教えて下さい。

私は、都会で妻と娘の3人暮らしです。田舎の父が亡くなった時、長男として価値のない山や畑を相続しました。 今では、若干の税金を払っています。それらの土地を売りたくても買い手がいません。 

私が亡くなったら、それらの土地の処理に関して妻や娘も困ってしまいます。

本来、妻や娘が相続人なので妻や娘が相続放棄しない限り、弟には相続権がないかと思います。

従って、遺言書では、弟に山や畑を相続させることはできないのではないかと思います。

弟に山や畑を相続させる方法はないでしょうか? 

やはり、弟への土地所有権移転は贈与となるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

補足に回答致します。



>弟への土地所有権移転は贈与となるのでしょうか?
価値がない土地の規模がよくわからないのですが贈与税には基礎控除があります。
年間の受贈評価額が110万円を超えれば贈与扱いとなります。

>価値のない山や畑を〇〇団体に寄付すると遺言しても、〇〇団体が受けてくれないかと懸念しています。
先の回答の『○○団体へ寄付』はただの一例なのであまり深く考えなくてもいいと思います。
仮に○○団体が「いらない」と言ったとしても遺言書自体はもちろん有効です。
(質問者様が「譲りたいと意思表示した=遺言」でも受ける側は「いらない」と言った、状態です。意思表示=遺言書自体は有効です)
もちろんトラブル回避のためにも事前に遺贈する意思を伝えておく必要があります。

参考:遺産のご寄付「遺贈」のご案内
http://www.ashinaga.org/support/bequest.html

荒っぽい方法をとれば、
(1)遺言書で相続権のない弟にその土地を遺贈する。⇒弟が相続を放棄=国庫に納付
(2)娘に価値のない土地を、妻にそれ以外を遺言書によって相続させる。(娘は放棄=国庫に納付)
⇒娘が一人っ子で妻が自分の死後、再婚せずに亡くなる場合
自分の遺産は妻の遺産として一人っ子の娘が全て相続します。
※相続税の節税効果は考慮してません。

と、まぁいろいろありますが
土地って一見、価値がなさそうでも不動産投資家やゴルフ場・レジャー施設開発業者が高値で買い取ってくれたり、相続税の納付の際、物納として利用できるなど 人によってはかなり使い道があったりしますので一度、不動産屋に相談してみてはいかがでしょうか。

参考:今回の質問と似た状況に専門家が回答しています。
http://sozoku-soudan.jp/soudan_detail.php?id=1686

参考:法テラスなんかも無料で相談できて便利です。
http://www.houterasu.or.jp/

長々と失礼致しました。あくまで参考で。。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

色々とドバイスを頂きありがとうございます。

選択肢がいくつもあることがわかりました。

ありがとうございます。

お礼日時:2014/10/09 09:33

>とのことですが、弟が遺贈を拒否したら、国のものにならないのですか…



くどいですね。

>(1)自分名義の自宅や預貯金は妻や娘は相続させる。…

が、前提なんでしょう。
妻子が相続放棄していないのに、国のものになるわけありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

弟が遺贈を拒否したら、妻や娘に戻るということですね。

やっとこ理解できました。

ありがとうございます。

お礼日時:2014/10/10 23:07

>遺言書のにて(1)、(2)の内容を記載することができると…



それはかまいませんけど、遺言書はあくまでも希望を伝えるだけで、強制力はありませんよ。

弟が要らないと言ったら、固定資産税等の支払い義務は本来の法定相続人である妻や子になります。

この回答への補足

もう少し教えて下さい。

「弟が要らないと言ったら、固定資産税等の支払い義務は本来の法定相続人である妻や子になります。」

とのことですが、弟が遺贈を拒否したら、国のものにならないのですか?

宜しくお願いします。

補足日時:2014/10/09 09:37
    • good
    • 0

 そもそも論なのですが、弟さんは、価値のない土地を譲り受ける気があるのでしょうか。

確かに遺言で遺贈することができ、遺贈の自体は弟さんの承諾は不要です。しかし、御相談者が死亡した後、受贈者である弟は、いつでも、遺贈の放棄することができるからです。


民法

(遺贈の放棄)
第九百八十六条  受遺者は、遺言者の死亡後、いつでも、遺贈の放棄をすることができる。
2  遺贈の放棄は、遺言者の死亡の時にさかのぼってその効力を生ずる。

この回答への補足

回答を頂きありがとうございます。

弟は独身であり遺贈を了承しています。

もう少し教えて下さい。

遺言書にて(1)、(2)の内容を記載することができると
考えて宜しいのでしょうか? 

 (1)自分名義の自宅や預貯金は妻や娘は相続させる。
(2)自分名義の価値のない山や畑は弟に遺贈する。

補足日時:2014/10/08 11:14
    • good
    • 0

>従って、遺言書では、弟に山や畑を相続させることはできないのではないかと…



遺言書を書けば、法定相続人以外の者に相続させることができます。
これを「遺贈」と言います。

弟さんに受ける意思があるのなら、遺言書を書いておくのも一つの選択肢です。

某司法書士さんのサイトがわかりやすくまとめられています。
(関係者ではありません)
http://minami-s.jp/page014.html

>やはり、弟への土地所有権移転は贈与…

あなたが生きているうちに、お金をもらわずに弟に譲れば、それは「贈与」です。
贈与には、あらゆる税金の中で最も税率が高いことで有名な贈与税がついて回ります。

この回答への補足

もう少し教えて下さい。

遺言書のにて(1)、(2)の内容を記載することができると
考えて宜しいのでしょうか? 


(1)自分名義の自宅や預貯金は妻や娘は相続させる。
(2)自分名義の価値のない山や畑は弟に遺贈する。

補足日時:2014/10/08 11:06
    • good
    • 0

要らないのなら、国に返上すればいいのでは?

この回答への補足

もう少し教えて下さい。

私名義の自宅があるので全ての財産ではなく、田舎の価値のない山や畑のみを誰かに渡したいというのが本音です。

市役所の資産管理部署に相談してみました。これらの山や畑を市に返上したいと申した所、そのような事は市では引き受けていないとの事でした。皆が市に寄贈したら市は管理だらけで困ってしまうとの事でした。

  従って、田舎の価値のない山や畑は、地方公共団体や国も引き取らないと思っています。
  何か良い窓口をご存じでしたら教えて下さい。

補足日時:2014/10/08 10:50
    • good
    • 0

奥様や娘さんが相続しても困ってしまう物でしたら弟さんも相続しても困って


しまうのでは無いのでしょうか?
弟さんのお子さんで息子さんがいるのでしたら家は、男がいなくて娘は嫁
に行ってしまうだろうから男子にこの土地を継いでもらいたいみたいな理由
でしたら引き受けてくれるかもしれませんが遺言書に書く前にやはり弟さんと
相談した方がいいと思いますよ。
弟さんの方が先に亡くなってしまう可能性も有りますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答を頂き、ありがとうございます。

弟は独身であり、了解しています。

おっしゃる通り、弟が先に亡くなることを懸念しています。

重ね重ね気遣いをありがとうございます

お礼日時:2014/10/08 11:09

遺言に法定相続人は関係ありません。



遺言自体は
『全ての財産を○○団体へ寄付する』
なんかでも大丈夫です。

問題は価値のない土地を弟が相続するか否かですね。
遺言で指定しても弟が放棄すれば相続しません。

参考意見

この回答への補足

もう少し教えて下さい。

私名義の自宅があるので全ての財産ではなく、田舎の価値のない山や畑のみを誰かに渡したいというのが本音です。

よって価値のない山や畑を〇〇団体に寄付すると遺言しても、〇〇団体が受けてくれないかと懸念しています。

 (1)この時は遺言は有効になるのでしょうか? そして〇〇団体が相続放棄することになるのでしょうか?
 
 (2)〇〇団体の承諾なしの遺言書は無効になるのでしょうか?
   事前に〇〇団体にとっては迷惑な事です。事前に確認しなければいけないかと思いますが。
 

補足日時:2014/10/08 10:42
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q亡くなっている祖父の土地の相続について。

数十年前に亡くなった父方の祖父の土地について質問です。

数箇所に点々と土地を持っており、
一部は私の父名義・祖父名義の家屋が建っていて、
そのほか大半は荒地になっています。

土地にかかる税金もだれが支払っているか不明瞭で、もしかしたら未払いの可能性もあります。
市からも荒地になっていて近所が迷惑しているとの連絡を受けたこともあり、
一度きちんと整理したいと考えています。

祖母も他界し、父の兄弟(私の伯父伯母)が5人いますが、
みな行動力や知識がなく連絡も取り合っていないため、
恥ずかしながら兄弟全員が土地の把握・管理が出来ていないのが現状です。

そこで、

1.孫である私が調査・整理することは容易なのか(孫の私はすでに結婚しており別姓・遠方に住んでいます)。

2.未払いの可能性のある税金>土地の価格の場合、借金と言う形をとらなければならないのか。

3.失礼ながら父兄弟が他界した場合は、相続権が孫に移るのか。

4.税金未払いの際、祖父名義の土地に建っている父名義の家屋を差し押さえされる可能性はあるのか。

以上の4点について質問させていただきます。

勉強不足なもので、ある程度知識をつけてから、市の相談を訪れたいと考えております。

よろしくお願いいたします。

数十年前に亡くなった父方の祖父の土地について質問です。

数箇所に点々と土地を持っており、
一部は私の父名義・祖父名義の家屋が建っていて、
そのほか大半は荒地になっています。

土地にかかる税金もだれが支払っているか不明瞭で、もしかしたら未払いの可能性もあります。
市からも荒地になっていて近所が迷惑しているとの連絡を受けたこともあり、
一度きちんと整理したいと考えています。

祖母も他界し、父の兄弟(私の伯父伯母)が5人いますが、
みな行動力や知識がなく連絡も取り合っていないため、
...続きを読む

Aベストアンサー

1.市役所の固定資産税窓口に問い合わせしてください。
同一市内の固定資産については、課税台帳(名寄帳)の写しをとれば
固定資産の所在地や面積、課税評価額等はわかります。
郵送でも受け付けてくれると思いますので必要書類を揃えて申請すれ
ばいいと思います。
必要書類は、(あなたの父が存命かどうかが質問では不明ですが、
父が存命として)祖父と父の関係書類(戸籍謄本等)、父身分証明、
父からあなたへの委任状などになります。

2.納付・滞納状況についても↑と同様に問い合わせできると思います。
現況が山林や雑種地、農地なら課税額もそう多額ではないので誰かが
払っている可能性もあると思います。
滞納が続き、督促も無視しているような状態であれば差押えられてい
る可能性もあります。

3.父兄弟の相続分は彼らの配偶者や子に相続されます。
父兄弟が共同で相続して、その分割手続きを放置している状態だと
どんどん面倒になってきますから、父兄弟が元気な間に遺産分割手続き
を済ませたほうが賢明です。

4.督促を無視している状態であれば差押えられると思います。

Q亡くなった家族名義の土地の名義変更と相続税について

閲覧ありがとうございます。
数年前、父が亡くなり私の兄が家とその周り周辺の土地の名義変更をしました(父の子供は私と兄だけです)
ですが、ある事情から他にも父名義の休耕田や畑などの名義も兄に変更する事になりました。
正直、生活が苦しいので相続税がドカンと来たらどうしようかと今から不安です。
お聞きしたいのは、相続税が免除、または分割での支払いが許可される事があるのか。
名義変更をするのにどれくらいかかるのか。
自分でやるのと司法書士さんに依頼するのではどちらの方が安く済むのか、です。
お金の関係ばかりですが、1つでも分かる方はお答え頂けないでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

これは、父が亡くなり、兄が不動産を相続したことをhalvemaanさんが承諾したのでしよう。
それならばhalvemaanさんが相続して所有したわけではないので相続税はゼロ円です。
所有権移転登記手続きも、halvemaanには、その義務はないので、する必要はないです。
兄のすることですから。
なお、一旦、父から相続を原因としてhalvemaanさんに名義変更しているが、今回、事情により兄に名義変更するにしても、その理由が「真正な登記名義の回復登記」ならば贈与税はかかりません。

Q実家の土地や山の一部だけ相続しない、ということは出来るのでしょうか

実家の土地や山の一部だけ相続しない、ということは出来るのでしょうか
カテゴリが違ってたら申し訳ありません。
(ご指摘いただければ締め切って、適切なカテゴリに変更します)

私には60代の両親がいます。
子供は私と姉(共に30代)で、2人とも結婚して家を出ています。

先日実家へ戻ったときに姉もやってきたので、父が
「自分が元気なうちに姉妹揃うこともこの先いつになるかわからないから
家の土地や山がどこにあるのか、見せて説明しておく」と言って
田んぼや山など、ここまでがうちの土地だ…等聞かされました。

実家はかなり田舎にあり、家が建っている土地のほかに
田んぼと山があるのですが、今父が米を作っている田んぼは
父が作らなくなったら、もう誰も作る人はいなくなります。
もともと自分達が食べる量と親戚に少し配る量+α(少しだけ出荷)しか
農業はしておらず、専業ではありません。

山も、本当にただの山で、価値的なものは何もないと思います。
(祖父が亡くなった後に父が全て相続し、その時に支払った相続税が
10万円くらいだったと言っていたので、面積の割に価値は殆どないです)

その程度の相続税だったら支払って、相続だけしてもいいのかもしれませんが
この先、農地としては使わず荒れていくだけなのはわかっているし
他に活用する術もありません。

両親が亡くなった後は姉妹共に実家に戻るつもりはないので
田んぼや山などは相続せず、処分したいと考えています。
が、田んぼなどは一箇所にまとまっているわけではなく、
他の家の田んぼの間に1枚とか、数枚ごとで場所はばらばらなので
まとまった土地としても売りにくいし、何より周りに何もない僻地なので
買い手もつかなさそうな感じです。
(売れれば一番いいのですが・・・)

自宅の裏にご先祖のお墓があるので、お墓だけは守っていくつもりで
自宅とその土地(お墓)は出来る限り残したいと考えています。
土地の一部だけ相続して、一部は相続しないということは可能なのでしょうか。
家とその土地を残すためには、全て相続して不要な土地だけ処分するしか
ないでしょうか。

ただ同然でも処分できれば構わないのですが、買い手がいない場合に
土地を処分する方法というのは何かあるでしょうか?
事情(ご近所との関係など)があり、田んぼや山などを
そのまま残しておくということはしたくありません。

実家の土地や山の一部だけ相続しない、ということは出来るのでしょうか
カテゴリが違ってたら申し訳ありません。
(ご指摘いただければ締め切って、適切なカテゴリに変更します)

私には60代の両親がいます。
子供は私と姉(共に30代)で、2人とも結婚して家を出ています。

先日実家へ戻ったときに姉もやってきたので、父が
「自分が元気なうちに姉妹揃うこともこの先いつになるかわからないから
家の土地や山がどこにあるのか、見せて説明しておく」と言って
田んぼや山など、ここまでがうちの土地だ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

 財産の一部を相続して、不要な部分を相続しないようにすることは出来ません。
  http://www.a-souzoku.net/
 自宅とお墓を生前贈与で受け取っていれば、相続放棄で不要な土地を処分できそうです。
  http://www.houterasu.or.jp/news/houteki_trouble/20081113_1.html

では。

Q亡くなった母親が連帯保証をしていた弟の借金を長男の私が返済する義務があるか?

弟の借金の連帯保証を、亡くなった母親と弟と親しい友人がしていました。私は母や弟と遠く離れて住んでいたためそのことを知りませんでした。母親が亡くなって弟は商売に失敗し夜逃げをしてしまいました。弟と親しかったという友人がある日突然訪ねてきて、リース会社から厳しく取り立てられているから相続人である私に残債を支払えと要求します。実家の家と土地は弟が継いで私は外に出たため何も相続しなかったのですが支払う義務があるでしょうか。なお父親は母親より10年ほど前に亡くなっています。

Aベストアンサー

連帯保証債務は負債として相続されていきます。
母親の遺産を相続放棄をされていたなら払う必要はありませんが、
手続をしていないなら保証債務は引き継がれています。
債権者は取立の遣り易い所(資産がある)から請求していきます。

子々孫々まで引き継がれる連帯保証人制度は日本くらいではないでしょうか。
封建時代のひどい制度ですよ。

Q亡くなった祖父名義土地の家に暮らす母は自己破産できないのか?

亡くなった祖父名義土地の家に暮らす母は自己破産できないのか?

年金生活者の母に借金があることが発覚しました。
金額は6社から200万ほどです。

法テラスを通じて紹介してもらった司法書士事務所の方と
自己破産をするのが最善策とのことで、話を進めていましたが

家族で住んでいる(母、私、弟、弟の家族、妹)なくなった祖父名義の
自宅の土地が2000万円の価値があるため、自己破産ができないかもしれない
ということです。

これまで、名義変更をせず、相続するばずの父もその間亡くなってしまい
まだ祖父の名義のままになっていました。

母のようなケースでは、やはり自己破産できないのでしょうか。

200万円の借金を返済するとなれば
弟は結婚しており、余裕がないため、
私一人が負担することになります。

自己破産できると思っていましたが
できないとなれば、自分にとって大変な負担になってきます。。

どなたか、ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No.1さんの云うように、相続人であるか否か、あるとすれば、持分権を換価すればどれだけになるかで変わってきます。
「相続するばずの父もその間亡くなって」と云うことですが、相続人は父だけではないでしょう。
父も持分権とすれば、その子も持分権のはずです。
ですから、持分権は何分の1か何十分の1か、わからないです。
その権利を法律上計算し、2000万円を、例えば、10分の1の権利があるなら同額で破産はできず、それ以下の持分権ならば破産は可能です。
何しろ、相続権を祖父の死亡時まで遡り計算しなければ正解は出せないです。
なお、専門家は司法書士ですが、これだけ遡るにはすこぶる煩雑になるので費用は数十万円となると思います。
そうだからと云って、そのままにしておけば、債権者で代位して持分権は競売されます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報