仕入先より、9月仕入分から4月以前仕入れ分(消費税率5%)の値引きをされました。

請求書には税抜仕入額と消費税が分けて記載されています。

それを会計ソフトに入力仕分しています。

その場合の仕訳は

(9月分)仕入300,000/未払金(買掛金)300,000
 (9月分)仮払消費税24,000/未払金(買掛金)24,000

 未払金(買掛金)60,000/仕入(4月以前分値引き)60,000
 未払金 3,000/仮払消費税3,000

で良いでしょうか?

ちなみに請求書には仕入額 240,000  消費税額20,000となっていた場合
↑の仮払消費税を調整すればOKでしょうか?

例えば(9月分)仕入300,000/未払金(買掛金)300,000
 (9月分)仮払消費税23,000/未払金(買掛金)23,000

 未払金(買掛金)60,000/仕入(4月以前分値引き)60,000
 未払金 3,000/仮払消費税3,000

のような感じで。

分かり辛い説明で大変申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。







 
    

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>仕入値引きは今回のように消費税の問題などがなく、少額であれば仕入額から直接減額しても良いでしょうか?



いいと思います。

あえて言えば、担当者が数か月間交代していた時期を除いた時期の方法と合わせてもいいと思います。前々年度を見てもいいでしょう。それらもまちまちでしたら、今回から直接減額するのを原則とし、消費税の問題などがあれば個別に対応する、としてもいいでしょう。

ただ、年度末に年間の仕入値引の合計額を尋ねられるなど、値引額を聞かれる(可能性が結構ある)のでしたら、面倒でも、少なくとも逆仕訳を切っておくほうがいいと思います。


ご質問者さんもお考えと思いますが、本当は上司に聞いて決めてもらうのが一番です。ただ、上司があまり上司の仕事をしない方のようですので、仕入値引の仕訳の方法を統一するレベルの話でしたら、ご質問者さんが統一してしまっても差し支えないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

確かに年度末や後で聞かれる事を考えると逆仕訳を切っておく方が良いですね。

細かい事を聞くと怒られるので仕入の事は統一しようと思います。

何度も質問に答えていただき、大変助かりました。

ありがとうございました。

お礼日時:2014/10/26 11:44

消費税法の経過措置に反して間違ってしまっている回答があるようなので、その修正も兼ねてもう一度コメントしてみます。



増税前に仕入れたものを増税後に値引いた場合、消費税率は増税前のものが適用されます(改正附則12条)。そのため、値引き分は5%で計算するのが原則となります。

仕入先との間で何らかの取り決めをしていたのでしたら、取り決めの内容によっては、例外として値引き分も8%で計算することができます。ただ、請求書の記載だけでは取り決めをしているとは言い難く、ご質問者さんの場合、取り決めがないのでしたら原則どおり5%で計算すべきことになります。
http://www.ics-p.net/column/tabid/404/Default.aspx


なお、値引き時の科目は仕入で差し支えありません。
http://kanjokamoku.k-solution.info/2006/06/post_ …
>仕入値引高(仕入値引)の会計処理方法(会計処理の流れ)
>仕入を直接減額して処理する方法(純額主義)と、値引の額を帳簿上で明らかにするために仕入値引高(仕入値引)勘定を用いて処理する方法(総額主義)とがある。
>実務上は、前者の処理方法が一般的である。

この回答への補足

詳しくご説明いただき、ありがとうございます。

今の会社では仕入値引きの科目が無かったので、前任者の処理も参考にし、仕入れの逆仕訳をしていました。

そこでまた心配なのですが、仕入値引きは今回のように消費税の問題などがなく、少額であれば仕入額から直接減額しても良いでしょうか?

継続性の問題もあり、どちらかにしなければいけないかと思っているのですが。

半年ほど前から今の会社にいるのですが、引継ぎなどもなく、忙しい上司に聞きながら未だに手探りで仕事をしている状態で、前年度の仕訳をみながらやっています。

担当者が前年度のうち数か月間他の人に代わっていたこともあり、直接減額している時もあれば値引きの仕訳(仕入値引き勘定はないので逆仕訳です)をしている時もあります。

上司にそういう事を聞くとそれくらい考えろなど長時間説教があるのでなかなか聞きづらくあやふやにしてしまった所もあり、「じゃあ今までどうしてたんだ!」と怒られそうです。

そのため自分のやっている仕事に常に不安があります。

ていねいに教えていただき、大変勉強になりました。ありがとうございました。

補足日時:2014/10/25 22:58
    • good
    • 0

こんいちは。



>請求書には仕入額 240,000  消費税額20,000となっていた場合
↑の仮払消費税を調整すればOKでしょうか?
>請求書上の消費税額と会計ソフトへ入力する消費税額は必ず一致しなければいけないものなんでしょうか?

ご質問を書き直すと:
「 仕入先の請求書(などの証憑)において、消費税額の計算に誤りがある場合、当方の会計としては、仕入額(本体価額と消費税額)の計上はいかにすべきか?」


◇考え方は次の通りです。

(本当は、請求書に基づいて仕入額を計上するのには問題があるのですが、ここでは、そのことに触れない。)

消費税法第二十八条、二十九条および地方税法第七十二条の八十三から、
「 仕入先の請求書(などの証憑)の計算が正しかろうが誤っていようが、その請求書に基づいて実際に支払う金額の総額(税込金額)の108分の8の金額を、「仮払消費税等」として計上すべきである。」という結論を導くことができます。
むろん、残額が仕入額の本体価額です。


◇上記設問の場合( >請求書には仕入額 240,000  消費税額20,000となっていた場合)、

実際に支払う金額の総額(税込金額)は、
240,000+20,000=260,000円 ですから、  

消費税等=260,000÷108×8≒19,260

本体価額=260,000-19,260=240,740

ですから当社は、
仕入高240,740円、仮払消費税等19,260円と、
仕訳入力することになります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なお、”仕入値引”についてですが、

未払金(買掛金)60,000/仕入(4月以前分値引き)60,000

この仕訳は誤りです。これは”返品”の仕訳です。

仕入値引はやはり、

〔借方〕買掛金   /〔貸方〕仕入値引
〔借方〕…{空欄}…/〔貸方〕仮払消費税等

とすべきです。

この回答への補足

その請求書に基づいて実際に支払う金額の総額(税込金額)の108分の8の金額を、「仮払消費税等」として計上すべきである。>そうですね、税込みで入力する時はそうするしかないですよね。

値引きの仕訳ですが、仕入値引き勘定がなく、前年度を参考に逆仕訳をしています。

分かりやすく説明していただき、大変参考になりました。

ありがとうございました。

補足日時:2014/10/25 23:19
    • good
    • 0

増税前に消費税率5%で仕入れた分の値引きに係る消費税は5%です。

9月の仕入は8%です。請求書が9月仕入についてであれば、請求書の税額計算が間違っており、それに従う必要はありません。

仕訳の計上額は、9月分の仕入額がいくらなのか、それは税抜か税込か、値引額がいくらなのか、それは税抜か税込かで、異なってきます。支払額が26万になるのでしたらちょっと複雑になりますが、仕入額・値引額がいくらなのかと税抜・税込の別を確認すれば、難しく考えなくて大丈夫です。

なお、ご質問は値引きに係る消費税率がテーマだと分かります。また、後半の仕訳は、仮払消費税の額を請求書に合わせるならという仮定付きだと分かります。ご質問文に問題はないと思います。

この回答への補足

それに従う必要はありません。>そうなんですね、ありがとうございます。

仕入額・値引額がいくらなのかと税抜・税込の別を確認すれば>仕入、値引、支払額があっていれば消費税が請求書と多少違っていてもOKと言う事ですよね。

大変わかりやすく説明していただき、ありがとうございました。

補足日時:2014/10/25 12:23
    • good
    • 0

まず、「ちなみに」以後は消費税の計算が間違っています。

300000に対する8%の消費税は24000だし、24000-3000は21000です。
また、「4月以前」という言葉は4月を含みます。消費税率が5%なのは「3月以前」です。

仕訳については、消費税の申告が必要かどうかで違います。質問では税抜経理になっていますから、申告が必要と思われますので、5%の取引と8%の取引は区分して計上する必要があります。通常は会計ソフトの消費税コードが違うはずなので、合算計上はできないはずですが。
仮に消費税が免税事業者で申告が免除されているのであれば、消費税の区分は必要ありませんが、決算上、仕入値引を区分表示するなら、簿記としても区分計上すべきです。仕入値引を仕入に合算する決算なら計上も合算でいいでしょう。
なお、免税事業者は税込経理しか認められません。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

消費税ですが、時間が無くて変な例になってしまいました。
実際請求書の消費税額が8%より60円多いという微妙な金額だったので、あえて8%でない金額にしてみたのですが、考えが足らず計算違いみたいな例になってしまいました。大変申し訳ありません。

請求書上の消費税額と会計ソフトへ入力する消費税額は必ず一致しなければいけないものなんでしょうか?(それが一番聞きたかったのです。説明がうまくできず大変申し訳ありません)

一応簿記の知識はあるのですが(15年以上前に日商1級取得)それまでもそれ以降も単純な仕事ばかりしてきたので、実務の知識が全くありません。

申告などで証憑と違っているといけないのではないかと思いました。
でも全部合致は不可能かと思うのですが…。

その辺の事を少し教えてもらえると大変助かります。

説明がうまくできず、大変申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

補足日時:2014/10/20 22:41
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仮払消費税が仮受消費税を上回る消費税の確定申告

教えてください。
3月11日に発生した東日本大震災・大津波で被災した法人です。
会計年度は4月から3月末です。
平成23年度の売上は殆ど見込めない状況にあり、施設が流失したものですから、年度内に建物外の復旧に大きな額を支出します。
この場合の例として、1年間の仮払消費税が10,000,000円となって、仮受消費税が500,000円とした場合に差額が9,500,000円となりますが、大雑把な例として9,500,000円は確定申告後に還付されるものでしょうか。
なお、本年度は中間納付がないものとしてご指導ください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>大雑把な例として9,500,000円は確定申告後に還付されるものでしょうか…

今年 (期) 分が本則課税で申告することになっているなら、基本的には還付されます。
950万丸ごと還付かどうかは、細かく吟味しないと何とも言えませんけど。

簡易課税なら還付はありません。

Q弥生会計・仮払消費税と仮受消費税の税区分について

当方、経理の初心者で、会社で弥生会計を使用しております。
仮払消費税の科目設定の税区分では「課対仕入」、仮受消費税では「課対売上」が設定されていますが、そもそもなぜ税区分が設定できるようになっているのでしょうか?
消費税に対して税区分の設定ができることの意味がわからず困惑しております。

たとえば、
仕入 / 買掛金
の仕訳において、仕入に「課対仕入」と設定してあれば、自動的に仕入の金額から仮払消費税が算出されることから、仮払消費税の税区分は「対象外」(つまりは不課税)としておけば良いように思うのですが、どうなのでしょうか?

社内の人間にも聞いてみたのですが、なぜ仮払消費税、仮受消費税に各々「課対仕入」「課対売上」を設定しているのか分からないとのことでした。

初歩的な内容かもしれませんが、ご教授いただけると幸甚です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

消費税の申告書の説明を読むとわかりますが、
仮受消費税-仮払消費税=申告納付消費税額 ではありません。
税込み売上金額÷1.05=消費税課税標準額(1000円未満切り捨て)
ア)消費税課税標準額×4%=消費税額
イ)税込み仕入額×4/105=仕入控除消費税額
ウ) ア)-イ)=差引納付すべき消費税額(100円未満切り捨て)
エ) ウ)=地方消費税の課税標準額
オ) 地方消費税課税標準額×25%=地方消費税(100円未満切り捨て)
カ) ウ+オ=納付すべき消費税等の額

消費税を正しく計算するためには1年間の税込み売上金額、税込み仕入金額が必要なのです。
弥生会計の計算ロジックはわからないですが、仮受消費税=課税売上、
仮払消費税=課税仕入としておかないと計算が正しくできません。
例えば、 売掛金 210 / 売上 200
              仮受消費税 10
と仕訳して、仮受消費税を不課税としてしまうと
システムとしては、おそらく
200÷1.05=190 と課税標準額を計算してしまいます。
仮受消費税を課税売上として集計すると
210÷1.05=200 と正しく計算されます。
仮払消費税についても同様です。
年間を通しての税込み売上金額、仕入金額を把握するために
「課税売上」「課税仕入」としておくのです。

仮払消費税、仮受消費税を不課税取引として処理するのは
決算時での仮払消費税と仮受消費税の相殺仕訳、未払消費税への振替仕訳等だけのはずです。

消費税の申告書の説明を読むとわかりますが、
仮受消費税-仮払消費税=申告納付消費税額 ではありません。
税込み売上金額÷1.05=消費税課税標準額(1000円未満切り捨て)
ア)消費税課税標準額×4%=消費税額
イ)税込み仕入額×4/105=仕入控除消費税額
ウ) ア)-イ)=差引納付すべき消費税額(100円未満切り捨て)
エ) ウ)=地方消費税の課税標準額
オ) 地方消費税課税標準額×25%=地方消費税(100円未満切り捨て)
カ) ウ+オ=納付すべき消費税等の額

消費税を正しく計算するためには1年間の...続きを読む

Q仮払消費税と仮受消費税の相殺について

仮払消費税と仮受消費税はなぜ相殺するのですか。

Aベストアンサー

A問屋からB商店が525円で商品を仕入れました。この時に預かった25円を納税します。
B商店はその商品を消費者Cに1,050円で販売しました。この時にB商店は消費税を50円預かりますが、これをそのまま納税してしまうと、最終的に1,050円で販売した商品に対して75円納税したことになってしまいます。
そこで、B商店はA問屋から仕入れた際にはらった25円を相殺して残った25円を納税するわけですね。

A問屋 25円納税・・・この金額はB商店が負担
B商店 消費者Cからの支払50円-A問屋への支払25円=25円を納税・・・A問屋に払った25円はここで還ってきたので実質負担なし。
消費者C 50円をB商店に支払いっぱなしで還付なし。最終的に消費税50円は全額Cが負担したことになります。

Q中間決算での「仮受消費税」「仮払消費税」の仕訳処理

私の会社は期首が11月初めで期末が10月末なのですが、
「今年から中間決算を始める」とのことで今中間決算処理に追われています。

経理は初心者の私一人で過去の前任の方が作成したデータを参照しながら何とか日々の経理業務をこなしているのですが、この前見つけた仕訳が理解できなくて困っています。

その仕訳がこれです。

仮受消費税 15141666仮払消費税 15241414
雑損失    99748
仮受消費税 5178700未払消費税 5178700

「仮受消費税」のうち、(1)「未払消費税」に振替えられる部分と(2)「仮払消費税」と相殺される部分に分解されていますがこの仕訳は何を意味しているのでしょうか。
また「雑損失」はどういう意味の「雑損失」なのでしょうか。

前任の方は私が入社するのと交代で辞めてしまわれたので
詳細をご存知の方が周りにいません。

わかる方いらっしゃいましたらお教えください。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

どないな目的で中間決算をするんかね?

中間申告目的とか株主向けとかなら、原則として期末と同様の処理をする必要があるで。他方、社内向けなら、会社で自由に決めてええ。

その仕訳は、消費税の申告書をつくって、それに基づき仕訳をしたものやろな。仮受消費税と仮払消費税は期中に積み上げておくものやんか。リクツではその差額を税務署に納めることになるけど、実際に納める金額(申告書の金額)はこれとピタリ一致するものではないんよ。せやから「仮」。

未払消費税は実際に納める金額やんか。雑損失は、仮受消費税と仮払消費税との差額と、実際に納める金額とのズレ。

今回の中間決算が中間申告目的とかなら、原則として同様の処理をする必要があるで。

Q仮払消費税が仮受消費税を上回った場合の会計処理について

お世話になります。
現在、平成17年度の決算処理を行っておりますが、仮払消費税(150万)の額が仮受消費税(100万)より多く、また、その差額が中間納付(3回で40万)分より多い場合の経理処理を教えてください。
                  

Aベストアンサー

判りやすいと思って、1本にしただけです。
中間消費税の分と仕訳を分けた方が良ければ
どちらでも構わないですよ。

ただ、
>(残高を残して)
と言われる点、
仮払金は未収入金との振替でゼロになりますよね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報