今年50歳になった男性です。

20代後半から42~43ぐらいまでは、年2回ほどハーフマラソンなどの大会を走っていた関係で、ちょくちょく走ってはいました。それ以降は昨年の健康診断のために走り始めるまで、ほとんど走っていませんでした。ちょっとした筋トレ(腹筋運動、腕立て、懸垂など)は、若いころから継続的に行ってきました。

昨年、5年ぶりに健康診断を受けることとなり、メタボを指摘されるのが嫌で、ジョギングと減食で体重を74kgぐらいから63kgぐらいまで落としました。メタボだったと思われる体型もだいぶ改善され、自分で言うのも変ですが、若い頃までとはいかないまでも、かなりしまった良い体になりました。何とか頑張って体重の増加を抑え、今日まで体型をキープしております。ところが、下腹(おへそから下)がポッコリが、どうやっても全くなくなりません。ネットで「下腹ポッコリの原因と対策」と言った検索をして、自分なりに調べてみたのですが、便秘や腹筋力の低下が原因の女性向けの情報が多く、私には当てはまらない事ばかりなので、困っています。

私の場合、腹筋を「上部」「下部」「真ん中」など、数十年間意識して鍛えているため、腹筋力が弱いことは考えられない(と思います。)。昨年の減量で、おへそから上は、むしろうっすらですが割れた腹筋が見えるほどです。皮下脂肪も、平均値と比べれば、まだまだ多い方かもしれませんが、ポッコリ出ているのは、本当に下腹のみです。先日も風呂上りに下着姿でいたら、家内に「妊娠してお腹が出てきた女の人みたいだね。」と言われ、ショックを受けました。

説明が長くなってスミマセン。上記の情報をもとに、私の下腹ポッコリの原因と対策があれば教えていただきたいと思います。ちなみに、考えてみれば、若い頃から「俺ってなんか下腹ばっかりでっぱてるな~」と感じたことがありました。また、私の下腹は、皮下脂肪と言うより中に何か溜まっている、
という感じです。最後にもう一つ、私は気がつけば猫背になりやすいです。参考までに。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

女性 情報」に関するQ&A: パククネ大統領が一般女性に大切な情報を流していたのは本当だと思いますか? 嘘だと思いますか?

A 回答 (5件)

あなたと私は身長・体重が近いです。


またジョギングと食事制限で大減量したという点も共通しています。

で、私の経験を書くと、あと3kg落として見て下さい。
お腹がびっくりする程締まります。
ちょうどそのくらいの身長・体重だと3kgの差がかなり効きます。
さらにそこから3kg落とすのは結構キツいかも知れませんが、そこを何とか乗り切って下さい。

簡単にいえば、その下腹のポッコリは脂肪と水分なんです。
騙されたと思って頑張って見て下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。

体型・経験ともに類似している方からのアドバイス、非常に心強く、またやる気が湧いてきます。
後3kg落とすというのは、確かにきついです。しかし、今までに経験のないトレーニング方法を取り入れて、何か月・何年と経過を見ていく事に比べると、後3kg落とすことの方が正直私にはやりやすいと感じます。

私のような悩みに対するアドバイスに対しては、どの方のアドバイスがベストかは、色々試して経過を見てからになってしまうため、「ベスト・アンサー」を決めるのは困難ですし、「ベスト・アンサー」ではなかった方々にも失礼になるような気がします。その人にとってどの方法がベストなのかも個人差があるでしょうし。

いずれに致しましても、「まずは後3kg落としてみる。」俄然やる気が湧いてきました。
頑張ってみます!
ありがとうございました。

お礼日時:2014/10/16 17:27

男性の下腹ポッコリ解消は、女性よりも困難です。



で、たいてい、下腹ポッコリに悩む男性の特徴は、目一杯の力発揮が苦手なこと。目一杯の力発揮を避けて生きている人というのは、体幹に爆発的に力を入れる機会がありませんので、腹筋と背筋を常に怠けさせているわけです。怠け切っていて、それに慣れてしまった体幹を目覚めさせるには、高負荷バーベルを持つほかないのです。何回も反復可能な腹筋運動では、爆発的な力発揮の養成になりません。

本気で下腹ポッコリを改善したければ、高負荷を背負うスクワットをやるべき。

まず、腹圧(腹腔内圧)を高めないと高負荷バーベルを担げません。腹圧に不安がある場合、太いベルトで腹部を締め付けます。

そして、下背部(腰上)、脊柱起立筋が耐えられる重量のみを担げることを知ります。下背部が担いでいる負荷に耐えられず、骨盤が後傾する(へっぴり腰になる)ようですと腰を痛めることになって大変危険です。骨盤の前傾を保てる負荷でスクワットは実施されなければなりません。

以上のバーベルスクワット実施上の鉄則を遵守していますと、必然的に、下腹ポッコリなどという体型ではいられなくなります。

無理は厳禁ですが、軽量負荷から始めるバーベルスクワットにトライして、そして、数ヶ月間、フォームなど研究してから、何kgを担げるのか、貴方の一発挙上Maxを試してみましょう。

出来ましたら、スクワットとともに、ベンチプレスもやって、ベンチでのブリッジ姿勢を習得しましょう。ブリッジ姿勢が出来るだけでも、下腹ポッコリは改善されます。

ともあれ、スクワットでは、パワーポジションでの骨盤前傾を習得して、そして、下背部が強化されれば、下腹は平らになる筈です。

下腹ポッコリの改善には、腹筋運動は一切やる必要がありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

初めて耳にするアドバイス、ありがとうございます。
文面からして、かなり専門的な知識をお持ちの方だとお察しいたします。

ご指摘のように、私は若い頃から自己流で筋トレを続けてはおりますが、何をやるにも負荷は軽めで、どちらかと言うと回数をこなすやり方でした。腹筋運動なども「何百回もできる腹筋は、実はあまり効いていないんだ」といった話も聞いたことがあります。しかし実際私が現在行っている方法も、何百回も行う腹筋運動です。私は比較的すぐに筋肉がつきやすいため、重い負荷でトレーニングすることでボディービルダーのような体になるのは避けたいと思い、意識的に軽い負荷で回数を多くこなしてきた、という理由もあります。しかし、この年になると、そんなことも言っていられないし、下腹ポッコリを解消したい、という気持ちの方が大きいですね。

重いバーベルを使用したトレーニングは、専門の方に診てもらったり、パートナーと一緒でないと大きな危険を伴うため、家内と相談して、最寄りのスポーツジムに入会することを検討してみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2014/10/16 09:38

内臓脂肪ではないでしょうか


体組成形で計ってみてください。
内臓脂肪は筋トレしても有酸素運動してもへりません(実体験から)
唯一減らす方法は絶食しかないです(実体験から)
内臓脂肪は筋肉のある人に筋肉のエネルギーとしての存在するのです。
絶食までしなくとも炭水化物をへらしたら改善すると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。

確かに私も「このポッコリお腹の中身は何なんだ?」と考えると、内臓脂肪かなと思える部分はあります。昨年からの減量で、下腹部以外のお腹や体全体的にスッキリしたとは言え、まだまだ皮下脂肪もたっぷりありますし、落とせる余地はかなり残っているので、下腹部に内臓脂肪がたまっていても不思議ではないですね。胃下垂や内臓が下に移動してしまった事に比べると、改善の余地がありそうですので、絶食は難しいですが、炭水化物を減らす努力をしてみます。(すでに実際は胃下垂などになってしまっている可能性もありますが、、、)
「内臓脂肪は筋トレしても有酸素運動してもへりません」というのは、少々ショックでした。

頑張ります。ありがとうございました。

お礼日時:2014/10/15 16:07

健康診断を理由に大幅減量されたことに驚きました。

強い意思ですね!
そういう集中力はさすが男性だなと感心しきりです。

下腹ぽっこりの原因については筋トレの偏りではないかと思います。

というのも下腹は体の色々なところのゆるみが総合的に出る箇所だからです。

上から読みながら、漠然と「背筋力が弱いんじゃないかな?」と思っており、最後に猫背になりやすいとあって納得でした。

背筋力が弱いと猫背になり、背中が曲がればおなかは前へ出ます。

もちろん筋トレをすることで体は鍛えられるのですが、実はそれ以上に大きな効果を発揮しているのが普段の姿勢なんですよね。
普段の姿勢こそが最大の筋トレ。

筋トレで鍛えることで姿勢が良くなり、その結果引きしまる。
だからいくら筋トレをしていても普段の姿勢が悪ければ効果が出にくいです。

もっと研究をして色々な筋トレを取り入れることをおすすめします。
無限かというくらい多種多様ですよ。

あと男性は嫌がる人が多いのですが、私はやっぱり時々は指導者に見てもらうことをおすすめします。
模試のようなもので、定期的にチェックする機会を設けておいた方が効率が良いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。

細かなアドバイス、ありがとうございます。

「普段の姿勢こそが最大の筋トレ」と言うのは、納得しました。
私は仕事柄、ほぼ毎日8時間以上パソコンに向かっているのですが、気を抜いてしまうといつの間にか猫背になっています。ハッとしてまた背筋をピンとさせるのですが、またいつの間にかまた猫背、この繰り返しです。
以前、大きめのバランスボールを椅子代わりにして仕事をしていたのですが、続けていたら腰痛になりやめました。

背筋力が弱いのでは、と言うのも納得です。若い頃は背筋も鍛えてはいましたが、ここ10年以上、腹筋運動はほぼ毎日やるものの、背筋は全く意識的には鍛えていません。良く「腹筋と背筋のバランスが大切」とは聞きますが、ついつい「割れた腹筋がかっこいい!」といった世の中の意見に流されて、腹筋ばかり鍛えてしまいます。アドバイスを頂いたように、もっと色々調べて、他のトレーニングも取り入れてみます。それと、指導者に診てもらう事も考えてみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2014/10/15 15:58

こんにちわ



体重63キロなら平均的かなと思いますが身長はどのくらいでしょうか?
下腹がポッコリする原因として考えられるのはいくつかあるけど・・・
腹が張った感じ
食後の下腹部の膨れ
とかありませんか?
あるのなら胃下垂だと思います。
健康診断の結果だけでなく気になる部分は病院でしっかり検査して貰ってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のアドバイスありがとうございます。健康へのお気遣いまでいただき、感謝いたします。

私の身長は166cmです。小柄ですので、平均からすると63kgはまだ太めの部類です。しかし、昔から骨太で比較的筋肉質でした。ですので、自分的には痩せていた時期でも、成人してからは人生で平均体重より常に2kg位は重かったと思います。
ちなみに腹が張った感じは、特にありません。
また、間食はしませんし、甘い物もほとんど食べません。極端に炭水化物が好きと言う訳ではありませんし、野菜も、結構食べているつもりです。
問題は、ビールですね。毎晩350mlの缶で4本ぐらいは飲みます。(おかげで「尿酸値」の数値は指摘されております。)

胃下垂だとすれば、もう治らないんですよね?
参考までに、健康診断では胃カメラもやりましたが、胃カメラの先が胃の内部に触れている感触は、ポッコリした辺りではなく、通常のみぞおち辺りに感じました。

次の機会に、かかりつけのお医者様に相談してみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2014/10/15 15:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q体脂肪率12%、でもお腹がプニプニ・・

こんにちは。168cm/ 55kg/ 28歳の男です。

先日、病院の体重計で測ったらば、体脂肪率が12%だったのですが、お腹周り、特にヘソ周辺には取って付けたような柔らかい肉がプニプニとかなり余っています。考えてみると、どんなに痩せた時(53kg)でも、今よりも全然引き締まっていた時期でも、この肉だけは、しっかりとくっついていたように思います。こんなに分厚い皮ははありえないので、確実に脂肪だと思うのですが、これは落とすことができるのでしょうか?ちなみに腹筋がはっきりと割れたことはありません。隆々とした筋肉の上にプニプニの脂肪がこびり付いている感じでした。

どなたかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

腹筋が割れて見えるくらいだと10%。この状態だと、ほんの少し脂肪がお腹やわき腹についた状態です。さらに、筋肉の上に皮一枚となれば最低5~6%まで落とす必要があります。

そして、それができるかできないかで言えば、時間はかかりますが、できます。

ただし、脂肪というのは、非常事態に備えたエネルギーですし、免疫機能やホルモン分泌にも関係してくるので、減りすぎると体が危険を感じて脂肪を落とさないようにします。
ですから、体脂肪というのは少なくなるにつれて、どんどん落ちにくくなります。

また、お腹というのは普段あまり動かしませんし、内臓保護のためにも脂肪がついていたほうが望ましい部位です。

ゆえにそのため体脂肪率が1桁になったあたりからは、週5~6回・1回平均で2時間程度の運動(有酸素運動+ウエイトトレーニング)とある程度の食事制限がほぼ必須になりますから、当然体には相当な負担がかかります。

しかも体脂肪が1桁というのは医学的には伝染病などの罹患率の急上昇や精神の不安定、ショック死などのリスクが急激に高まるため、非常に危険な状態とされます。
5~6%になれば完全なレッドゾーンで健康にいいとは言いがたいです。
ですから、ボディビルダーやアスリートの人でも普段はこんな体脂肪を維持しません。

健康のためには、お腹にある程度脂肪がついて、うっすら腹筋が割れているくらいのがわかるくらいの状態が一番だと言うことです。

適度な有酸素運動や筋トレを習慣化して、適切な食事と睡眠をとる生活を長く続けていけば、自然と綺麗な体つきになります。
お腹にはある程度脂肪がついているのが普通、くらいの感覚でのんびり落としていくようにして、ほどほどのところで維持するようにしたほうがいいでしょう。

腹筋が割れて見えるくらいだと10%。この状態だと、ほんの少し脂肪がお腹やわき腹についた状態です。さらに、筋肉の上に皮一枚となれば最低5~6%まで落とす必要があります。

そして、それができるかできないかで言えば、時間はかかりますが、できます。

ただし、脂肪というのは、非常事態に備えたエネルギーですし、免疫機能やホルモン分泌にも関係してくるので、減りすぎると体が危険を感じて脂肪を落とさないようにします。
ですから、体脂肪というのは少なくなるにつれて、どんどん落ちにくくなりま...続きを読む

Q食事後おなかが妊婦のようになります(胃下垂?)

タイトルの通りです。
ゴハンを食べたあと、おなかが異常なぐらい膨らみます。
まるで妊婦のような体形になります。

空腹の時も下腹はでてますが、もう食事後なんて妊娠してるんじゃないの?ぐらいにおなかがでています。
私は胸が小さいのでさらに目立ちます(胸より腹のほうが出ているので・・・・)

冬の時は着込んでたのであまり目立ちませんでしたが、夏になり薄着になると目立ってはずかしいです。

アブトロ~とかも試して見ましたがあまり効果がありません。なにかいい方法がありましたがお願いします。

Aベストアンサー

私も以前同じような質問をしました。
その時、素晴らしい回答をいただいたので、
下記を見てください。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=234370

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=234370

Q眠るように死ぬ方法ってあるでしょうか?

あくまで健康な人が眠るように死ぬ方法、または眠ったまま二度と起きないという風に死ぬ方法ってあるでしょうか?
これは自殺志願のための投稿ではなくて、自分もいつか死ぬわけですからこんな死に方ができたらいいなと思っています。
医療の現場で行われる安楽死・尊厳死ってこういう方法なのでしょうか?またはこれに近いでしょか?

Aベストアンサー

「突然死」という言葉を聞いたことがありますか?
昨日まで元気だった方が、朝になっても起きてこないので、見に行ったら死んでいた。
こういう事例はよくあるそうです。
10年以上前になりますが、兵庫医大の法医学の教授の講演を聞きました。
テーマは「突然死」
突然死のおよそ80%は、虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞など)だそうです。
その中で、就眠中に亡くなるのは、およそ65%くらいだそうです。
急性心筋梗塞でも「眠るように」とはいかず、ある程度は苦しんだ末に亡くなるのでしょう。
私も、眠るように死ねればと思っております。
回答になってなければ、ごめんなさい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報