中小企業の働き方改革をサポート>>

統合失調症、自律神経失調症、それに伴う不安感などの疾患で療養中の者です。
主に不安感の改善と自律神経の安定のため、セロトニンをよく分泌させる生活を意識した療養生活を送っています(他にも総合的な体調回復のためにいろいろ試行錯誤しています)。
そのためここ一か月ほど、早寝早起き、早朝体操・散歩、朝一番にバナナと牛乳を摂るなど、他の小技的なものと合わせていくつかリハビリ法を実践しているのですが、ネットで色々な事を調べる中で「セロトニンの分泌を促す」事以上に「セロトニン神経系の強化」こそ大事なんだな、と今更ながら気づきました。
(「セロトニン神経系」という言葉の使い方が医学的に正しいのかどうかはわかりませんが「縫線核」などの言葉を使って質問する知識と技量がありませんので、便宜的に使わせてください)
それに関して、ネット上では「セロトニン神経系の強化法(リズム運動など)」と「セロトニンの分泌を促す方法」が大別されて紹介されている印象を受けます。
しかし、筋肉や脳機能が使えば使うほど強化されるように、諸々の方法でセロトニンをよく分泌させること自体がセロトニン神経強化にも繋がるのではないか、と思い質問させていただきました。
もしそうなら、精神的にもリハビリ的にもかなり楽になるし、励みにもなります。
もちろん、いずれにしてもリズム運動などの「セロトニン神経系の強化法」も実践していくつもりです(既に実践している早朝散歩はかなり有効とのことですが)。
長文失礼しました、よろしくお教え願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

初めまして。

文章拝読させて頂きました。
結論から申し上げますと、貴殿の仰る様にセロトニン神経系を強化させるには、セロトニンをよく分泌させる事だと思われます。(「思われます」と表現したのは、セロトニン神経系も含めたあらゆる脳機能自体、医学的にまだまだ研究途上である為です。)
「セロトニン神経系の強化法(リズム運動など)」と「セロトニンの分泌を促す方法」が大別されて紹介されている印象を受けるとの事ですが、前述しました様に肝心のセロトニンを分泌させる様努める事で、セロトニン神経系の活性化に繋がります。
今現在、貴殿が実践されているリハビリ法は、非常に的を得た手法であると思われます。決して無理のない程度に是非継続されて下さい。
最後に既にご存知である事であれば失礼ですが、少し補足させて頂きますと、早朝散歩・体操などの運動療法に際しては、あくまでその運動行為に「集中」して行う事が重要です。どういう事かと申しますと、例えば散歩される際は、下記の箇条書きをご覧下さい。

・あくまでリズミカルに歩く。歩調をなるべく乱さない。
・景色などを眺めながら散歩したり、他の人と話しながら散歩するのではなく、あくまで「歩く事」そのものに集中する事。(当たり前ですが思わぬ事故に遭ったりせぬ様、周囲への注意は怠りなく。)

散歩と云うよりもエクササイズと呼ぶ方が正しい表現の様に思えますが、この事は意外に知られていない様ですので、念の為補足させて頂きました。

それでは、時節柄お体の方、ご自愛下さいませ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!
これでだいぶリハビリに融通を利かせられそうなので安心しました。
回答者様のアドバイスにつきましては、薄々知ってましたがかなり軽視してました(苦笑)
ですが、それこそが肝心かなめだったんですね。
大事なことを勉強させてもらいました。
今日はいろいろあって午前零時起床となってしまいましたが、睡眠自体は十分とれたので早朝体操・散歩の際は頂いたアドバイスをしっかり守ってみたいと思います。
親身にご回答してくださり、ありがとうございました。

お礼日時:2014/10/23 03:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング