初めての店舗開業を成功させよう>>

隔週?不定期に火曜日にTBSで放送されている爆笑問題の海外に暮らす日本人妻の番組が好きです。

日本、あるいは海外で知り合った外国の男性と結婚し、その男性に嫁いで海外に移住、生活する奥さんたちの番組です。

カルチャーギャップなど食生活の違いなどある程度想定された海外生活の中で孤軍奮闘する彼女たちの姿が好きなんですが、いつも見ていて疑問に思うことがあります。

恋愛のような現実逃避のモードではない結婚と云う着地点で彼女たちがそこまで海外移住を決意させるモノが何か??知りたいと思っています。

特に生活重視の海外生活ではそれほどカルチャーギャップというモノはしょうがないのかもしれませんが

ライフライン

つまり

食生活

あるいは

病院

などの医療設備を海外で生活する上で出来る女性がいつもすごいなと思います。

いつもご飯がいつもパン

あるいは

いくらフランス人に憧れても

聴診器をフランス人にあてがわれるのは嫌だなw

といつも思ってしまいます。

単純に

「その男性が好き!!」

という初期衝動が彼女たちを動かすのだろうけど

結婚という共同生活においてそういったインフラ整備を考えずに海外に飛び込むのは尊敬する一方

幼いなw

と思っている自分もいます。

海外生活にこうやって飛び込んで行く女性たちをどう思いますか?

感想、回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>海外生活にこうやって飛び込んで行く女性たちをどう思いますか?



「こうやって」というのは、
結婚をきっかけに現地の生活のことを考慮もせずに移住して、後で困っている、とかいうことなのでしょうか?
(困っていないんだったら「幼い」も何もないと思うのですが)

「海外に住む」のでしたら、結婚だけが理由だけではありませんし、インフラのことなど承知の上で行く人もいます。男性でも女性でも。
理由はいろいろでしょう。

質問者さんは日本を基準に考えている人で、「日本と同等の先進国的な環境じゃなきゃイヤ!」という人なんでしょうけど、世の中にはそうじゃない人々もいるんですよ。

この回答への補足

>「こうやって」というのは、
結婚をきっかけに現地の生活のことを考慮もせずに移住して、後で困っている、とかいうことなのでしょうか?
(困っていないんだったら「幼い」も何もないと思うのですが)

いや

>(困ってないんだったら)

と言いますが正直、困ってると思いますよ<もちろん本人たちに聞いたわけではないですが・・・>

>(「幼い」も何もないと思うのですが)

結婚は共同生活であリ伴侶との人生の連帯でもあるからスーパーや病院などのインフラは重要だと思います。

そこを考えずにただこの人が好きだからという恋愛の初期衝動だけではやっていけないモノだと思います。

しかも知らない外国の人とその土地で。

そういうリサーチもせずにただ行ってしまうことが幼稚だと言ってるわけです。

あくまで恋愛と違うわけですから。

補足日時:2014/10/20 18:25
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2014/10/22 09:22

 そんなに理論立てて言うほど難しいことではありませんよ。

そのような性格の持ち主だからです(何故ぜそのような性格になったのか、は別として・・・)。

 一つ注意しておいてもらいたいのは、娯楽番組は、あくまでも作り物です。鵜呑みにしないでくださいね。

この回答への補足

>一つ注意しておいてもらいたいのは、娯楽番組は、あくまでも作り物です。鵜呑みにしないでくださいね

どういうことですか?

ヤラセという事ですか?

どういった点で??

補足日時:2014/10/20 13:19
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2014/10/22 09:23

40代既婚者男性です。



まあ「それが女性だから」というのが身も蓋も無い答えになってしまうのですが、実際に「女性」は異国や異文化で生活することが昔から多かった、ということがあげられます。どのくらい昔か、というと2000年以上昔から、というほどです。

たとえば、史実にある内容で言えばローマ軍の遠征があります。イタリア半島からスペイン・ドイツ果てはイギリスまで上陸しています。

彼らは壮年の男であり、現地に基地を作って何年も暮らすことがあり、強姦なども多発したでしょうが、まじめに現地女性と愛をはぐくんだ例もあったようです。

なぜなら、生活するのに必要な日常品などは近隣の集落から仕入れており、支払いの代わりにローマの優れた製品や技術を提供し、時間をかけて周囲の村落(もちろん異民族)をローマの同盟に組み入れていく、という方法取ったからで、そのときにローマ軍と村落の架け橋になったのがローマ兵の妻になった女性だったからです。

もちろん民族によってはローマ兵などの異民族との結婚を許さない風習があったでしょうが、結婚して男性に大切に扱われ、子供が生まれることによってわだかまりが解消されていったと言われています。また、異民族同士ですから言葉も違うのですが、いち早く言葉を覚え通訳をするのも女性の大切な役目だったようです。

つまり、女性は昔から「民族同士の対立や摩擦を低減させ、民族同士の融合を促進する役割があった」ということです。

日本人においても、また現代の女性においてもこのような遺伝子は少なからず残っているのでしょう。「エキゾチックだから素敵」と自分の育った文化ではない男性を特に好む女性も多くいます。大半は実際の生活の困難さを見て諦めるのですが、中には困難でも飛び出していく人がいるわけです。

実をいうと私の身内には、日本人と結婚し日本で暮らす外国人妻、と外国人と結婚し異国に行った日本人妻と、外国人の旦那と日本でクラス日本人妻がいます。どのカップルを見ても異文化交流と異国での暮らしは大変ですが、知恵と愛情で乗り切っているようですので、それはそれでいいのではないでしょうか。

>海外生活にこうやって飛び込んで行く女性たちをどう思いますか?
少なくとも尊敬に値すると思いますよ。

この回答への補足

早速の回答ありがとうございます。

>女性は昔から「民族同士の対立や摩擦を低減させ、民族同士の融合を促進する役割があった」ということです

・・・勉強になりました。

>海外生活にこうやって飛び込んで行く女性たちをどう思いますか?
少なくとも尊敬に値すると思いますよ

全くもって同感です・・・

ただ残酷なまでにそういったインフラを考えずに飛び込んで行ってしまう女の幼稚さも感じてしまうんですけどね・・・。

補足日時:2014/10/20 10:02
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2014/10/22 09:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング