多発性骨髄腫の治療をしています

治療前に染色体に異常がありました

治療後、染色体の異常は、1%(健常者レベル)になりました

染色体の異常は、治ったのでしょうか?

再発すれば、染色体の異常も、再度出てくるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

> 再発すれば、染色体の異常も、再度出てくるのでしょうか?



そうです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 多発性骨髄腫・原発性マクログロブリン血症・MGUSのまとめページ

    病気のあらまし  多発性骨髄腫は、骨髄中の形質細胞というリンパ球が腫瘍化した病気で、単に骨髄腫ということもあります。  腫瘍化した形質細胞を骨髄腫細胞と呼びます。形質細胞は抗体(免疫グロブリン)を産生する細胞ですが、多発性骨髄腫になると異常な抗体(M蛋白)が産生され、正常な抗体はむしろ低下するために免疫力は低下します。おもに50歳以上の中高齢者に発症する病気です。 症状と診断  多発性骨髄腫の症状は...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qウイルス 染色体異常

HIV-1に感染した細胞では染色体の切断や異数体が観察できるみたいですが、この現象によってどのようなことが起こると考えられるのですか?
レトロウイルスではLTRの転写活性作用により癌化が起こることは知られていますが、染色体の異常によって癌化が起こることもあるのでしょうか??
また、よく染色体異常に関する論文が書かれていますが、染色体異常について研究することはどのような意義があるのでしょう??染色体異常のhot spotを見つけても、何も対処することはできないように思えます。

Aベストアンサー

染色体異常と癌の関連性についてだけお答えします。

生物の体を構成する全ての細胞は、わずかな例外を除いて、過不足なく一定数の染色体を保持しています。染色体は、生物の遺伝情報を含んでいるので、一部の染色体の増減は、細胞全体がもつ遺伝子量の変化をもたらし、それは細胞の増殖分化に多大な影響を及ぼします。

癌細胞では、染色体数が増加している細胞が頻度高く観察され、分裂ごとに染色体数が異なるという「染色体の不安定性」を示します。この特徴は、悪性度の高い、すなわち転移しやすい細胞ほど顕著にみられます(Trends Genet.,24,457-466(2008))。染色体の異常によって癌化がおこるのかは、今のところはっきりと分かっていませんが、山のようにある癌化の原因の1つに考えられています。

染色体異常について研究することは、細胞癌化の理解を深めると同時に、染色体異常の原因遺伝子を探ることでそれを癌細胞の性質を知るための診断用のバイオマーカーとして使うという応用方面での期待もできます。

また、染色体異常に関する研究は、染色体異常のhot spotを探す?ものばかりではありません。染色体異常の原因もまた数多くあります。一例をあげるなら、微小管による染色体分配機構(紡錘体チェックポイント)の破綻が原因となって、染色体異常を示す場合があり、そのチェックポイントに関わる遺伝子を癌細胞の診断マーカーとして使用する試みもあります。実際、癌細胞では、微小管の構造に異常(その結果、染色体異常になる)があるものが頻度高く観察され、、それらの制御遺伝子に変異がある症状も報告されています(Nature.,392,223-224(1998))。

ではでは。

染色体異常と癌の関連性についてだけお答えします。

生物の体を構成する全ての細胞は、わずかな例外を除いて、過不足なく一定数の染色体を保持しています。染色体は、生物の遺伝情報を含んでいるので、一部の染色体の増減は、細胞全体がもつ遺伝子量の変化をもたらし、それは細胞の増殖分化に多大な影響を及ぼします。

癌細胞では、染色体数が増加している細胞が頻度高く観察され、分裂ごとに染色体数が異なるという「染色体の不安定性」を示します。この特徴は、悪性度の高い、すなわち転移しやすい細胞ほ...続きを読む

Q急ぎです。多発性骨髄腫のたんぱく値下降症状について

多発性骨髄腫にかかると、igm/iggなど、大体の方が上昇傾向になると思います。が、うちの母は、値が下降する症状です。いろいろ調べてみましたが、上昇傾向の方がほとんどなので、下降傾向を調べるには、どうしたらよろしいでしょうか。
また、頭部や、わき腹部に、たんこぶのような膨らみが出はじめ(5年前に多発性骨髄腫と診断された時には、頭部など、骨の溶解がみられました)、3つのたんぱく値も、標準範囲を割ってしまい痛みも増し、3度目の治療にうつる予定です。
ペットctの結果は3日後なのですが、事前に調べておこうと思っております。
こぶも、骨の溶解と関係しているのでしょうか・・・また、こぶに対しての治療薬など分かりましたら、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

お書きの内容から
Bence Jones型の骨髄腫かと思われます

IgGなど免疫グロブリンと呼ばれるタンパク質のうち、light chainと呼ばれる部分のみをたくさん作る型です

通常の免疫グロブリンより小さいものですから血液中にとどまらず尿に出て行ってしまいますので血液のタンパクは増えません
尿中にBence Jones型のタンパクが増えています


こぶが骨髄腫細胞が腫瘤を形成したものの場合、放射線療法の検討がなされることもあります

参考URL:http://www.myeloma.gr.jp/mm/faq/13.html

Q染色体異常の確率について

現在37歳です。
少し前に、33歳のときの凍結胚を移植して妊娠しました。
現在、ある産婦人科に通っているのですがそこの医師に
「37歳だから強制ではないけど羊水検査を受けた方がいい」
と言われました。33歳のときの凍結胚(顕微受精ではありません)なので大丈夫と思っていたのですが「それは関係ない。37歳だから」と言われました。
染色体異常は受精したときの年齢ではないのですか?
あと「染色体に異常があれば外国では中絶をすることが法律で決められている」とも言われました。
少し酷いことを言うなぁと思ったのですが、こういうのは普通なのでしょうか。少し不信感を持ってます。

Aベストアンサー

え、そのお医者様、大丈夫ですかね!?
基本的に染色体の異常ですから、卵子と精子が受精したときの年齢のはずですが・・・

私は不妊クリニックで体外受精の説明をひととおり聞いたとき、それに関した説明を受けましたよ。
凍結胚をたくさん作っておけると、ある程度年齢がいっても子宮が元気なら妊娠するチャンスがあるし(卵巣は機能低下して排卵しなかったら妊娠できる可能性がなくなるという意味)、若いうちの凍結胚の方が染色体など質を考えても現実的に良いと。
結局タイミングで妊娠したため、私はそこまでステップアップしなかったのですが、そういった説明でした。

また、「染色体に異常があれば外国では中絶が法律で決められている」はどう考えてもありえない気がします。一般的に出生前診断が受けられている国々があるのは勿論知っていますが、その結果「染色体異常」があったからと言って、強制的に中絶が義務づけられているのは聞いたことがありません。「それでも産むか、残念ながらあきらめるか」の選択を夫婦に任せられているものだと思うのですが・・・
ただ、こちらは私は知っているわけではなく調べたことがあるわけでもないので、あくまでも現代社会の倫理的にそうだろうと思うだけです。(でもやっぱり法律で中絶はありえない気がする・・・)

産婦人科医の中にはどんな命でも命として出生前診断をすると言うだけで嫌な顔をするお医者様もいます。(それは尊い考え方なのかもしれませんが)
逆の考え方のお医者様がいてもおかしくはないでしょう。
トピ主さんのお医者様の言う事は、なんだかちょっと頷きがたいと言うか真偽が問われるような内容ばかりですので、信頼できないようであれば転院をお勧めしますが・・・

え、そのお医者様、大丈夫ですかね!?
基本的に染色体の異常ですから、卵子と精子が受精したときの年齢のはずですが・・・

私は不妊クリニックで体外受精の説明をひととおり聞いたとき、それに関した説明を受けましたよ。
凍結胚をたくさん作っておけると、ある程度年齢がいっても子宮が元気なら妊娠するチャンスがあるし(卵巣は機能低下して排卵しなかったら妊娠できる可能性がなくなるという意味)、若いうちの凍結胚の方が染色体など質を考えても現実的に良いと。
結局タイミングで妊娠したため、私はそこま...続きを読む

Q染色体異常

現在急性骨髄性白血病で入院している彼氏がいます。
染色体を調べたところ、16番と21番に異常があるそうです。
両方とも原因は分からず、ただ16番については薬で治るとのことでした。
21番は2本の染色体が3本あるとのこと。
それってダウン症ですよね?
彼は現在23歳です。今までダウン症のような症状はありません。
成人になってから突然変異でダウン症になることはあるのでしょうか?
また、ダウン症(21番染色体が3本ある)の場合必ず子供に遺伝するものなのでしょうか?
まったくの無知です。
自分でも調べてはみましたが難しすぎて。
お願いします!!

Aベストアンサー

*同じ染色体が3本あることを、トリソミーといいます。

先天性で、すべての細胞において21番トリソミーであるのなら、ダウン症のような症状が出るはずだと思います。しかし、初めは正常だった個体の発生の過程で、たまたま一個の細胞がそういう風(21番トリソミー)になって、それが増殖することによって体の一部分の細胞だけが21番トリソミーになることはあります。後天性です。このとき、それが体のどの部分であるかによってダウン症などの症状が出たり、出ても症状が軽かったり、見た目にはわからなかったりします。

今回の場合は、急性白血病とのことですし、造血系の骨髄の細胞のみ、後天的な染色体異常があるんだと思います。断言はできませんが。ですので、生殖細胞が正常であれば、子供に遺伝するようなことはないと思います。
生殖細胞のほうまで染色体異常があるようですと、先天性の21番トリソミーの子供が生まれる確率は格段に高くなります。

もうすでにご覧になってるかもしれませんが、参考までに急性骨髄性白血病のURLを。

参考URL:http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/cancer/010215.html

*同じ染色体が3本あることを、トリソミーといいます。

先天性で、すべての細胞において21番トリソミーであるのなら、ダウン症のような症状が出るはずだと思います。しかし、初めは正常だった個体の発生の過程で、たまたま一個の細胞がそういう風(21番トリソミー)になって、それが増殖することによって体の一部分の細胞だけが21番トリソミーになることはあります。後天性です。このとき、それが体のどの部分であるかによってダウン症などの症状が出たり、出ても症状が軽かったり、見た目にはわからなかったりし...続きを読む

Q夫に染色体異常(転座)が見つかりました。

今日病院で夫に染色体異常(転座)がある、と聞かされました。
私自身一昨年、昨年と2度の流産をしており、流産の原因(かもしれないもの)が見つかりホッとした反面、子供を授かることは難しいのだろうか・・・と思い始めています。

ネットで色々検索してみたのですが、染色体異常については医学的な事が書かれているサイトが多く、いまいち理解に至りません。

染色体異常(転座)があっても妊娠~出産は可能でしょうか?
子供にも染色体異常が遺伝する可能性は高いでしょうか?

どんな事でも構いませんので教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私は別の原因でしたが、不育症で流産を繰り返し、治療?の結果赤ちゃんを授かった者です。
染色体異常ですが、初期流産の原因のひとつです。
一般に妊娠した場合、運命的?自然的に赤ちゃんが着床するまでに細胞分裂に失敗するなどして染色体異常になり、初期流産になる確率は10人に2~3人と言われています。
ただ、両親いずれかに染色体異常が認められた場合、妊娠すると約70~80%(何の異常かで%の数字は変化します)の可能性で初期流産するといわれています。
つまり、初期流産の可能性がすごく高いということです。
現在、残念ながら確率された治療法はなかったと思います。
赤ちゃんを授かるにはいくつか方法があるみたいです。
1.妊娠を続け、染色体異常を持たない20~30%の確率にかける。
2.体外受精などをし、染色体異常を調べ、異常のないものだけを子宮  に戻す。
2は一年前くらいに新聞にのって議論になった話題です。産婦人科学会で認められたか、だめだったかは記憶がさだかではありません。
2の治療を推奨してやっている病院もあるそうです。
遺伝はちょっと分かりません。

分かりにくい説明かもしれません。ごめんなさい。
あくまで私が説明をうけ、上記のように理解した説明です。
実際は病院できちんと確かめてください。
(説明も一年前に聞いた限りですので)

私は別の原因でしたが、不育症で流産を繰り返し、治療?の結果赤ちゃんを授かった者です。
染色体異常ですが、初期流産の原因のひとつです。
一般に妊娠した場合、運命的?自然的に赤ちゃんが着床するまでに細胞分裂に失敗するなどして染色体異常になり、初期流産になる確率は10人に2~3人と言われています。
ただ、両親いずれかに染色体異常が認められた場合、妊娠すると約70~80%(何の異常かで%の数字は変化します)の可能性で初期流産するといわれています。
つまり、初期流産の可能性がすごく...続きを読む

Q母が原発性胆汁性肝硬変のさまざまな合併症により入院治療を受けています。 15年前に膠原病と診断されレ

母が原発性胆汁性肝硬変のさまざまな合併症により入院治療を受けています。
15年前に膠原病と診断されレイノー症、強皮症。
5年後に原発性胆汁性肝硬変、食道静脈瘤
その後、腹水が溜まりはじめました。
今年1月に入りアルツハイマー型認知症。
5月にレビー小体型認知症、パーキンソン病、脾臓腫、胸水貯留、腹水貯留の診断により5月19日から入院治療を始めましたがその後、腹水穿刺をし特発性細菌性腹膜炎、敗血症の陽性反応。アルブミン血液製剤、輸血を受けましたがその後、腎不全、黄疸も認められています。抗生剤、点滴を始めていますが37度から38度の熱と下痢が続いています。

担当医からは重篤な状態が続いているので、数日ということもあるし数ヶ月かもしれないし具体的にどのくらいとは申し上げられませんが延命措置をどうするかをご家族で相談しておいて下さい。とオブラートに包むような口調で言われましたが、実際のところ余命はどのくらいなのでしょうか?担当医のおっしゃる通り、具体的にはわからないのでしょうか?
私としては覚悟はしておりますので本当のところをズバリ聞きたいと思っています。

意識はしっかりしていますし、治療な効果は緩やかにあるように思われます。

どなたかアドバイスをお願いします。

母が原発性胆汁性肝硬変のさまざまな合併症により入院治療を受けています。
15年前に膠原病と診断されレイノー症、強皮症。
5年後に原発性胆汁性肝硬変、食道静脈瘤
その後、腹水が溜まりはじめました。
今年1月に入りアルツハイマー型認知症。
5月にレビー小体型認知症、パーキンソン病、脾臓腫、胸水貯留、腹水貯留の診断により5月19日から入院治療を始めましたがその後、腹水穿刺をし特発性細菌性腹膜炎、敗血症の陽性反応。アルブミン血液製剤、輸血を受けましたがその後、腎不全、黄疸も認められています。抗...続きを読む

Aベストアンサー

早めに覚悟はしていていいのでは。
それで、のちに、回復してきて、永く生きていてくれたら、喜びも倍増すると、思います。

Q流産しました。胎児の染色体異常検査で悩んでます

3度目の流産を経験しました。明日手術です。
医師からは、流産後の胎児の染色体検査をするか?尋ねられました。
胎児の染色体異常だった場合は、不育症の疑いが薄れる(?)とのこと。

ただし、3度目も流産しておいて、3度とも染色体異常だったとは思いづらいこと、検査の精度も高いわけでもないらしく、にも関わらず検査費用が高いこともあり、悩んでおります。

皆さんのご意見などお聞かせいただけるとありがたいです。

・検査費用は10万程度(全額自費)
・自然流産の確率は約15%、3度続けて流産する確率は1%以下であるため
 不育症の検査→治療が必要では?と医師からは言われている。
・流産時の胎児染色体異常の確率は約60~70%とのこと
・3度続けて流産し、すべて染色体異常だった確率は0.1%以下であり、
 その0.1%にかけて胎児の染色体検査をするのは、あまり賢明ではない
 と個人的には思っている。
・不育症の検査・治療も相当の費用がかかるため、今回の染色体検査に
 あまり意味を見出せないようであれば、次の治療に当てたい。

Aベストアンサー

こんにちわ。
本当に残念ですね・・・。今日手術だったのですね。大変でしたね。

私も三度の流産をし、毎回検査の結果染色体異常といわれました。
毎回こんどこそはとおもいながら、心拍確認までとても不安で、
やはり心拍が確認されないととてもがっがりしました。
三回流産をすると確かに習慣性流産となり、検査が確か保険適用になったと思いますが?

私が行った検査は夫婦の遺伝子を調べることと、抗リン脂質抗体症候群かどうかの検査です。前者は遺伝子があまりに似ていると妊娠が成立しづらいことがある、後者は血液が固まりやすいので、胎児に栄養がいきにくいから、という理由だったからと思います。
両方とも、保険適用かたした、1万位だったと思います。


調べて原因がわかって治療が可能であれば積極的にするべきだと思いましたが、私の場合は先生いわく妊娠が成立しているのでたとえば男性女性ともに生殖機能はあるし、遺伝子検査、抗リン検査ともに異常はなかったので、調べてもいいけどこれ以上調べる必要はないといわれました。

わたしの三回の流産の原因はともに0.1パーセントといわれる、染色体異常で、これは直すことはできず、胎児の問題であることで、夫婦にはなんの落ち度もありません。たとえ心拍が確認されても何らかの障害があるため出産までにはいたらないのです。

とにかく、私が三回流産して落ち込んだことは、習慣性流産になると流産癖がつくのではないかという不安でした。しかし、4度目で無事健康な出産ができました。
とても落ち込んだときに先生がいってくれたことは、先生の経験の中で
何の検査の異常もみつからず、夫婦間の生殖機能も正常で、子供を望んで子供を授からなかった人はいないよといってくれたことです。

いまは本当におつらいでしょうが、体を休めてご自分を責めないでくださいね。落ち込まないでとはいいません。落ち込んでいいんです!とても残念なことなんですから。へたに元気なふりをすると、あとあと引きますから。(わたしがそうでした)

検査をできるかぎりして、原因があればそれを二人で解決していくしかないのです。

私は聖路加調べていたのですが、現在三回流産した後4回目の自然妊娠で赤ちゃんを授かりました。1回2回くらいなら探せば流産の経験がある人は多いと思います。でも3回はあまりいませんよね?周りの目もあるし、いわれのないこともいわれて私も傷ついてきました。

本当につらいお気持ちがわかります。
ただ、もし10万の検査の内容がわかりませんが金額の負担がおおきくて、またそれが卵管検査や精子の検査であればわたしもする必要はないかとわたしは思います。だって、妊娠が過去三回も成立しているのですからそこに問題はないと思います。

今はお体を大切にしてくださいね。なんか自分のことのように思えて、泣けてきちゃいました。乱筆でわかりにくくてごめんなさい。

大丈夫!あきらめないでくださいね。何か相談できることあればご協力させててくださいね。
心から応援してます。

こんにちわ。
本当に残念ですね・・・。今日手術だったのですね。大変でしたね。

私も三度の流産をし、毎回検査の結果染色体異常といわれました。
毎回こんどこそはとおもいながら、心拍確認までとても不安で、
やはり心拍が確認されないととてもがっがりしました。
三回流産をすると確かに習慣性流産となり、検査が確か保険適用になったと思いますが?

私が行った検査は夫婦の遺伝子を調べることと、抗リン脂質抗体症候群かどうかの検査です。前者は遺伝子があまりに似ていると妊娠が成立しづらいこと...続きを読む

Q 魚の目の治療で1ヶ月程前治療しました。芯はとらず削って柔らかくすると

 魚の目の治療で1ヶ月程前治療しました。芯はとらず削って柔らかくするという物でした、また痛くなってしまったので、前回と同じ皮膚科にいきましたが、またスピールテープらしき物を貼り一週間後に削るという事でした。芯を取らないのでいつまでも、この繰り返しの様な気がします。皮膚科では芯まではとらないのでしょうか?ちなみに削る時結構痛いんです。芯はかなり深いと思います。レーザー治療とかってどうなんでしょうか?でも痛い治療は嫌です。だとしたら何科に行ったらいいんでしょうか?

Aベストアンサー

病院を変えてみては?
根っこ芯を取らないと 治らないと思いますので
別の 病院で 相談してみては?
医療行為は、素人判断では、なんとも言えません 症状・状態から 別の病院でも 削る治療なら
理由が 有ると思いますので 説明を受けて 納得されればと思います。

自分の場合 ハサミで 切り取る様な 乱暴な 痛い切除法でした 結果 取れましたが ヒヤ汗でした。

Q染色体異常について

二度も似たような質問すみません(>_<)
考えれば考えるほど気になりはじめて…調べてもわからないので質問させてもらいました。

精子の染色体異常の原因って何なのかわかる方教えてください。
卵子の染色体異常は母体が年をとることによる卵子の老化だと思うのですが、では精子は?
タバコや酒や薬などが原因なのでしょうか…??

Aベストアンサー

こんにちは。

>精子の染色体異常の原因って何なのかわかる方教えてください。

「染色体異常」には、偶然のアクシデントによるものと、遺伝性のあるものの2種類あることを知ってください。前者は「減数分裂時の不分離」が原因、後者は遺伝です。
ここでは、前回のご質問の内容から遺伝性ではない方の染色体異常について回答します。

ヒトの染色体は常染色体が22本に性染色体が1本の23本がそれぞれ2本ずつペアになった46本です。精子と卵子の受精は、パパとママの情報をシャッフルして新しい命が作り出されることです。パパからもママからも染色体を46本ずつもらったのでは赤ちゃんの染色体が92本になってしまうので、精子も卵子も受精する前の成熟の最終段階までに染色体数を半分にしておきます。この生殖細胞だけに起こる特殊な細胞分裂をれを「減数分裂」と言います。
この時にアクシデントが起こることがあります。46本の染色体が丁度きれいに23本ずつに分かれずに22本と24本等になってしまうのです。このように不分離を起こした精子や卵子が正常に減数分裂した23本の精子や卵子と受精すると、染色体数が1本少ない45本の受精卵や1本多い47本の受精卵が出来てしまいます。これが染色体異常の赤ちゃんになるのです。

>卵子の染色体異常は母体が年をとることによる卵子の老化だと思うのですが、では精子は?

母体が年をとっていることは卵子も古くなっていることです。そうすると、上記の減数分裂時に不分離を起こす卵子の割合が増えることになります。精子もまた同じですが、前回のご質問にも回答しましたように、受精ということを考えた時に、卵子は常に1/1であるのに対して精子は数千万から1億分の1でありますので、卵子のようには問題にならないのです。

>タバコや酒や薬などが原因なのでしょうか…??

タバコやアルコールが減数分裂時の不分離を引き起こすという報告はこれまでありません。薬に関しては前回のご質問に回答しました通り、細胞分裂を抑制するような働きのある一部の特殊な薬に限り影響があるとされています。放射線も同じ理由で(被爆量により)影響があります。

こんにちは。

>精子の染色体異常の原因って何なのかわかる方教えてください。

「染色体異常」には、偶然のアクシデントによるものと、遺伝性のあるものの2種類あることを知ってください。前者は「減数分裂時の不分離」が原因、後者は遺伝です。
ここでは、前回のご質問の内容から遺伝性ではない方の染色体異常について回答します。

ヒトの染色体は常染色体が22本に性染色体が1本の23本がそれぞれ2本ずつペアになった46本です。精子と卵子の受精は、パパとママの情報をシャッフルして新しい命が作り出さ...続きを読む

Q数年ぶりの背中の激痛とリウマチ性多発筋痛症

70台後半女性(母)です。
 急に伸び上がった拍子に、背中(どちらかといえば左側)に激痛が走り、呼吸が苦しくなったとのことです。痛さの種類は「ビビッ」とすると表現しています。
 数年前にも全く同じ症状になったことがあり、痛み止め(座薬)を使用し数日で全快しました。この時は数日、夜中も寝返りをうつのも相当大変で、辛そうでした。

 さて、病院を受診したところ、心電図と2回の血液検査から「リウマチ性多発筋痛症」と診断されました。
 家でいろいろ検索してみますと、「Bird(バード)の診断基準(1979年)」の7項目のうち3項目(肩の痛み、朝のこわばり、上腕筋の圧痛)には全く該当しません。
 また、痛いのは腰から背中にかけてだけで、手足、首、肩、股関節は何でもないとのことです。
 ステロイドを処方されましたが服用はしますが、今後のことが心配です。

 他の病気、症状の可能性もあるのではないかと思うのですが、アドバイス、同様の体験談、その他参考情報などをお願いいたします。

ちなみに、最近の変わったことと言えば、数日前に軽い風邪をひいて抗生物質ですぐ治癒した(と思われる)こと、久々にとろろ芋を食べたこと位です。

 また、関連性はわかりませんが、日頃から、時々ではありますが、胸が痛むらしく、水をコップ2杯程度飲むとおさまるようです。

70台後半女性(母)です。
 急に伸び上がった拍子に、背中(どちらかといえば左側)に激痛が走り、呼吸が苦しくなったとのことです。痛さの種類は「ビビッ」とすると表現しています。
 数年前にも全く同じ症状になったことがあり、痛み止め(座薬)を使用し数日で全快しました。この時は数日、夜中も寝返りをうつのも相当大変で、辛そうでした。

 さて、病院を受診したところ、心電図と2回の血液検査から「リウマチ性多発筋痛症」と診断されました。
 家でいろいろ検索してみますと、「Bird(バード)の...続きを読む

Aベストアンサー

ペインクリニックを受診してみませんか。


人気Q&Aランキング