はカオス」ってどういう意味ですか?

「カオス」の意味が分かりません。
誰か教えてください。

Aベストアンサー

今晩です。
私なりの解釈ですが、
(1)混沌-こんとん
(2)敵側 闇、悪魔に近い者?
(3)何を考えているかわからない、カリスマ性のひらめきの頭
(4)他者に当てはまらない個性な面差し
(5)意外な身体的能力&特徴
語り尽くせない事がカオスですね… 始まりがあっても終わりがないような。変な回答で申し訳ないです。

Qいいまわし

すいません、単純なことなのですが、
「皆様にくれぐれもよろしくお伝えください」
と言う言葉は上の立場から言っている感じがします。
下の立場から同じ意味で感謝を伝えたいときは
何といいまわしたらよいでしょうか?

Aベストアンサー

たしかに、「~ください」は、目上の立場から目下に向かって言っているように聞こえますね。
要するに「~しろ」を丁寧に言っているだけな感じです。

この場合は、「皆様に(お手数でも)是非、よろしく言っていたとお伝え願えませんか?(お伝えいただけませんか?)よろしくお願い致します」

と言うように、こちらがお願いしているという感じに持って行けばいいのではないかと思います。
どうでしょうか?

Qカオスって…?

ネットで時々「テラカオス」みたいな文面を見るんですが
カオスって、(よくわからないですが)天と地を作ったもの?
みたいな神様ですよね?
ネットで使われているカオスとは意味が違う気がするんですよ。
「テラカオス」って何のネタなんですか?

Aベストアンサー

意味を考える時は「テラ」と「カオス」で区切ってくださいね。

テラは単位です。
HDD容量等で使われてるのを見たことないですか?
100MB、100GB、1TB、とか。(右に行くほど大きい)

って事で、テラってのは、凄く大きい感じを表してます。

なので、物凄くカオス、って意味だと思ってください。

カオスも考えるなら、物凄くぐちゃぐちゃになってる、って感じでしょうかね。
もう、収集が付かなくなっててどうしようも無い感じだと思えば良いです。

Q「この場に及んで」といういいまわし

どなたか正しい日本語を教えてください。
ヒトに注意してから、本当に私が正しいのか不安になってきました。

「この期に及んで」
が正しいと思っていたのですが、
「この場に及んで」
も、同じ意味で同じように使って正解なのでしょうか?
 
使っている人は多いですが。。。

Aベストアンサー

>使っている人は多いですが。。。
多いといっても、ANo.2さんがお調べになったように、まだ「この期に及んで」の方が多いわけです。
まだ次の大原則にまでは、至っておりません。
------------------------------
言葉の世界の大原則は
【その時点の文法に照らし間違っていたとしても、その言い方を使う人が増えれば、言語体系の中に組み込まれ、社会的に承認されて行く】
ということです。
------------------------------
むかし、文法や規則一点張りで「法なんとか」だった方が、どなたかの薫陶を受けて、随分と柔らかくなられたのには驚きました。しかし、柔らか過ぎはいけません。
誤用の数の方が優勢にならないと無理ですね。
今のところは、「気取って使って間違えて恥をかく」ということになりかねませんので、使わない方が無難でしょう(=^^=) 。

Qカオス

具体的に「カオス」ってどういう意味ですか?
(「彼の頭はカオス」を分かりやすく言うとどういう意味ですか?)

Aベストアンサー

カオスって、混沌とした状態を指す言葉ですよね。
彼の頭がカオスというのは、頭の中が混乱していて無秩序な感じ、
もっといえば頭の中がめちゃくちゃで、まともに物を考えられない
様子のことを言っているのだと思います。

Q六親眷属の六親は何と読みますか?

蓮如上人の「白骨の章」に、かの有名な以下の下りがありますが、六親眷属の六親は「ろくしん」、あるいは「りくしん」と読むのでしょうか?

『すでに無常の風きたりぬれば、すなはちふたつのまなこたちまちにとぢ、ひとつのいきながくたえぬれば、紅顔むなしく変じて、桃李のよそほいをうしなひぬるときは、六親眷属あつまりて、なげきかなしめども、更にその甲斐あるべからず。』(「白骨の章」)

また、六親とは親類縁者のことだと推測しますが、正確にはどういう意味なのでしょうか?ご教授願えませんか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般的には【六親】=ろくしん です。
ただし りくしん でも間違いではないようです。
意味としては、「父・母・兄・弟・妻・子の六種の親族(父・子・兄・弟・夫・婦-という説もあり)。最も身近な六種の親族を指し、広く親族全体を指す場合にも用います。

【六親眷族】になると、すべての親族縁者を意味するようです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報