人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

草野球をはじめましたが外野の目測が上手く出来ず長打になってしまいます。目測を誤らない方法ありましたらアドバイス願います。

A 回答 (4件)

練習で慣れるのも一番ですが、その練習でも試合でも自分の思った落下点よりもちょっと後ろに構えるといいですよ。


やはり下がりながら捕るよりも前に出ながら捕る方が捕りやすいですし、捕りながらのステップで送球することもできますし
言葉ではわかりずらいですが、イメージとしてはタッチアップの捕球から送球といった流れだといいと思います。
どっちにしろ外野なのでいつまでも持っているわけにいきませんもんね。
ちなみに自分はそんなに肩が強いわけでもないので新庄のように落下点に入って捕る際軽くジャンプをしながら捕ってそのまま投げています。
日ハムの試合はなかなか見る機会がないので最近やっているかはわかりませんが^^;
    • good
    • 0

私も練習あるのみだと思いますが、斜め後方の打球の追い方にはコツがあります。

それは
「左右方向より前後方向を先に合わせるようにする」
です。

具体的に、右後方へのフライを追う場合を例にとると
1.右後方へ一直線に向かう
2.1よりも後ろから回り込むようにする
3.1よりも右から(前から)回り込むようにする
の3通りの追い方がありますが、一番目測をつけやすいのは2です。
ボールの軌道をなるべく斜めから見る方がわかりやすいんですね。

余談ですが、これができないのが真正面のライナーです。これは取りにくいですよね。
    • good
    • 0

練習あるのみだと思います。



フライと一言で言っても飛び方によって早く落ちるのから、打球が伸びるのまで一種類ではないと思うので経験を積むしかありませんね。

長打になると言うことは頭を越されると言うことだと思いますが、少し深めに守ってみてはどうでしょう。
前から打球が飛んでくるのですから後より前の方が素早く動けると思います。
    • good
    • 0

結局は慣れるしかありません。



なので、とりあえずは、
長打にならないようにするために、
めいっぱい後ろに下がっておいて、
常に前進するようにすれば良いかと思います。
頭の上を越されると長打になってしまいますので。

何百球、何千球と打球を追っていると、
感覚的にだんだんと分かってくるようになります。
実際には屋外なので、自然の影響もあり、
打った瞬間にぴたっと「ココ」と分かる人は、
プロ野球選手でも少ないですよ。

練習あるのみです。頑張って下さい!
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小学5,6年生外野の練習方法を教えて下さい。

高校までの野球経験者(ピッチャー、ショート、レフト)で、今、5年間、小学生の指導をしています
(小学5,6年生)。


外野手の守備についてなのですが、

打球の判断が素早くできないため、

ワンバウンドで頭を越される選手や、

頭上を越えて捕れる範囲なのに取れない選手に対しての練習方法をお教え下さい。


今、私がやっている指導は一歩目を早くするため

ピッチャーが投げた球がバットに当たる瞬間をとにかくよくみること。


そして

選手と3メートルぐらい離れて、手で選手の真後ろにフライをなげ、

どちらかに体を切り、正面に入り球を捕るという練習をしています。


あとフライは数を沢山捕ることだとも思っていますので、

沢山ノックも打っています。


これ以外に何か、もっと効果的な練習方法がありましたら

お教え下さい。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

本人は取れると思ったのにワンバウンドで頭上を抜かれるのは小学生の定番ですね。
私の子供がお世話になったスポ少の監督さんがされていた練習を書きます。参考になれば幸いです。

主に外野守備では、上達途上のグループに対しては以下のような練習をされていました。

意図的に飛距離の短いフライやハーフライナーを打って、ワンバウンドで捕らざるを得ないような状況を作ります。そしてこれをオチンチンの前で、かつアンダーハンドで捕るように指示するのです。
胸の前で、かつグラブを立てる基本とされる捕り方とは全く違いますが、
「今日は、基本の捕り方で捕ったヤツは、100mダッシュのペナルテイがあるぞ。」などといってするわけです。基本的に綺麗に捕った子には「今日はそれはダメだろう!」と叱られますから、子どもはビビッてワンバウンドでチンチンどころか、ツーバウンドになったりする訳ですが、それは逆に「おおーええぞー。」とのこと。見ている我々は不思議なことをするものだと思っていたのですが、聞いてみると

「打球処理の基本は、球際での調整です。打球は、自身の予想道理に来るとは限らないので、予想とのズレに対して対応できるよう、初動作では余裕を持って反応し、最終的に球際で帳尻を合わせる。これはフライだけでなく、ゴロでもそう。(未熟な)子供は、「こう来るに違いない」と勝手に決め付ける。予想が当たることなんてあり得ないから、外れても対応できるようにするための練習です。それと、本能的に早くボールに近づきたいのが人情です。チンチンの高さで捕れと言っても、バンザイしたりするでしょう?チンチンで捕るつもりで身構えて、バウンドしてから少し前に出て胸で捕るのですが、子供ははじめから胸にくるものだと勝手に決め付けて失敗します。」

とのこと。

それから、選手を20m位の距離に立たせ、そこに向けて高いフライを投げます。ノンプロの投手経験者さんでしたから、肩がよく、本当に高~く上がって、落下点も選手いるところに正確に落下するのですが「後に「完全」に振り返って3mほど下がってから、ダッシュしながら捕れ」との指示でした。これも見極めの練習のようです。

逆に、絶対にノーバウンドで捕れない様な打球を打ち、「絶対に突っ込んで、飛び込んで捕れ!!!」と
いうのもしてました。

極端なことをするうちに、ノーバウンドで捕れるかどうかの判断力が身につくとのことで、「本当は沢山ノックをするのが上達には一番ですが、ノックをする大人が練習毎に大人数いるわけではないので効率よくやりましょう。」
と言っておられました。

体育館では、直線上にボールを転がし、それを選手はラインの右側に一度はみ出してから再度ライン上に戻ってくるようなことも繰り返しやってました。

キャッチボールの仕上げは、4人一組になり、挟殺プレーを想定したキャッチボールです。
「前進しながら、徐々に仲間との距離を詰めて、ランナーの逃げ場を狭めれば、簡単にアウトに出来る。ところが(未熟な)子供は、味方同士での単なるキャッチボールとなってしまっていて、いつまでも距離が縮まらないので、いつまでもアウトにできない。そうしているうちに、暴投や捕球ミスでセーフにしてしまう。本来、多くても3回ボールが行き来したらアウトに出来るのが挟殺プレーです。」
それと「投げまねをしながら、ランナーを追い込むのは?」と聞くと、「それも絶対にダメ。ランナーは偽投で騙せますが、味方も騙される。本当に投げた時にビックリしてとれないケースが多々あります。」
とのこと。

本当に全ての練習が理詰めで、守備の上手のチームを作られました。参考になればいいですが。

本人は取れると思ったのにワンバウンドで頭上を抜かれるのは小学生の定番ですね。
私の子供がお世話になったスポ少の監督さんがされていた練習を書きます。参考になれば幸いです。

主に外野守備では、上達途上のグループに対しては以下のような練習をされていました。

意図的に飛距離の短いフライやハーフライナーを打って、ワンバウンドで捕らざるを得ないような状況を作ります。そしてこれをオチンチンの前で、かつアンダーハンドで捕るように指示するのです。
胸の前で、かつグラブを立てる基本とされる捕り...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング