どのような癌でも一度癌になったら完治しても五年程度しか生きていられないという、話を聞いたのですが本当でしょうか?癌が完治され、五年以上生存している方もしくは生存例を知っている方(有名人なら尚よいです)教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

とんでもない話ですね。


病状によりますが、初期発見で適切な治療をしたら
完治する癌も多いです。
5年というのは、「5年生存確率」を言ってると思います。これは治療した癌の症状(ステージ)で
パーセントが表されてますが、年々改善されてます。
遺伝子解析が進んでますので、10年後くらいには癌は恐ろしく無い病気になるのでは?と思ってます。
とにかく癌は早期発見がなにより大事です。定期健診や、体にちょっとの変化があったらすぐ検査する
心がけでいれば、万一癌であったも治療で治ります。

我が家は父親が15年前に胃がんで胃を全摘、3年前に喉頭がんで放射線治療して全快してます。
母親は2年前に肺がんで片方の肺1/2摘出し、全快してます。
2人とも2ヶ月に一回検診を受けてるので、却って安心です。
なにせ、病院に行くのを伸ばし伸ばしして、手遅れになったというのが一番多いそうですから。
    • good
    • 10

少し古いですが、以下の参考URLは参考になりますでしょうか?


「主要部位別・病期別生存率」
このページ以降も参考にしてください。

http://www.ncc.go.jp/jp/statistics/index.html
(がんの統計)
「'03」の統計はここから入ってください。

ご参考まで。

参考URL:http://www.ncc.go.jp/jp/statistics/2001/figures/ …
    • good
    • 2

和田アキ子さんは、確か子宮の摘出術をしてらしたと思います。

赤塚不二夫さんは食道癌の手術をしていまだ存命です。
私の経験では、癌で手術した患者さんで長生きしている人もたくさんいます。癌の治療でその後再発もなく、長生きしている人は沢山います。長生きするようなった為、最初の癌と全く関係なく、他の部位にガンが発生して手術する人もいるくらいです。それでも、長生きする人もいます。
癌の治療成績は5年後の生存率で判断しますので、その様な誤解があるのかもしれません。
癌の種類や早期癌か進行癌かによって、生存率に違いがあるので一概には言えませんが、長寿で天命を全うする人もいます。
    • good
    • 3

渡辺謙さん(白血病・・・血の癌です)、仁科亜季子(元松方弘樹の奥さん)なんか、元気でお過ごしですよね!



だから、その説は嘘です!!
    • good
    • 8

検索したところ、高知県立中央病院発表の生存率データが出ていました。

胃がんを例にとって見ると、術後5年の生存率が85.1%ありました。

参考URL:http://www.cent-hosp.pref.kochi.jp/5year/index5y …
    • good
    • 2

とんでもない勘違いです。


いくらでいますよ5年以上生きてる方は。
その「5年」というのは
「5年様子を見て、再発しなければ完治」の5年でしょう。
癌というのは患部をすべて取り除いたように見えても
小さい小さいガン細胞が残りどこか他の臓器で再発したりする物です
それの恐れが無くなるのが「5年」だと言われています。
うちの母も5年以上生きてますし…
有名人では和田アキ子さんとか渡哲也さんなんかも癌でしたよね
他にもたくさんたくさんいます
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q男性のあそこの癌とは?10年生存率とは?

こんにちわ。
もうすぐ結婚を控えております。
いたって平凡&幸せな二人なのですが、

実は彼が数年前に癌で睾丸の1つを手術してとっています。当時わたしは付き合っていなかったので、それが何癌なのか、ということを知りません。
し、聞くこともできません。

そして2年たった後の検査では再発もなく、完治したそうですし、不妊にもならずにすんだそうです。

ただ不妊だとか1こなくなったとかそういうことはどうでもよく(もちろん子どもはできればほしいですが・・・)、
心配なのは彼がこの先若いうちに癌になることです。
彼の家系は男性に短命なかたが多く、癌で亡くなられた方が多いのです。
彼を失うことを考えると、なんともいえない恐怖です。

もちろん、別にマイナス思考でいるわけではなく、一番つらかったのは彼自身だし、
彼も健康にすごく気を使ってますし、
私もこのさき、さりげなく癌を防ぐような食事をつくったり、明るく楽しく暮らしていくことにこころがけています。

ただやはり癌のことについては、知っていたいな、と思います。

癌について調べたのですが、睾丸癌や、前立腺癌が男性の生殖器にかかわる癌だと思うのですが、彼のばあいは睾丸癌になるのでしょうか?

また、10年生存率は30%・・・とかそういうことが書かれていたのですが、それは「10年生きる人が30%しかいない」ということなんですか?
この言葉を見て、どうしていいのかわからなくなりました。

ただ彼の場合完治した、ということでこの先再発することはないですよね?そういうことはないのでしょうか?

もし癌をわずらったかた、また癌で亡くなられたご家族のいるかたがいらっしゃったら大変失礼質問であり、申し訳ないのですが、ご存知の方がいましたら教えていただきたいです。

こんにちわ。
もうすぐ結婚を控えております。
いたって平凡&幸せな二人なのですが、

実は彼が数年前に癌で睾丸の1つを手術してとっています。当時わたしは付き合っていなかったので、それが何癌なのか、ということを知りません。
し、聞くこともできません。

そして2年たった後の検査では再発もなく、完治したそうですし、不妊にもならずにすんだそうです。

ただ不妊だとか1こなくなったとかそういうことはどうでもよく(もちろん子どもはできればほしいですが・・・)、
心配なのは彼がこの先...続きを読む

Aベストアンサー

生存率(下記サイトでは5年生存率になっていますが)という
用語の説明は下記サイトを参照してください。

睾丸癌でもその種類にもよるようですが
現在の睾丸癌の5年生存率は90%を超えるようですから
それほど深く心配なされることはないように思います。



>私もこのさき、さりげなく癌を防ぐような食事をつくったり、明るく楽しく暮らしていくことにこころがけています

素敵な家庭を築いてくださいね。

参考URL:http://tanno-holistic-medicine-japan.com/html2/dictionary.html

Q一度病気した所は完治しても再発しやすい?

一度病気した所は完治しても再発しやすい?
のでしょうか?

たとえば、内臓のある部分の病気を完全に治しても
また、そこの内臓の部分は同じ病気になりやすいのか?
という意味です。

Aベストアンサー

医学的根拠のある話ではありません。
あくまで経験に過ぎませんが・・・
膀胱炎に1度なると、特に原因がなくても2-3度は簡単になります。
その内、何もなかった昔に戻ります。
そのほかの内臓でも、同じような状態になったことがありました。
一度、病気をすると、同じ状態になりやすい傾向はあるように思いますが、あくまで経験上のことですので・・・

Q人間ドッグは信用できる?(仙台の人よんでくれたら尚いいな)

20歳の男です。
2年前くらいから行こうと思って
行きそびれています。体調がいい!と自分で感じる日は
あまりなく、精神的にいかんのだろうか?とも思います。
いつも「自分は進行性の自覚症状のない病気に犯されているのでは?」
という、不安を断ち切って、うじうじしたいいわけをしない人生をはじめたいです!しかし、人間ドッグの信用性がどーたら、と噂をいろいろ聞くので
実際のところどうなんだろう?と思っています。みなさんの意見を
聞かせてください。
人間ドッグは病院にとって都合のいいお金儲けとも聞くし、
流れ作業で処理がズサンだとも聞くし、不安なんですよね。
きちんとした処理をしてくれる病院に行きたいです。
また、仙台に住んでいる方、いいと思っている病院を紹介していただけないで
しょうか。

Aベストアンサー

いきなり内科に行って「血液検査してください」、と頼めばやってくれるのですか?

回答:症状を説明して、「ガンが心配なので血液検査をして欲しい」と言えば、血液検査はしてくれるはずです(「そんなことしても無駄ですよ」と言う先生もいるかもしれませんが)。
 でも、血液検査で「がん」が早期発見できるという考えは、全く間違いというわけではありませんが、例外的な話なので、その辺りをこの機会にある程度勉強してもいいかもしれませんね。
 もちろん、白血病などの有無は診断できますが・・・。

血液検査ががん検診に応用されている分野
 白血病&前立腺がん&胃がんなどごく一部です
CEA、α-FPという腫瘍マーカーもよく検診で検査されますが、早期発見という意味合いはあまりないのが現状です。

 腫瘍マーカーに関しては、私の運営しているページではありませんが、下記のページが分かりやすいと思います。

 

参考URL:http://www.norimo.to/dock/lecture/tumormk.htm

Q心筋梗塞手術後の生存年数は?

長生き出来る人もいますよね?
まさか5年や10年とは限りませんよね?

Aベストアンサー

ガンとは違うので、その後の養生次第で長生きできます。ただ、手術前の食生活のままだで何ら改善しなければ・・・・

Q乳児白血病について(発生率と生存率、家族のケア)

こんにちは。
私の妹の子ども、つまり姪が「乳児白血病」(急性骨髄性)と診断されました。
まだ生後2ヶ月です。
あまりに突然のことで、家族全体に衝撃が走りました。
が、発見から2週間たち、抗がん剤の結果も出始めてようやく家族が落ち着いてきました。

乳児白血病、というのはどのくらいの割合で発症するものなのでしょうか?
また生存率はどのくらいなのでしょうか?
知ったところで、どうにもできないのですが数値で見ておきたい、と思い質問させていただきました。
また、妹(まだ20歳になったばかりです)をどういう風にサポートしてあげたらよいでしょうか?
私になにかできることはあるでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

大変なご心痛のこととお察し申し上げます。

主治医に訊くことが一番なのですが、主治医には訊きづらい面もあります。
また、医師としても患者さんや家族の方に予断(過度の期待、もしくは絶望感など)を与えないように配慮していますので、その点は理解してあげてください。

自分が患者さんの立場になったら、どんなことでも知っておきたいと思うので、単なる第三者として情報のみを提供します。

・小児白血病(15際以下)は、10万人に4人程度。
・急性、慢性では急性白血病が95%を占める。
・急性白血病の中でリンパ性80%、骨髄性20%。
・急性リンパ性白血病は2~5歳に多い傾向がある。
・急性骨髄性白血病には年齢層による差は見られない。
・乳児白血病においては、急性骨髄性白血病の方が急性リンパ性白血病よりも化学療法によって治療しやすい。

乳児骨髄性白血病の半数以上は治癒するという統計があり、知っている方ですっかり治って元気なお子さんがいます。

また治療法は、化学療法から骨髄移植まで日進月歩ですので、私の申し上げたことや本などで調べたことは参考までにして、主治医の先生の話を良く聞いてください。

米国では、小児白血病の患者さんのため(すなわち子供向け)に、自分の体と病気のことを知ってもらうために書かれた本があります。大人の方にも是非読んでいただきたい良書です。

君と白血病 Lynn S. Baker 著、 細谷亮太 訳 ISBN 4-260-34002-6 医学書院

お大事になさってください。完治を祈っております。

参考URL:http://www.marrow.or.jp/MEDOC/pdq/pdq24.html

大変なご心痛のこととお察し申し上げます。

主治医に訊くことが一番なのですが、主治医には訊きづらい面もあります。
また、医師としても患者さんや家族の方に予断(過度の期待、もしくは絶望感など)を与えないように配慮していますので、その点は理解してあげてください。

自分が患者さんの立場になったら、どんなことでも知っておきたいと思うので、単なる第三者として情報のみを提供します。

・小児白血病(15際以下)は、10万人に4人程度。
・急性、慢性では急性白血病が95%を占める。
・急性白...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報