ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

すみません、キャリア・ビジネスのカテゴリで質問すべきか迷ったのですが、
まずはこちらに投稿させていただきました。

英文での履歴書を作成する際に、困ったことがございます。
過去に勤務していた会社が、(仮称) ABC K.K. だったとして、
途中で買収され、社名が XYZ Corporation に変更になったとします。

日本語では、
○○○○年 ○月 ABC株式会社(現: XYZ コーポレーション) 入社

と表記するところの、(現: XYZ Corporation) の表記を、英語ではどのようにしたらよいでしょうか。

(Current : XYZ Corporation) でよいでしょうか。

アドバイスいただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

Typoの訂正。


2006 - current : XYZ Corporation(formerly ABC KK)

あとは、
2010 - current : XYZ Corporation
2006 - 2010 : ABC KK (acquired by XYZ Corporation)
と書くのもありです。
    • good
    • 1

そういう書き方をするのであれば、


ABC KK (acquired by XYZ Corporation in 2010)
となります。

が、普通は今の会社をメインにして、
2006 - curent : XYZ Corporation(formerly ABC KK)
のようにするほうが自然です。
    • good
    • 0

英文では


XYZ Corporation (formerly ABC K.K)
とすることが多いですね。日本式に
ABC K.K (now XYZ Corporation)
ABC K.K (now part of XYZ Corporation)
ABC K.K (now known as XYZ Corporation)
としてもいいですけれど,1つだけにするのなら現在の社名である
XYZ Corporation
です。就業した記録や,同僚はXYZ Corporationにしか残っていないからです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q旧A株式会社(現B株式会社)を英語で?

お世話になります。

会社の名称を変更したために旧A株式会社(現B株式会社)と
英語で記載したい場合、「旧」や「現」はどのように
表現すればよいのでしょうか?
このような事例です↓

例)旧松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会社)
=> 旧Matsushita Electric Industrial Co., Ltd.
(現Panasonic Panasonic Corporation)

ご存知の方、ご教授の程よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Panasonic Corporation
(formerly Matsushita Electric Industrial Co., Ltd.)


1)「現」は必要ありません。
2)「formerly」以前は、、、、です。

「新旧」は必要ありません!

Q会社が合併した場合の書き方

A社に入社3年後親会社(100%子会社)のB社に吸収合併され、一つの部署となりました。

この場合履歴書に「平成OO年B社に吸収合併」と明記するべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

採用する側です。

私の入社した企業も、合併しました。

平成20年4月  株式会社AAA XXX部  入社  を

平成20年4月  株式会社AAA(現BBB株式会社) XXX部 入社
で良いです。


人事採用は、現社名で判れば、面接時に、社名変更、合併かは確認します。

Q「事業会社へ出向」

 新聞社に勤めている者です。このたび内示を受け、関連会社に出向することになりました。事業会社といいまして、さまざまなイベントを行う会社です。

 「私は事業会社に出向します」とは、英語でどういえばいいのか教えてください。

Aベストアンサー

Gです。 ちょっと訂正した方がいいので書かせてもらっています。

be sent toは非常に分かりやすい表現ですが、時制が間違っていましたね。

出向します、は現在形の形で未来を示していますね。 私の回答は過去形として書いてしまいました。 よって、I will be sent toと言う表現になります。

関連会社はassociate company, associated company, affiliate company, affiliated companyと言う表現をしますので、これらの一つを使って、I will be sent to an affiliated company.と言う事になるわけです。

しかし、本文の上には「出向することになりました」と書いてありますね。 They have decided とかI was told to be sent to an associated company.で関連会社に出向することになりました、となりますが、本文では「事業会社」となっていますが、もしその会社がローマ字の会社名が造られているのであればそれを使うべきなのであえて私は「英語名」に変えませんでした。 あればそれをan associated companyの代わりに使ってくださいね。

ではまたの機会にお会いしましょう。

Gです。 ちょっと訂正した方がいいので書かせてもらっています。

be sent toは非常に分かりやすい表現ですが、時制が間違っていましたね。

出向します、は現在形の形で未来を示していますね。 私の回答は過去形として書いてしまいました。 よって、I will be sent toと言う表現になります。

関連会社はassociate company, associated company, affiliate company, affiliated companyと言う表現をしますので、これらの一つを使って、I will be sent to an affiliated company.と言う事になるわけです...続きを読む

Q日商簿記検定2級を英語でいうと?

日商簿記検定2級は英語でどのように言い表すのでしょうか?

ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のサイトが参考になると思います。

参考URL:http://www.i-am.jp/topics/oversea/resume.html

QI apologize と I'm sorry の使い分け

I apologize と I'm sorry はいずれも謝罪するときに使われると思うのですが、意味やニュアンスに違いはあるのでしょうか?
apologize のほうがやや深刻な意味で使う印象がありますが、実際にはどのように使い分けているのでしょうか?
ご教示のほどよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

アメリカに住んで40年目になりました。 何か私なりにお手伝いできるのではないかと思います。

これは大きな意味の違いがあります。 フィーリングがまったく違うということなのですね。 実際に使うと言う視点から見ると、まったく違うと言えるものであるということなのです。 ここを理解しないと結局使えないということになります。

その違いは何かと言うと、本当は簡単なことなのです。

つまり、謝罪する、と言う「動作」と、ごめんなさい、と言う「せりふ」と考えればよく分かると思います。

これってすごく違うことだと思いませんか? 思って欲しいのです。

動作であるからこそ、I would like to apoligizeとはいえるけどI would like to be sorryとは言えないと言う事を考えればすぐ分かるわけですね。

つまり、I would like to apoligize you all and I would like to apoligize you all and express it from the bottom of my heart, "I am sorry."と言う表現がまったく違和感無く使えるわけです。 重複している文章ではないわけですね。

と言う事は、謝罪をするのかごめんなさいと言うフィーリングを伝える表現なのかと言う違いがあるわけです。

そうすると、apologizeの方は「文章として使え」、I'm sorryはフィーリングを著説あらわす表現だと言うことになります。

ですから、この違いをしっかりつかんでおけば、謝りたい、謝った、謝るつもりだ、と言うフィーリングを出すときにはapologizeと言う単語当然のごとく使いたくなるわけで、文章にするわけですね。

その謝りたい時に言う表現が「ごめんなさい」と言うせりふになるように、I'm sorryと言う表現を使うわけです。

I thank you.とThank you!の違いに似ているかな。 こちらの方が同じ単語を使うのでちょっと分かりにくいかもしれませんが、感謝しまうと言う文章か「サンキュー」と言うせりふか、の違いですね。

日本でも、謝るときに「謝罪いたします」や「深く感謝いたします」と言う表現もせりふとして使いますね。 でも、どんなときに使いますか? この表現が口から出るときの状況や感覚を感じてください。 今回の英語の表現もまったく同じなのです。 これを口語・硬い表現と分類したところでどうやって使うのかは分からないのではないでしょうか、とふと思いました。

参考になりましたでしょうか。 理解しにくいところがあったり追加質問がありましたら締め切る前にまた書いてくださいね。

アメリカに住んで40年目になりました。 何か私なりにお手伝いできるのではないかと思います。

これは大きな意味の違いがあります。 フィーリングがまったく違うということなのですね。 実際に使うと言う視点から見ると、まったく違うと言えるものであるということなのです。 ここを理解しないと結局使えないということになります。

その違いは何かと言うと、本当は簡単なことなのです。

つまり、謝罪する、と言う「動作」と、ごめんなさい、と言う「せりふ」と考えればよく分かると思います。

...続きを読む

Qエントリーシートの語学レベルという欄。

こんにちは。早速質問させていただきます。
私は現在就職活動中で、エントリーシートを出さなければいけないのですが
エントリーシートの項目の中に「得意な語学とそのレベル」という欄があります。
私は英語は中学生レベルしか分からないし、中国語も大学の授業で習いましたが
字を見て単語だけがやっと分かる・・・・か?といった程度です。
嘘を書いても筆記試験や面接の会話などから分かってしまうと思うし
どちらにせよ嘘をつくのも上手くないのでありのままに書こうと思うのですが、
どちら(英語か中国語)を、どのような書き方で書いたらいいと思いますか?
アドバイス、ご意見お聞かせください・・・。

Aベストアンサー

エントリーシートの場合は、
大学名を記入するのでその大学を卒業する程度の英語力はあると判断されます。
なので、書くとするとそれ以上のことのみです。

質問者様は大学に行かれているのに
なぜか英語は中学レベルという点はひとまず置いておくとして、
書き方としては、「特になし」が一般的です。
「特になし」が「大学卒業程度」として受け取られます。

その他の書き方としては
「TOEIC○○点」「日常会話程度」などという一般的なものもありますが、
「簡単な英文読解は可能」などと記入することで
会話は無理でも英語の記事や論文くらいは多少読めるアピールになるそうです。

とはいっても、正直に書くべきところですね。
下手に嘘をついて面接でツッコまれても困りますし。

就職活動、がんばってくださいね。

Q英文履歴書にどのように英語で書くといいでしょうか?

英文履歴書に職歴として

「受取伝票・支払伝票を起票していた」
「その他一般事務」

とはどのように英語で書くのでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

先ず、英文履歴書はgoogleで"sample resume"とすると山ほどヒットするので参考にできるはずです。
「受取伝票・支払伝票を起票していた」
ネット例ですがこれは募集している人の職務について述べています。
Responsibilities: 1.Reconcile bank balance, issue payment slips
"issue payment slips"が支払伝票を起票する、意味です。
受取伝票:これもネット例です。
Responsible for the daily collection, dispatch and control of all receipt slips related to government taxes and utility bills
このreceipt slipsが受取伝票に相当します。ついでにこの文を参考にして
Responsbile for issuing receipt (slips) and payment slips
とすると「受取伝票・支払伝票の起票を担当していた」の意味です。今も勤めているならば、担当している、意味になります。( )は省略可能です。
「その他一般事務」再度ネット例です。
Responsibilities include answering phones, customer service, and other general clerical duties.
この中の"other general clerical duties"が相当します。
これも上記と同じように Responsible for other general clerical dutiesとすれば完成です。Responsible for ... は何を担当していたという履歴書での常套句ですが、英文履歴書の参考例を基に他の表現に置き換え可能です。例えば、My responsibilities included issuing .... and other general .... のように。
参考までに

先ず、英文履歴書はgoogleで"sample resume"とすると山ほどヒットするので参考にできるはずです。
「受取伝票・支払伝票を起票していた」
ネット例ですがこれは募集している人の職務について述べています。
Responsibilities: 1.Reconcile bank balance, issue payment slips
"issue payment slips"が支払伝票を起票する、意味です。
受取伝票:これもネット例です。
Responsible for the daily collection, dispatch and control of all receipt slips related to government taxes and utility bills
この...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報