アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

保険会社より終身保険(払込み期間60歳)を「払い済み」にしたほうがよいとの提案がありました。
保険金額が3万円少なくなるが毎月の保険料を今後、支払う必要がなくなるとのことでした。

担当の方は一生懸命、私に説明してくれていたのですが、私のバカな頭ではどうしても理解できませんでした。
私の為にこれ以上、担当者さんの時間を費やさすのは申し訳なく、ここで質問させて頂きます。


================
終身保険(払込み期間60歳)
保険金額210万円
保険料月額 1500円
残り13年で払込満了
================

質問1
「払い済み」に変更後も解約返礼金にも差がないことを確認しました。
なぜ、保険金額が3万円少なくなるだけで、将来払う予定の残り20万円が支払い不要になるのか?
理由を担当に確認しても今まで長い間加入頂いているので可能とのことでしたが、なぜそのような
都合のよいことが実現するのかが私には理解できませんした。
説明資料もなく口頭だけで説明されても信じがたいです。そうなる理屈がわからないのです。


質問2
「払い済み」の意味はなんでしょうか?

質問3
担当者が言う通り、顧客にとって有利になる変更であれば、顧客に許可を得ることなく勝手に変更してくれればいいことだと思います。
なぜ、私のハンコが必要なのかが理解ができません。 
府民共済や会社の共済保険などは今年から保証内容が充実しました!!とのパンフをよくみかけます。
もちろん契約変更もしていませんし、保険料の変更もありません。これが普通だと考えていました。


質問4
「払い済み」に変更するだけで、保証もほぼ変わらず、将来の支払いを不要となるならば、なぜもっと早くに教えてくれてもいいのではないのか?
また、そんなに素晴らしい仕組みであれば、パンフレットなどもあるだろうし、もっと大々的なCMがあってもよいと思います。
XX生命はこんなこにお得!!!と
もっとアピールしてもよいポイントだと思うのですが、それもない。
一生懸命説明してくれてる担当には申し訳けないが、信じがたく疑しいと思ってしまいます。

ここでで質問して、よくあることだよとのことであれば、安心できるかと、質問をさせて頂きました


以上、宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

(1) なぜ、保険金額が3万円少なくなるだけで、将来払う予定の残り20万円が支払い不要になるのか?


  払い済みはその時点での解約金をもとに一時払いの保険に変更する事です、
解約金は「主契約の終身保険解約金」と  「特約(入院給付金など)の解約金」が
  一時払い保険料となります、今回は入院給付金などの「特約保険料」の解約金が
  加わることによって死亡保険金の差額が少なくなったのでは ? その場合入院給付金は無くなります。
一般的には「配当金」は配当金として払い済の終身保障に上乗せとなります。
 

(2) (1)で多少説明しましたが追加。人間の死亡時期は不明です、毎月払いの保険料は、
たとえば30歳の男性が1万人いてそのうちに10年後には何人死亡する、20年後には
何人、と過去のデーターをもとに全体の平均で保険料を決定しています。 
毎月払いの保険料は、30歳の平均死亡率で期間の保険料を月賦で支払うようなものです。
   それに対して 一時払い は一括払い・つまりローン購入か、現金購入かの違いです。 
   現金購入であれば、ローンに比べて金利が不要な分、少ない保険料で済みます。

(3) ハンコは契約の変更時には必要です

(4) 基本的には、払い済 は、毎月のお支払いが困難な方に対しての制度です、もちろん
  そのまま満期まで支払い続けますと、払い済にするよりも、条件は良いと思います。

 ただ、一つ気になるのは、「書類もなく説明」とありますが、保険会社にはお客様に説明できる
資料は必ずあります。

 手続きの際には、重要事項の説明が義務つけられている会社が多く、
「重要事項の説明を受けました」との確認書も手続き書類と一緒に署名いただくようになっている
と思います。

 最良の方法は、ご加入している保険会社に出向き説明を受ける事です、トヨタの車の
 詳しい説明をニッサンの販売店の窓口に聞きにいっても想像でしか説明してくれません。

 保険会社には、一つの県にいくつかの事務所がありますが、県内の事務所をまとめている
事務所があります。

 大手の保険会社では 「○○支社」と言われています。 たとえば静岡県であれば静岡支社

 その支社の窓口に出向き、本人か身分証明書と保険証券を持って説明を聞くのが
 
 間違いありません。

 支社の電話番号は、お手元にある保険会社の本社か、NTTの104に聞けば分かります。

 正直、担当者レベルでは分かりやすい説明が出来るかは不安です、支社の窓口には、

説明専門の職員が 配置されているので、詳しく教えてくれると思います。

面倒くさがらずに出向く事をお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
掲示板への書き込みができない職場でお礼が遅くなりました。

定期保険特約はありますが、終身保険部については入院給付金のような特約も死亡保障しかありません
また、今回の払済みの対象とするのはこの終身保険部のみです。

配当金についてはあるかもしれませんが、それを将来の保険料に充てるとの解釈であるのならば、
私にとって総費用に変化はなく、何のメリットもありません。
私が毎月の支払1500円に困って相談したものであれば、
その解決策としては理解もできますが、今回はそんなニーズもありません。

総支払額に対して、私が死んでから、若しくは老後に解約した場合にいくらのリターンがあるのかが
大事であり、それが本当に増えるのであれば「払済み」に変更したいですが、
どういう仕組みで、お得になるのかが全く理解できない状況で困っています。

これから将来貯まってくだろう配当金より、今現在貯まっている配当金を取り崩して、今後の保険料を全額払ってしまうほうが得ということなのでしょうか。

もし、そう言う解釈ならば、顧客利益が最大になるよう上手く運用しろよと思ってしまいます。
もっと考えると、私が保険料を払い続けるほうが、保険会社が運用できるお金は増え、最終的なリターンも増えるのではと思うのですが、間違った解釈をしているのでしょうか。

以下の回答が私には一番しっくりきました。


4) 基本的には、払い済 は、毎月のお支払いが困難な方に対しての制度です、もちろん
  そのまま満期まで支払い続けますと、払い済にするよりも、条件は良いと思います。

お礼日時:2014/10/08 22:21

(Q)古くから続けている保険なので、きっと昔のほうが利率がいいはずです。


(A)その通りです。
現在の予定利率は、保険によって異なりますが
1~2%程度。過去には、6%という時代もあった。

ただし、契約内容から考えて、ひょっとすると、
転換をしていませんか?
転換をした場合、転換した時点での予定利率となります。

転換をしている可能性がある理由
210万円という中途半端な保障金額。
通常は、100万円刻みですが、転換をすると、
その時点での解約払戻金の関係から、
このような中途半端な金額が出て来る。

(Q)10年前に払い済みにしていた方がもっと得?
(A)質問者様のようなケースは例外です。
前にもコメントしたように、特約が付いているなどの
別の理由があるとしか思えません。
払済にすれば、特約は自動的に解約となり、
解約払戻金があれば、その金額が、一時払いの終身保険を
契約する原資となります。
だから、解約払戻金が20万円近くあり、
今後支払う予定の20万円のうちの大半が、
その原資に使われると考えるのが普通です。

(Q)結局、私の利益が最大になるのはどちらなのでしょうか?
(A)保障内容の詳細がわからないので、
コメントのしようがありません。
特約が何もないのでしょうか?
一般論として、保険は「中途解約は不利」となります。

(Q)なぜ、担当者はそんな提案をしてきたのか。謎ですね。
(A)謎です。
    • good
    • 0

細かい回答はNo.1の方の通りです。



>保険金額が3万円少なくなるが毎月の保険料を今後、支払う必要がなくなるとのことでした。

そんなことはありえません。

保険会社の担当者も自分に利益のない提案はしないと思いますので、ハンコ押す前に
近くの取引銀行や「ほけんの窓口」に証券もっていって相談してくだい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
掲示板への書き込みができない職場でお礼が遅くなりました。


やはり保険会社の担当者は、自分に利益のない提案はしないものなのですかねぇー。
人間不信になりそうです。

お礼日時:2014/10/08 22:27

質問1


保険金額が3万円少なくなるだけで、将来払う予定の残り20万円が支払い不要になるのか?
(A)おっしゃる通り、通常はあり得ない。
つまり、情報が不足しているとしか思えません。
可能性としては……
特約が付加されていませんか?
契約配当金が積み立てられていませんか?

質問2
「払い済み」の意味はなんでしょうか?
(A)現時点での解約払戻金を使って、
一時払いの終身保険を契約する
というのが基本的な意味です。
有利な点は、これ以上の保険料の支払いがなくなる。
予定利率が継続される。
不利な点は、保険金額が減る。

質問3
なぜ、私のハンコが必要なのかが理解ができません。 
(A)有利だろうと、不利だろうと、契約内容を変更するならば、
契約者の同意が必要です。
保険は「契約」です。

質問4
「払い済み」に変更するだけで、保証もほぼ変わらず、将来の支払いを不要となるならば、なぜもっと早くに教えてくれてもいいのではないのか?
(A)「払い済みにする」のは、個々の契約によって内容が異なります。
質問者様の場合には、将来の支払いが不要になって、
保障内容も変わらないかもしれませんが、
それは、例外と思ってください。
上記の通り、通常はあり得ない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
掲示板への書き込みができない職場でお礼が遅くなりました。

定期保険特約はありますが、終身保険部については入院給付金のような特約も死亡保障しかありません
また、今回の払済みの対象とするのはこの終身保険部のみです。


「予定利率が継続される」は気になりますね。
古くから続けている保険なので、きっと昔のほうが利率がいいはずです。
それが継続することなのでしょか。それなら払い済みがお得?
では10年前に払い済みにしていた方がもっと得?
でも、保険金額が減る?
では、なんの為に保険をかけているのだ?
結局、私の利益が最大になるのはどちらなのでしょうか?

通常は払い済みにする必要はないと言うことですよね。

なぜ、担当者はそんな提案をしてきたのか。謎ですね。

ありがとうございます。

お礼日時:2014/10/08 22:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q払い済み保険って解約できるの?

主人が若いときに契約した終身保険があります。

私と結婚をしたときにその保険を払い済み保険に変更して普通の定期つきの保険に入りました。

もともと1,500万の終身保険でしたが払い済みに変更したことにより約200万の保険になっています。

払い済み保険への変更証書に記載された「解約返戻金」ですがこれは普通の保険を解約したときと同じなのでしょうか?

証書には変更のあった日から何年目で何万という記載になっており今年の末の時点で終身保険で約80万の返戻金となっています。これとは別に生前給付(だったかな)についても払い済みになっておりこちらは同様に約20万です。

ふたつあわせると100万くらいになるのですが解約できるなら解約して現金を手元に置いておきたいなぁと。(子供が生まれるので学資保険の一括払いに充当とか)

ちなみに60歳とかだと解約返戻金はもっと高くなるのですが老後に備えてこのままにしておくのがいいのか・・・とも思います。

保険会社はソニー生命なんですが別の外資系に吸収される?とか先行き不安というウワサを聞いているので万が一、ソニー生命がなくなってしまったりすると「ゼロ」とは言わないまでもかなり減額される可能性はあるのでしょうか?

何かアドバイスをいただけると助かります。

主人が若いときに契約した終身保険があります。

私と結婚をしたときにその保険を払い済み保険に変更して普通の定期つきの保険に入りました。

もともと1,500万の終身保険でしたが払い済みに変更したことにより約200万の保険になっています。

払い済み保険への変更証書に記載された「解約返戻金」ですがこれは普通の保険を解約したときと同じなのでしょうか?

証書には変更のあった日から何年目で何万という記載になっており今年の末の時点で終身保険で約80万の返戻金となっています。これとは別に生...続きを読む

Aベストアンサー

もちろん、解約すれば、返戻金がもらえますよ。
そして、払った額に、年々運用益が乗るわけですから、基本的には、後で解約するほど高い返戻金ということになります。

ソニー損保が破綻もしくは破綻寸前ということにでもなれば、当然もらえる額は減ったりゼロに近くなったりということもあり得るでしょうが、現時点では経営自体は健全なようですから吸収されるても既存の保険は受け継がれるでしょうから、それが原因で返戻金が無くなったり減額されたりすることはないでしょう。

ということで、今解約して、手元に置いておくのも悪くはないでしょうが、すぐに必要なお金でなければ、保険の形のままおいておいて、必要が生じたときに解約する方が、一般的に考えれば、得なケースが多そうです。

Q終身保険を払い済みに

(1)H7年(23歳)に契約した60歳払込終身保険の見直しについて。
保険金額 1,000万円
月額保険料 7400円 
満期(60歳)時の解約返戻金 440万

現在41歳で
解約すると約130~140万、払済にすると保険金額は570~580万(共に証券から推定)。
このほかH10年に、
(2)同様の60歳払込済終身300万(月額保険料4500円)
(3)家族収入保険毎月15万円(月額保険料5500円)
に契約してます。
(1)終身を払済とし、保険金が1000万→570万に減っても遺族の生活への影響はなく、妻も理解してますが、払済にする事が有利なのか?そもそも見直す必要があるのか?がわかりません。←これが質問です。

家族構成 41歳 41歳 11歳 8歳
住宅ローン有
年収約800万+妻パート年40万 預金600万強
*今後の世帯収入の大きな増減の可能性は低いです。

思い立って質問しました。
不足情報がありましたら、補足させて頂きます。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

(Q)終身を払済とし、保険金が1000万→570万に減っても遺族の生活への影響はなく、妻も理解してますが、払済にする事が有利なのか?そもそも見直す必要があるのか?がわかりません。
(A)問題は、なぜ、見直しをしたいと思ったのですか?
この一番大切な、根本の答えがわかりません。

終身保険がなぜ、人気なのか?
それは、貯蓄性があるからです。
平成7年の契約ならば、予定利率は3.75%です。
つまり、60歳以降は、解約払戻金が、この利率で増える
という意味です。
60歳で、440万円ならば、
65歳では、528万円
70歳では、636万円
になります。
(実際には、もう少し低くなります)

保険料の支払いが厳しいならば、
平成10年に契約した保険の方を解約すべきです。
平成10年の契約ならば、予定利率は2.75%です。

Q医療保険 終身払いを執拗に勧められていますが・・・

損保ジャパンひまわり生命の〔健康のお守り〕
を検討しています。

保険内容は納得しているのですが、私としては60歳以降に支払いが続くのが不安なので、60歳払い込み済みとして契約したいと思っていたのですが、担当のファイナンシャルプランナーの方は
「こういう医療保険は常に進化していくものです。あとからオプション(特約)としていろいろ出てくるものなので、それに対応していけるように終身払いにしたほうが絶対いいと思います」
と強く終身払いを勧められています。

60歳払い済みにしてしまうと、60歳を越えた後にいい特約が出ても対応できない、という理由です。

支払いは月々2000円ほど。
確かに払えない金額ではないですが、保険の世界に長けていない私としては、正直おっしゃっていることがピンときません。
支払い総額は長生きすればするほど 総額は終身払いのほうが高くなります。
かといって、おっしゃっていることにも一理あるとも思ったり。

一方、家族との話しで「終身払いになったほうが、FPに入る手数料がいいとか、そんな理由じゃないの?」という話もあり、万が一にもそんな理由だったらと思うと 考えがまとまりません。

なにか情報がある方、アドバイスいただけませんか?
よろしくお願いします。

損保ジャパンひまわり生命の〔健康のお守り〕
を検討しています。

保険内容は納得しているのですが、私としては60歳以降に支払いが続くのが不安なので、60歳払い込み済みとして契約したいと思っていたのですが、担当のファイナンシャルプランナーの方は
「こういう医療保険は常に進化していくものです。あとからオプション(特約)としていろいろ出てくるものなので、それに対応していけるように終身払いにしたほうが絶対いいと思います」
と強く終身払いを勧められています。

60歳払い済みにしてしまう...続きを読む

Aベストアンサー

一般的に終身払いにすると、月額保険料は下がります。
そうすると、手数料も下がります。
手数料目当ての提案ではないと推測します。
ただ、FPが強く勧めるというのも言うのもおかしな話ですが・・・

で、メリット、デメリットについて書きます。

有期払い(60歳払い込み)
メリット・・・ 長生きによる払込総額の増大がない。
        払込終了後の保険料負担がない。
デメリット・・・月額保険料が高い。
        短期で亡くなった場合の保険料の無駄が多い。
        払込終了後、特約の付加はできない。
終身払い
メリット・・・ 月額保険料が低い
        短期亡くなった場合の保険料の無駄が少ない。
デメリット・・・長生きした場合、払込総額が大きくなる。
        生きている限り保険料を負担しないといけない。

要するに、裏と表なんですよ。終身払いのメリットは、有期払いのデメリットだったりと・・・

よく理解してご選択ください。
ちなみに私のお客様は、終身払いを選択される方が多いです。

一般的に終身払いにすると、月額保険料は下がります。
そうすると、手数料も下がります。
手数料目当ての提案ではないと推測します。
ただ、FPが強く勧めるというのも言うのもおかしな話ですが・・・

で、メリット、デメリットについて書きます。

有期払い(60歳払い込み)
メリット・・・ 長生きによる払込総額の増大がない。
        払込終了後の保険料負担がない。
デメリット・・・月額保険料が高い。
        短期で亡くなった場合の保険料の無駄が多い。
      ...続きを読む

Q払い済みにするタイミングを教えてください。20年前から定期付終身保険に

払い済みにするタイミングを教えてください。20年前から定期付終身保険に加入、保険料の払い込みは後10年あります。今【払い済み】すると当初の終身保険300万より多い570万になります。利率が良いので払い済みにしないで延ばす事を前に知人から進められたのですが、そのタイミングがわかりません。5年後から解約返戻金が下がってきます。この事と関連するのでしょうか?お願いいたします。

Aベストアンサー

(Q)【 解約払戻金】とは【配当金】のことですか?
(A)いいえ。別物です。
解約払戻金とは、下記の部分のオレンジ色の部分です。
http://www.jili.or.jp/knows_learns/basic/kind_main/whole_life.html

解約払戻金とは、保険会社の利益に関係なく、解約したときの
払戻金です。
配当金とは、解約払戻金とは別に、保険会社の利益配当です。
つまり、保険会社が赤字ならば、配当も出ません。

(Q)満了になると始めに予定していた300万の【終身保険】を
残す代わりに【解約返戻金】が無くなり、プラス【配当金】だけを
受け取れると思っていたのですが?
(A)いいえ。違います。
上記で述べたように、終身保険の解約払戻金はなくなりません。
増え続けます。

(Q)払済みの場合は、どうでしょう?【解約返戻金】を全額組み込み、
プラス【配当金】だけを受け取れる。と思っていますが?
(A)いいえ。違います。
上記で述べたように、解約払戻金は払済にしてもなくなりません。
払済にしても、増え続けます。

保険について、初歩から勉強しなおしてください。
http://www.jili.or.jp/knows_learns/basic/index.html

質問者の場合、たまたま予定利率の高い、利益率の高い保険を
継続しています。
下手をすれば、今までの利益をとばしていた可能性もあります。
この機会に、保険について、知識を深めてください。

(Q)【 解約払戻金】とは【配当金】のことですか?
(A)いいえ。別物です。
解約払戻金とは、下記の部分のオレンジ色の部分です。
http://www.jili.or.jp/knows_learns/basic/kind_main/whole_life.html

解約払戻金とは、保険会社の利益に関係なく、解約したときの
払戻金です。
配当金とは、解約払戻金とは別に、保険会社の利益配当です。
つまり、保険会社が赤字ならば、配当も出ません。

(Q)満了になると始めに予定していた300万の【終身保険】を
残す代わりに【解約返戻金】が無くなり、プラス【配当...続きを読む

Q保険入ってない人いますか?

日本人は生命保険加入率がとても多いそうですね。
そこで敢えて聞いてみたいのですが
(生命)保険入ってない人ってここでは
どれくらいいるのでしょうか?

あまり関心がなくて、、、と言う理由だったら
このカテゴリーも見てらっしゃらないと思いますが(汗)

理由と現在の状況(独身だからとか)を
教えてください<m(__)m>
旦那さんに死亡保障だけはしっかりかけてる!(笑)

医療保険しか入ってないわーなどでもいいです。

ちなみに私は最近まで未加入でした。
無知の極みで、です。

Aベストアンサー

既婚者です。子供もいます。僕は一家の大黒柱です。
しかし生命保険には加入していません。
加入の必要をまったく感じません。
理由は色々とあります。

まず僕は極めて健康体です。健康診断をしても異常があったためしがありません。さらに両親兄弟もみんな健康体で、遺伝的にも心配がありません。車にも乗らないので、交通事故などに遭う危険性も普通の人より少ないです。
僕みたいな人は、保険会社にとっては上客です。彼らを喜ばせることはありません。

仮に病気になったと仮定して、1カ月程度の入院で済むような病気だったら、生命保険に入らずに自費で治したほうが遥かに割安だと思いませんか? 健康保険には強制的に加入させられていることもあり、1カ月程度の医療費なんて安いものです。

では、もし僕が早死にしてしまったら? 一時的にン千万円の大金が戻るかもしれませんが、その程度の金が戻って残された家族がやっていけるかと言われると、やっていけません。生命保険に加入していようが、していまいが、僕が早死にしてしまったらどの道、残された家族は不幸のどん底を味わうしかないのです。

一生寝たきりのような重病にかかった場合も同様です。永久に医療費が支給されるわけではありません。やはり家族が路頭に迷うことに変わりないのです。

その分、計画的に貯金に回しています。自分なりに財テクを勉強して、もしもの場合でも家族が路頭に迷わないよう保険以外の予防策を打ちつつあります。
僕みたいに趣味と特技が財テクっていう人には、生命保険があまり得策ではないと判断して、保険に未加入の人が多いかもしれません。

既婚者です。子供もいます。僕は一家の大黒柱です。
しかし生命保険には加入していません。
加入の必要をまったく感じません。
理由は色々とあります。

まず僕は極めて健康体です。健康診断をしても異常があったためしがありません。さらに両親兄弟もみんな健康体で、遺伝的にも心配がありません。車にも乗らないので、交通事故などに遭う危険性も普通の人より少ないです。
僕みたいな人は、保険会社にとっては上客です。彼らを喜ばせることはありません。

仮に病気になったと仮定して、1カ月程度の入...続きを読む

Q払い済み保険への変更時期

現在47歳です。ちょうど20年前FK生命のハイライフと言う保険に入り現在に至っております。
定期付終身保険で死亡3000万+終身500万+80歳までの医療保障と死亡2000万+終身500万の2本の契約となっております。
65歳で満期となりますが、55歳以降子供も社会人になりますしそれ以降なら死亡保障も減らしても良いように思います。
「払い済み」という方法で終身部分をより厚く出きると聞いたことがありますが、何歳の時点での変更が有利になるのでしょうか?
その際出来れば医療保険部分は残しておきたいのですが果して可能なのでしょうか?
また医療保険部分を充実させることもできるのでしょうか?
「払い済み」という事自体あまり良く分かっておりません。アドバイスあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

morikuma40さん

「払い済み」保険というのは、他の方もおっしゃっている通り、「それまでに払った保険料において責任準備金として積み立てられたもの≒解約返戻金にもとづき、予定利率を計算し、終身保険として作り直したもの」です。
特約は消滅します。

現在ご加入の保険が、
(1)主契約:終身保険500万 特約:定期保険3000万
(2)主契約:終身保険500万 特約:定期保険2000万
(3)医療保険80歳
とのこと。

現在の死亡保障額が、(1)と(2)の合計で、6000万円。
65歳までの間でmorikuma40さんに万一のことがあったときには、6000万円がもらえる保険にご加入です。

ところで、morikuma40さんは、何のために(1)と(2)の保険にご加入ですか?
遺族が生活に困らないため?
想像してみてください。(大変失礼ながら)明日、morikuma40さんに万一のことがあり、ご遺族が6000万円もらったら、どのようにお使いになると想像しますか? 

奥様は一切働かずに過ごすでしょうか? お金のためだけではなく心身の健康のためにも働くことにならないでしょうか?

もし、morikuma40さんが会社員なら月にして13万円~15万円程度の遺族年金が支給されます。

もし、もらった6000万円の保険金のうちから月10万円づつ使っていったら、50年分の金額です。必要なくても無理やり月10万円づつ使っていって50年掛かる金額です。

もし、ご自分に万一のことがあった場合に、どれくらい必要となるかについて、こちら(http://money.goo.ne.jp/hoken/seiho/choice/hituyou.html)を参考に、この際お考えになってみたらいかがでしょう。

>「払い済み」という方法で終身部分をより厚く出きると聞いたことがあり
>ますが、何歳の時点での変更が有利になるのでしょうか?

何歳の時点が有利になるかは、払込金額に対して、いつの時点が最も高い保障額(最も高い解約返戻金額)になるか、で判定できると思います。

他の方もおっしゃっていたと思いますが、(1)又は(2)の保険のうち、終身保険部分については、年毎に解約返戻金が増加していき、定期保険部分については、ある時期を境に解約返戻金は減少に転じて、契約期間満了期(65歳)には、ゼロになります。

考え方の一つとして、「解約返戻金額÷払込合計額」が最も高い時点で「払い済み保険」に変更する方法も有るでしょう。しかし、
もし、そもそも、現時点での保障額が過剰であるならば、例えば(1)の保険は「払い済み」とし、(2)の保険については、「定期保険部分」を必要な額まで減額するという方法も考えられると思います。

仮に(1)の保険を払い済みにしても、現時点で、約1千万円近くの保障が確保できるようですから、(2)の保障額と併せれば、結構な保障額となります。
そうすることにより、もちろん、月々の保険料も節約できます。

「何歳の時点での変更が有利になる」かという基準だけではなく、他の観点からもご検討をされ、morikuma40にとって、また、ご家族にとって最も有効となるご判断をされますよう。

morikuma40さん

「払い済み」保険というのは、他の方もおっしゃっている通り、「それまでに払った保険料において責任準備金として積み立てられたもの≒解約返戻金にもとづき、予定利率を計算し、終身保険として作り直したもの」です。
特約は消滅します。

現在ご加入の保険が、
(1)主契約:終身保険500万 特約:定期保険3000万
(2)主契約:終身保険500万 特約:定期保険2000万
(3)医療保険80歳
とのこと。

現在の死亡保障額が、(1)と(2)の合計で、6000万円。
65歳までの間でmorik...続きを読む

Q医療保険(終身払いか60歳払い済か)

主人(38歳)の医療保険について悩んでいます。
終身払いにするか、60歳で払済みにするかです。
がん保険もいま検討中で、こちらは終身にするつもりです。

はじめは、医療保険は60歳で払い終わったほうがいいと思っていたのですが…。
それだと、医療制度が大きく変わったときや、もっといい保険がでてきたときなど困ると思いはじめました。

でも、月々の保険料はもちろん60歳払いのほうが高いのですが、払い込み総額を計算してみたら、65歳を過ぎると、終身払いのほうが多く払うことになるようです。

どっちのリスクをとるべきか…。

いろいろご意見きかせてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>医療制度が大きく変わったときや、もっといい保険がでてきたときなど困ると思いはじめました

年金生活に入ったときに「いい保険が出たから変えよう!」となりますか?
年金の限られた収入の中での新たな保険料負担は生活を圧迫することになりかねませんし、
38歳のときに比べて保険料が跳ね上がることは容易に想像できます。
そもそも保険を変えられるほど健康状態が良好かどうかも分かりません。
分かっていることは、終身払いも60歳払いも「契約が終身続く」ということだけです。

今は働いているでしょうから、少し高い保険料負担は働いて補うことができます。
ただ引退後の保険料負担は、働いて補うということが現実的ではなくなります。
終身払いにして本当に年金の中から保険料を払い続けることができますか?
私たちの世代の年金こそ、どうなっているか分かりませんよ。

消費者センターには70歳以降の方から医療保険の相談が多いようです。
「医療保険(生命保険)が高くて年金から払えないからどうしたらいいの?」と。
そうなってしまってからでは遅いのです。

ということから私はすべての生命保険は現役世代に払込を終えることをお勧めします。

同年代の者より。

>医療制度が大きく変わったときや、もっといい保険がでてきたときなど困ると思いはじめました

年金生活に入ったときに「いい保険が出たから変えよう!」となりますか?
年金の限られた収入の中での新たな保険料負担は生活を圧迫することになりかねませんし、
38歳のときに比べて保険料が跳ね上がることは容易に想像できます。
そもそも保険を変えられるほど健康状態が良好かどうかも分かりません。
分かっていることは、終身払いも60歳払いも「契約が終身続く」ということだけです。

今は働いているでしょ...続きを読む

Q終身保険の満期保険金は受け取れる?

ある方が昭和53年に加入した終身保険の満期を昨年迎えました。彼は25年間きちんと保険料を払っていましたが満期保険金は支払った保険料の3分の1だけでした。日本の大手と思われている生保会社です。私も違う日本の保険会社の終身保険に昭和63年に加入しています。保険料は30年間支払い、30年後一時金として受け取るか、年金として受け取る事を選択できます。家族がいないので死亡保険も要らないので解約も考えますが損な気がします。しかし先に述べた方の例を考えるとこの先保険料を払い続けても結局損ではと不安です。実際の所私の保険会社が破綻しないとしても加入30年後の1時金は払った保険料を下回る可能性が高いのでしょうか?契約時の約束では支払い保険料プラス50万円程度と言う話です。

Aベストアンサー

ご質問についてですが、そもそも終身保険に満期はありませんよ! それは解約した時に戻る“解約返戻金”を原資にした年金受け取りの変更か一時金でもらう、ただの解約の間違えと思うのですが・・。

ちなみに、特約など多種の保障が無く終身保険単体のご契約であれば、払込期間中に保険料が引き落とされなく“立替”にまわっていたり、一時的な資金が必要で“貸付”などを受けていなければほぼ、払込保険料と同額か期間によっては払込保険料を上回るでしょう!

QアフラックのEVERを解約して、新EVERに入り直そうと思ったら、

アフラックのEVERを解約して、新EVERに入り直そうと思ったら、
代理店の方に「もったいない」と言われました。

私は24歳の時、EVERに加入して
入院5000円/1日につき
女性疾病特約をつけて月々2160円払っています

EVERに、新EVERに近づける内容の特約をつけると約2800円くらい
新EVERに現在の年齢で加入し直しても2170円との事だったので、
単純に入りなおそうかなと思い資料請求をしたら、その後そのような電話がかかってきました

「もったいない」理由としては、
(1)金額が高くなるかもしれないリスク
(2)健康面で加入できないかもしれないというリスク
この二点でした

まず(1)に関しては、コールセンターで計算してもらっての上なので、問題ない
(2)も今まで保険の一度も使わなかったし、申告するような病気も何一つない

と説明したのですが、そしたら
「新しいものができる度に乗り換えてたらきりがありませんよ?」との話でした

正直、お恥ずかしい話ですが、
代理店の男性が言っている意味が理解できません

やはり解約しないで、EVERに特約をつけていたほうがいいのですか??

EVER、新EVERについてお詳しい方、
ど素人の私にわかるように教えて頂けるとうれしいです。

アフラックのEVERを解約して、新EVERに入り直そうと思ったら、
代理店の方に「もったいない」と言われました。

私は24歳の時、EVERに加入して
入院5000円/1日につき
女性疾病特約をつけて月々2160円払っています

EVERに、新EVERに近づける内容の特約をつけると約2800円くらい
新EVERに現在の年齢で加入し直しても2170円との事だったので、
単純に入りなおそうかなと思い資料請求をしたら、その後そのような電話がかかってきました

「もったいない」理由としては、
(1)金額が高くなる...続きを読む

Aベストアンサー

EVERを新EVERに近づける内容というのは、おそらく手術見舞金特約、通院特約、先進医療特約の全てをつけた場合の保険料だと思います。

でもこれは新EVERの保障とは若干違います。

例えば手術給付金。

子宮筋腫のため、腹腔鏡下で子宮筋腫核出手術をしたとしましょう。

入院給付日額 5000円の契約で、
新EVERなら手術給付金は入院ありなので5万円。
EVERは20倍の10万円です。

最近は腹腔鏡や内視鏡など身体に大きくメスを入れずに済むような手術が増えてきたので、そのような手術の給付金を下げる代わりに保障の幅を広げたのが新EVERなのです。

新EVERの特徴は、分かりやすさ。
従来のEVER、また他の一般的な医療保険では、保険会社で決めた"所定の"手術でなければ手術給付金が支払われませんでした。これではお金がもらえるのかどうか細かい約款を見なければならず、契約者にとって非常に分かりにくい。

でも、"所定"じゃなかった手術例えば扁桃腺の切除や骨折を治すために骨に埋めたプレートを外すような手術でも、基本的に"手術"であれば給付金が支払われるのが新EVERなのです。
EVERでこの部分をカバーするのが、手術見舞金特約というわけ。

実際に、ご質問者さんが将来EVERの保障給付対象外の手術を受けるかどうか分かりません。
でもそのために増えつつある腹腔鏡、内視鏡手術の保障額を落とすのは、ちょっともったいないかも。


あと実際に提案内容などが分からないので、あてずっぽうですが・・・

>新EVERに現在の年齢で加入し直しても2170円

というのは女性疾病特約なしのスタンダードプランでしょうか。
だとしたら、いま比較しているEVER+特約は、女性疾病特約の分だけ保険料が高くなります。

他の質問等を参照していただければ分かると思いますが、女性疾病特約は必ずしも必要な特約ではないというのが専門家の一般的な意見です。

もし新EVERの保障が気になるなら、女性疾病特約を外す代わりに手術見舞金特約、通院特約、先進医療特約を付加してはいかがでしょう。

保険料は新EVERに新たに入りなおすのと同じくらいになりませんか?
そうすれば、保障の幅も広がり、通院や先進医療の保障も追加され、なおかつ腹腔鏡手術の保障も下げずにすみます。
せっかく入ったEVERを解約してしまうのは、もったいないです。

EVERを新EVERに近づける内容というのは、おそらく手術見舞金特約、通院特約、先進医療特約の全てをつけた場合の保険料だと思います。

でもこれは新EVERの保障とは若干違います。

例えば手術給付金。

子宮筋腫のため、腹腔鏡下で子宮筋腫核出手術をしたとしましょう。

入院給付日額 5000円の契約で、
新EVERなら手術給付金は入院ありなので5万円。
EVERは20倍の10万円です。

最近は腹腔鏡や内視鏡など身体に大きくメスを入れずに済むような手術が増えてきたので、そのような手術の給付...続きを読む

Q解約返戻金と終身保険の払い済み

こんにちは。

まだ保険証書を見せてもらってはいないのですが、56歳の義父の終身保険を
見直すに当たって、僕に相談を持ちかけてきています。
現在、終身保険に定期特約、医療特約のついているものに加入しているようです。

結構古い保険なので、医療特約の内容が20日目から支払のあるものらしく
それでは今後、不安だということからこの話が始まっています。

医療保険を単独で加入するにもこの年齢では保険料が高めになっているので、
負担を軽くするために、終身保険を払い済みにするといくらの補償が残るのかを
試算したいのです。

解約返戻率や払込金額累計である程度計算できるものなのでしょうか?
もし、目安となる計算式などをご存知の方がいらっしゃれば
お教えくださいませんか?

義父の終身保険は300万くらいで60歳払込のようです。
何歳で加入したかは今のところ聞けていませんが、40歳くらいなのかな。
まもなく払い終わりそうなので続けても良いでしょうし、
N本生命なのですが予定利率の引き下げがあるかないかはわかりません。
あれば、補償額がそれ相応に減額されるでしょう。

情報の不足分は補足しますので、どうぞよろしくお願いします。

こんにちは。

まだ保険証書を見せてもらってはいないのですが、56歳の義父の終身保険を
見直すに当たって、僕に相談を持ちかけてきています。
現在、終身保険に定期特約、医療特約のついているものに加入しているようです。

結構古い保険なので、医療特約の内容が20日目から支払のあるものらしく
それでは今後、不安だということからこの話が始まっています。

医療保険を単独で加入するにもこの年齢では保険料が高めになっているので、
負担を軽くするために、終身保険を払い済みにするといくら...続きを読む

Aベストアンサー

配当積み立て利率について

すみません。
ご指摘ありがとうございます。
厳密には「情勢により変更する場合がある」となっています。

可能性としてはあるので書き方に問題がありました、申し訳ないです。

書き込み前にN社に確認をしたところバブル期の契約も今のところ契約当初の配当予定利率で運用されているとの回答でした。
現在契約する配当利率については低率だと思いますが、バブル期の契約についても契約時の利率を変更なくそのまま適用しているということです。

変更の可能性について触れなかったことを重ねてお詫びいたします。
申し訳ありませんでした。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報