中小企業の働き方改革をサポート>>

まだ契約前なのですが、約款を確認し、営業マンに訂正をお願いしたのですが、訂正してもらえませんでした。

内容は、「注文者の契約解除の項目」で、(甲=注文者、乙=請負業者)
(1)乙が、正当な理由なく着工期日を相当期間過ぎても工事に着工しない場合。
(2)工事が正当な理由なく工程表よりも著しく遅れ工期内又は、
完成引き渡し期限後相当期間内に乙が工事を完成させる見込みないと認められる場合
(3)乙が建設業の許可を取り消された場合
(4)乙が破産した場合
(5)前各項により甲が工事を中止させ又は、請負契約を解除した場合、
甲は乙に出来高部分および発注済材料あに対する代金相当額を支払ます。

これでは請負業者が悪いのに私が払うことになってしまいます。
営業マンの説明では、約款は基本的に請負業者の立場が弱いので、
無理難題をおしつける注文者から守るものであるということでした。
(2)の「正当な理由」とは、注文者側からみて正当な理由でも、請負業者から見たとにき正当ではない場合のことを差しているそうです。(注文者が難癖付けている想定)
もし契約後、この約款の内容「正当な理由」でお互いの意見が違い、
紛争になった場合は、この約款の効力はなくなり、裁判などの他の法律が適用されて判断されるので大丈夫だそうです。
どこの業者の約款もほとんど同じ内容だと言ってます。

しかし、いくら読み直しても納得できないし、裁判となった時でも契約書に書いてあるので、サインしたあなたが悪いと言われそうな気がして不安です。
物件的には欲しいのですが、大きな買い物なのでどうするか悩んでいます。

契約時にボイスレコーダで録音し、再度説明してもらえれば、後で紛争になった時に
効力を発揮するものなのでしょうか。
この業者自体あきらめた方がよいのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

注文者の契約解除の項目としては一般的な項目だと思います。




問題は「正当な理由」の解釈であって「請負業者から見たとにき正当」という解釈は傲慢だと思います。

一般的に言えば、天災や不測の事態によるものであったり、発注者の要望や設計変更よって遅延した場合を指すと思います。

このような場合に発注者が工事の中止や契約解除を申し出た時に「出来高部分および発注済材料に対する代金相当額を支払」のは当然の事であり、契約書に明記するのも当然の事であると思います。

逆に工事の遅延があった場合の遅延金や違約金の算出方法なども記載されているはずです。


また。工事請負契約書の中には「乙(請負者)の解除件」や「解除後の処置」、「紛争の解決」などの項目もあると思います。



仮に発注者である貴方から工事の中止又は契約解除を申し出て、出来高等の請求があっても素直に払う必要はありません。
当然ながら必要な費用(出来高)を支払う義務がありますが、協議を経ての話になります。

通常なら紛争解決の方法として「当事者の双方の合意により選定した第三者又は建設業法による建設工事紛争審査会のあつせん又は調停により解決を図る。」という内容の項目もあるはずです。

それでも解決が見いだせない場合は裁判により解決する事になるでしょう。


つまり、「正当な理由」が請負者の一方的な見解は通らないということです。


ご参考までに工事請負契約の雛形です。
http://www.mlit.go.jp/common/000004791.pdf
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
リンクしていただいた雛型では、第二十五条で同じような内容が書かれてますね。
「解除後の処置」、「紛争の解決」などの項目も確認するようにします。
契約へ向けての前向きになれそうな意見でとても参考になります。
冷静に考える必要があるのですが、全てに納得できるのであれば、契約したいです。
再度、熟考したいと思います。

お礼日時:2014/10/17 11:16

全く話しになりません。


そんな業者は相手にしてはいけません。
「後悔先に立たず」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
再度、訂正を要求して、ダメならやめておこうかと思います。

お礼日時:2014/10/17 00:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建築中の家の水道代は誰が払うの?

今居住している場所(賃貸アパート)とは別の土地に家を建築中で、
いわゆる施主です。
建築中の家の住所での水道代の請求書が、現住所に届きました。
ハウスメーカーさん曰く、「世間の慣習」で支払うべきとのこと。
本当に支払うべきなのでしょうか?
関係者の方、教えてください。

Aベストアンサー

通常は建築の積算(施工費用)に含まれますよ
けったいなメーカですね
家を立てる時に水とか電気は使用しないと建築はできないですよね
積算の内訳
共通仮説費の中に
 動力用水光熱費が含まれてます
(国土交通省 標準積算基準による)

Q収入印紙を貼付しない建築工事請負契約書の有効性、犯罪性。

1 住宅の建築主ですが、工事請負契約書を締結しましたが、収入印紙を貼付していません。この場合、契約書の有効性、及び建築主として将来不利な事柄の有無について伺います。
2 収入印紙を貼付しない事は、法律上問題と思いますが、この場合、建築主として罪に問われるような、
(例えば工務店側との共犯)のような事にはならないか伺います。

Aベストアンサー

参考情報です。

契約書は複数作成する「義務」はありませんので、1通作成して一人が所持し、他のものはそのコピーを持っているだけでもかまいません。

但し、契約書は相手に対して契約があることを主張するための証明になりますので、双方が所持することが多いということです。

そして、印紙税は作成通数に応じて必要となります。
すべての契約書に収入印紙を貼付していなければ、もちろん印紙税法違反になりますし、コピーではないそれぞれ署名捺印したものでない場合も問題が生じますので注意が必要です。

下記は国税庁HPです。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/7120.htm

Q建築請負契約書を訂正したいといわれたのですが・・・。

こちらでは何かとお世話になっております。

明日の日曜日、購入した土地で地鎮祭を行う予定です。
昨夜、販売元のHMの営業の方から電話が掛かってきたのですが、
「実は建築請負契約書に訂正しなければならない箇所が見つかりました。申し訳ないのですが、今度の地鎮祭に契約書と実印をお持ちいただいて、その場で直していただけませんでしょうか?最後に社印を押して完了になりますが、それは会社の外に持ち出せませんので、一度お借りして社印を捺印してからまたお持ちします・・・」
とのことでした。

なんでも内税のコンマを一つ多く打ってしまい、そのミスを銀行の方に指摘され訂正するように言われたそうです。
確認してみると、たしかにコンマが一つ余分にありました。
書き直すことはできないのですか?と言うと「銀行の方に訂正したものを見せるように言われているので」とのこと。

気づかないこちらも悪いのですが、実印を捺印する重要な書類に訂正を入れるような事を余りしたくありません。
そこで伺いたいのですが、建築請負契約に後日になってから訂正印を押しても問題ないものなのでしょうか?HMさんに不信感を持つようで申し訳ないのですが、なんとなく不安です。
(建築約款も一緒になっているので、一度持ち帰られて、こちらに不利な条件でも付け足されたら・・・と言ったら家族に被害妄想だよと笑われましたが)
また押す際に、気をつけることはありますでしょうか?

どうぞ宜しく御願いいたします。

こちらでは何かとお世話になっております。

明日の日曜日、購入した土地で地鎮祭を行う予定です。
昨夜、販売元のHMの営業の方から電話が掛かってきたのですが、
「実は建築請負契約書に訂正しなければならない箇所が見つかりました。申し訳ないのですが、今度の地鎮祭に契約書と実印をお持ちいただいて、その場で直していただけませんでしょうか?最後に社印を押して完了になりますが、それは会社の外に持ち出せませんので、一度お借りして社印を捺印してからまたお持ちします・・・」
とのことでした。

...続きを読む

Aベストアンサー

次のことに注意して訂正印を押されるなら問題ないと思います。

1-実際にコンマの箇所のみの訂正なのか(そうであればそこのみに押すはず)。

2-質問者さんの目の前で訂正印を押させる(出来ればご自身で押す)。

3-絶対に実印は渡さない(預かりたいと言っても)

4-契約書を預かりたいと言うのであれば預かり書を必ずもらう。
  預けることによってなにか書き込まれる事を心配されるなら、ページ数が少なけ  ればすべてを、コンビニでコピーを取っておくことをお勧めします(もし訂正事項が増えておれば後日の証拠になる)。

Q請負契約書の印鑑について

新築の外構を地元の業者にお願いすることになりました。
「請負契約書」を締結することになったのですが、印鑑は実印でなくてはならないのでしょうか?
(特に指定はありませんでした。)
また、主人と私の二名を注文者名とするのですが、二名のサインと二つの印鑑がいるのでしょうか?

その他、契約書は4枚にわたっており、2枚目以降は割印を押す予定です。その際、割印は必ずしも署名(または記名)の末尾に押した印と同一の印でなくても構わないのでしょうか?

その他、請負契約書締結に当たり、気を付けることがありましたら、教えてください。

Aベストアンサー

お答えします。
>印鑑は実印でなくてはならないのでしょうか?
シャチハタ以外でしたら大丈夫です。

>二名のサインと二つの印鑑がいるのでしょうか?
その通りです。

>割印は必ずしも署名(または記名)の末尾に押した印と同一の印でなくても構わないのでしょうか?
いいえ必ず同一印で行って下さい。
つまり契約書にサインして印を押したご主人とご質問者様、それと業者 の3つの印影が無ければダメです。

Q住宅工事請負契約の解除

現在ある大手ハウスメーカーと住宅の工事請負契約を締結しており、解約するかどうか悩んでいます。解約したい理由は、契約時からどんどん追加工事費用が発生しており当初の予算を500万程度オーバーしていることと、予算に近づけようと思えば自分たちがしたい家づくりが間取りなどを含めできない点です。自分たちが簡単に契約してしまったことを今更後悔しています。
 現在の状況は、地盤調査、材料の発注はしておらず、間取りがはっきり決まっていないことから、建築の申請もまだだと思いますが、手付金として50万円支払いました。また、土地は建築条件付きではないが、ハウスメーカーの協力企業の不動産業者を介して土地を探してきて契約し50万円を支払っています。

<質問>
工事請負契約を解約する場合の以下について教えてください。
1.建物の契約について
  契約書には請負契約の5%(約100万円)の損害金を払えば解約できると記載されていますが、 
  手付金の50万円に加えて、あと50万円は必ず請求されるということでしょうか?またそれ以上を  請求されることがありますか?
2.土地の契約について
  建築条件付きでなく、契約書に建物について特に記載はないが、ハウスメーカーの協力企業の
  不動産業者が仲介業者であることから、今後他社で建築することについて、契約の解除などを言  われる可能性がありますか?
  ちなみに土地の売買契約済みで、これから土地代金の決済を行います。

以上、大変悩んでおりご回答をおねがいします。

現在ある大手ハウスメーカーと住宅の工事請負契約を締結しており、解約するかどうか悩んでいます。解約したい理由は、契約時からどんどん追加工事費用が発生しており当初の予算を500万程度オーバーしていることと、予算に近づけようと思えば自分たちがしたい家づくりが間取りなどを含めできない点です。自分たちが簡単に契約してしまったことを今更後悔しています。
 現在の状況は、地盤調査、材料の発注はしておらず、間取りがはっきり決まっていないことから、建築の申請もまだだと思いますが、手付金として5...続きを読む

Aベストアンサー

不動産業者です。
大手でしたら、請負契約書がすべてです。契約書に定めた時期ごとのペナルティーを課せられます。
この様な定め方は、実際の損害額の額に依らずに、一律5%を支払えば解除できるという事ですから、100万を支払わなければ、解除できませんし、それ以上請求されることはありません。

土地の売買契約は、建築条件が附帯していない限り、何ら制約は受けませんので、どこでお建てになっても、契約は有効です。

但し、住宅ローンなど利用され土地の残金支払の予定ならば、融資条件で建物の見積もりや請負契約書、建築確認通知など、建物に関する書類提出を要求される銀行等が多いですから、仲介人が大手メーカー系列で見方には、なってくれない以上、他のメーカー等で早急に段取りしないと、土地の残金決済に間に合わずに、違約となる可能性もありますから、十分注意してください。これは、次のメーカー等担当者に、融資期日や条件等良く確認して、打ち合わせを行なうことです。

地盤調査をしていないならば、建築確認申請に要する図面の作成はまだ行なわれておりません、もし地盤改良等の必要があれば、更に追加になりますし大手は、その費用が高いですから、早急に方向性は決めるべきです。

まずは、希望のプラン等はある程度纏まっているのでしょうから、他のビルダーで早急に見積もり等取得し、比較してみれば良いでしょう。ここで希望の価格帯で希望の住宅が建てられるなら、100万損出を出しても、良いと思えるのではありませんか?

不動産業者です。
大手でしたら、請負契約書がすべてです。契約書に定めた時期ごとのペナルティーを課せられます。
この様な定め方は、実際の損害額の額に依らずに、一律5%を支払えば解除できるという事ですから、100万を支払わなければ、解除できませんし、それ以上請求されることはありません。

土地の売買契約は、建築条件が附帯していない限り、何ら制約は受けませんので、どこでお建てになっても、契約は有効です。

但し、住宅ローンなど利用され土地の残金支払の予定ならば、融資条件で建物の見積もりや...続きを読む

Q新築住宅契約建設業者との解約したい

 現在、契約を取り交わし、手付金100万円、「JIO申請手数料・建築確認申請料・地盤調査料」として35万円支払いました。3社から選定したのですがどこも設計(間取り図、外観)はしてもらい、その上での決定でした。ただ一番安かったということだけです。他の2社は、名前も売れており、実績もあるところでした。決定したところは、低価格でうちだしていて、私の地域では、フランチャイズとしてまだ、2軒目ということでした。営業マンの返事のよさと、(軽さ)と何かに不安はあったのですが、決めてしまいました。しかし、話をつめていくうちに、いろいろと料金がかさみ、はじめは、軽くできます、できますといっていたのに、150万といわず、あがっています。これなら信用の置ける他2社と変わらず、はじめに、「太陽光は、決定しているので建設途中で足場や電気配線等、させてもらえるところ」という条件をはじめは了承したのに、太陽光の業者との打ち合わせで、「すべての機材をこちらに渡せ、こちらがするから」などと暴力団まがいのことを言ったり、土地を10センチ削るつもりが、35センチ削る必要となり、そのためには業者を要れ、機械代、燃料代など42万円4日分請求されました。
 しかし、近くなので、見に行くと実質1日半で仕上がっていました。2日目には半日で土地は仕上がっており、3日目には機械だけぽつんとおいてあり、人の姿はありませんでした。
 
 地ならし分は少なくとも、10センチ分は入っているはずで、それも35センチということから全く0から私たちが、他業者をいれたということで支払うことになるのですか。また、実質分で、差し引くともいいません。
 他社より、標準装備というのがかなり落ちていたので、ガステーブル他、こちらが購入するものがかなりあります。カーテンも、2箇所しか付いていないとかもありました。
 誠意と、公正さがないのでまだ地鎮祭まで10日ほどあり、135万円払っているだけの段階で、信用ができなくなりました。
 人生で一番大きな買い物で残りの人生の最後の買い物です。気持ちよく進めたいのに、弁護士までいれることになるのでしょうか。
 外交は、地元の知っている業者に別に頼んだのでそれも相手には気に入らないのかもしれませんが、地ならしは、30万円ももらえれば拍手といっていました。

 アフターも信頼できないので、契約解除したいのです。
 どうすれば、最善なのでしょうか。至急お願いします。

 現在、契約を取り交わし、手付金100万円、「JIO申請手数料・建築確認申請料・地盤調査料」として35万円支払いました。3社から選定したのですがどこも設計(間取り図、外観)はしてもらい、その上での決定でした。ただ一番安かったということだけです。他の2社は、名前も売れており、実績もあるところでした。決定したところは、低価格でうちだしていて、私の地域では、フランチャイズとしてまだ、2軒目ということでした。営業マンの返事のよさと、(軽さ)と何かに不安はあったのですが、決めてしま...続きを読む

Aベストアンサー

基本的に廉価なハウスメーカーなどの契約時の見積り内容は、建築工事が即着手できる状態で、住宅を建築したときの見積りであり、土工事や屋外給排水工事等、地盤補強関係、外構などほぼ別途であり、おそらく今回も同様だったのでしょう。
整地の工事時に費用が幾らかかるのか?事前に確認していれば良かったことですし、整地工事以前に完成時の地盤面の高さの打ち合わせや施主の承認等あれば問題なかったことでは?

通常は、工事内容の説明や費用の説明→施主の承認→施工→完了→施主の確認→請求 という流れですから、これをいい加減にされれば、素人の施主が不信感を抱くのは仕方ないですし、これを求めなかった施主にも少なからず責任はあるでしょう。

当方専門は不動産売買で、建築時事務所も運営していますが、例えば開発行為にかからない4区画程度の畑などの宅地造成を行なう場合、造成工事の図面等は作成しません。測量図に道路の高さや宅地の高さなど当方が指定して、(簡単に書けば下水道の最終枡の深さ関係と雨水配水の関係があるので、どうしても勾配をつけて奥を高くしないと、配水計画が成り立たないからです。)その高さで土盛り等行ないます、当然にその内容で事前に業者から見積りをもらいます。規模は違えど、同じ事を施主はしなければならないわけで、それをやらずにお任せしたなら、文句は言えないわけです。

知り合いの外構業者も、建築以前の宅盤の造成には関わりたくなかったのだと思います。仕上がった後の外構工事だけなら、瑕疵の起こりようがありませんから。責任が生じるような工事には関わらないで、後から費用の高低だけ口を挟むなら誰でも出来ます。誠意があれば、そこも安くやってあげると最初から申し出ていたはずです。メーカー等が関われば、最低2割~3割以上は鞘抜きされますし、その外構業者だってそんなことわかりきっていたはすです。建築に関わる業者の一部はそういった「ずるさ」を持っています。

一般的なメーカー等の請負はあくまで標準仕様でそのまま図面通りに建てられたときの価額です。余計な工事等が発生すればその分、すべて追加となり、建築士事務所がかかわるすべてを想定して完成した図面や仕様に基く見積りとは違います。

今後大きくは無くとも、仕様の変更や電気関係の(スイッチや配線など)追加など細かな変更はあるでしょう。その度に幾ら追加になるのかきちっと書面で受け取るようにして、確認後に発注してください。金銭的なトラブルは避けられるはずです。
安いということは、建築工事の品質はどうあれ、打ち合わせの過程(内容や回数頻度)、情報の提供、サービスの提供など、価額に見合う削られ方をされるということです。市販品のどこでも変わらない設備や建材等用いている現在の住宅建築だと、そこを省くしかなくなります。

ですから、施主の方が金銭的な管理や仕上がりのイメージや仕様を把握していないと、施工後に「こんなはずじゃなかった」となりますので、何かあればその都度納得できるまで確認するようにしてください。

蛇足ですが、太陽光を後載せするなら、その部分や周辺で万一雨漏り等が起こった場合、施工主がJIOの瑕疵保証を使用しての保証工事はしないことが多いです。施工不要なのか?ソーラー工事によるのか?原因が特定できないからです。JIOが認めても、免責金額を除く100%保険適用とならないケースもあるので、太陽光の業者の屋根や本体への保障内容を良く検討すべきです。

安い=悪いではなく、安い=施主の努力が必要ということです。

基本的に廉価なハウスメーカーなどの契約時の見積り内容は、建築工事が即着手できる状態で、住宅を建築したときの見積りであり、土工事や屋外給排水工事等、地盤補強関係、外構などほぼ別途であり、おそらく今回も同様だったのでしょう。
整地の工事時に費用が幾らかかるのか?事前に確認していれば良かったことですし、整地工事以前に完成時の地盤面の高さの打ち合わせや施主の承認等あれば問題なかったことでは?

通常は、工事内容の説明や費用の説明→施主の承認→施工→完了→施主の確認→請求 という流れですか...続きを読む

Qハウスメーカーに払った手付金は戻ってくるのでしょうか。

注文戸建てをHMと契約する際、手付金として事前に200万円ほど払いました。
自分としては、手付金は、オプション等最終的な確定金額から当然引かれるものと思っていたのですが、先日HMからもらった見積書を見る限り、手付金の分は考慮されていませんでした。
事前にHMに確認してから手付金を払うべきだったと後悔しています。
住宅業界では一般的に手付金は戻ってこないものなのでしょうか。

Aベストアンサー

うちのときは最終的な金額に含まれていましたよ。

払うときに聞いたところ何度もキャンセルなどされる場合があるので一応払ってもらって最後にお返ししますと言われました。

こちらの都合でキャンセルした場合は全額返ってきませんが万が一向こうの都合でキャンセルになってしまった場合全額返ってくると。

金額もこちらで決めれましたし。(あまりにも低い額では無理ですが)

うちも見積り書には入ってませんでした。
でも諸費用を支払うときに返してもらったというかその分差し引いての支払いでした。

一度確認してみてはどうでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報