痔になりやすい生活習慣とは?

ラマンやIR分光分析のバンドの帰属は、指紋法で帰属されているのが多いと思うのですが、
そもそもはどのように帰属されているのですか?
まず対称性から、このバンドが出現するというのが分かるのですよね。
その振動がどこに出るのかってどうやったら分かるのですか?
伸縮の場合は、換算質量と結合定数からの式があると思うのですが、
結合定数をどうやって求めているのか?
また、他の振動の場合はどうしているのか。。
理論計算から求めているのか、実際のところどうなのか教えてください。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

無機化合物をご専門とされているということでしたので、有機~有機金属分野とは注目している波数領域が違っていそうです。

我々が低波数領域をあまり重視しない理由は既に述べたとおりですが、たとえば金属酸化物のような化合物なら、其の領域こそ重要なデータがあるのかもしれません。
私の書いた”指紋領域”は、あくまで有機屋の感覚でしかありません。

>例えば、A-B-Cの結合を持った化合物の場合、A-Bの結合に関する、そもそもの換算質量は、AとBの質量でよいのでしょうか? Cや周りの環境は影響しないのですか?

第一近似としてはそうするのですが、当然、周りの環境の影響はあります。
そもそも調和振動子で計算している時点で結構ずれるのですが。。。
強い結合だと調和振動子近似がわりあい成り立つのですが、金属が入った低振動数モードだとずれやすいと思います。

>また、Bが例えば別の重さを持ったDになった場合、ピーク位置は単純に換算質量の√で影響すると考えていいですか?
これも、上述のとおり、第一近似としてはそうします。
ただ、計算してみるとわかると思いますが、H>Dの置換を除き、同位体シフトの影響は非常に小さいです。
ざっくりした二原子間の調和振動近似がどこまで成り立つか・・・?他の影響が無視できない可能性があります。

>伸縮だけでなく、変角や他のモードの場合も同じようにするとして、同位体シフトを考えてよろしいのでしょうか??
これも上記のとおりなのですが、たいがい低波数モードになるほど調和振動子近似が成り立ちません。
No.2様が指摘されてますが、低波数領域では多数のカップリングしうる振動モードが存在しうるため、単純なモデルで記述するのは難しいと思われます。

>やっぱり計算しなければ、ピーク位置から化合物の情報は正確に得られないものですか?
計算しなくても、ピーク位置やそのシフトから、その化合物の情報を得られる勘所をご教授いただきたいです。宜しくお願いします。
そもそも、IRで化合物の構造情報をどこまで得られるか?という問題になります。
これは、No.2様もご指摘されていますが、普通、分子科学の人間はIR・ラマンで分子構造決定をするということはありません。外場の影響を受けすぎる・情報が多すぎる、、、いろんな原因はあると思いますが、ある特定の官能基・部分構造の情報を得ることはできますが、化合物全体の情報を得ることは極めて困難です。
繰り返しますが、”同定・構造決定に使うのは難しい”が、”ある特定の部分構造・局所構造の周囲環境を鋭敏に知ることはできうる”のがIR・ラマンだと思います。
まず、質問者様の研究対象がどのような部分構造を持っているのかを見た上で、それがIR・ラマンに活性かを調べるという順番が普通だと思います。全く未知な構造をIR・ラマンだけで決定するのは、ごく単純な分子の場合をのぞき、現在でも容易な作業ではないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>例えば、A-B-Cの結合を持った化合物の場合、A-Bの結合に関する、そもそもの換算質量は、AとBの質量でよいのでしょうか? Cや周りの環境は影響しないのですか?

第一近似としてはそうするのですが、当然、周りの環境の影響はあります。
そもそも調和振動子で計算している時点で結構ずれるのですが。。。
強い結合だと調和振動子近似がわりあい成り立つのですが、金属が入った低振動数モードだとずれやすいと思います。

→なるほどです! 共有結合ではあまり周りの影響を受けにくく、ずれもすくないが、イオン結合だと影響が大きいとは言えそうですね。すごい参考になります!


>また、Bが例えば別の重さを持ったDになった場合、ピーク位置は単純に換算質量の√で影響すると考えていいですか?
これも、上述のとおり、第一近似としてはそうします。
ただ、計算してみるとわかると思いますが、H>Dの置換を除き、同位体シフトの影響は非常に小さいです。
ざっくりした二原子間の調和振動近似がどこまで成り立つか・・・?他の影響が無視できない可能性があります。

→確かに二倍変わる水素以外はそんなに影響しないですね! ありがとうございます!


>伸縮だけでなく、変角や他のモードの場合も同じようにするとして、同位体シフトを考えてよろしいのでしょうか??
これも上記のとおりなのですが、たいがい低波数モードになるほど調和振動子近似が成り立ちません。
No.2様が指摘されてますが、低波数領域では多数のカップリングしうる振動モードが存在しうるため、単純なモデルで記述するのは難しいと思われます。

→伸縮以外では、あまり安直に考えないようにします。

phospholeさん、ほんとにご親切なご指導ありがとうございました。

お礼日時:2014/11/24 15:31

実際のIRやラマンの使い方についての観点から、回答を追加させていただきます。


まず、簡単な分子ならいざしらず、複雑な有機・無機分子の場合に指紋領域(だいたい1000ウェーブナンバー以下でしょうか)の重なりあったピークを全て分離して帰属することは、高精度の量子化学計算を組み合わせても困難なことです。また、帰属をつけたところで、この領域には科学的に面白い情報は少ないです。
一方、より高波数の領域にはC=OやO-Hといった重要な官能基の振動が出てきます。
No.1に書いたように、特徴的な領域に出てオーバーラップしにくいこと、吸収が強く観測しやすいこと、置換基や分子間相互作用の影響を明敏に表すことから、帰属は簡単に付けられますし、ピーク位置や本数、強度から化学的に重要なデータが得られます。結合の力定数も経験的に良い値が知られており、同位体置換シフトも予測がつけやすいものです。
ようするに、できるだけ簡単な分子で少しずつ構造を変えた分子の振動スペクトルをたくさん測って比較してやれば、”この官能基はこのあたりに振動が出る”といったことは分かりますし、ピーク位置からばね近似で力定数も出せるでしょう。もっとも、実際には三個以上の原子が振動に関与する場合が多いので、力定数を決めるのはそんなに容易ではないと思いますが。IRにかぎらず、たいがいのスペクトルの帰属の付け方はそんなものです。
いっぽう、最近はラマンスペクトルもよく用いられるようになりました。
いろいろな理由がありますが、我々の分野では多核錯体やクラスターのIR禁制な振動モード、それも低波数領域(600~300ウェーブナンバー)に現れるものを調べるのに重宝しています。金属間結合のように非常に弱く、同時に分極しやすい結合の振動を観測しやすいためです。それまで世の中に無かった結合の強度や次数を実験的に調べるのに重要ですが、当然データベースなどは無いのでDFT計算でシミュレートして帰属しています。
なお、物理化学の友人はIRで化合物の構造を決めています。重要なことは、彼の研究対象はせいぜい数原子からなる分子・イオンなので高精度計算で完全にシミュレートできることと、不安定・短寿命な化学種なのでIR以外の測定が難しいことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
自分は無機化合物を研究しているのですが、指紋領域の帰属は難しいのですねw。。
やっぱり、“こういう化合物だったらorこう置換したら”こういうスペクトルが得られるというのは、簡単にイメージすることはできず、シミュレートか、多くの類似サンプルを測るしかないって感じですかね。。機会があれば言っていただいた量子化学計算ソフトにチャレンジしてみようと思います。

お礼日時:2014/10/29 06:16

#1のお答えが「常識的」なのですが、それがそうはいかないのが赤外の「呪い」なのです。


変な言葉遊びをせず簡単にすると、赤外はピークが「多過ぎる」
多いのがなぜ「呪い」かというと、エネルギー差が小さく「対称性」が等しいピーク同士が「相互作用して」とんでもない位置に移ってしまい、それがまた他のピークと相互作用する、一体どこで終わるのか……??
多分ラマンでも同じ筈。

他の領域ではピークが少ない、見てもつまらない、情報など得られない。
だけどピーク同士は相互作用しない、エネルギー準位が違い過ぎるから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

相互作用というものがあるのですね!。。
もっと勉強します!
ありがとうございました!

お礼日時:2014/10/29 06:18

類似した化合物についてピーク帰属が報告されている場合は、それに基づいてある程度まで自分の化合物のスペクトル帰属を付けることはできます。


カルボニル伸縮振動のように、ピーク位置が特徴的で、他のピークとかぶりにくく、さらに置換基によるピークシフトの傾向も良く調べられている場合は、データベースや教科書と比較しながら、分子構造を考えて帰属を付けられるでしょう。
しかし、データベースに情報がほとんど無い場合や、そもそも未知の化学結合を対象にする場合では、過去のデータベースはあてにできません。
また、低波数の指紋領域はピークの重なりも激しいため、重なりあったピークの中から重要な箇所を探り当てるのは容易なことではありません。

強力なピークの帰属法として、分子の一部を同位体で置換した化合物を合成し、振動ピークが同位体シフトすることを確認するやり方があります。特に、新規化学結合の振動ピークを確定させるためには、理論計算に加えて、この実験的な手法を行うことが望まれます。
この方法の問題は、分子の狙った位置に同位体(1H > 2H, 12C > 13C, 14N > 15Nなど)を導入できるか?という有機合成化学的な困難さにあります。望みの位置に同位体を入れることは、必ずしも(というか多くの場合)容易ではありません。

最近の量子化学計算ソフト(ガウシアン、ゲーメス、スパルタンなど)には、計算化学的手法にもとづいてIRスペクトル・ラマンスペクトルのピーク位置およびピーク強度を求める機能がついています。一昔前は振動モードの計算は非常に時間とマシンパワーが必要でしたが、最近ではかなり速く終わるようになりました。実際に、実験結果と比較すると、なかなか良い一致が見られます。計算の方法(ab initioかdftか、関数は何を使うか、など)に依存するので、ノウハウは必要ですが。

この回答への補足

なるほどです!
phospholeさんすごいですね!

ぜひ振動ピークの同位体シフトに関してもう少しお聞きしたいです。
例えば、A-B-Cの結合を持った化合物の場合、
A-Bの結合に関する、そもそもの換算質量は、
AとBの質量でよいのでしょうか? Cや周りの環境は影響しないのですか?
また、Bが例えば別の重さを持ったDになった場合、
ピーク位置は単純に換算質量の√で影響すると考えていいですか?
伸縮だけでなく、変角や他のモードの場合も同じようにするとして、同位体シフトを考えてよろしいのでしょうか??
やっぱり計算しなければ、ピーク位置から化合物の情報は正確に得られないものですか?
計算しなくても、ピーク位置やそのシフトから、その化合物の情報を得られる勘所をご教授いただきたいです。宜しくお願いします。

補足日時:2014/10/29 06:08
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどです!
phospholeさんすごいですね!

ぜひ振動ピークの同位体シフトに関してもう少しお聞きしたいです。
例えば、A-B-Cの結合を持った化合物の場合、
A-Bの結合に関する、そもそもの換算質量は、
AとBの質量でよいのでしょうか? Cや周りの環境は影響しないのですか?
また、Bが例えば別の重さを持ったDになった場合、
ピーク位置は単純に換算質量の√で影響すると考えていいですか?
伸縮だけでなく、変角や他のモードの場合も同じようにするとして、同位体シフトを考えてよろしいのでしょうか??
やっぱり計算しなければ、ピーク位置から化合物の情報は正確に得られないものですか?
計算しなくても、ピーク位置やそのシフトから、その化合物の情報を得られる勘所をご教授いただきたいです。宜しくお願いします。

お礼日時:2014/11/04 11:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無機材料のRamanバンドのお勧めのデータベース

無機材料のRamanバンドのお勧めのデータベースありますか?

Aベストアンサー

「お勧め」とは確信できませんが,google で検索したところ,次が気になりました.

URL
 http://www.publish.csiro.au/?act=view_file&file_id=SA0402254.pdf
表題
 RAMAN SPECTRA DATABASE OF MINERALS
 AND INORGANIC MATERIALS ON THE WEB
著者
 Y. Iida, K. Yasui, T. Tuziuti, T. Kozuka,
 A. Towata, Sivakumar Manickam
所属
 National institute of Advanced Industrial
 Science and Technology (AIST)
連絡先
 463-8560 Nagoya, Japan
 E-Mail: y.iida@aist.go.jp

データベースの表が2つありました.

Table 1. 商用データーベース
  Company
   Title
   Number of Spectra
 の順に...

Sadler
 Raman of Inorganics •4702
 1600

Renishaw
 Spectral database of inorganics
 1200


Table 2. Webでアクセスできるデーターベース
  Organization
   URL
   Number of Samples
 の順に...

CALTECH, USA
 http://minerals.caltech.edu/FILES/raman/index.htm
 310
  hydrotalciteで検索すると,
  スペクトルまで出してくれました.
  まだまだ,件数が少ないのがつらい.

Parma University,Italy
 http://www.fis.unipr.it./~bersani/raman/raman/spettri.htm
 197

AIST, RASMIN
 http://www.aist.go.jp/RIODB/rasmin/E_index.htm
 421(minerals), 357(inorg. compounds)
  現在は,このURLではつながりませんでした.
  せっかく800件近くのデータをそろえているのに
  残念です.

「お勧め」とは確信できませんが,google で検索したところ,次が気になりました.

URL
 http://www.publish.csiro.au/?act=view_file&file_id=SA0402254.pdf
表題
 RAMAN SPECTRA DATABASE OF MINERALS
 AND INORGANIC MATERIALS ON THE WEB
著者
 Y. Iida, K. Yasui, T. Tuziuti, T. Kozuka,
 A. Towata, Sivakumar Manickam
所属
 National institute of Advanced Industrial
 Science and Technology (AIST)
連絡先
 463-8560 Nagoya, Japan
 E-Mail: y.iida@aist.go.jp

データベースの表が2つ...続きを読む

Q波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式は?

波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式を知っていたら是非とも教えて欲しいのですが。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No1 の回答の式より
 E = hc/λ[J]
   = hc/eλ[eV]
となります。
波長が nm 単位なら E = hc×10^9/eλ です。
あとは、
 h = 6.626*10^-34[J・s]
 e = 1.602*10^-19[C]
 c = 2.998*10^8[m/s]
などの値より、
 E≒1240/λ[eV]
となります。

>例えば540nmでは2.33eVになると論文には書いてあるのですが
>合っているのでしょうか?
λに 540[nm] を代入すると
 E = 1240/540 = 2.30[eV]
でちょっとずれてます。
式はあっているはずです。

Q赤外吸収スペクトルの帰属

赤外スペクトルの帰属のしかたを本で学んでいます。
その本には、こう書いてあるのです
「表より、3300cm-1に-OHの伸縮振動、1700cm-1に-C=Oの伸縮振動の吸収が現れている」
表とは、さまざまな官能基の特性振動数を示したもので、私の手元にあります。
疑問点は、何故3300cm-1のところで-OHの伸縮振動であるといえるのでしょうか。表を見ると、3300cm-1のところには、アルコールやアミンなど、ほかの官能基もこの振動数をとっているように見えます。どのようにして、一つの官能基を決めているのでしょうかが、さっぱりわかりません。
どなたか、教えてください、お願いします。

Aベストアンサー

赤外スペクトルの帰属を考える際には、その吸収の形状も重要です。たとえば、波数が同じであっても、吸収の強弱や、幅の広さから明確に区別できる場合があります。それらの情報は吸収の波数とともに記載されているのが普通です。
たとえば、3300cm-1付近のC-H結合による吸収は弱いのに対して、OHの吸収は非常に強く、幅も広いので、スペクトルを見れば容易に区別できます。

それと、赤外スペクトルの基本として、この方法で検出されるのは、「個々の結合に関する情報」です。これは赤外スペクトルが、結合の振動を検出しているのだと考えれば容易に理解できますよね。
たとえば、アルコールであれば、O-H結合とC-O結合を持っていますが、それらが異なった波数に吸収を持ちます。見方を変えれば、カルボン酸や水もO-H結合をもちますので、その近辺に吸収を持つことになります。
また、エーテルであれば、C-O結合を持ちますので、アルコールのC-O結合の相当する吸収の付近に吸収を持つことになります。すなわち、結合単位で考えれることが基本です。また、振動には何種類かあるために、単一の結合が複数の吸収を持つことも多いです。

ともかく、実際にスペクトルを見比べて学習することをお勧めします。OHの3300cm-1付近の吸収は最も判別の容易な吸収の一つだと思います。

赤外スペクトルの帰属を考える際には、その吸収の形状も重要です。たとえば、波数が同じであっても、吸収の強弱や、幅の広さから明確に区別できる場合があります。それらの情報は吸収の波数とともに記載されているのが普通です。
たとえば、3300cm-1付近のC-H結合による吸収は弱いのに対して、OHの吸収は非常に強く、幅も広いので、スペクトルを見れば容易に区別できます。

それと、赤外スペクトルの基本として、この方法で検出されるのは、「個々の結合に関する情報」です。これは赤外スペクトルが、結合の振...続きを読む

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Qcm-1(波数の単位)の読み方

スペクトルのピーク位置を表す時などに用いる、
波数(wave number)の単位[cm-1]の読み方を教えて下さい。
「カイザー」ではない読み方があったはずなのですが
度忘れしてしまいました。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 こんにちは。
 英語では“reciprocal centimetre”(または-meter)、日本語では「毎センチメートル」です。学会発表の場では、略して「毎センチ」と言われるのをちらほら耳にします。
 ちなみに、国際単位系(SI)では、波数の一貫性のある(coherent)SI単位はcm^(-1)ではなくm^(-1)で、読み方は「毎メートル」です。以下の文書をご参照ください。
(PDFファイルです。Acrobat Readerが必要です)

日本語版(2ページの表3、「毎メートル」)
http://www.nmij.jp/chishiki/SI8JC.pdf

英語版(2ページのTable 3、“reciprocal metre”)
http://www.bipm.org/utils/common/pdf/si_summary_en.pdf

 ただ、“cm^(-1)”をまだ慣習的に「カイザー」という呼び方も使われているようですが、これは使ってはいけないことになっています。カイザーの単位記号は“K”であり、熱力学温度の単位ケルビンと混同してしまうからです。将来的に、「毎センチメートル」(略して「毎センチ」)に統一されていくのではないでしょうか。

 こんにちは。
 英語では“reciprocal centimetre”(または-meter)、日本語では「毎センチメートル」です。学会発表の場では、略して「毎センチ」と言われるのをちらほら耳にします。
 ちなみに、国際単位系(SI)では、波数の一貫性のある(coherent)SI単位はcm^(-1)ではなくm^(-1)で、読み方は「毎メートル」です。以下の文書をご参照ください。
(PDFファイルです。Acrobat Readerが必要です)

日本語版(2ページの表3、「毎メートル」)
http://www.nmij.jp/chishiki/SI8JC.pdf

英語版(2ページのTable 3、...続きを読む

Qラマン散乱強度(Intensity)の単位について

kougakubuです。
ラマン散乱強度(Intensity)の単位に【Arb.Units】とあります。この【Arb.Units】とはどういう意味なのでしょうか。ご存知の方おられましたら,ご教授願います。

Aベストアンサー

  Akuz です。 正解回答既に 2 件出ていますので、補足します。

◇波形比較として、他分析でも使用します。  
 arbitrary units(= 任意単位) の補足
  ラマン散乱は、ご存知かもしれませんが、
 波形形状を議論する場合が多々あります。
 特にカーボンの場合には、グラファイト(SP2混成軌道)から
 ダイヤモンド(SP3混成軌道)まで構造が異なり、さらに
 これらが混在する DLC(ダイヤモンド・ライク・カーボン)の
 状態もあります。ピーク強度よりもスペクトル(波形形状)に
 重点をおいて、波形重ね合わせや相対比較する場合、主に
 Arb.Unit単位にて表記します。
 また、Intensity(a.u.) と表記する場合も多々あります。
 これらの表記はラマン散乱に限らず、他の分析でも良く見掛けるハズです。

 ところで、以前 Kougakubuさんは Siのラマンシフトと強度の
 物理的な意味についてご質問されていましたが、撤回したのでしょうか?
 回答しようとしたところ無いようですので・・・。 

  Akuz です。 正解回答既に 2 件出ていますので、補足します。

◇波形比較として、他分析でも使用します。  
 arbitrary units(= 任意単位) の補足
  ラマン散乱は、ご存知かもしれませんが、
 波形形状を議論する場合が多々あります。
 特にカーボンの場合には、グラファイト(SP2混成軌道)から
 ダイヤモンド(SP3混成軌道)まで構造が異なり、さらに
 これらが混在する DLC(ダイヤモンド・ライク・カーボン)の
 状態もあります。ピーク強度よりもスペクトル(波形形状)に
 重...続きを読む

Qラマン活性or赤外活性について

こんにちは、ouenvirosnctchemです。
今日機器分析の試験で次の問題がでました。
「H2分子は赤外活性かラマン活性か、理由を付けて説明しなさい。」
H2はラマン活性であることは分かりました。(教科書に記載されていたので)
・・・がしかし、なぜラマン活性なのか?という理由がわかりません。
電気双極子モーメントμが変化する振動は赤外活性、分極率αが変化する振動はラマン活性である、ということは知っています。つまり、分極率αが振動するからラマン活性であるということは分かるのですが、なぜH2は分極率が変化し、電気双極子モーメントが変化しないのかがわかりません。
・・・わかる方、どうぞ教えてくださいませ。m(_ _)m

Aベストアンサー

 H2 は HーH ですね。結合の両端には同じ原子(H)が付いていて対称です。この点が重要です。

 対称なHーHの結合には+,ーの電気的な分極は存在しません。つまり,電気双極子が存在しないんです。存在しないものは,変化の為ようがありませんね。

 一方,分極を考えると,結合の両端の原子が同じですから,δ(+)ーδ(-) の分極とδ(-)ーδ(+) の形の分極は同等に起こります。つまり,分極率の変化は起こります。

 いかがでしょうか。詳細は成書を御覧下さい。

Q金属はラマン散乱する?

タイトル通りです。
金属ってラマン散乱しますか?

金属結晶って、自由電子の海の中に陽イオンが並んでるようなモデルでよく書かれますけど、このとき陽イオンが格子振動(?)をしていれば、共有結晶やイオン結晶と同様にラマン散乱が観測できると思うのですが、実際のところどうなのでしょう?

Aベストアンサー

しますよ。
酸化銅、酸化マンガン、シリコン(金属か?)などなど。
超伝導材料金属表面でも発生しますね。

金属表面ではほとんど光は侵入しませんので、極表層に限られます。

実際に観測することも行われています。

Qエクセルで計算すると2.43E-19などと表示される。Eとは何ですか?

よろしくお願いします。
エクセルの回帰分析をすると有意水準で2.43E-19などと表示されますが
Eとは何でしょうか?

また、回帰分析の数字の意味が良く分からないのですが、
皆さんは独学されましたか?それとも講座などをうけたのでしょうか?

回帰分析でR2(決定係数)しかみていないのですが
どうすれば回帰分析が分かるようになるのでしょうか?
本を読んだのですがいまいち難しくて分かりません。
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。
・よって、『2.43E-19』とは?
 2.43×1/(10の19乗)で、
 2.43×1/10000000000000000000となり、
 2.43×0.0000000000000000001だから、
 0.000000000000000000243という数値を意味します。

補足:
・E+数値は 10、100、1000 という大きい数を表します。
・E-数値は 0.1、0.01、0.001 という小さい数を表します。
・数学では『2.43×10』の次に、小さい数字で上に『19』と表示します。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E6%95%B0%E8%A1%A8%E8%A8%98
・最後に『回帰分析』とは何?下の『参考URL』をどうぞ。→『数学』カテゴリで質問してみては?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E5%B8%B0%E5%88%86%E6%9E%90

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた...続きを読む

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。


人気Q&Aランキング