経理の実務の仕訳で迷っています。

どういう仕訳になるか教えていただきたいです。


売掛金1000/売上1000 (売上時)

現金800/売掛金800 (回収時)

売掛金800/現金800 (お客様都合でキャンセル返金発生時)

この後なのですが、キャンセルしたあとの先に計上した売上はどうすれば

いいのか疑問になりました

ここでは商品引き渡し前の内金の時点で預り金等は使っておりません。

売掛金で処理しています。

アドバイスお願いいたします。

A 回答 (7件)

(1) 売掛金 1000 / 売上  1000



(2) 現金    800 / 売掛金 800

この状態で、キャンセル

(3) 売上   1000 / 現金   800
                売掛金 200

これで、トータル

  売上 1000 / 1000
  現金  800 /  800
  売掛  200 /  200

であってます。


あなたの仕訳では、(3)の後半部分
  売上 200 / 売掛 200

を仕訳すればOKです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
例はちょっと無理がありますが実務として存在していますので
ちょっと考えてしまいました。
またの機会お願いします。

お礼日時:2014/10/15 20:38

ごめんなさい。

質問文を読み違えていたのは私ですね。

基本的には返金時に


売上 1,000 売掛金 200
       現金  800

だけでよいです。(会計期をまたがない場合)

おわびして訂正します。
    • good
    • 0

>相殺して売上800/現金800 ということでしょうか?



そう考えてもいいです。

>ということは、初めに計上した
売掛金1000・売上1000との
>差額200分は残ったままになりますけれどどうなるんでしょうか?


キャンセル料として200円を受け取るのであれば、そのままでいいんです。200円の売り上げとなります。

単に質問文を間違えた(1,000円全額を返す)のであれば簡易的には

 売上 800 現金 800

 売上 200 現金 800

と2回の仕訳が必要です。

もう少正しくは前述のように

・キャンセルが確定したとき
 売上 1,000 預り金 1,000

・1回目の返金時
預り金 800 現金 800

・2回目の返金時
預り金 800 現金 200 

などとなります。

(もう少し、質問文を整理してみる必要があるでしょう)
[No.2より〕
    • good
    • 0

No.4です。



これでトータル・・・

売掛 1000/1000 の間違いです・・・Orz
    • good
    • 0

>となると売上時に計上した売掛金1000…



お書きの例のとおりなら、200円は未回収のまま帳簿に残っていますよ。

>売上残200はどうなるんでしょうか…

1,000円で売って 800円しか返してないのだから、差し引きして売上 200円が決算書に載ってくるのは当たり前でしょう。

1,000円で売ったものをなんで 800円しか返さないのですか。
例のあげ方が悪いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>1,000円で売ったものをなんで 800円しか返さないのですか。
すいません例が悪いかもしれませんが
1000売上あげた後、まだ未回収200残っている時点でキャンセルになったので
実際には受け取った800以上の返金はありません。
回答としてはNO4の方が求めていた回答としてBAとさせていただきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/10/15 20:42

ご質問文にある


・お客様都合でキャンセル返金発生時
  売掛金800 現金800 
 が誤りです。

A)基本的な仕訳(特に売上の取消時と返金時で会計年度が違うときは注意してください)
・キャンセル時
売上 800 預り金 800
・返金時
預り金 800 現金 800

B)キャンセルと返金が同じ会計年度中に行われるときは簡易的に
売上 800 現金 800
でもOKです。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
補足で質問させてください。

例でいうと
売掛金1000/売上1000 (売上時)

現金800/売掛金800 (回収時)


その後
売上800/売掛金800

売掛金800/現金800

相殺して
売上800/現金800 ということでしょうか?

ということは、初めに計上した
売掛金1000・売上1000との
差額200分は残ったままになりますけれどどうなるんでしょうか?

お願いします。

補足日時:2014/10/15 16:26
    • good
    • 0

>売掛金800/現金800 (お客様都合でキャンセル返金発生時)…



【売上 800円/現金 800円】
の間違いです。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
補足させてください。

となると売上時に計上した売掛金1000や 売上残200はどうなるんでしょうか?

お願いします。

補足日時:2014/10/15 16:28
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現金出納簿と経費帳のみ 帳簿してますが 仕訳帳も必要なのかなと考えております。 特に預り金や立て替え

現金出納簿と経費帳のみ
帳簿してますが
仕訳帳も必要なのかなと考えております。

特に預り金や立て替え金があったとき
ワケわからなくなるので
使ってみようかなと思いますが

預り金があったときや
立て替えすることがあったときのみ
使用する でもいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>現金出納簿と経費帳のみ…

銀行預金がないとは、あなたは何者ですか。

・主婦で家計簿を作る
・任意団体の会計担当
・個人事業者で白色申告
・個人事業者で青色申告
・法人の経理担当
・その他

>特に預り金や立て替え金があったとき…

現金を預かり、現金で立替払いをするのなら、現金出納帳に載るでしょう。

Q振り込まれた売掛金を現金で返金したときの仕訳

売掛金を普通預金口座に入金されたのですが、過入金されたので、現金で返金しました。その場合の仕訳を教えてください。

はじめの売掛金の仕訳は 売掛金/売上高
入金されたときの仕訳は ○○銀行普通預金/売掛金
その次、返金したときの仕訳がわかりません。
初心者なので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最初から数字を仮定して入力したら解りやすいと思います
1.売上時  売掛金100/売上100
2.回収時  銀行 120/売掛金120
3.返金時  売掛金 20/現金 20
よって売掛金の 貸借 120/120でゼロになります
現金と銀行は無視して下さい残高のみ合えば問題ありません。

Q売上/売掛帳と売上帳なんですが・・・・・・・

売掛で売上たものは、とりあえず売上/売掛帳に記入するのはわかりますが、現金で売り上げたものは、なにに記入するのですか?現金出納帳簿に勘定科目「売上」でいいですか?それとも売上帳と、売上/売掛帳簿の二つをつねに持っていて現金の場合は売上帳に記入するのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2です。

>借方 売上高1000/貸方 売掛金1000 でしょうか?

いいえ。

1000円で掛売りした場合、仕訳は

〔借方〕売掛金1000/〔貸方〕売上高1000

ですから、

・売掛帳(売掛金元帳)の〔借方〕に「1000」と記入します。相手科目は「売上高」です。

・また売上帳(売上高元帳)の〔貸方〕「1000」と記入します。相手科目は「売掛金」です。

Q所得税の納税について。売掛による売上で実際に現金はありません。

貿易業(輸出)を営む者です。業歴一年未満です。
売上の決済条件は船積み前50%、船積み後残額支払です。
仕入れは100%現金です。
売上はあるのですが、船が出ない状態が続き、残額が入ってこず、手元に現金が全く無い状態です。

帳簿上は利益が出ています。帳簿は自分で会計ソフトでつけています。このような状態で、所得税は発生するのでしょうか?実際払うことになったとしたら、お手上げです。原資は全くありません。

アドバイスいただけると助かります。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

税法では、請求書などを発行した時点で、「売上」があったと見なします。その売上を 1年分累計し、同じく 1年分の仕入れと経費を引いた「所得」に課税されます。
売上がすなわち現金収入ではありません。掛けでも約束手形でも、とにかく売上なのです。

このように、サラリーマンと違って自営業というものは、実際の現金受取と課税のタイミングが違うことを心得ておかねばなりません。
そのうえで、ある程度の現金を常にプールしておくことが必要で、これを「運転資金」といいます。

仕入れはすべて現金とのことですが、それが一両日ですぐ大きく膨らむなら、誰でも事業ができますね。

Q売掛金に含まれる立替金の仕訳を教えてください。

経理を自力でやっている、素人経営者です。
外注業務として行った作業について、発注先より売掛金として振込み入金されるのですが、その中に個人的に立て替えた文房具代や交通費が一緒に振り込まれてしまいます。
すべてを売り上げとして処理すれば簡単なのですが、課税対象となってしまい、また無用な法人税や消費税が掛かることになるため、できれば別に仕訳をしたいと考えています。
現在使っている経理ソフトでは「諸口」のような入力方法ができないため、困っています。
請求時には売掛金として、「売上」、「交通費」「立替金」の3つに分けて仕訳を行っているのですが、入金時に普通預金に一括して振り込まれた後の仕訳方法がわかりません。
そのままでは当然ながら、「交通費」と「立替金」がマイナスになったままとなってしまいます。
また、立て替えた交通費と文房具代は、後日個人として会社へ請求して支払いを受けることになるので、個人の立替金を一旦会社へ預ける形になり、会計上問題がないか不安です。
素人にもわかりやすいアドバイスをいただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

交通費は、会社が中抜きとか増額とかせえへんと、受け取った金額をそっくり渡すのやろ?ほいだら、仕訳に交通費そのものが出てこなくて一向に構へんのよ。

税務署に対しては、そのとおりで、請求書とか見せろ言われたら出せばええ。

請求については、別個にせんでもええよ。一括で請求して構へん。内訳書とか内訳欄とかで内訳が分かれば十分よ。

既に仕訳で分かりやすいんが出とるもの、そちらの回答さんも参考にしてな。「預り金」か「未払金」かは、きっちり言うと契約内容とか関わってくるけどこだわる必要ないもの、どっちゃでもええ。あなた自身で分かりやすいほうを選んでええよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報