社員二人の小さな合同会社を設立中です。
設立後、健康保険と共に厚生年金の加入手続きをする予定です。
私は国民年金からの切り替えという事になると思いますが、
一緒に会社を立ち上げた相棒が、これまで国民年金を払っていませんでした。
彼は48歳です。
この場合、厚生年金への加入は認められるのでしょうか?
よろしく御指導お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

健康保険や年金保険というものは、加入できるかどうかの問題以前に、要件を満たした時点で加入しなければならないものです。



法人の役員も法人に使われるという立場上、法人の社会保険加入義務の範囲に含められますので、会社は加入させなければならないとされます。
したがって、健康保険とともに厚生年金へ加入しなければならないのです。

年金の加入期間や納付期間により、将来得られる年金の可能性がない人もいるかもしれませんが、そんなことは関係ありません。

手続きを行えば厚生年金の加入となるでしょう。
ただ、国民年金の未納などがなくなることはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。
丁寧に説明して頂き、よく理解出来ました。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/10/12 22:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報