ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

来年度のサービスに対する見積り書(消費税表記と注意書き)についてお教え願います。

コンテンツの配信サービスを行なっていますが、
基本的には、四半期毎に前払いでお支払いいただくサービスです。

このようなサービスを年間分を前払いでいただく場合の
見積り書の作成内容についてお教え願います。

来年の10月に消費税が8%から10%に上がるとニュースでは報道していますが、
現時点では決定事項ではありませんが、
この未確定の消費税10%について、来年度の1年分の見積書はどのように記載すればよいのでしょうか?
注意書き等も記載する必要があると思いますが、例文等をお教え願います。

1年分を一括前払いでお支払いしていただく場合、消費税10%の導入が、
前倒しや、延期になった場合は、その差額を追加請求または、返金をおこなう必要があると思いますが、一般的にはどのようにするのがよろしいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>一般的にはどのようにするのがよろしいのでしょうか?



とりあえず、8%ならいくらですよと。書く。

諸般の事情で10%になった場合は、
その税率でいただきますよと。但し書きをしておく。

いただきすぎた場合は、精算して返金致しますとでも
書いておいてもいいでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考にさせていただきました。

お礼日時:2014/10/14 09:52

こんばんは!



消費税が5%から8%に上がるとき、同様の問題がありました。
無難な方法としては、

「本見積金額には消費税等は含まれておりませんので
ご契約に際しては消費税額等を別途計上して下さい。」

といったような内容の文章を一筆入れておくことだと思います。m(_ _)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考にさせていただきました。

お礼日時:2014/10/14 09:53

今回は仕方がないので消費税別と書くのが一番かと思います。

税額はわからないので書かないのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考にさせていただきました。

お礼日時:2014/10/14 09:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「消費税は別途」の解釈

フリーSEをしております。
契約先に契約金額+消費税の請求をしたところ、契約金額には消費税を含んでいると言われました。

契約前の面談で希望金額n万円以上で消費税は別途いただきたいと伝えておりました。
契約書の締結時に、契約書には「金n万円 消費税は別途とする」と記載されていながら、「請求は内税で」と言われました。
確認のため、「n万+消費税を内税にした請求書を出して良いのですね」と確認を取ったのです。それなのに、上記のように言われたのです。

契約書の記載事項と口頭での確認を基に反論したのですが、「別途とは支払うということではない。内税と言ったでしょ」と認めてもらえませんでした。

3ヶ月毎の契約なので、今回は諦めようと思いますが、「消費税は別途とする」とは、別途支払うってことじゃないの?別途取り決めるってこと?そんな・・・
自分が甘かったと反省はしていますが、どう思われます?

Aベストアンサー

「消費税は別途とする」は「消費税は別途申し受けます。」の意です。つまり外税の解釈で良いと思います。

とは言え、支払いの段階で相手がゴネるのは企業間取引ではよくある事で、会社間の力関係によりますね。請負側がフリーだと立場は弱いですね。

但し、法律的には「下請法」というのがありまして、下請事業者の責に帰すべき理由がないのに,下請代金の額を減ずることを禁止しています。つまり消費税分と言えども値引きを強要するのは法律違反です。

「下請法に違反してますよ」とちくっとオドしてみてもいいかもしれませんね。

Q見積書の作成でまよっています。税抜き表示と税込み表示のどちらがいいのでしょうか?

製造業の会社です。
最近は、数万円のものでも「他社と比べる」とおっしゃるお客様が増えておりますので、少しでも見やすいものにしようと、見積書を新しい形で作ることになりました。
そこで、消費税を含んだ金額を提示する形と消費税抜きの形と、どちらがよいか迷っています。

参考にさせていただきたいので、皆様のお考えをお聞かせくださいませんか?

Aベストアンサー

数年前に始まった総額表示は、不特定の顧客に対する価格表示方法を定めたものです。
見積書となれば、相手は特定される人であり総額表示の対象ではありません。

つまり、税抜本体価格を明示した上で、別途消費税がかかる旨を明記します。

Q消費税増税を見越した見積書

小さい会社ですが、現在、自社製品の一部をあるネットショップに卸しています。

毎回新らたな商品を卸す際は見積書を作成しています。
見積書は商品の定価を決まった掛け率で乗じ、税込み金額をお見積もり金額にしています。

特に問題はないのですが、来年度以降、消費税が増税するものと思いますが、
消費税増税が実施された場合は、金額が変えなければならないため、これから出す見積書には、
見積もり金額の有効期限を記載した方がいいのでしょうか?

また、すでに過去から取引している商品については、消費税増税を想定した記載をしていません。
この場合は、消費税増税の前に、再度こちらから見積書を出しても問題ないでしょうか?
(それで取引先が文句を言うことはないと思いますが。。。)

Aベストアンサー

>見積書は商品の定価を決まった掛け率で乗じ、税込み金額をお見積もり金額…

業者間取引は総額表示の対象ではありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6902.htm

>消費税増税が実施された場合は、金額が変えなければならないため…

税抜き本体価格のみ記載し、
「消費税は別途申し受けます」
の一言を添えておけば済む話です。

>これから出す見積書には、見積もり金額の有効期限を記載した方…

あの~
消費税の改訂がなかったとしても、あなたの会社では 2年も 3年も先の値段を約束できるのですか。
どんな商品を扱っているのか存じませんが、為替や原油価格の変動があっても値段は変わらないのですか。

一般に、見積書の有効期間は 30日程度しか設けていませんけど。

税金について詳しくは国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q『申し受けます』は正しいのですか?

よく月極め駐車場なので、「無断駐車したら1万円
申し受けます」などと掲示してありますが、この
『申し受けます』という言い方は文法的に正しいので
しょうか。
また、「お月謝5千円は月初に申し受けます」なども
聞いたことがあるのですが、文法的な意味合いなども
含めて是非教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。
「申す」は、「言う」の謙譲語です。
しかし、「申し出る」「申し込む」などの複合動詞になった場合、現代日本語では、「申し出る」「申し込む」に謙譲の意味はありません。謙譲の意味で正しく言うには、
「1万円をお受けすることを申し上げます。」
とするべきです。それよりも、駐車場の管理者がお金を請求したい相手に使う言葉としては、謙譲語ではなく、尊敬語であるべきです。したがって、
「1万円をお支払い下さい。」
「1万円を請求します。」
などというのが最適です。月謝の場合も、
「お月謝5千円は月初にお支払い下さい。」
とするべきです。

以上は、『言葉に関する問答集 総集編』(文化庁1995年)を参考にしました。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング