保険会社より終身保険(払込み期間60歳)を「払い済み」にしたほうがよいとの提案がありました。
保険金額が3万円少なくなるが毎月の保険料を今後、支払う必要がなくなるとのことでした。

担当の方は一生懸命、私に説明してくれていたのですが、私のバカな頭ではどうしても理解できませんでした。
私の為にこれ以上、担当者さんの時間を費やさすのは申し訳なく、ここで質問させて頂きます。


================
終身保険(払込み期間60歳)
保険金額210万円
保険料月額 1500円
残り13年で払込満了
================

質問1
「払い済み」に変更後も解約返礼金にも差がないことを確認しました。
なぜ、保険金額が3万円少なくなるだけで、将来払う予定の残り20万円が支払い不要になるのか?
理由を担当に確認しても今まで長い間加入頂いているので可能とのことでしたが、なぜそのような
都合のよいことが実現するのかが私には理解できませんした。
説明資料もなく口頭だけで説明されても信じがたいです。そうなる理屈がわからないのです。


質問2
「払い済み」の意味はなんでしょうか?

質問3
担当者が言う通り、顧客にとって有利になる変更であれば、顧客に許可を得ることなく勝手に変更してくれればいいことだと思います。
なぜ、私のハンコが必要なのかが理解ができません。 
府民共済や会社の共済保険などは今年から保証内容が充実しました!!とのパンフをよくみかけます。
もちろん契約変更もしていませんし、保険料の変更もありません。これが普通だと考えていました。


質問4
「払い済み」に変更するだけで、保証もほぼ変わらず、将来の支払いを不要となるならば、なぜもっと早くに教えてくれてもいいのではないのか?
また、そんなに素晴らしい仕組みであれば、パンフレットなどもあるだろうし、もっと大々的なCMがあってもよいと思います。
XX生命はこんなこにお得!!!と
もっとアピールしてもよいポイントだと思うのですが、それもない。
一生懸命説明してくれてる担当には申し訳けないが、信じがたく疑しいと思ってしまいます。

ここでで質問して、よくあることだよとのことであれば、安心できるかと、質問をさせて頂きました


以上、宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

(1) なぜ、保険金額が3万円少なくなるだけで、将来払う予定の残り20万円が支払い不要になるのか?


  払い済みはその時点での解約金をもとに一時払いの保険に変更する事です、
解約金は「主契約の終身保険解約金」と  「特約(入院給付金など)の解約金」が
  一時払い保険料となります、今回は入院給付金などの「特約保険料」の解約金が
  加わることによって死亡保険金の差額が少なくなったのでは ? その場合入院給付金は無くなります。
一般的には「配当金」は配当金として払い済の終身保障に上乗せとなります。
 

(2) (1)で多少説明しましたが追加。人間の死亡時期は不明です、毎月払いの保険料は、
たとえば30歳の男性が1万人いてそのうちに10年後には何人死亡する、20年後には
何人、と過去のデーターをもとに全体の平均で保険料を決定しています。 
毎月払いの保険料は、30歳の平均死亡率で期間の保険料を月賦で支払うようなものです。
   それに対して 一時払い は一括払い・つまりローン購入か、現金購入かの違いです。 
   現金購入であれば、ローンに比べて金利が不要な分、少ない保険料で済みます。

(3) ハンコは契約の変更時には必要です

(4) 基本的には、払い済 は、毎月のお支払いが困難な方に対しての制度です、もちろん
  そのまま満期まで支払い続けますと、払い済にするよりも、条件は良いと思います。

 ただ、一つ気になるのは、「書類もなく説明」とありますが、保険会社にはお客様に説明できる
資料は必ずあります。

 手続きの際には、重要事項の説明が義務つけられている会社が多く、
「重要事項の説明を受けました」との確認書も手続き書類と一緒に署名いただくようになっている
と思います。

 最良の方法は、ご加入している保険会社に出向き説明を受ける事です、トヨタの車の
 詳しい説明をニッサンの販売店の窓口に聞きにいっても想像でしか説明してくれません。

 保険会社には、一つの県にいくつかの事務所がありますが、県内の事務所をまとめている
事務所があります。

 大手の保険会社では 「○○支社」と言われています。 たとえば静岡県であれば静岡支社

 その支社の窓口に出向き、本人か身分証明書と保険証券を持って説明を聞くのが
 
 間違いありません。

 支社の電話番号は、お手元にある保険会社の本社か、NTTの104に聞けば分かります。

 正直、担当者レベルでは分かりやすい説明が出来るかは不安です、支社の窓口には、

説明専門の職員が 配置されているので、詳しく教えてくれると思います。

面倒くさがらずに出向く事をお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
掲示板への書き込みができない職場でお礼が遅くなりました。

定期保険特約はありますが、終身保険部については入院給付金のような特約も死亡保障しかありません
また、今回の払済みの対象とするのはこの終身保険部のみです。

配当金についてはあるかもしれませんが、それを将来の保険料に充てるとの解釈であるのならば、
私にとって総費用に変化はなく、何のメリットもありません。
私が毎月の支払1500円に困って相談したものであれば、
その解決策としては理解もできますが、今回はそんなニーズもありません。

総支払額に対して、私が死んでから、若しくは老後に解約した場合にいくらのリターンがあるのかが
大事であり、それが本当に増えるのであれば「払済み」に変更したいですが、
どういう仕組みで、お得になるのかが全く理解できない状況で困っています。

これから将来貯まってくだろう配当金より、今現在貯まっている配当金を取り崩して、今後の保険料を全額払ってしまうほうが得ということなのでしょうか。

もし、そう言う解釈ならば、顧客利益が最大になるよう上手く運用しろよと思ってしまいます。
もっと考えると、私が保険料を払い続けるほうが、保険会社が運用できるお金は増え、最終的なリターンも増えるのではと思うのですが、間違った解釈をしているのでしょうか。

以下の回答が私には一番しっくりきました。


4) 基本的には、払い済 は、毎月のお支払いが困難な方に対しての制度です、もちろん
  そのまま満期まで支払い続けますと、払い済にするよりも、条件は良いと思います。

お礼日時:2014/10/08 22:21

(Q)古くから続けている保険なので、きっと昔のほうが利率がいいはずです。


(A)その通りです。
現在の予定利率は、保険によって異なりますが
1~2%程度。過去には、6%という時代もあった。

ただし、契約内容から考えて、ひょっとすると、
転換をしていませんか?
転換をした場合、転換した時点での予定利率となります。

転換をしている可能性がある理由
210万円という中途半端な保障金額。
通常は、100万円刻みですが、転換をすると、
その時点での解約払戻金の関係から、
このような中途半端な金額が出て来る。

(Q)10年前に払い済みにしていた方がもっと得?
(A)質問者様のようなケースは例外です。
前にもコメントしたように、特約が付いているなどの
別の理由があるとしか思えません。
払済にすれば、特約は自動的に解約となり、
解約払戻金があれば、その金額が、一時払いの終身保険を
契約する原資となります。
だから、解約払戻金が20万円近くあり、
今後支払う予定の20万円のうちの大半が、
その原資に使われると考えるのが普通です。

(Q)結局、私の利益が最大になるのはどちらなのでしょうか?
(A)保障内容の詳細がわからないので、
コメントのしようがありません。
特約が何もないのでしょうか?
一般論として、保険は「中途解約は不利」となります。

(Q)なぜ、担当者はそんな提案をしてきたのか。謎ですね。
(A)謎です。
    • good
    • 0

細かい回答はNo.1の方の通りです。



>保険金額が3万円少なくなるが毎月の保険料を今後、支払う必要がなくなるとのことでした。

そんなことはありえません。

保険会社の担当者も自分に利益のない提案はしないと思いますので、ハンコ押す前に
近くの取引銀行や「ほけんの窓口」に証券もっていって相談してくだい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
掲示板への書き込みができない職場でお礼が遅くなりました。


やはり保険会社の担当者は、自分に利益のない提案はしないものなのですかねぇー。
人間不信になりそうです。

お礼日時:2014/10/08 22:27

質問1


保険金額が3万円少なくなるだけで、将来払う予定の残り20万円が支払い不要になるのか?
(A)おっしゃる通り、通常はあり得ない。
つまり、情報が不足しているとしか思えません。
可能性としては……
特約が付加されていませんか?
契約配当金が積み立てられていませんか?

質問2
「払い済み」の意味はなんでしょうか?
(A)現時点での解約払戻金を使って、
一時払いの終身保険を契約する
というのが基本的な意味です。
有利な点は、これ以上の保険料の支払いがなくなる。
予定利率が継続される。
不利な点は、保険金額が減る。

質問3
なぜ、私のハンコが必要なのかが理解ができません。 
(A)有利だろうと、不利だろうと、契約内容を変更するならば、
契約者の同意が必要です。
保険は「契約」です。

質問4
「払い済み」に変更するだけで、保証もほぼ変わらず、将来の支払いを不要となるならば、なぜもっと早くに教えてくれてもいいのではないのか?
(A)「払い済みにする」のは、個々の契約によって内容が異なります。
質問者様の場合には、将来の支払いが不要になって、
保障内容も変わらないかもしれませんが、
それは、例外と思ってください。
上記の通り、通常はあり得ない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
掲示板への書き込みができない職場でお礼が遅くなりました。

定期保険特約はありますが、終身保険部については入院給付金のような特約も死亡保障しかありません
また、今回の払済みの対象とするのはこの終身保険部のみです。


「予定利率が継続される」は気になりますね。
古くから続けている保険なので、きっと昔のほうが利率がいいはずです。
それが継続することなのでしょか。それなら払い済みがお得?
では10年前に払い済みにしていた方がもっと得?
でも、保険金額が減る?
では、なんの為に保険をかけているのだ?
結局、私の利益が最大になるのはどちらなのでしょうか?

通常は払い済みにする必要はないと言うことですよね。

なぜ、担当者はそんな提案をしてきたのか。謎ですね。

ありがとうございます。

お礼日時:2014/10/08 22:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q死亡保険と終身保険の違いは?

生保商品のカテゴリ分けは、以前は終身、養老、定期、などシンプルだったのですが、最近はいろいろな商品ができて複雑になり、シロウトには分かりづらくなってきました。
たとえば、死亡保険と終身保険はどう違うのでしょうか。

Aベストアンサー

「死亡」と「終身」は比べる対象としてはちょっと違うと思います。

生命(死亡)保障として、「死亡・定期」「死亡・終身」
医療(入院)保障として、「医療・定期」「医療・終身」などが考えられます。

死亡保険は、残される遺族の生活のためのものと考えられます。
死亡保険の定期と終身の違いは、
定期はある一定期間の死亡に対して支払われるものです。
5年や10年などを保険期間としています。
この期間内に死亡する確率から保険料が決まっています。
安い掛け金・大きな保障になります。
また、年齢があがるにつれて死ぬ確率は高くなるので、更新の時に保険料が上がります。

対して終身は、死ぬまで保障があります。
人間必ず死ぬために、必ず支払われることになります。
そのため、また現在は利率が低いので、保険金額を大きくすると掛け金がかなり大きくなります。
大きな掛け金・小さな保障になります。
(バブル期などに掛けたものは、予定利率が高く、小さな掛け金で大きくなるものがあり、俗に「お宝保険」とよばれています)
中途解約などをするという前提で、貯蓄性があります(※損しないか要検討です)。


医療保険は、生きていく本人のものです。
定期はある一定期間の入院などに対して支払われるもので、
終身はその保障が一生続くものです。
掛け金の支払い方はまた別で、ある年齢で終了するものと一生続くものがあります。

「死亡」と「終身」は比べる対象としてはちょっと違うと思います。

生命(死亡)保障として、「死亡・定期」「死亡・終身」
医療(入院)保障として、「医療・定期」「医療・終身」などが考えられます。

死亡保険は、残される遺族の生活のためのものと考えられます。
死亡保険の定期と終身の違いは、
定期はある一定期間の死亡に対して支払われるものです。
5年や10年などを保険期間としています。
この期間内に死亡する確率から保険料が決まっています。
安い掛け金・大きな保障になります。
また、...続きを読む

Qソニー生命の終身保険(60歳払い済み)について

結婚をきに主人の生命保険の見直しで新たにソニー生命の終身保険(60歳払い済みタイプ)に加入予定です。
現在、満25歳・入院日額10000円(1日目から120日)・死亡保障500万円(変動型)月額10510円だそうです。
保険の事は初心者でどういったものが必要かが、あまり分からないのですがこの保険だと通院、手術の時の保障などはついていないのでしょうか?
もし付いていないとすれば、そういった保障は必要でしょうか?
後、高額医療の1ヶ月の負担額は80100円と聞いたのですがそれは手術した時なども全部含めて80100円なのでしょうか??
もしそうだとすると、手術の時にお金くれるのはあまり必要ないようにも思えるのですが・・・
家計の事を考え、できるだけ支払額はおさえたいのですが、アドバイスの方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

snoopy24さん、こんにちは。fulfill-jpです。
入院日額については、そのようにお考えになっているのであればいいと思います。
一般的に手術給付金は自動的にセットされている場合が多いですね。
通院特約についてですが、退院後に通院した場合にどれほど収入減になるかということで判断してはいかがでしょうか?また、退院給付金特約という選択もありますね。これは退院後の自宅療養に備えることができます。
それらの不安の大きさで要・不要が決まると思いますよ。

また、高額療養費制度につきましては、健康保険適応の医療費支出に対する補助制度ですから、保険適応の手術も該当します。端的に言うと、治療費、手術費などを含めて80,100円+αの自己負担で済むということですね。
ただし、入院がふた月にまたがった場合は、各々の月で80,100円+αの自己負担がかかる場合がありますので16万円の支出があることも考えておかなければなりませんね。

Q医療終身保険の死亡保険金

初めまして。
早速ですが、死亡保険金を担保に(当該保険会社)若しくは(銀行)から、借入する事は可能ですか?
住宅ローンの団信用ではあるみたいなのですが、一般の生命保険では如何でしょうか・・・?
ご指導をお願い申し上げます。

Aベストアンサー

生命保険の契約者貸付制度は死亡保険金を担保にするのではありません。解約返戻金(保険会社によっては解約返還金や解約払戻金とも言います)を担保にして、その額のうちの一定の範囲内(8割とか9割等)を限度として貸付を行います。解約返戻金は、払い込まれた保険料から経費等を差し引いたもので、保険会社が支払いのために積み立てる責任準備金に近い額になります。死亡保障が終身でしたら、解約返戻金は徐々に増えていきます。105歳から110歳くらいで死亡保険金額と同額になるようにしてあると思われます。

そこで、ご質問の場合ですと、終身医療保険の死亡保障の部分を担保に、とのことですね。現在、発売されている多くの医療保険は医療保障部分は掛け捨てのケースがほとんどです。借りることができる金額は、死亡保障の解約返戻金部分の8~9割でしょう。おそらく、医療保障より死亡保障のほうが保険料は高いはずですが、契約期間が短ければその額もあまり期待できないのではないでしょうか。
詳しくは、ご契約の保険会社にお聞きになるといいと思われます。というより、お手元にある保険契約書に解約返戻金の額が契約後1年目、2年目、3年目、5年目、10年目、20年目、30年目、50年目等でいくらになるか、と記載があるのが普通だと思いますが…。通常、保険料の払い込みをしっかりしている限り、この額の8~9割は借りられるはずです。
なお、ご質問にありましたが、保険契約を担保に銀行から借り入れをすることは通常できません。

生命保険の契約者貸付制度は死亡保険金を担保にするのではありません。解約返戻金(保険会社によっては解約返還金や解約払戻金とも言います)を担保にして、その額のうちの一定の範囲内(8割とか9割等)を限度として貸付を行います。解約返戻金は、払い込まれた保険料から経費等を差し引いたもので、保険会社が支払いのために積み立てる責任準備金に近い額になります。死亡保障が終身でしたら、解約返戻金は徐々に増えていきます。105歳から110歳くらいで死亡保険金額と同額になるようにしてあると思われます。

...続きを読む

Q医療保険(終身払いか60歳払い済か)

主人(38歳)の医療保険について悩んでいます。
終身払いにするか、60歳で払済みにするかです。
がん保険もいま検討中で、こちらは終身にするつもりです。

はじめは、医療保険は60歳で払い終わったほうがいいと思っていたのですが…。
それだと、医療制度が大きく変わったときや、もっといい保険がでてきたときなど困ると思いはじめました。

でも、月々の保険料はもちろん60歳払いのほうが高いのですが、払い込み総額を計算してみたら、65歳を過ぎると、終身払いのほうが多く払うことになるようです。

どっちのリスクをとるべきか…。

いろいろご意見きかせてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>医療制度が大きく変わったときや、もっといい保険がでてきたときなど困ると思いはじめました

年金生活に入ったときに「いい保険が出たから変えよう!」となりますか?
年金の限られた収入の中での新たな保険料負担は生活を圧迫することになりかねませんし、
38歳のときに比べて保険料が跳ね上がることは容易に想像できます。
そもそも保険を変えられるほど健康状態が良好かどうかも分かりません。
分かっていることは、終身払いも60歳払いも「契約が終身続く」ということだけです。

今は働いているでしょうから、少し高い保険料負担は働いて補うことができます。
ただ引退後の保険料負担は、働いて補うということが現実的ではなくなります。
終身払いにして本当に年金の中から保険料を払い続けることができますか?
私たちの世代の年金こそ、どうなっているか分かりませんよ。

消費者センターには70歳以降の方から医療保険の相談が多いようです。
「医療保険(生命保険)が高くて年金から払えないからどうしたらいいの?」と。
そうなってしまってからでは遅いのです。

ということから私はすべての生命保険は現役世代に払込を終えることをお勧めします。

同年代の者より。

>医療制度が大きく変わったときや、もっといい保険がでてきたときなど困ると思いはじめました

年金生活に入ったときに「いい保険が出たから変えよう!」となりますか?
年金の限られた収入の中での新たな保険料負担は生活を圧迫することになりかねませんし、
38歳のときに比べて保険料が跳ね上がることは容易に想像できます。
そもそも保険を変えられるほど健康状態が良好かどうかも分かりません。
分かっていることは、終身払いも60歳払いも「契約が終身続く」ということだけです。

今は働いているでしょ...続きを読む

Q積立利率変動型と変額終身保険と低解約返戻金型終身保険の違い

積立利率変動型終身保険と変額終身保険と低解約返戻金型終身保険、どれがいいのかで悩んでいます。
それぞれのメリット、デメリットを教えてください。
またそれぞれでお勧めがあるようでしたら、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いずれも、普通の終身保険と比べてどうなのか……

積立利率変動型終身保険
メリット:市場金利が上昇すれば、予定利率も上昇する。
デメリット:金利下降では、予定利率も低下する。
実際、現状では、金利が最低水準なので、特に大きなデメリットはない。

低解約返戻金型終身保険
メリット:普通の終身保険よりも保険料が安く、払込期間が終了すれば、高い解約払戻率となる。
デメリット:保険料払込期間中は、普通の終身保険よりも解約払戻率が低くなっている(70%)。従って、保険料払込期間中の中途解約は不利。

変額終身保険
メリット:運用が上手く行けば、高い解約払戻金となる。
デメリット:運用が失敗すれば、低い解約払戻金となる。

リスクが低い=安全性が高いのは、利率変動型、次いで低解約払戻金型。
変額終身保険は、まったく別の商品で、ハイリスク・ハイリターンの投資商品に死亡保障が付いていると考えた方が良い。従って、投資の基本的な知識がなければ、手を出してはいけない商品です。
変額保険でもう一つ注意しなければならない点は、資金の引き上げが容易ではない点です。
例えば、株式投資なら危ないと思ったとき、売り抜けて、当面は普通預金に入れて様子を見るということができますが、変額保険では常に何かに投資をしていなければならない。資金の引き上げ=解約しかない点です。

いずれも、普通の終身保険と比べてどうなのか……

積立利率変動型終身保険
メリット:市場金利が上昇すれば、予定利率も上昇する。
デメリット:金利下降では、予定利率も低下する。
実際、現状では、金利が最低水準なので、特に大きなデメリットはない。

低解約返戻金型終身保険
メリット:普通の終身保険よりも保険料が安く、払込期間が終了すれば、高い解約払戻率となる。
デメリット:保険料払込期間中は、普通の終身保険よりも解約払戻率が低くなっている(70%)。従って、保険料払込期間中の中...続きを読む

Q終身保険の払い済み保険への変更の件

日生の平成3年度に契約をした、定期付き終身保険の満期が8月と迫っている中、先日保険屋さんが来て、払い済み保険に変更すると終身保険額500万が662万になりますよと教えて頂きました。

ここでどなたかお教え頂きたいのですが、払い済み保険に変更するチャンスは、満期日前と言われましたが、これを行うと、例えば8月満期の所、4月に払い済み保険に変更の手続きをした場合、5月以降はもう保険料は払わなくても良い、すなわちこの保険に付いている、特約部分は4月で無くなってしまうと言う事でしょうか?

自分的には、手続きは4月に行なって、実際の変更日は満期日以降が良いと思っているのですが、それは可能でしょうか?


また終身部分の保険料は月7000円ちょっとで、現在配当金は18万、解約時受け取り額は280万との事でしたが、払い済みに変更しないで8月の満期日まで今まで通り保険料を払った後、そのままにしておくのと、払い済み保険に変更するのと、メリット、デメリットを知りたいです。

例えばそのまま放って置いた場合、85歳で死亡の場合、終身保険額の500万だけではなく、配当金もおりると言う事でしょうか?その配当金の予想額の計算は素人でもおわかりになりますでしょうか?

最後に1回10万だけ掛けた(この保険に付いていた)養老増額特約があるのですが、これは現在26万になっているとのことでしたが、この扱いはどうなるのでしょうか?
払い済み保険にした場合の662万に入っているのでしょうか?

本来、保険屋さんに聞くべきでしょうが、先日いろいろ親切にお話を聞かせてもらったものの、結局今後新たに保険に入るにしても、他の保険会社に入る事にしたので、さすがに聞きづらくなってしまい、こちらで質問をさせて頂きました。

よろしくお願いを致します。

日生の平成3年度に契約をした、定期付き終身保険の満期が8月と迫っている中、先日保険屋さんが来て、払い済み保険に変更すると終身保険額500万が662万になりますよと教えて頂きました。

ここでどなたかお教え頂きたいのですが、払い済み保険に変更するチャンスは、満期日前と言われましたが、これを行うと、例えば8月満期の所、4月に払い済み保険に変更の手続きをした場合、5月以降はもう保険料は払わなくても良い、すなわちこの保険に付いている、特約部分は4月で無くなってしまうと言う事でしょうか...続きを読む

Aベストアンサー

素人の爺です。(あくまで素人です)

(1)「払い済み保険」は保険料支払い中のみ可能です。保険料支払い後はできません。

(2)「払い済み保険」は一旦、全て解約して(特約も全て含む)その解約金で予定利率は契約時の5.5%で終身保険を再度買いなおすことです。特約を残すことはできません。

メリット・デメリットについて
(1)ご主人には相続人(子供など)がいて、純粋に死亡保障を残したい場合は有利な選択です。途中で考えが変わって再度解約したい場合は、通常解約金は「傷み」ます。

(2)金融情勢が今のままですと問題ないのですが、ご主人のニッセイの保険(終身保険)は有配当保険です。
今後日経平均株価が上昇して配当が復活する可能性があります。またニッセイの場合は配当金などは4%複利で増えていきます。(他社は0.4%程度)ご相談者の場合4%で増えていく配当金相当部分が40万~50万程度(想像ですが)あるのではないでしょうか?
払い済みにはこの権利はありません。

私もニッセイの「終身保険」に加入しています。支払い終了の1年くらい前になったら「お客様相談窓口」に電話して聞いてみようと思います。
ご相談者も「担当者ではなく」「お客様相談窓口」に電話して確認すると良いと思います。問い合わせると正確な回答が(数時間後ですが)返ってきます。

素人の爺です。(あくまで素人です)

(1)「払い済み保険」は保険料支払い中のみ可能です。保険料支払い後はできません。

(2)「払い済み保険」は一旦、全て解約して(特約も全て含む)その解約金で予定利率は契約時の5.5%で終身保険を再度買いなおすことです。特約を残すことはできません。

メリット・デメリットについて
(1)ご主人には相続人(子供など)がいて、純粋に死亡保障を残したい場合は有利な選択です。途中で考えが変わって再度解約したい場合は、通常解約金は「傷み」ます。

(2)金融情勢が今のま...続きを読む

Q死亡保険の受け取りの税金の違いについて

夫の終身保険を私が契約者で掛けています。つまり契約者=妻 被保険者=夫 受取人=妻 になっています。
この形式だと所得税が発生すると聞きました。夫を契約者に直しておいた方がいいのでしょうか?
その場合、相続税扱いになるらしいのですが、今までずっと私が支払っています。保険は後4年くらいの支払いが必要ですが大丈夫なのでしょうか?
もう1つ・・・この保険から貸付を受けています。返金する予定ですが、今のうちに解約をして残りのお金を私がもらっておいた方がいいのでしょうか?
どうすることが1番得するのか知りたいです。

Aベストアンサー

死亡保険金
契約者、被保険者(死亡した人)、死亡保険金受取人が誰かによって、税金の種類が異なります。
(1)契約者(夫)、被保険者(夫)で、死亡保険金受取人が(妻)の場合→相続税
(2)契約者(妻)、被保険者(夫)で、死亡保険金受取人が(妻)の場合→所得税
(3)契約者(夫)、被保険者(妻)で、死亡保険金受取人が(子)の場合→贈与税
満期保険金
契約者、被保険者、満期保険金受取人が誰かによって税金の種類が異なります。
1 契約者(夫)、被保険者(夫)で、満期保険金受取人が(夫)の場合→所得税
2 契約者(妻)、被保険者(夫)で、満期保険金受取人が(妻)の場合→所得税
3 契約者(夫)、被保険者(夫)で、満期保険金受取人が(妻)の場合→贈与税
4 契約者(夫)、被保険者(妻)で、満期保険金受取人が(妻)の場合→贈与税
5 契約者(夫)、被保険者(妻)で、満期保険金受取人が(子)の場合→贈与税

現在の終身保険は(2)のパターンですね。
>夫を契約者に直しておいた方がいいのでしょうか

死亡保険は
契約者(変更:夫)、被保険者(夫)、死亡受取人が(妻)の場合→相続税

(もし満期が来る養老保険があれば)
満期保険は
契約者(変更:夫)、被保険者(夫)で、満期保険金受取人が(妻)の場合→贈与税になりますから
「契約者(変更:夫)、被保険者(夫)で、満期保険金受取人が(変更:夫)の場合→所得税」にした方が良い

死亡保険の相続税は特別高額保険でない限り多分0
満期保険金の所得税は支払った払込み保険料を必要経費として控除し、差額が50万円以内の場合は、非課税となり、50万円を超える場合でも、特別控除(50万円)の適用と、更にその金額の2分の1が非課税になります。

>今のうちに解約をして残りのお金を私がもらっておいた方がいいのでしょうか

解約は大損です。


「契約者の変更」は満期や死亡する以前なら変更できますが、貸付は「契約者貸付」ですからその点大丈夫ですか?(あなたが契約者でなくなった場合)

参考URL:http://www.seimeihoken-erabikata.com/contents7.html

死亡保険金
契約者、被保険者(死亡した人)、死亡保険金受取人が誰かによって、税金の種類が異なります。
(1)契約者(夫)、被保険者(夫)で、死亡保険金受取人が(妻)の場合→相続税
(2)契約者(妻)、被保険者(夫)で、死亡保険金受取人が(妻)の場合→所得税
(3)契約者(夫)、被保険者(妻)で、死亡保険金受取人が(子)の場合→贈与税
満期保険金
契約者、被保険者、満期保険金受取人が誰かによって税金の種類が異なります。
1 契約者(夫)、被保険者(夫)で、満期保険金受取人が(夫)の場合→所得税
2 契約者(妻)、被保...続きを読む

Q終身医療保険、終身払いと60歳で払い込み終了と迷っています。

現在40歳、終身医療保険の加入を検討しています。
死亡保障は限りなくゼロでよく、入院や治療を重視しています。

今考えているのは、損保ジャパン(女性特約付)の「Dr.ジャパン(女性特約付)」です。

終身払いと60歳払い込み終了のどちらかにしようか迷っています。
標準予定利率のことを考えると、ますます迷います。
例えば、70歳で死んだとしたら、どちらが得なんでしょうか。

それと、年払いのほうがやはり得なのでしょうか。

誕生日が4月で、現在加入している保険(全労済の10年もの医療保険)が切れてしまうので焦っています。

Aベストアンサー

こんばんは。
終身医療保障、素敵ですね!!
私も、もう少し経済的にゆとりができたら
加入したいと思い、色々な資料を調べています。
損保ジャパンの商品には、まだ目を通していないので
特約部分など、勉強不足な部分はありますが…

終身払いは、月々の掛け金が安いですよね!!
・保険料払い込み免除特約
一定状態(三大疾病)に該当したら以後の保険料はいりません。
といった特約もあるので、そういった点も考えると
終身払いでも良いかな?と思います。

また、年払いの方が若干の割引はあるみたいです。
でも月々に換算したら200円とか300円くらいなので
月払いでもさほど変わらないみたいですね。

Q終身保険 死亡保障

終身保険 死亡保障は年齢が何歳でも満額保証があるのでしょうか?例えば年齢30歳終身生命保険:月額保険料16370円、60歳迄払込
 低解約返戻金型終身保険 死亡1000万円の保険があるのですが、30年払込みして、保険料総額
5893200円これで死亡1000万円の保険が年齢が何歳でも満額保証1000万円が貰える保険があるのでしょうか?実は、友人から聞いた話なのですが、どう考えても保険会社に利益がないので、不思議に思っています。
生命保険に詳しい方ご意見お聞かせ下さい

Aベストアンサー

こんにちは!では早速ですがお答え致します。

●保険は相互扶助の考えからできています。多くの人がお金(保険料)を出し合い、誰かに万一の事があった場合にその集めた資金から残された御家族にお金が支払われます。つまり契約者から集めたお金が契約者の共有財財産となって保険金が支払われます。「一人はみんなの為に みんなは一人の為に」

●保険料は男女別年齢別の死亡率や保険会社が保険料を運用して得た利差率、保険会社の事業運営に必要な経費比率などから決まります。

●「保険は四角 貯金は三角」といわれています。万一に備えて1000万円が必要とします。毎月1万円を貯金しますと1年間で12万円 10年で120万円になります。仮にこの時万一の事があったとしますとご遺族には120万円のお金が残されます。ところが保険では同じように10年目で万一の事があった場合には契約金の1000万円が御家族に支払われます。保険には「保障」という機能があります。貯金には無い機能です。唯一経済的に困窮した御家族を救えるのは「保険」です。

●保険には3つの基本形があります。今回の御質問されている終身保険は3つのうちの1つです。
(1)保険料は契約した時の年齢で決まり保険料はその後上がりません。
(2)保障は一生涯続きます。
(3)保険料払い込み後の解約返戻金はその後年々増加していきます(途中解約の場合は解約返戻金は払い込み保険料総額より少なくなります)。低解約返戻金型は払い込み期間中の解約返戻金を少なくしてその分保険料を通常の終身保険よりも安く設定しています。

つまり御質問者様は30歳時点の年齢の保険料となります(¥16370円)。これが仮に45歳なら保険料は一般的には30000円くらいになります。支払総額も30歳より多くなります。何故なら45歳の方が30歳よりも死亡率が高いからです。ですから若い時に終身保険に契約する比較的割安な保険料となるので年をとってから契約するよりもお得なのです。
保険会社の利益は皆様からお預かりした保険料を運用する運用益が主体となります。
利益については保険会社ごとによって決算内容に相違があります。また生命保険契約者保護機構がありますので保険会社が万一破綻した場合でも契約者の保障は守られます(但し破たん状況によってはこの限りではありません)。

以上御参考になれば幸いです。

こんにちは!では早速ですがお答え致します。

●保険は相互扶助の考えからできています。多くの人がお金(保険料)を出し合い、誰かに万一の事があった場合にその集めた資金から残された御家族にお金が支払われます。つまり契約者から集めたお金が契約者の共有財財産となって保険金が支払われます。「一人はみんなの為に みんなは一人の為に」

●保険料は男女別年齢別の死亡率や保険会社が保険料を運用して得た利差率、保険会社の事業運営に必要な経費比率などから決まります。

●「保険は四角 貯金は三角」とい...続きを読む

Q現在65歳、75歳払込み終了の特別終身保険を続行か

昭和22年生まれ65歳女性、一人暮らし。保険の見直しのアドバイスをお願いします。
母のことで相談させてください。現在まで入院治療経験なし。
金銭的余裕はありません。
・県民共済---入院費用は1日5000円でる
・かんぽの特別終身保険---入院費用(4日以降)1日7500円でる
この2件しか保険は入っていません。
簡保は知人がいたので、付き合いで入ったそうで、その時は1日1万円前後出て、終身なら安心くらいに思っていたそうです。
昨年、96歳の祖母を見送ったのですが、半年入院しましたが入院費用がそんなに掛からなかったということで、簡保をやめて県民共済の口数を増やせば掛け金が安くなる、どうしようかと相談されました。
家が傷んできたので修理もしたくて、月額の負担を減らしたいようです。

ただ、長いこと払って来た保険をやめるのはもったいない気がすると思うのですが、この簡保を続行するメリットがあったら教えてください。
すっぱりやめた方がいいでしょうか。

他のいろんな保険があることはなんとなく知っていますが、自分も簡保と共済しか加入していません。たくさんありすぎてわからないので一番わかりやすい(+場所が近い)のに入っているという感じです。

------------------
特別終身保険 5倍型 死亡保険金 500万円 生存保険金 100万円
簡保加入  平成8年
払込み終了 平成35年
月額 19450円
------------------
 

昭和22年生まれ65歳女性、一人暮らし。保険の見直しのアドバイスをお願いします。
母のことで相談させてください。現在まで入院治療経験なし。
金銭的余裕はありません。
・県民共済---入院費用は1日5000円でる
・かんぽの特別終身保険---入院費用(4日以降)1日7500円でる
この2件しか保険は入っていません。
簡保は知人がいたので、付き合いで入ったそうで、その時は1日1万円前後出て、終身なら安心くらいに思っていたそうです。
昨年、96歳の祖母を見送ったのですが、半年入院しましたが入院費用がそんなに掛か...続きを読む

Aベストアンサー

>県民共済---入院費用は1日5000円でる

まず、これがわかりません。
65歳時点で、5000円でる……ということは、
過去は1万円の契約だったということですが、
それでよろしいのでしょうか?
(県民共済は、65歳以降に保障が半額になる)
80歳以降の病気保障はゼロになることをご存知でしょうか?

本当に必要なのは、入院保障なのでしょうか?
死亡時の保障なのでしょうか?
それとも、両方が必要なのでしょうか?

また、現在の保障内容を正確に把握されていないように思います。
この機会に、細部に至るまで、きちんと調べて、
理解してください。
まずは、そこからです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報