1.親に遺言状を書いてもらうにあたって、署名欄以外を私がワープロで作成し、親にサインしてもらおうと思っていますが、これは、有効でしょうか。

2.日付欄を手書きで書けるようにし、日付を親が手で記入した場合、日付を私が記入した場合、もしくはブランクのままの場合の3つのケースはそれぞれ有効でしょうか無効でしょうか。日付の数字の場合、誰が書いたか特徴が出にくいと思いますが、どのように判定するのですか。

3.同じ日付の遺言状が出てきたら、どちらが有効でしょうか

4.弟が父から1000万円借りており、遺言状で、父が亡くなったら債務免除するとしていた場合、弟は父への債務が100%なくなりますか。なくなった場合、それは、相続財産として相続税計算の対象となりますか。それとも贈与扱いなのでしょうか。
兄は、4分の1の遺留分として250万円を弟に請求できますか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 補足説明をさせて頂きます。



>1.親に遺言状を書いてもらうにあたって、署名欄以外を私がワープロで作成し、
>親にサインしてもらおうと思っていますが、これは、有効でしょうか。

 seryouさんもおっしゃっておられるように、『自筆証書遺言(民法968条)』としてであれば無効です。

 しかし、『秘密証書遺言(民法970条)』としてであれば有効にする方法はあります。
 秘密証書遺言の場合、自書でなくてもワープロで作成されたものであっても、署名が自書で印が押してあれば良いのです(同条1号。但し、

1.遺言者がその証書を封筒などの中に入れ、閉じた後、上記の印を用いて封印し
  (同条2号)
2.公証人1人及び証人2人以上の前にその封書を提出して、
  自分の遺言書である旨並びに自分の氏名および住所を申し述べ(同条3号)
3.公証人が、その証書を提出した日付及び遺言者の申述を封紙に記載した後、
  遺言者及び証人とともにこれに署名し、印をおす(同条4号)
必要があります。

 以上の手順を踏めば、ワープロで作成した文書であっても有効な遺言書とすることができます。


>2.日付欄を手書きで書けるようにし、日付を親が手で記入した場合、
>日付を私が記入した場合、もしくはブランクのままの場合の3つのケースは
>それぞれ有効でしょうか無効でしょうか。日付の数字の場合、
>誰が書いたか特徴が出にくいと思いますが、どのように判定するのですか。

 日付が明記されていない場合には遺言書として無効です。遺言書は、生きているうちに何度書き直しても良いため、常に最新の遺言が何であるかということを特定する必要があります。ですから、日付の無い遺言書はそもそも効力が生じません。

 また、先程と同様、日付欄が遺言者の自書で無い場合、自筆証書遺言としては無効ですが、秘密証書遺言としては先程の手順を踏みさえすれば有効になります。


>3.同じ日付の遺言状が出てきたら、どちらが有効でしょうか

 seryouさんのおっしゃる通りです。


>4.弟が父から1000万円借りており、遺言状で、父が亡くなったら
>債務免除するとしていた場合、弟は父への債務が100%なくなりますか。
>なくなった場合、それは、相続財産として相続税計算の対象となりますか。
>それとも贈与扱いなのでしょうか。

 遺言状で、「父が亡くなったら債務免除する」―――この様な場合のことを『遺贈(民法964条)』と言います。遺留分に関する規定に反しない範囲において、この『遺贈』をすることができます(同条但書)。
 弟さんの1000万円の借金のうち、いくらか返済がなされていたとして残債務がお兄さんの遺留分を侵害しない金額であるならば、債務は100%無くなります。

 但し、ここでの本題からは外れますが、弟さんの借金が、本当に金銭消費貸借契約であるのかが注意しなければならない点です。
 金銭消費貸借契約の形式に名を借りた実質的な「生前贈与」である場合には、1000万円が弟さんに渡されたその時点で贈与税が課せられます。親子間での金銭消費貸借契約は生前贈与の隠れ蓑とされる場合が多いため、返済がしっかりとなされているかどうか、弟さんの収入から考えて返済計画に無理のあるものでないかどうかについて税務署のほうではしっかりと調査しますので、他人にお金を課す場合以上にしっかりと様式を整える必要があります。


 話を元に戻しまして、『遺贈』の場合、税金は「相続税」が課せられます(相続税法1、2条)。
 そして、相続財産として計算の対象となります。

 たとえば、お父様をA、お母様をB、お兄様をC、お弟さんをDとします。Aが亡くなり、その時のAからDへの貸金債権を除いたAの被相続財産が4000万円だったとします。Dの残債務が800万円だったとしますと、相続財産は総額で4800万円となります。

 遺言書には、A死亡時のDへの貸金債権の債務免除以外、財産に関する遺言が無かったとしますと、法定相続分はそれぞれ
   B:2分の1(2400万円)
   C:4分の1(1200万円)
   D:4分の1(1200万円)
となります。

 このうち、Dは遺贈によって残債務800万円を受け取ることに決まっておりますので、残債務800万円を1200万円から引いた残り400万円が、Dが受け取る金額です。


>兄は、4分の1の遺留分として250万円を弟に請求できますか。

 先程も少しお話しましたが、遺留分の規定に反しない限りにおいてAの「死亡時のDへの貸金の債務免除」の遺言は効力を有します。先程の例を用いてご説明いたしますと、

 父A、母B、兄C、弟Dがいて、A死亡時に相続財産がDへの貸金債権だけであった場合を想定します。そして、Dの返済金額は0、つまり債権として丸々1000万円があるものとします(つまり、相続財産は1000万円)。
 そして、その他に遺留分算定の基礎となる財産に参入される贈与(民法1030条)も無かったとします。

 この場合、遺留分は相続財産の半分に生じますので、それぞれの遺留分は
   B:4分の1(250万円)
   C:8分の1(125万円)
   D:8分の1(125万円)
となり、B、Cは、自己の遺留分を侵害される結果となるため、その範囲で遺言の効力は生じずに、B、Cは、それぞれ250万円、125万円のDに対する貸金債権を相続により取得することになります。

 但し、今回のケースの場合、Aがお亡くなりになってから1年以内に『遺留分減殺請求(民法1031条)』をしないと遺留分を請求する権利を失います(民法1042条)。
    • good
    • 0

 遺言の方式には,自筆証書遺言(民法968条),公正証書遺言(民法969条),秘密証書遺言(民法970条),死亡危急時遺言(民法976条・979条),隔絶地遺言(民法977条・978条)がありますが,あなたの場合は,自筆証書遺言にあたります。


 自筆証書遺言は,遺言者が全文(遺言の本文),日付,氏名を自書しなければならないと規定されています。自書とは,自分で手書きすることです。
 自筆証書遺言は最も簡便な方法であるために偽造・変造の危険性が高いものです。そのため,筆跡によって本人が書いたものであることが判定でき,遺言が遺言者の真意によるものであることを明確にするために「自書」が必要とされているのです。したがって,氏名の署名だけでなく,本文も自書されない限り,法律上は,有効な遺言とは扱ってもらえません。
 日付の記載については,本文が自書されていない場合は無効ですから,どのような方法によっても,無効となります。本文を遺言者が記載している場合はどうかということですが,民法は日付も自書を要求していますので,遺言者の自書でない限り無効となります。(日付についても遺言者の自書が要求されるのは,遺言の成立時期を明確にし,遺言当時,遺言者に遺言能力があったかどうかを判断する基準時となり,異なる内容の遺言が複数ある場合に,どちらが遺言者の意思かを決定するために必要だからです。)
 次に,同じ日付の遺言書が複数あった場合ですが,遺言の内容その他の事情によってどちらの遺言が先か後かが判断されるます。遺言の内容などから遺言時期の前後が決定できないときは,矛盾する部分は無効であるとするのが学説(多数説)です。民法上の規定はありません。
 最後に,債務免除があった場合について,有効な遺言書(自書された遺言書である場合)で債務免除がされていれば,遺言者の死亡という条件が成就されて,弟の債務は無くなります。その場合,債務免除額1000万円は,遺留分算定の基礎となる財産に含まれますから,その金額だけが遺留分算定の基礎となる財産であれば,兄は,兄の法定相続分の2分の1が遺留分として保障される金額となります。
 相続税・贈与税の取扱いについてはお答えできません。申し訳ありません。

 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遺言書の効力について

遺言書の効力は一番新しいものが有効と言われていますが、古い遺言書は一切効力が無くなるのでしょうか?
特に、隠し子がいて、それを遺言書で認知する場合、遺言書を書き換える度にその項目を書き入れなければならないのでしょうか?
テレビなどで愛人に遺言書として子供を認知する 旨の物を残しても、新しい遺言書に その記載が無い場合には遺言書での認知は無効なんでしょうか。

遺言書を残すことなど何の意味も持たない生活を送っていますが、チョット気になったので、お願いします。

Aベストアンサー

条文にあたれば、氷解するんですがね。

新しい遺言を書いて、古い遺言を失効させるには、古い遺言を遺言者がやぶり捨てる(民法1024条前段)か、新しい遺言に「この日付前の遺言はみな撤回する」(1022条)とでも書かないことには、古い遺言は、それで生きています。毎回、同じことを書く必要はないわけです。

このほか、新しい遺言と古い遺言で、矛盾する記述がある場合は、新しい遺言が有効で、古い遺言のその部分についてのみ失効します(1023条1項)。二つの遺言に「土地Aを長男にやる」と「土地Aを二男にやる」とあれば、新しい日付に書いてある方が有効です。

また遺言の対象物を、生前他の人にあげてしまった(1023条2項)、捨ててしまった(1024条後段)場合、遺言で受け取るはずだった人への遺贈(相続)は、撤回されたものとします。

なお、自筆遺言は、被相続人の死後、相続人間で有効無効が争われ裁判にもちこまれやすいだけで、有効とされた自筆遺言と、公正証書遺言に優劣はありません。


(遺言の撤回)
第1022条  遺言者は、いつでも、遺言の方式に従って、その遺言の全部又は一部を撤回することができる。

(前の遺言と後の遺言との抵触等)
第1023条  前の遺言が後の遺言と抵触するときは、その抵触する部分については、後の遺言で前の遺言を撤回したものとみなす。
2  前項の規定は、遺言が遺言後の生前処分その他の法律行為と抵触する場合について準用する。

(遺言書又は遺贈の目的物の破棄)
第1024条  遺言者が故意に遺言書を破棄したときは、その破棄した部分については、遺言を撤回したものとみなす。遺言者が故意に遺贈の目的物を破棄したときも、同様とする。

条文にあたれば、氷解するんですがね。

新しい遺言を書いて、古い遺言を失効させるには、古い遺言を遺言者がやぶり捨てる(民法1024条前段)か、新しい遺言に「この日付前の遺言はみな撤回する」(1022条)とでも書かないことには、古い遺言は、それで生きています。毎回、同じことを書く必要はないわけです。

このほか、新しい遺言と古い遺言で、矛盾する記述がある場合は、新しい遺言が有効で、古い遺言のその部分についてのみ失効します(1023条1項)。二つの遺言に「土地Aを長男にやる」と「土地Aを二男に...続きを読む

Q父が作成した公正証書遺言書を紛失してしまいました。この場合、父はまだ健

父が作成した公正証書遺言書を紛失してしまいました。この場合、父はまだ健在ですが遺言書の現物が無いと遺言自体が無効になるのでしょうか?また、子供としてとるべき処置はどうしたらよいのかアドバイスをいただければと思います。

Aベストアンサー

#4追加
他の回答に、相続人からできるとありますが、
再交付(謄本)は本人(被相続人)のみです。 相続人はできません。
子供にだって知りたくない場合があります。

死亡後は、相続人からできます。

Q遺言書の内容と異なる口頭遺言の効力について

遺言書の内容と異なる口頭遺言の効力について

お世話になります。
相続(遺言)に関して質問します。

【経緯】
 遺言書が残されており、遺言執行者により証書どおりの財産分与が行われました。
 その後、財産分与額に不満をもった人物が遺留分の減殺請求権を行使し、
 裁判へと発展しました。そして、裁判が終了し遺留分の金額が確定し、
 その人物に対して判決どおりの金額を満額支払いました。
   ※判決に対する不服の申し立ては双方(原告・被告)ともにありませんでした。
 しかしながら、その後、生前に口頭による遺言があったとして、
 更なる分与を求める書面が届きました。

【質問事項】
 (1)遺言書(公正証書)が存在している場合、
  さらに、遺言書に記載のない内容が口頭にて遺言された場合、
  口頭による遺言は法的効力を有するものなのでしょうか?

 (2)故人が口頭で残したと主張する遺言を証明する第三者が存在しない場合に、
  口頭による遺言は法的効力を有するものなのでしょうか?

 (3)(2)とは逆で、証明する第三者が存在した場合に、
  口頭による遺言は法的効力を有するものなのでしょうか?

遺言書の内容と異なる口頭遺言の効力について

お世話になります。
相続(遺言)に関して質問します。

【経緯】
 遺言書が残されており、遺言執行者により証書どおりの財産分与が行われました。
 その後、財産分与額に不満をもった人物が遺留分の減殺請求権を行使し、
 裁判へと発展しました。そして、裁判が終了し遺留分の金額が確定し、
 その人物に対して判決どおりの金額を満額支払いました。
   ※判決に対する不服の申し立ては双方(原告・被告)ともにありませんでした。
 しかしながら、その後、...続きを読む

Aベストアンサー

口頭の遺言も有効です。 民法976条参照   #2間違えです。

ただし、遺言の日から20日以内に、裁判所の手続をしなければなりません。 976条
期間経過後は無効となります。

最近条文に記載がアルのに誤答が!!!!!

Q父と祖父どちらの遺言が有効か

父が亡くなり、これから叔父と遺産を巡り話し合いをしていく予定ですが不安要素があります。叔父は父の弟にあたる関係ですが、祖父の遺言が有効かお聞きしたいです。

遺産で問題となるのが、父が祖父から譲り受けた実家と、代々受け継がれてきた工房の土地です。それぞれ土地は隣接しておらず別のものです。
祖父は40年以上前に亡くなっていますが、遺言で父が亡くなっていない場合は父に相続し、父が相続できない場合は叔父に相続させると書かれていたのです。現在父の遺言は見つかっていません。そのため我が家では叔父が祖父の遺言を持ち出し、相続権が自分にあるのと主張するのではと恐れています。
現に遺産は父のものですが、祖父の遺言が有効なら叔父に相続するよう順番が回るのではと思っています。

また話し合いの途中に父の遺言が見つかり、叔父ではなく私たちへの相続が掛かれていた場合、祖父と父の遺言のどちらが有効になるでしょうか?

まだ話し合いの前のためこちらに投稿してみました。もし叔父に相続された場合、我が家はかまわないのですが、兄が今働いている工房を売られるのではと一抹の不安を覚えています。

何卒よろしくお願いいたします。

父が亡くなり、これから叔父と遺産を巡り話し合いをしていく予定ですが不安要素があります。叔父は父の弟にあたる関係ですが、祖父の遺言が有効かお聞きしたいです。

遺産で問題となるのが、父が祖父から譲り受けた実家と、代々受け継がれてきた工房の土地です。それぞれ土地は隣接しておらず別のものです。
祖父は40年以上前に亡くなっていますが、遺言で父が亡くなっていない場合は父に相続し、父が相続できない場合は叔父に相続させると書かれていたのです。現在父の遺言は見つかっていません。そのため...続きを読む

Aベストアンサー

10年で相続関係は消滅時効なので、今更ではないでしょうか?

また、20年で土地関係の時効取得も可能です。
20年間父の物とされてきたのであれば、法的にも覆せません。
仮にそのような遺言書があっても同じです。

しかし、きちんと祖父からの登記変更してあればの話ですけど。

Q公正証書遺言書の効力と執行について

はじめて投稿させていただきます。

先日母が亡くなり(父はすでに他界)、姉妹間で相続についてもめています。

母が公正証書の遺言書を遺してくれたのですが、
私が一番多く、他の姉妹は母の裁量により最低限の
遺留分は保障された金額に設定してありました。
※遺言の執行者は私に指定してありました。

預金が主な遺産で、銀行の担当者からは他の姉妹が印鑑を
押さないと遺言書の執行者でも預金を下ろすことが出来ない
と言われました。

1:公正証書の遺言書
2:遺留分も保障された内容
3:遺言執行者

以上の条件があっても、遺言書通りに執行するのは難しい
のでしょうか?

公正証書遺言書の効力や、遺言執行者の権限などネットで
調べましたが、解決できるものが見つからなかったため
ぜひアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

法律上は、あなたは遺言の内容通りに受け取る権利があります。
しかしながら、実務上、銀行は相続人全員の印鑑を要求します。
例え裁判で負けることになっても、とにかく銀行は印鑑は要求します。
これは法律論というよりも、銀行の運用です。
従って、最終的には、公正証書をもとに、御姉妹に裁判を起こすことになります。
しかし、そうなると、本当に揉めてしまいますので、あなたが御姉妹に「ハンコ代」として、幾らか渡すのを条件に印鑑を押してもらうのが、現実的な解決方法だと思います。

Q遺言状の有効性について

 長女、次女、長男の三人兄弟です。次女は結婚しているのですが夫を亡くし、子供がいません、一人暮らしです。で、財産はすべて長男に相続させる旨の遺言状を作成しました。ところが先日、その長男が先に亡くなってしまいました。その遺言状は有効で長男の相続人に引継がれるのでしょうか、それとも無効となるのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。

まず、質問者さまの身分というか、続柄というか、
長女さま達からみて、どういう立場の方かをはっきりさせていただかないと、正確に質問にお答えできません。

ただ、民法994条1項は
「遺贈は、遺言者の死亡以前に受遺者が死亡したときは、その効力を生じない」
とありますので、原則として、その遺言は無効といえます。
したがって、長男の相続人に引き継がれることはありません。

なお、ここでは一般的な回答にとどめております。
詳しくは、お近くの専門家等にご相談ください。

個人的に、法テラスという実質国営の法律相談センターが、オススメです。無料かつ、適宜専門家を紹介してくれます。

ご参考になれば幸いです。

Q遺言書の有効性 および 効力を教えてください

今年二か月前 母方の祖母が他界しました
母方の子供はすべて 女性で 他へ嫁いでおり
家を継ぐ人はいません
既に私の母は 先に他界しております

今回 祖母の遺言書が 子の一人より 提出されました
長年 老後の祖母の生活を面倒みてきました
内容は 土地の相続のみです
遺言書は 公正証書の遺言です
遺言内容は 長年老後を世話していた 子に比率的に多く
土地の相続の内容であり 他の子が 相続について
不公平と言い始め  他の子が遺言書について 反対の意見が
発生しております 
今回の話は 既に他界している子の 子供にはまだ来ておりません 
遺言書の効力は どこまで 故人の遺志をだせるのでしょうか
また 公正証書の 有効性はどのようなものなのでしょうか
イメージ的ですが 裁判所で検認を受けないでよい
というものだけなのでしょうか
できれば 遺言書通りに 話を進めて 終わらせたいのですが

Aベストアンサー

全員が同意すれば遺言書と違う内容の相続が可能です。そうでなければ 遺言書の無効を訴えて調停を申し立てるしかないですね。
あとは、特別受益がある場合はもち戻しを行い、遺留分にはみ出していないかどうかが問題になります。
当然、寄与分の主張も出来るでしょうから、その分が認められれば相殺しますので、意義があるのでしたら調停又は審判に申し立てるしかないですね。その場合、遺産調査も手分けして洗いざらい探してもらって、其処を争わず(面倒)終わらすしかないと思います。
ちなみに不動産だけなら、持分共有での分割か代償分割しかないでしょうね。

Q「犬神家の一族」の遺言状は現法で有効ですか?

「犬神家の一族」の犬神佐兵衛の遺言状はとても奇妙です。

『ひとつ。犬神家の財産、ならびに全事業の相続権を意味する、犬神家の三種の家宝、斧、琴、菊は次の条件のもとに野々宮珠世に譲られるものとす。
 ひとつ。ただし野々宮珠世はその配偶者を、犬神佐兵衛の三人の孫、佐清、佐武、佐智の中より選ばざるべからず。その選択は野々宮珠世の自由なるも、もし、珠世にして三人のうちの何人も結婚することを肯ぜず、他に配偶者を選ぶ場合は、珠世は斧、琴、菊の相続権を喪失するものとす。
 ひとつ。野々宮珠世はこの遺言状が公表されたる日より数えて、三か月以内に、佐清、佐武、佐智の三人のうちより、配偶者を選ばざるべからず。』

野々宮珠世は、犬神佐兵衛の恩人の孫ですが、実は佐兵衛の孫です。
以下の部分は現民法でも有効ですか?
1.孫同士を結婚させることを財産譲渡の条件にすること。
2.結婚決意までの期間がたった三ヶ月しかない。
3.三人いる娘に何も譲渡しない。

Aベストアンサー

>1.孫同士を結婚させることを財産譲渡の条件にすること。

手元には映画も原作もないので記憶おぼろげですが、
殊世は実際には実の孫でしたが、戸籍上もそうでしたっけ…?
もし戸籍上実の孫なら「この文言は相続方法指定か、遺贈か?」ってのが議論になると思いますが、
そうでなければ遺贈と解釈することにまず異論はないと思います。

そうなれば、この文言は法的に有効です。停止条件付き遺贈ってやつです。

実際の血のつながりがどうか?というのは、
倫理的な問題とかミステリーとしての面白さには結びつきますが、
法的な親族関係はあくまで戸籍が基準になります。
(戸籍が現実に合っておらず、合わせたいのなら、戸籍を現実に合わせるための手続が必要)

>2.結婚決意までの期間がたった三ヶ月しかない。

いつも接している相手ですし、3ヶ月なら特に問題のある期間ではないでしょう。

>3.三人いる娘に何も譲渡しない。

これはNo.1さんの回答のとおりです。3人の娘には遺留分を請求する権利はあります。
これは「遺言に何と書かれていようと娘が持っている権利」ってだけで、
そのことに言及していないから遺言が無効ってことにはなりません。

>1.孫同士を結婚させることを財産譲渡の条件にすること。

手元には映画も原作もないので記憶おぼろげですが、
殊世は実際には実の孫でしたが、戸籍上もそうでしたっけ…?
もし戸籍上実の孫なら「この文言は相続方法指定か、遺贈か?」ってのが議論になると思いますが、
そうでなければ遺贈と解釈することにまず異論はないと思います。

そうなれば、この文言は法的に有効です。停止条件付き遺贈ってやつです。

実際の血のつながりがどうか?というのは、
倫理的な問題とかミステリーとしての面白さ...続きを読む

Q遺言書に記載されている相続人が亡くなっている場合の遺言の効力

 母が遺言書を残してくれたのですが、もし、その中に記載されている相続人のうちの誰かが亡くなってしまった場合の権利関係とか遺言そのものの効力はどうなるのでしょうか。

Aベストアンサー

ほぼ、NO2の方の仰るとおりですが、事例を使って解りやすくしてみます。お母さんをA、その相続人(Aの子供)をBとC、Bの唯一の相続人(Bの子供)をDとします。Aが「全財産をBに遺贈する」と遺言して死亡した場合に、Aの死亡した後にBが死亡した場合には、Aの相続が開始して遺贈の効力が発生して、Bに財産が移転した後に、更にBが死亡しているので、Aから引き継がれたBの財産はDに引き継がれる事になります(その遺贈の承認・放棄もDの自由です)。一方、遺言者Aの死亡より前に受遺者Bが死亡していた時は、原則として遺言の効力は発生せず、従って、Bの相続人であるDは、Aの財産を引き継ぐ事は出来ません(ただし、遺言でAが別段の意思表示をしていた場合にはそれに従う)。この場合には、相続人が法定相続分に従って相続する事になります。上記事例では、B以外の相続人はC一人ですから、CがAの財産を引き継ぐ事になります。

Q白紙委任状の日付、未記入のケース

白紙委任状をワードで作成。

タイトル・委任状
日付・年月日(数字未記入)
本文・全権(全件?)を委任します。
甲の署名・A
乙の署名・B

*実印押印、印鑑証明つき

の書面 で、Bが年月日の数字を記入して、
車の廃車他でAの代理として効力はありますか?

また、携帯電話番号しかBの連絡先を知らない場合は、
意思表示の公示送達を、Aは最寄りの簡易裁判所に申し立てし、
過去と将来における、その代理権の使用を無効にできますか?

Aベストアンサー

日付は、補充権の対象です。
ABはどちらか片方が、補充できます。

お堅い、銀行の抹消の委任状でも、通常は日付は空白です。


人気Q&Aランキング