10月1日 開腹手術 (臍下から10cm程・全身/静脈麻酔使用 硬膜外無し)
 
      卵巣自体が大きく肥大し12.5キロ分腫瘍丸ごと摘出。

      

10月3日 術後翌日にはベッド上で起き上がったり、その翌日昼には歩き回っていた
      為・・早期退院が出来ると判断頂き3日の夕方
      明日か明後日には退院しても良いと許可が下りる。


10月4日 お昼に正式に退院許可を頂き、血液検査でも異常が無く
      膣に入れるエコー?でも綺麗・異常無しと頂き
      車の迎えを待って午後14時頃には退院し、15時位には自宅到着。


10月23日  前日22日午後、病院から連絡が有り
        本来は30日受診予定だったが話が有ると呼び出しが有り
        23日午後 宣告を受ける。


 
私の場合は 『 一部に癌が見付かり、種類は粘液性線癌 』 で有ると言われました。

今後の治療は

『貴方は術前に子宮も卵巣も要らないと元々言ってたし、教科書的な治療をするので有れば
 再手術をして・・・』 と説明を受けました。

・・・と同時に

『経過観察の場合は5年位で定期的に検査をして・・』 とも説明を受け


抗がん剤の話等は一切有りませんでした。

ステージの話も出てこず

■見掛け上 完全摘出して有る。

■画像上も転移は見られない。

と説明も受け、紙に書きながら仰っていました。

『再発、転移の可能性はかなり低いから、もし再手術するなら
 12月10日。
 2ヶ月先だけどね』
 
と。

夫は『2ヶ月も放って置いて大丈夫なんですか?』

と聞いたら  『 再発や転移の可能性がかなり低いと思ってるから
         ゆったりしてるって云うのも有りますね 』


と仰られました。

軽い感じのトーンですが、先生自体はとても信頼出来る先生です。


長文になりましたが・・・


私の場合は多分初期段階で、再手術は絶対と云う訳では無さそうです。
元々卵巣や子宮も要らないから最初の手術で全部取ってくれと言ってた事も有り
もし再発するならココの部分、転移し易いのはココの部分と云う場所を
単純に先に取ってしまえば良いと云う標準治療を提案されたのだと思います。

もしIc期等で有れば、再手術はほぼ決定な気もしますし
抗がん剤治療も絶対な気がしますが
再手術か経過観察にするか、11月10日に聞かせてください、との事で
終わりました。


私としては初めての手術でも手術自体にやはり恐怖心は無くかなり落ち着いた普通の気持ちで
手術をしたので、次の手術も手術自体に不安は有りませんが
どうしても怖いと思うのは

■癒着問題

■リンパ切除による浮腫症状

■痛み


です。


前回の手術では下腹部(臍下から約10cm程度)の縦切りでしたが
術後から殆ど傷自体の痛みは感じず、咳をした時・歩いた時の激しい痛み以外は
無痛に近かった気がします。
横向きになる時等に多少痛みは有りましたが・・。

しかし今度は鳩尾?~下腹部迄の縦切りだそうで
大きな手術です。
前回みたいに比較的小さい手術とは違って、痛みが相当な物なのでは無いか・・とか
癒着し易いのでは無いか・・とか・・
浮腫はかなりの確率で起こるんだろうか・・とか・・。


そんな事が不安になり、再手術すべきか経過観察にすべきかで迷っています。
子供は元々望んでいませんのでどっちでも良いです。

先生は『再手術をする事で貴方にメリットが有るかと言われたら分からない』と
仰っていました。
先生自体は再手術は是非では無いのだと思います。
転移や再発の可能性を疑っているのなら、メリットが有るか分からないとは言わないと思いますし・・。

浮腫になっても命は取られないが、癌は命を奪うと考えれば
受ける方が良いのかもしれませんが
リンパを取った方の(同じ癌種類で)ブログ等を見ると
殆どの方が浮腫傾向が有ったり、人によっては入院治療したりと・・様々みたいです。

長文過ぎて何が言いたいのかごちゃごちゃして分からないと思いますので
まとめます。


■再手術を躊躇う理由■

 (1)以前は臍下か10cm程の縦切りの手術。
  傷自体の痛みはほぼ感じず(硬膜外不使用・点滴から痛み止めが自動で微量ずつ
               出る仕組みの物だけ使用)

  咳き込む・歩いた時に悶絶する程の痛みが襲い5分程で治まる程度の痛みが
  有ったものの、他は特に無かったが

  今度は鳩尾~下腹部迄の広範囲の物なので、何をしていても
  普通に寝てても酷い痛みが襲い続けるのでは無いかと不安。

  筋肉注射・硬膜外麻酔は前回嫌がっていたのも有りましたが
  結局耐えられない痛みでは全然無かったので筋肉注射も話にすら出ずでした。

  点滴からの痛み止めはお願いすれば追加でポチッとやってくれましたが
  お願いしたのは5回位だったと思います。


 (2)癒着の不安。

  大きく切りますし、前回も切っているので
  開腹すればする程に癒着の心配は一生続くと言われているそうなので
  とても不安視しています。

  前回手術では、術後当日夜から(手術は16:30頃から18時頃迄)
  モソモソと動いてた事と翌日朝にはベッド上で起きたり寝たり
  胡坐になってみたり正座をしてみたりと動いていたので
  癒着の心配はそこまで無いとは思いますが

  次は大きく切るので、翌日からベッド上で起きたり、座ったりを出来るのか・・・
  痛みが酷い気がして安静状態になってるんじゃないか・・
  そうなれば癒着だってし易くなる・・と不安なのです。


 (3)リンパ切除による浮腫の問題。

  再手術する場合は、残っている右卵巣・子宮・骨盤リンパ節
  大網・大動脈何とかリンパ節を切除するのだそうですが
  リンパ切除によって浮腫が起こる可能性が高いと知り
  只でさえ辛い入院生活を何度も繰り返すかもしれないと思うと
  不安で居た溜まれません。
   
  命が奪われる事は無いのかもしれませんが、虫に刺されてはならないとか
  温泉・プールもNGとか毎日のマッサージは絶対。
  そんな注意が沢山必要な事を一生掛けて過ごすのかもしれないとか
  再入院で44日入院する事になったとか、治療が辛いとか
  色々見て、読んで恐怖心が倍増するだけです。


 (4)私の場合、左側卵巣にのみ異常が出て、右側や子宮等には
  何の問題も無かった事。
  腫瘍は傷を付けず破ったりもせず完全に取り出している事で
  再発の可能性や転移している可能性はかなり低いとも言われ
  再手術は絶対では無い事、経過観察でもOKと云う言い回しを聞いて
  是が非でも再手術をしなくてはならない状況に無いので有れば
  ・・・と迷いが有ります。

  標準治療をしたからと言って、その部分以外に再発すれば
  意味が無い気もします。
  その点についても先生から説明は受けました。

  再手術をする事でのメリットは転移していないかの確認と
  転移するならココかな?と云う場所を先にとってしまう事で
  再発する可能性や転移の可能性が低くなる事だと承知しています。

  ただそれと引き換えに辛い一生抱える不安や問題も増えて行くので
  再発・転移の可能性がかなり低く、画像上でも転移は無いと
  言われているなら・・・と云う思いも有り踏ん切りも付きません。

  長文になり鬱陶しいと思いますが、再手術を受けた方のご意見
  経過観察にした方のご意見、色々伺えたらと思います。


  宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

卵巣がん」に関するQ&A: 友人が癌になったと知らせがありました。 数ヶ月前趣味における人間関係でごたごたした友人から卵巣がんに

A 回答 (2件)

Ia期ということだし経過観察とのことで決めたということですので、とくにないのですが


私が調べたり、いろいろな書物を読んだところ以下がありましたので追記しておきます。
質問者さまの「根治術をする意味があまりない(リスクが変わらない)」というのは、私が理解している
限りであれば、ちょっと違います。
根治術することで、もう片方の卵巣と子宮をとりますので、そちらに再発するリスクが
なくなりますので、なにもしないというよりリスクがその分は減るのではないかと。
実際に、片方だけ卵巣癌になっている場合に、もう片方が卵巣がんになるリスクは1/4(25%)だと
書物にありました。それが高い率であるか否かはどうとも言われませんが、なにもない方に
比べればかなりの率で再発すると言えると思います。そのため、Ia期であれども、標準術式として
卵巣および子宮、大網をとるとのことでした。
また、再発した場合に初発と同様の治療で生存率を保てるかというと
そうではなく、根治が困難となるとの記述もありました。要するに、再発は根治術でも絶対ゼロにはできませんが、卵巣および子宮に再発するという高い確率をなるべく低くできるということと理解しています。
そのため、片方の卵巣を手術して癌だった場合に、標準術式をとらない方は、リスクを考えると
ほとんどいないとも書かれており、実際に手術をしたほうがよいか否かは、そういった事情から
根治術をしなかった症例が多数ないため、比べようなく、はっきりとしたデータで証明できていない
ともありました。
また、私が読んだ本では、Ia期で根治術をしない方というのは、20代から30代の子供を望まれる方という記述があったため、手術をしたほうがよいのではないかと記述させていただきました。
しかし、上記の理由がなくても、術後の後遺症を心配されているのであれば、リスクを承知した上で
選択は良いのかと思います。
いろいろ、長々と書かせていただきましたが、後にこの質問を参考とされる方を考えて追記させていただきました。
    • good
    • 2

私は、昨年12月に卵巣が破裂して緊急手術し


その後癌との宣告を受けたものです。
私の場合は、破裂していたのでIc期でしたが
質問者さまと同様に、ほかには検査上とくに
転移も見られず、血液検査上も卵巣がんで上がる
値が基準値内であるとのことでしたので
手術すること自体必要なんだろうか?と
正直思ってしまいました。質問者さまと同様に
術後の後遺症も不安でしたし、なにしろ
手術自体が大掛かりになってくるので怖いというのが
ありました。浮腫というのも全然しらなかったのですが
ブログやら見ていて、あとは卵巣がんについての
本によって知りました。
しかし、Ic期でほかに手術選択していない方のブログを
拝見して(中にはいました)おそらく再発したようで
日に日に不安だとの書き込みや不調だという書き込みをみて
途中で更新が途絶えていたり・・・だったので
やはり手術は必要だよね。。。と観念して再手術受けました。
Ic期だったので抗がん剤も受けました。
わたし的には、手術は結構辛いです。最初の卵巣だけの摘出手術
は、たいしたことないといっていいです。
根治術は、術後2ヶ月くらい過ぎないとかなり辛い。
でもわたしの場合は2ヶ月過ぎてきたらだいぶ調子が
良くなってきて(ただ抗がん剤始まってたので副作用が辛かった
けど手術後の痛みはほとんどなかったです)
術後8ヶ月の今は、ほとんど術前と変わりないです。
※抗がん剤の副作用以外はですけど。
手術の痛みは、術後数ヶ月です。
万が一、もう片方が再発となれば、定期検診していたとしても
進行がんになってるかもしれないし、子宮自体も転移しちゃってる
ということもありうると思うと、これから不安を抱えるより
手術したほうがいいんじゃないかとおもいます。
ただ、術後の状態は人それぞれですので、ご自分でどちらを
とるかを決断していくしかないとは思いますが。
ちなみに、私は検査上ほかになんの問題もなかったはずでしたが
(PET検査も受けました)実際に根治術で摘出した子宮が
子宮体がんの初期でした。手術嫌だ!なんて言ってたら
今頃、ステージが上がり進行がんになってたかもしれませんでした。
あとは、浮腫ですけど私は手術時に浮腫対策本を2冊ほど買い込み
術後マッサージとかしてましたが、あれは体質もあるようで
最初は確かにむくみやすくなりますが、私の場合はむくみやすくない
体質らしく、1ヶ月くらいでむくみは術前と変わらないような状態に
もどりました。入院中に看護婦さんに浮腫が出にくいと思います
なんて言われましたがあっていました。
なので、全員浮腫がでるわけではないですよ。とくに問題あるひとが
ブログに書き込むと思うので、どうなるかは各人の体質によります。

以上、私の経験談でした。

この回答への補足

書き漏れです。
私の場合はIa期、抗がん剤も必要無く経過観察でも再手術でも
どちらでも選択可能と言われました。

補足日時:2014/11/09 12:16
    • good
    • 2
この回答へのお礼

貴重なご意見ありがとうございます。

私の場合は1年近く掛けて巨大化していた様で
摘出した時には既に12.5キロ分になっていました。
元々デブだったので単なる脂肪と勘違いしていたものの
6月位から肩幅や鎖骨の出具合、胸元迄の感じ、腕た手首の細さの割には
腹が出ているなぁ・・と思っていた程度ですが
8月に発覚。(因みに1年近い間体重の移動は有りませんでした)

捻転や破裂も一切起さず、臓器も綺麗に右側によっていただけで
接触や圧迫も見られませんでした。(今思うと怖いですが)

回答者様同様、8月~10月退院迄のこの間は(術後3日目で退院)
血液検査も一切異常が無く、全身麻酔による副作用等も一切見られず
早期回復で早期退院でした。

その後呼び出しが有り『やっぱり一部に癌に見付かりました』と言われ
(当初は『そんなに悪いもんじゃないと思う』と言われていました)
再発・転移性・リンパへの転移性も低い粘液性腺癌の初期だと言われました。
12.5キロも有る中で、左卵巣にのみ症状が出て
エコーで見ても
血液検査でも、造影剤使用CTやMRIでも
転移は見られず、問題の有る左卵巣・卵管のみを腫瘍を一切傷付けず
綺麗に摘出してくださった事でステージが上がらず済んだのだと思います。

先生も『貴方の場合、再発・転移の可能性はかなり低いと思うから
経過観察なら5年、再手術なら早い方が良いだろうから・・と言っても
12月で2ヶ月先なんだけどね』と。

『さっきも言った様に再発や転移の可能性がかなり低いと思ってるから
ゆったりしてるのも有ります』 とも。

迷うのは、再手術をしたからと言って完治では無く
再発している方、その上転移してしまっている方が
実際に多くいるのを知りました。
大網への転移が多いと聞きましたが、再手術をしても
結構な方が再発している、治療中です、と云うのを見ているので
再手術が正しいのか選択が難しい所なのです。


再手術をする事で完治、再発の危険性はゼロになりましたと
云うのなら喜んで手術を受けたいと思っています。
元々妊娠等望んでいませんし、夫婦揃って子供が根っから大嫌いなので
卵巣を残すとか子宮を残したいとは微塵も思っていませんが
再手術をする事でその後、色々な制限が有り注意が必要となり
腸閉塞も一生注意が必要なんて言われている位なのに
加えて、再発のリスク、転移のリスクは大きく変わらない事。
実際に再発をしている方が多い事も引っ掛かりが有ります。

また他としては、リンパを取る事で免疫力が落ちる事です。
ガン細胞は免疫力が高ければ高い程、ガン細胞の通り道が狭くなり
ブロックしてくれる役割が有るのだそうです。
リンパを取る事で免疫力が低下し、食品や薬で補えても限度が有ると思いますし・・免疫力低下→ガン細胞の通り道が広くなる事でよりガン細胞が
活発化してしまい、再発・転移の可能性が結局は術前と変わらないのではと思います。

結局あれからどうするか考え、迷い
経過観察をお願いしようかと思っています。
病院で免疫力も高い、と言ってもらえていたので(数値的だそうです)
折角高い免疫力を確認の為(勿論見付かれば早期に抗がん剤を使用出来るのでしょうけど)だけに無くしたく有りません。

再手術をせず、自分が持つ免疫力を更に高める為に
食事療法でやっている方もいらっしゃる様で(昨日お話を伺いました)
経過観察から3年半位経つそうですが再発も転移も無く
元気に過ごされているとの事だったので

自分の免疫力の高さを維持、もしくはもっと高められる様にして
経過観察をと明日医師に伝えてみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/11/09 12:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 卵巣腫瘍<女性の病気と妊娠・出産>の症状や原因・診断と治療方法

    卵巣腫瘍とはどんな病気か  卵巣は子宮の左右両側にひとつずつあり、通常は直径2〜3cm程度の大きさです。卵巣と子宮をつなぐ役割をしているのが卵管です。この卵巣にはれが生じた状態を卵巣腫瘍といいます。多くは卵巣の片側に発生しますが、両側に発生することもあります。  卵巣腫瘍は、ほかの臓器に発症する腫瘍に比べて非常にたくさんの種類がありますが、臨床経過からは、良性、悪性、境界悪性(良性と悪性の中間的なもの)の3群に分類されます。一般的に、内部に液体を含んだ嚢胞性(のうほうせい)腫瘍は臨床経過としては良性のことが多く、充実性(じゅうじつせい)腫瘍は約75〜80%程度が悪性もしくは境界悪性腫瘍です。 ●卵巣嚢腫(...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q卵巣がん

知人50代半ば、が卵巣癌の初期との事で手術すると言うのですが、彼女の話によると、卵巣、子宮は全部摘出して、転移のおそれがあればリンパ節?も摘出すると医者に言われたとの事ですが、初期でもそんなに全て摘出しなければならないのでしょうか?素人考えでは悪い方の卵巣だけ摘出すれば?と思うのですが・・どなたか教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

私は、母が卵巣がんで現在治療中のものです。
私の母の場合は、進行していましたので、全部とりました。
医師は、転移のことも考えていると思います。
それに、年齢的にも考えて予防的措置をとられているのだと思います。
卵巣がんには4種類の分類があります。
抗がん剤がよく効き、でも進行が早い しょう液性、類内膜、抗がん剤があまり効かないとされるが進行が遅い 粘液性、明細胞とあります。
お知りあいの方が、どの分類かは、わかりませんが、明細胞であれば、転移、再発時に難しいと思われます。しかし、卵巣がんの分類の中で、抗がん剤が聞きにくいというだけであって、そのほかの胃がんなどとくらべると、明細胞でも効いているという医師もいらっしゃるようです。
あと、月経が長く続けば続くほど、後々婦人科系のがんを発症する可能性が高いという、情報がありますので、そのことも医師は考えたのではないでしょうか?
あと、リンパに転移があったならば、卵巣がんのステージで分類すれば、ステージ3c で進行癌となります。そうなると、抗がん剤治療もあわせて行われると思います。
卵巣がんを詳しく知りたいと思われましたら、
国立がんセンターのHPがわかりやすいと思います。

私は、母が卵巣がんで現在治療中のものです。
私の母の場合は、進行していましたので、全部とりました。
医師は、転移のことも考えていると思います。
それに、年齢的にも考えて予防的措置をとられているのだと思います。
卵巣がんには4種類の分類があります。
抗がん剤がよく効き、でも進行が早い しょう液性、類内膜、抗がん剤があまり効かないとされるが進行が遅い 粘液性、明細胞とあります。
お知りあいの方が、どの分類かは、わかりませんが、明細胞であれば、転移、再発時に難しいと思われます。...続きを読む

Q卵巣嚢腫か卵巣癌か?

今日、年一回の婦人科検診で、子宮の検査の時押さえられたところが痛かったため、エコーで見てもらいました。すると卵巣に何かできているとのこと。今、3センチぐらいだ、5センチぐらいで切ることが普通。心配ならMRIを撮っても良いし、不安なら腫瘍マーカーを測っても良いが、取りあえず1カ月後、もう一度エコーで見て、大きくなっていないか判断しましょう、と言われました。「組織検査はできないのですか?」と質問すると「卵巣は切ってみないと分からないのです」とも言われました。
「何かおかしなものができている」という言葉しか使われず、嚢腫とも癌とも言われなかったのですが、
あまり緊迫感のある話し方もされませんでした。
これは嚢腫とかんがえていいのでしょうか?
また嚢腫と癌は、症状などに明らかな違いはあるのでしょうか?
今の私は、全く自覚無し、生理痛がひどい、出血量が多い、ということはあるのですが、これは昔から。
現在40代です。

Aベストアンサー

おはようございます.

卵巣腫瘍とのこと,ご心配なことと思います.

卵巣嚢腫と卵巣癌の症状の違いの件ですが,良性腫瘍,悪性腫瘍とも一部のホルモン産生性腫瘍などを除いては,初期には無症状のことが普通です.
腫瘍が大きくなって多臓器を圧迫したり体表から触れるようになる,卵管の捻転を起こす,分泌するホルモンによる症状が出る,腫瘍が破裂する,などが起こらない間は,無症状で経過します.

良性腫瘍か悪性腫瘍(癌)かの診断は,採血によっては,判然としません.腫瘍マーカーの上昇が認められることもありますが,必ずしも特異的とは言えません.

画像診断(CT, MRI, エコーなど)で悪性腫瘍が疑われた場合,原則として診断を確定するために手術を施行します.
手術で卵巣摘出あるいは卵巣部分切除を行い,病理検査(組織検査)を行います(開腹生検).病理医がいつ病院であれば,術中迅速診断を行います.その結果,悪性と診断されたら,拡大切除やリンパ節転移を追加します.良性腫瘍であればその時点で閉腹し,経過観察となります.

aoniyosiの場合,腫瘍径が小さいことと,エコー検査で強く悪性を疑う所見が得られなかったために,念のために1ヶ月後に再検査をしましょうということになったものと思われます.
あまりに心配であれば,他院受診をなさってもよろしいかと思いますが,まずはあまり心配なさらずに1ヶ月後をお待ちになることで問題ないと思います.

おはようございます.

卵巣腫瘍とのこと,ご心配なことと思います.

卵巣嚢腫と卵巣癌の症状の違いの件ですが,良性腫瘍,悪性腫瘍とも一部のホルモン産生性腫瘍などを除いては,初期には無症状のことが普通です.
腫瘍が大きくなって多臓器を圧迫したり体表から触れるようになる,卵管の捻転を起こす,分泌するホルモンによる症状が出る,腫瘍が破裂する,などが起こらない間は,無症状で経過します.

良性腫瘍か悪性腫瘍(癌)かの診断は,採血によっては,判然としません.腫瘍マーカーの上昇が認め...続きを読む

Q卵巣がん

私の叔母60代

卵巣癌で、卵巣、子宮、リンパ節の摘出を行いました。

リンパ節に転移があると言う事は、
進行癌なのでしょうか?

ステージはどの位のものなのでしょうか?

前回も質問させていただきましたが
よく理解ができませんでした。

叔母に連絡したところ、大丈夫だから
心配するなと言われました。

わたしも本などで調べましたが、予後も五年生存率も、良くない事は分かりました。

簡潔にお答えくだされば幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

リンパ節の摘出で進行癌とは考えません
癌細胞そのものを調べないと何とも申せませんが
一般的なステージAの卵巣癌と思われます
進行癌であるかどうかは術後の経過になります
5年間の経過観察をして大腸や胃などに遠隔転移がなければ
完治する可能性はあります
したがって体に今何も異変が起きていなければ、大丈夫だから
何も心配するな、と気を強く持って生きるしかありません

Q卵巣腫瘍開腹手術を受けます

来月、卵巣腫瘍の開腹手術を受けます。

MRIと血液検査の結果を見てですが、CTと超音波では腫瘍がかなり大きいので、開腹手術になるとのことです。

入院、手術も初めてで、仕事もあるので不安で一杯です。

入院時に気をつけることとか、持って行った方が良いものとかありますか?
又、どのくらいで職場復帰できるのでしょうか?

どんな些細な事でも構わないので教えて下さい。

ちなみに入院期間は10日程と聞いています。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

以前、子宮筋腫と卵巣嚢腫で開腹手術をしました。
私の場合、手術の数日前から入院して検査などをして、術後一週間ちょっとくらいで退院だったでしょうか。たしか、入院日数は2週間くらいだったかと思います。
当時勤めていた職場は休みづらい環境だったので、自宅療養も含めて1ヶ月以内で職場復帰しましたが、結構キツかったです。
1月半ばに手術したのですが、私より1週間早く手術・退院した同室のかたは、診断書を書いてもらって3月まで休むと言っていました。←私は最短期間で診断書を出してもらったので、退院後一週間での復帰でした。今思えば、長めの療養が必要な診断書にしてもらって、途中で前倒しで復帰したことにしたほうが良かったのではないかと思っています。

寒い時期なので、パジャマや入院着の下に肌着を着ることがあるかと思いますが、頭から被るTシャツタイプのものではなく、前を全開できる前ボタンのタイプのほうがいいようです。←術後の数日はお風呂に入れないので、看護師さんに体をふいてもらったりすることになるので。体を起こすのがキツイので、Tシャツタイプは結構、脱ぎ着しづらいです。
それと、病院からも言われるかもしれませんが、術後、オリモノが出たりするので、生理用ナプキンも持参していったほうがいいと思います。←軽い日用ので充分だと思います。
術後すぐは痛くて体を起こせないので、雑誌や本など、すぐ届くところに置いておくと楽ですよ。
あと、私が重宝したのは、ストロー付のドリンクホルダーです。スポーツドリンクとかでありますよね?飲み口がストロータイプで、蓋もできるやつ。病室って、案外乾燥していて喉が渇くのですが、タンブラーとかマグカップだと、上体を起こさないと飲めないので、結構大変なんですよ。
私が持っていたのは、ペットボトルの蓋の部分にストローが付いているものだったので、市販のペットボトルに付け替え自由だったので便利でした。

退院後も何度か通院すると思うので、その時でも大丈夫だと思いますが、もし保険とかに加入しているようであれば、今回の入院で給付金はでるのかとか、必要書類は何かなど、事前に確認しておいたほうがいいかもしれません。
私の場合、2社の生命保険から給付が出ましたが、1社は診断書の原本じゃないと給付できないと言われ、もう1社はコピーでもOKと言われたので、会社提出用1枚と保険会社提出用1枚で診断書を出してもらいました。
保険会社によっては、その会社の決まった書式の診断書じゃないとダメで書きなおしてもらわないといけない場合もあるようなので。←診断書を出してもらうのに料金がかかるので、事前に確認しておいたほうがいいと思います。

思い出せる注意事項は、このくらいでしょうか。
手術自体は、お医者様にお任せしておけば安心ですので、あまり心配なさらないようにしてください。
お大事にどうぞ。

以前、子宮筋腫と卵巣嚢腫で開腹手術をしました。
私の場合、手術の数日前から入院して検査などをして、術後一週間ちょっとくらいで退院だったでしょうか。たしか、入院日数は2週間くらいだったかと思います。
当時勤めていた職場は休みづらい環境だったので、自宅療養も含めて1ヶ月以内で職場復帰しましたが、結構キツかったです。
1月半ばに手術したのですが、私より1週間早く手術・退院した同室のかたは、診断書を書いてもらって3月まで休むと言っていました。←私は最短期間で診断書を出してもらったので、退院...続きを読む

Q卵巣がんと卵巣腫瘍について。

今日、婦人科の内診で卵巣が両方四センチほどに腫れているらしく、
経過観察しましょうと言われました。

自覚症状が全くなかったので、
その時は驚いてしまって聞きそびれてしまったのですが、

膣からの超音波検査で見て、良性か悪性かはわかりますか?
経過観察とされて他の検査をしなかったので、卵巣がんでないか不安です。

また、「卵巣の腫れ」と「卵巣腫瘍」は違うのでしょうか?

(先生からは腫瘍という単語は出なくて「卵巣の腫れ」とだけおしっしゃってました)


良かったら回答お願いいたします。

Aベストアンサー

若い人の場合は卵巣は機能性嚢腫と呼ばれ、排卵しない卵胞や黄体嚢腫がありますので、次回の月経が来れば徐々に小さくなって消失してしまいます。機能性嚢腫は超音波では膀胱の尿と同じ色になります。嚢腫の壁が薄くきれいな丸い感じになります、悪性の癌では嚢腫の壁が厚く膀胱の中の尿と違い不均一になります。ですので先生も卵巣の腫れと言われたのではないでしょうか、次回の生理が終わってからまた診察に行かれたらいいと思います。ただ両方の卵巣が腫れていたのは、どちらかは単に卵巣嚢腫(良性の卵巣腫瘍)かもしれません。でもあまり心配されることはないようですが。

参考URL:http://ec.canbler.com/ranso-noshu

Q卵巣左右摘出と子宮筋腫4個摘出手術を約3ヶ月前に開腹手術で受けたのですが、少し重いものを持って歩くと

卵巣左右摘出と子宮筋腫4個摘出手術を約3ヶ月前に開腹手術で受けたのですが、少し重いものを持って歩くと、茶色いおりものがあります。経験のある方のご意見お願いします。

Aベストアンサー

子宮の中に、まだわずかな出血があるのでしょう。

経験ないですが、開腹してますからあり得ると思います。

もう少し様子を見て、一向に収まらない、あるいはひどくなるようなら病院に行く方が良いでしょう。

他の原因で出血してる可能性があるからです。癌とかもあり得ます。

でも、3ヶ月で、重い物持った時なら、普通だと思いますよ。
力んだ時に、傷が開くのでしょう。

しばらくは重い物を持たないようにした方が良いと思います。

Q卵巣がん検診までしますか?

子宮がん検診を公費で受けようと思います。
ただ、卵巣がん検診を自費で受けようか迷っています。
前、宇多田ヒカルさんがその病気で卵巣の手術をされたと話題になったときに、
身近な病気なんだなと感じました。
皆さんは卵巣がん検診までされますか?
アドバイス、お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

「卵巣がん検診」というのは、存在しません。
一般的な婦人科検診を受けると、触診(内診)とエコーで卵巣の形状を診ます。卵巣に怪しい腫れがあれば、そこで判明します。腫れの正体は、エコーである程度推測できるものと、MRI等の精密検査、血液検査を併せてしないと診断できないものとがあります。
私は、公費で受ける子宮がん検診は受けたことがないので、存知ませんが、全くの子宮がん(子宮頚がん)検診だけなのでしょうか?ザッとでもエコーをするならば、異常があれば教えてくれると思いますけれどね?

>前、宇多田ヒカルさんがその病気で卵巣の手術をされたと話題になったときに、身近な病気なんだなと感じました。

卵巣がんじゃないでしょう。卵巣というのは腫瘍のできやすい臓器で、良性から悪性(がん)まで、様々なタイプの腫れ物ができます。宇多田ヒカルさんも、確か単なる卵巣嚢腫だったと記憶しています。

Q卵巣のう腫の術式について等

当方20代後半の女性既婚者、子ナシです。1年前に産婦人科Aクリニックで婦人科検診を受けたところ、右の卵巣が少し大きい(5cm)と言われ、1年間2~6ヶ月に1回経過観察をしてきました。
1年経過し、大きさが小さくならないこと、結婚し妊娠の可能性もあることから「急がないが、妊娠前に手術をした方がいい」と内視鏡での手術を勧められました。Aクリニックは産科がメインのクリニックで、病床数・オペ件数ともに少なめなので、市内でも婦人科のオペ数が多いB病院に行き、セカンドオピニオンを受けました。
B病院でもAクリニックと同様の見解で「のう腫があるとわかっているなら手術をした方がいい。でも基本的に内視鏡はやらない。内視鏡が希望なら県立病院へどうぞ」と言われました。

悩みポイント
(1)内視鏡か開腹手術か
 入院期間や体の負担を考えると内視鏡が希望ですが、B病院の先生に「内視鏡でつつくと悪性ならお腹の中にその細胞をばらまく可能性がある」と言われたのが気になり、開腹がいいのかな?と思ってしまいます。Aクリニックの先生は「内視鏡でも場合によっては手術中に開腹するよ」と言っていたので万が一の場合でも内視鏡でもいいような気もしますが・・・
(2)内視鏡手術の場合、どこの病院にするか
内視鏡だと今まで経過観察していたAクリニックか県立病院になる訳ですが、やはり手術数が多い県立病院で受けるべきでしょうか?Aクリニックの先生はとても良い先生で、PMSの相談やピルの処方などもしていただいており、将来妊娠したらここで出産したいなと思っています。もし県立病院で手術を受けるなら、Aクリニックの先生に県立病院で手術を受けることを事前にお知らせした方がいいのでしょうか?

自分では判断が付かず、家族に相談しても意見が割れるのでここでご相談させていただきます。よろしくお願いいたします。

当方20代後半の女性既婚者、子ナシです。1年前に産婦人科Aクリニックで婦人科検診を受けたところ、右の卵巣が少し大きい(5cm)と言われ、1年間2~6ヶ月に1回経過観察をしてきました。
1年経過し、大きさが小さくならないこと、結婚し妊娠の可能性もあることから「急がないが、妊娠前に手術をした方がいい」と内視鏡での手術を勧められました。Aクリニックは産科がメインのクリニックで、病床数・オペ件数ともに少なめなので、市内でも婦人科のオペ数が多いB病院に行き、セカンドオピニオンを受けま...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

答えになっていないのですが...

(1)について

内視鏡=腹腔鏡ですよね?
確かに卵巣腫瘍には切除して病理に回して見なければ悪性かどうかの判断がつかないものもありますが、、これまでの経過観察で詳しい検査(MRIなど)である程度の推測はついているのでは??
「内視鏡でも場合によっては手術中に開腹するよ」というのは、悪性だった場合というよりも、オペ中に血管を傷つけて大出血してしまった場合などのことだと思います。
単に卵巣嚢腫の手術をするだけなら開腹手術の方が安全ですが、これから妊娠希望でいらっしゃるとのことです。卵巣や卵管周囲に癒着を作る可能性が大です。出来る限り、事前の検査で悪性である可能性が低いことを確認した上で、腹腔鏡でオペされるのがいいのではないかと思います。

(2)について

卵巣にある卵子は有限です。間違っても「切っちゃえばいい」的な外科手術をしてはいけません。ヘタな手術をしたために妊娠できない、体外受精をしても卵子が採れないなど、不妊治療経験者の間でよくありがちな話です。不妊治療にも明るい婦人科医が執刀されるのが一番理想的ですね。そういう観点からも考えてみてください。

こんにちは。

答えになっていないのですが...

(1)について

内視鏡=腹腔鏡ですよね?
確かに卵巣腫瘍には切除して病理に回して見なければ悪性かどうかの判断がつかないものもありますが、、これまでの経過観察で詳しい検査(MRIなど)である程度の推測はついているのでは??
「内視鏡でも場合によっては手術中に開腹するよ」というのは、悪性だった場合というよりも、オペ中に血管を傷つけて大出血してしまった場合などのことだと思います。
単に卵巣嚢腫の手術をするだけなら開腹手術の方が安全...続きを読む

Qたのうほうせい卵巣なんですが、将来卵巣がんになるリスクはありますか?

たのうほうせい卵巣なんですが、将来卵巣がんになるリスクはありますか?

Aベストアンサー

わたしも若い時たのうほうせい卵巣でした。
 多のう胞性卵巣症候群(PCOS)とは、卵巣の中で卵の元=卵胞がうまく育たず、きちんと排卵しないために月経不順や不妊症の原因となる病気です。
 次のすべての条件に当てはまった場合に、多のう胞性卵巣症候群と診断されます。
 
  1)無月経・月経不順などの症状がある
  2)血液検査(ホルモン値の検査)でLH/FSH > 1
  3)超音波で卵巣の中に10個以上の卵胞が並んでいる(多のう胞性卵巣)所見がある

生理が不順で 高校生時から
ホルモン剤を打ちながら 生理不順で改善させていき、
だいぶ昔ですが たのうほうせい卵巣は妊娠しずらいとか、、
今みたいに ネット情報はなかったので、病院の先生からの話しや少ない情報でしかありませんでした。
しかし、ホルモン剤治療中に 出来ちゃった妊娠。
妊娠を機に治療はやめ、
しかしながら 不順の生理が3か月半年おきにしか生理はきません。
私事ですが、二子を産みたくても
やはり、たのうほうせい卵巣で、
次はホルモン剤から 排卵誘発剤
副作用がひどかったけど、
一気に3個の受精!
驚きました。多のうほうせい排卵!!
しかし、ひとつは消えてしまいましたが、無事二卵性双子が生まれましたよ。私はRh(-)血液型で、これも、昔は 子供を産みにくいとか いろんな説がありました。
日本赤十字の血液会員登録をしてたり、
私もガンリスクや自分の血液型て、子供達に遺伝子として、伝える情報は
教え、リスクがあるからこそ、冷静に
考えるじかんがある。
私は今は

無事に母子共々元気ですし、毎年ガン検査もしておりますが、
異常はみつかっておりません。
年を取ってからのほうが、若いときと違い 毎月必ず生理もきます。

回答になったかは わかりませんが、
深く思い悩まないほうが、
いいですね。

わたしも若い時たのうほうせい卵巣でした。
 多のう胞性卵巣症候群(PCOS)とは、卵巣の中で卵の元=卵胞がうまく育たず、きちんと排卵しないために月経不順や不妊症の原因となる病気です。
 次のすべての条件に当てはまった場合に、多のう胞性卵巣症候群と診断されます。
 
  1)無月経・月経不順などの症状がある
  2)血液検査(ホルモン値の検査)でLH/FSH > 1
  3)超音波で卵巣の中に10個以上の卵胞が並んでいる(多のう胞性卵巣)所見がある

生理が不順で 高校生時から
ホルモン剤を打ちながら 生理不順...続きを読む

Q静脈瘤 と深部静脈血栓症

静脈瘤 と深部静脈血栓症
この2つの因果関係はないのでしょうか?

静脈瘤があると深部静脈血栓症になりやすいように思えるのですが・・・?

Aベストアンサー

静脈瘤には血栓ができやすいですが静脈瘤は"浅在性静脈"にできるもので血栓によって血栓性静脈炎となります。一方、深部静脈血栓は、深在性静脈にできる血栓で、それゆえ"深部"静脈血栓です。
できる血栓の部位が違い、その違いが病態の違いを生じます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング