維管束の中を通る導管は、1本の管(パイプ)なのでしょうか。葉脈の中の導管も1本の管(パイプ)なのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「維管束」の中には、水分の移動を担当する「木部」と養分の移動を担当する「篩部」があり、木部の中には「導管(道管)」のほか、仮道管や放射組織などいくつかの組織が含まれます。


下記URLなどで、維管束の横断面がみられますが、木部(xylem)の横断面をみると、導管(大きい細胞)が多数みられます。普通はこのように、ひとつの維管束の中に多数の導管が平行してとおっているようです。
導管は「導管要素」という細胞で作られています。細長い細胞で、上下に穴があり、導管として働くころには細胞質がなくなります。この細胞が連なって導管になるので、単純な1本の管というわけではなさそうです。

「葉にある維管束」のことを「葉脈」といいます。葉にあっても、上記のことは同じようにいえます。葉脈の中でも、末端では断面に導管が1細胞しか見えないような場所もあると思いますが、基本的に多数の導管が平行しています。

参考URL:http://www.botany.hawaii.edu/faculty/webb/BOT410 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございました。導管のつくりについて分かりました。

お礼日時:2004/06/04 19:31

こんにちは。


こちらはご参考になりますでしょうか。
http://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~sawada/starch/Tra …
http://www.fukuoka-edu.ac.jp/~fukuhara/jikken/pa …

検索すると他にも色々あると思いますので、もっといいのが見つかるかもしれませんね。

参考URL:http://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~sawada/starch/Tra …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございました。なぜ単子葉類と双子葉類であのように維管束が違うのか新たな疑問が生じてしまいました。

お礼日時:2004/06/04 19:29

直接回答ではありませんが、参考になれば・・・


Google使用で、キーワード:葉脈 導管 図
これでPDFファイルなどがでます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございました。関連したPDFファイルをプリントしました。

お礼日時:2004/06/04 19:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q単子葉類と双子葉類の維管束

数日前に、導管の構造について質問させてもらい、新たな疑問が生じたのですが、双子葉類は、なぜ形成層に沿って維管束があり、単子葉類は茎全体に維管束が散らばっているのでしょうか。

Aベストアンサー

ヤシ科を持ち出すとは,生物に詳しい方だったのですね,大変失礼しました。

維管束の進化は,形成層がある裸子植物から被子植物が進化しましたので,被子植物では木が最初だったと考えられています。それから形成層をほとんど失った草が生まれました。

単子葉類は,ですから基本的に草です。生態的な隙間を埋めるべく,素早く成長します。じっくり成長型の形成層を持った双子葉類に対し,形成層を失い素早い成長で対抗しようとしたのでしょう。

その草の単子葉類から,さらに進化してタケやヤシのような再び木になるものが出現しました。竹は内部を空洞にし,ヤシは形成層を再び持つ変わり種の木になりました。これらはきわめてまれなケースです。

よいURLが見つかりませんでしたが,下記URLの〈木から草へ,更に木へ〉の部分を参考にしてください。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~gln/14/1424.htm

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~gln/14/1424.htm

Qなぜ葉脈は水酸化ナトリウムに溶けないの?(葉脈標本作成時の疑問)

恐れ入ります。
上記表題の件について、教えていただけないでしょうか?
葉脈標本作成時に水酸化ナトリウムでヒイラギなどの葉を煮沸すると、葉肉(葉脈以外)だけを溶かして葉脈のみにできますよね。このときの理屈がいまいちよくわかりません。
葉脈と葉肉の組成の違いによるものでしょうか?
葉脈は細胞壁のセルロースが多いからなのでしょうか?でも、葉脈以外の細胞の細胞壁もセルロースですよね。水酸化ナトリウムのタンパク質を変性させたり油脂を乳化させたりする作用があるかと思うのですが、セルロースも溶かすのでしょうか?
どうして、葉脈だけが綺麗に残るのかいまいち理解できずに困っています。
どなたかご教授頂ければ、大変助かります。

Aベストアンサー

葉脈は木部と師部からなります。この木部は,「木」ではリグニンと言う物質が,セルロースに沈着したり,またはセルロースと置換されています。このような現象を木化と言いますが,リグニンは化学的に極めて安定した物質です。そのために葉脈だけ残ります。

若い葉と成熟した葉との両方を標本にしてみて下さい。リグニンは若葉にはあまり含まれません。老化した葉の方がよい標本になる経験はありませんか?

Q単子葉類」と」単子葉植物のちがい。植物は古い言葉か

最近中学の教科書では単子葉類だが一般の本で今も単子葉植物という表現も見る。なお、私は遠い昔に高校か中学で単子葉植物と習った記憶があるが、数年前に中学の教科書で単子葉類と見てとまどったしだいです。

Aベストアンサー

植物の系統分類は色々な人が様々な分類を提唱しています。「単子葉植物」は「単子葉類」とほとんど同義語と思って頂いても良いのではないかと思いますが、「双子葉植物」は一つの分類例では「原始的双子葉類」と「真正双子葉類」を含んだ言葉です。

文科省が子供達に教えて欲しいことは、多くの植物を含みます双子葉植物を取り扱うのではなく、あくまでも現在の植物の中心を成しています「真正双子葉類(双子葉類)」と「単子葉類」の違いを取り扱って欲しいわけです。

文科省の意図を忠実に読み取った教科書会社は「双子葉類・単子葉類」と言った言葉を使用しているのではないかと思います。しかし、例え教科書会社が「双子葉植物・単子葉植物」と言う用語を使用しましても教科書検定官も「双子葉類・単子葉類」を含んだ用語ですから検定意見は付けられないため教科書により混乱が生じたのだと思います。私が検定官や教員だったら「双子葉類・単子葉類」に統一しますが…何かの参考になさってください。

Q導管の中は上行きのみ?

そして師管の中は上へも下へも栄養分が移動する?一番よく活動している葉から栄養分が上へ茎を伸ばすために運ばれ、下へ根を伸ばすために運ばれる。昼と夜、または、天気の環境変化によってあるときは上行きにあるときは下行きに簡単に変化する。(どちらにも使える)(普通の道路のような感じ)根に蓄えられた栄養(栄養分かな)(じゃがいも)の養分(栄養分?)が再び上に行くときは導管をとおる。これらは正しいですか。乱文ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

最後だけ間違いではと思いますが…

ほとんどの植物の栄養転流は,篩管中のスクロース転流です。篩管内のスクロースはどの方向にも移動します。また篩管内へのスクロースの移動はスクローストランスポーターが能動的に行っているようです。道管は,ご存じのように蒸散や根圧で上にしか流れませんし,細胞壁からなる単なる管ですからスクローストランスポーターはありません。

Q単子葉類の茎は細い

単子葉類には維管束に形成層がないため、茎が細いと習いました。
エノコログサやイネ・ススキなどがそうです。
しかし、トウモロコシの茎は太く、ススキなどのようにカゼにしなうような感じではありませんよね。
何か理由があるのでしょうか?

Aベストアンサー

細いというのはそのような意味ではありません。横に太らないという意味です。種類によって太さに違いがあるのは当然です。トウモロコシは一年で枯れてしまうので分かりにくいで、タケを考えてみてください。何年経っても全く太くはならないですね。

Q食品としてGABAを摂取しても、血液脳関門を通ると説明してあるページを見つけたのですが・・・実際通るの?通らないの?

抑制性神経伝達物質であるGABA。
従来はこのGABAをチョコレートや発芽玄米で摂取しても血液脳関門を通過できないので脳には届かないと考えられていたそうですが。

最近、血液脳関門を通ることが解明されたと説明してあるサイトを発見しました。

http://www.medical-express.jp/jun/gya.htm

そこで疑問が湧いてきたのですが。実際のところ、BBBを通過できると考えるのが今の最先端の常識なのですかね? 通過できないのというのは誤解なのでしょうか?


また、脳に届く場合。
GABAを大量に含んだサプリメントが市場には出回っていますが。
このGABAをあまりに大量に摂取した場合に出る弊害を、向学のために知っておきたいのですが。

GABAはグルタミン酸の働きにブレーキをかけると、巷で小耳に挟んだこともあるのですが。

ならば、食品に含まれているGABAをあまりに大量に摂取しすぎると、脳内の『グルタミン酸によるニューロン同士の結合』などが弱くなったり断たれたりするという現象も『理論的には起こりうる』のでしょうか??

抑制性神経伝達物質であるGABA。
従来はこのGABAをチョコレートや発芽玄米で摂取しても血液脳関門を通過できないので脳には届かないと考えられていたそうですが。

最近、血液脳関門を通ることが解明されたと説明してあるサイトを発見しました。

http://www.medical-express.jp/jun/gya.htm

そこで疑問が湧いてきたのですが。実際のところ、BBBを通過できると考えるのが今の最先端の常識なのですかね? 通過できないのというのは誤解なのでしょうか?


また、脳に届く場合。
GABAを大量に含んだサ...続きを読む

Aベストアンサー

GABAは血液脳関門を透過しません。血液脳関門を構成する細胞上にある輸送蛋白によって血液脳関門をこえて脳から血液に排出されます。
GABAのような神経伝達物質は、シナプス間隙に蓄積すると神経が誤作動してしまうので、シナプス前細胞から分泌された後速やかに処理されるようになっています。

参考URL:http://www.neurorx.org/cgi/content/full/2/1/63, http://www.shiga-med.ac.jp/~koyama/analgesia/subs-transm

Q猫って単子葉類好き!?

ウチの猫はことあるごとに草を見つけて噛み付いています。
で、発見したのですが、ユリの花、ニラなと…平行状葉脈のものばかり噛んでいます
これは何でなんでしょうか!?
猫は単子葉類のものが好きなんでしょうか!?それともウチの子だけでしょうか…??

Aベストアンサー

ユリ科の植物は猫にとって有害な植物で、死に至ることもありますから絶対に食べさせないで下さい!!
猫にとって有害な植物はたくさんありまして、「猫を飼うなら植物を置くな」と言われるほどです。

私は2年前に愛猫を原因不明の病気で亡くしています。動物病院を何件回っても原因不明でした。
思い当たるのが、猫にとって有害な植物のうちの一つである観葉植物のポトスの葉を亡くなった猫が
しょっちゅう噛んでいたことです。当時は有害だとは気づかず「猫草の代わりかな?」と思っていました。
しかし、ポトスも猫にとっては有害な植物でした。愛猫を亡くしてから気づきました。

ユリ科の植物はポトスよりも危険なようです。参考URLに猫にとって有害な植物のリストが載ってますので
参考にして下さい。愛猫は5才で亡くなりました。tawake4946さんのにゃんこには長生きして欲しいです。

参考URL:http://www.nekohonpo.jp/Column/yugai.html

Qシダ植物の維管束

シダ植物の維管束(茎)の図を見せていただきたいのですが。

Aベストアンサー

シダ植物の維管束、参考URLの画像なんか分かりやすいかもです^-^

参考URL:http://www.art-kobo.co.jp/web_zuhan_kobo/html/products/detail.php?product_id=3281

Q自由研究--野菜の維管束について--

野菜の維管束を調べる実験をしたのですが、アスパラガスは双子葉類なのか単子葉類なのかわからなくて。。
知ってる人、教えてください(><)
それから、
双子葉類→レタス・ダイコン
単子葉類→ネギ
であってますよね・・?!
教えてください。。

Aベストアンサー

参考URLをご覧下さい。

参考URL:http://www.dokidoki.ne.jp/home2/jr5bun/rikajyugyou/ikansoku2.html

Qよもぎ・キョウチクトウの維管束について

よもぎの茎の断面(縦・横)とキョウチクトウの葉の
断面図を顕微鏡で見たときの画像が載っているHPを
知っていたら教えて欲しいです!
どれか一つだけでもいいです。
検索をいろいろとしたのですがなかなか見つからなくて
困っています。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ヨモギの茎の断面は以下のURLにあります。
http://www.kobe-c.ed.jp/shimin/shiraiwa/yomogi/yomogi3.html


人気Q&Aランキング