7年前に購入した、VISTA/OFFICE2007プレインストールパソコンです。
フォーマットしなおしてWINDOWS7(32bit)をクリーンインストールしました、
その際、OFFICE2007のアンインストールなどはせず、いきなり消しました。

さて、付属品として、画像のようなOFFICE2007PERESONALディスク(未開封)が残っています。
このディスクは、なにか使い道があるのでしょうか?
・WINDOWS7にインストールできますか?
・まったく別のパソコンにもインストールできますか?
・Microsoftの再認証とかが必要なのでしょうか?
・何台までインストールできるのですか?

「OEM版に付属していたOFFICE200」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは。



結論としては、
>フォーマットしなおしてWINDOWS7(32bit)をクリーンインストールしました、
以下で述べている「チェックされる部分10項目」には、OSはカウントに入りませんので、インストールは可能です。

最初に余談にもなりますが、「違法」と書かれている方もいますが、「違法」とは、法秩序に反することです。使用許諾契約書(以下規約)は、法ではありませんから、この場合、「違法」とは言いません。

#1の方の言うとおり、
「使用許諾違反を起こせば、損害賠償訴訟を起こされる可能性」
ですが、日本マイクロソフトが民事訴訟を起こせばという条件です。規約違反で個人ユーザーに訴訟したことは、今までありません。それは、専門の弁護士も言っています。だから、ヤフオクでも、プレインストール版のCD-ROMは販売されていますし、流通に関して違法性を認識していません。また、一民間企業のマイクロソフトの要求にもヤフオク側は、従う義務などはありません。(かつてはあったようです)

認証の際にチェックされる部分は10項目(MACアドレスやHDDインターフェイスなど)で、同じものは何度変えても1点として、その120日間の変更を加算して、ある限度を越えると、はねられる仕組みになっていると言われています。(内容については検索して探してください)そして、ハードウェア情報は 120 日ごとにゼロリセットされます。他に、IPアドレスが抜かれています。

これは、理論的には、PCを変えても、そのほとんどを前の部品から取り出せば、認証されるということです。

しかし、そうでない場合は、インストールしても、何度か使用していれば、機能制限モードになるだけです。Office の各アプリの「ヴューワー」になってしまうということです。そうなって使用しても、何ら咎めなどはありません。「動かなくなる」ことはありません。その制限を改変しよう(未遂でも違法になる-事実上、物証がないと立証するのは困難か)とした時に始めて(国内法による)違法性が生まれます。

註:プライバシーは守るという原則はありますが、これはMicrosoft自体の問題ではありませんので、これがどこまで信用できるかは分かりません。中国や北朝鮮が、米国製品を嫌うのは、こうした理由があるからです。かつては、このような情報を入手することは国際的に禁止されていました。理由は、政治的に利用されることがあるからです。しかし、それが、西側諸国だけでも利用されていないとは限りません。

>WINDOWS7にインストールできますか?
これは既に述べましたので割愛します。

>まったく別のパソコンにもインストールできますか?
インストール可能ですが、認証が取れないと、しばらく(確か起動50回まで)して警告メッセージが出て、その後、機能制限モードになるはずです。「できない」というのは間違いです。

もしも、上記の条件(10項目)が揃わないと、そのままでは弾かれるはずです。
Office 2007は分かりませんが、今は、本当の意味でのプレインストール版というものはなくなりましたし、定期的に認証チェックが行われますので、未開封のCD-ROMでも、別のPCでは、認証は取れないはずです。ただし、ハード・メーカーによっても、その対応が異なります。いわゆる「SLP対応版」と「非SLP対応版」というものがあるということです。(SPL = System Locked Pre-installation :メーカー独自のBIOS情報を参照するバージョン)

>Microsoftの再認証とかが必要なのでしょうか?
再インストールには、再認証が必要です。

>何台までインストールできるのですか?
OEM/プレインストール(PIPC)版の1ライセンスに付き、1ユーザー/1PCです。

なお、この手の情報は、私自身、過去の記憶と経験からだけですから、固有の問題に対する正確な情報は、直接、マイクロソフト側にお尋ねください。

また、世界の中で、Officeは、日本だけが、割高なものを買わされ、特別バージョンの上に、認証も日本だけに限定されるとか、足かせ・手かせで、Officeのセットがガラパゴス化してしまい、ある意味で、日本人は「よいカモ」状態だと思います。むろん、アメリカ以外の国でも、不平等な点はあるのですが、だいたいは訴訟や不買運動が起きているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

正確な情報ありがとうございました。

お礼日時:2014/10/28 07:45

#2さんの回答が正解



Vista->Win7にアップグレードしたPCにインストールすることは
可能で、そのPCで使う限り、ライセンス上の問題も発生しません。
認証も自動で行われます。

ちなみに、「できてしまう」という点だけを言えば、どのPCでも
インストールすることは「物理的」には可能で、動作もしてしまい
ますが、前述したように「もともと添付されていたVista->win7の
PC以外で使うことは違法」になります。

また、「Vista->Win7のPCにインストールされている」状態でも
他のPCにインストールすることが「物理的」にはできちゃいます
が、この場合は「認証」でハネられ、何度か使っていると動かなく
なってしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

#2様と#4様に感謝。

お礼日時:2014/10/27 11:09

おはようございます。



んー。ライセンス的に、ソフト的には何も出来ません(無関係のWin
7でインストールして動かすと契約違反になります)。起動出来るの
は今はもう無くなっている7年前に購入したvistaパソコンのみです。

ディスクをコースターとか反射をカラス退治に使うとかであれば問題
ないとは思います。

この回答への補足

>起動出来るのは今はもう無くなっている7年前に購入したvistaパソコン

osがwin7に変わっているだけで元vistaマシンそのものは残っています。
それでもダメですか?
・ライセンス云々抜きに、動くのかどうか?
・ライセンス的にはやはりNGですか?

補足日時:2014/10/27 10:17
    • good
    • 0

Q/このディスクは、なにか使い道があるのでしょうか?



A/添付していたパソコンであれば使えます。

Q/WINDOWS7にインストールできますか?

A/インストール出来ます。

Q/まったく別のパソコンにもインストールできますか?

A/できません。

Q/Microsoftの再認証とかが必要なのでしょうか?

A/必要ですが、通常はオンラインで行われますので、手間は掛かりません。

Q/何台までインストールできるのですか?

A/そのディスクが添付されてきたパソコンのみです。DSP/OEM版は、購入したPC以外へのインストールはできません。即ち、1台、1ライセンスとなります。
また、一台のPCに複数のOS(Windows)をインストールしている場合でも、そのPCにおける一つのOS環境のみにインストール出来ます。

以上のようになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

#2様と#4様に感謝です。

お礼日時:2014/10/27 11:10

OEMは付属していたパソコンでのみ、使用が許可されているものです。


(そのパソコンでのみ使用限定だから値段安い・・・メーカーでの話ですが)
それ以外のパソコンでの使用は認められておりません。
付属していたパソコンで使った、使わなかった、認証をした、認証をしていないはすべて関係ありません。
これらはすべて契約の基づく決まり事です。
   
出来る事と、行うと使用許諾違反になる事は違います。
使用許諾違反を起こせば、損害賠償訴訟を起こされる可能性もあり得ます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QOffice Personal 2007 OEM版なのになぜ新品未開封?

ざっと、調べて合法・違法についてはある程度分かりましたので、それ以外でご教示下さいませ。

オークション等でよく見かけます、
Office Personal 2007のOEM版とは、市販のパソコンに既に、付属してプリインストールしてあるものなのに、
どおして、新品未開封なのですか? 有り得ないではないですか?

開封しないと、プリインストールできないじゃないのでは・・・
パッケージ版の新品未開封品なら納得しますが。

どうも、よくわかりません。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

OSはプリインストールされていても、Officeは別途CDから、インストール作業をする必要のあるメーカーもあるのです。

そのPCを購入したひとが、古いPCで上位のOfficeの製品版を所有していた場合は、前のPCから削除して、
インストールすることが出来ます。
あるいは、Officeを使用しないとかで、付属してきた、Office Personal 2007のOEM版をインストールしないことがあります。

使用承諾の契約違反にはなりますが、未開封のOEM版は有りうるのです。

パッケージ版は同じ人が使用する場合は、デスクトップ機とノートならば2台にインストールできます。
私の場合は、accessを使用するので、Personal は使用しません。
デスクトップ機のofficeをノートにインストールしたので、ノートに付属してきたOffice Personal 2007のOEM版は新品未開封の状態で所有しています。
私は売ることはしませんけれどもね。

QMS Office 新品未開封 OEMとは?

5万円以下で買ったMS Officeなしのパソコンに手持ちのKingsoft Officeを入れて使っています。

2台にインストールできるとはいえ、とにかくMS Officeは高価だなぁ と痛感します。
最安価格(税込):¥24,840
http://kakaku.com/item/K0000447476/?lid=shop_pricemenu_ranking_2_text_0314
ぼったくりではないかとまで言いたくなる価格と感じています。
(これにはパワポもない!アクセスはつかうことがないので不要ですが。)


 ↓ とても安いので買おうかと迷いました。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/createmiracle/a1.html

質問

有名ショッピングモールサイトの中にありますが
そのお店の取扱い商品がおよそパソコンからはかけ離れているので不安には感じました。

このソフトは認証保証とまで書かれています。 

1.この商品はどのような性格の商品なのでしょうか?
  Office付のパソコンを買うと添付されてくるOfficeのようです。 
  メモリにあるようないわゆるバルク品?

2.パソコン屋さんでもないところがこのような商品をなぜ取り扱っているのでしょう?
  金融流れか何か?
  
3.このソフトはちゃんと使えるのでしょうか?

今回廃棄したWindowsXPパソコンに添付の もともと持っていた廃棄パソコンのMSOffice(2002?)
をインストールしてみましたが、ライセンスの関係で回数制限があるようです。
事情があるときは、認証以来の電話が必要なようです。
(OEM版は、1台のパソコンに1ライセンス。元PCが無くなっても他のPCには引き継げない。
ので電話しても認証不可でしょう。)

未使用のOEM版であれば、その問題はクリアしたような気がします。

有名ショッピングモールサイト内にあることもあり
海賊・コピー商品ではないようだし・・・迷っています。

※ショッピングモール内ショップでの購入に、ショッピングモール運営者は契約の当事者にならないことは承知しています。

5万円以下で買ったMS Officeなしのパソコンに手持ちのKingsoft Officeを入れて使っています。

2台にインストールできるとはいえ、とにかくMS Officeは高価だなぁ と痛感します。
最安価格(税込):¥24,840
http://kakaku.com/item/K0000447476/?lid=shop_pricemenu_ranking_2_text_0314
ぼったくりではないかとまで言いたくなる価格と感じています。
(これにはパワポもない!アクセスはつかうことがないので不要ですが。)


 ↓ とても安いので買おうかと迷いました。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

ご質問への回答

1.#1さんが触れられていますが、認証は出来ても、数ヶ月から1年後には、認証不可になることがあります。これは、実際に、体験者さんからお話を聞きましたが、インターネットから購入した製品だそうです。ただ、それは、10年ぐらい前の話です。

>未使用のOEM版であれば、その問題はクリアしたような気がします。
事実上、現在は、OEM版ということでは流通していないはずです。
それは、今までのことで、過去に対しては、その通りだと思います。弱小メーカーが、ハードの製造数と、OfficeのOEM版の差から、OEM版を横流しをしていることがあります。これは、正規販売ルートではありませんが、昔は、認証は可能なはずですが、現在は分かりません。

2.パソコン屋さんでもないところがこのような商品をなぜ取り扱っているのでしょう?
どうやら、どこかからかき集めてくるようですが、私の知っている中では、2つ。

ひとつ目は、大きな組織で配布されるOffice で、無償かそれに近いものがあります。それらは、最後、どうなると思いますか?実は、廃棄処分にされるそうです。それを、横流しするのです。アメリカでは、議員に無償で配られましたが、賄賂に値するということで、禁止されました。私の所にも、ある団体から、その配給の話はメールで来ていました。もちろん、個人の資格では手に入れることは出来ません。

2つ目は、某会社向けPCの場合、必ずしも、Office をインストールするとは限らないのに、Office付きのPCを購入してしまうのです。それを、余ったOfficeを、横流ししてしまうということです。

3.このソフトはちゃんと使えるのでしょうか?
こればかりは、はっきり言えません。

海賊品というのは、最近では、Office 2010のProfessional版だったと思いますが、一種のシンジケートが動いていますから、なかなか組織は複雑で、インターネットを通じて流通しているようです。いまだ、マイクロソフト側では、求償システムはあるようですが、手続きがかなりややこしいようです。

ただ、#1さんの話は、2種類の話が交じり合っている気がします。
>同じキーの製品が多数複製
同じキーというような、単純な話ではないと思います。ただ、こういう話は、ウィルスと同じレベルの話です。厳密に言えば、アンチウィルス・ソフトでは、その一部が、ウィルスと検出されることがあります。

よく見かけるのは、ボリュームライセンスの横流しです。これは頒布違反行為です。
質問のリンク先のものは、それに該当するようです。それは規約違反品でり、販売そのものが不法行為ですから、購入してはいけません。購入したものは、完全な製品とは言えないはずです。

私が言えるのは、通販に該当する場合は、いくつかのクリアしなければならないポイントがあるようです。

1.振り込みのみの場合は不可。(クレジットカードが、OKだったのに、取り引きの途中で変えられることがある)
2.使われている日本語に問題はないか。
3.販売価格は適正か。半値以下は、違法製品ですが、一般定価と同じか、高いのも不可。
 (某有名な通販メーカーは、一般価格よりも高いけれども、おそらく新中古です。)
4.店舗は実在しているか。
(ちなみに、私は、秋葉原のお店をインターネットでみて、本店で購入します。)
5.日本製品か。
(この話は、正規の安い海外版が使えないわけではありません。ただ、認証が、昨年の夏頃、日本から、オンラインでは、出来なくなり、電話による認証に変わったということですが、うまく行かないという話も、Amazonで読みました。海外との価格差の問題ですが出ています。)
6.写真は、Microsoft の広告を流用していないか。

>有名ショッピングモールサイト内にあることもあり
>海賊・コピー商品ではないようだし・・・迷っています。
繰り返しますが、リンク先のものは、使えるか、使えないかの問題ではなく、
販売自体が、不法行為ですから論外です。
ただ、これは民事上の問題ですから、その主催者側は関与しないだけです。

以上です。

こんにちは。

ご質問への回答

1.#1さんが触れられていますが、認証は出来ても、数ヶ月から1年後には、認証不可になることがあります。これは、実際に、体験者さんからお話を聞きましたが、インターネットから購入した製品だそうです。ただ、それは、10年ぐらい前の話です。

>未使用のOEM版であれば、その問題はクリアしたような気がします。
事実上、現在は、OEM版ということでは流通していないはずです。
それは、今までのことで、過去に対しては、その通りだと思います。弱小メーカーが、ハードの製造数と...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報