BTB溶液はブロモチモールブルー溶液ですよね?どうしてこんな名前なんですか?
他にも化学式とか性質とかいろいろ教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

乳鉢」に関するQ&A: 乳鉢

A 回答 (2件)

もうほとんど回答が出ているので、



> どうしてこんな名前なんですか?

についてだけ。

「チモール」って物質があります。スペルは thymol。構造式は
参考URLのひとつめを。

チモールがみっつくっついて、ごにょごにょ(わすれた (^^;
したものに「チモールブルー」というものがあります。これも
試薬として使われます。構造式は参考URLのふたつめを。

で、そのチモールブルーを臭化した(臭素 bromine がつく)もの
が、「ブロムチモールブルー」です。構造式は参考URLのみっつめを。

参考URL:http://www.corvardus.f9.co.uk/herbal/formula/thy …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます!すごいですね、BTB溶液って。深いですね。バッチリわかりました。

お礼日時:2001/06/10 16:10

ブロモチモールブルー(組成式 C27H28Br2O5S)という物質のpHによる変色を利用したもので、この物質を使用しているので、BTB溶液といいます。


このようなpHによる変色を利用した、いわゆる「pH比色指示薬」は色々あります。


参考までに調製法ですが、

BTB 0.1gを乳鉢にとり、0.02mol/l-NaOH 8mlを加えよく研和した後、メスフラスコに移し、無炭酸精製水で全量を250mlにします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。なるほど、ブロモチモールブルーという物質なんですね。ところで、ブロモはBr、チモールやブルーはどこからきたのですか?訳のわからない質問をしてしまって、すみません。よろしくお願いします。

お礼日時:2001/06/10 16:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数値や数式の英語表現を教えて下さい

試薬濃度を表すのにオーダーという表現を"台"という意味で
用いていますが、この表現を英語にする場合どうなるか
わからなくて困っています。
溶液中の試薬濃度が10の-2乗ミリmol/Lオーダーであった場合
英語ではどのように表現するのでしょうか?

化学に出てくる数値や数式の英語表現をまとめた
オススメのサイトを教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず,基本
http://ese.cc.sophia.ac.jp/HowToReadAndGlossary.pdf

Q化学 38%HCl溶液から20%HCl溶液を180mL調製したい。36%HCl溶液は何mL必要か?ま

化学

38%HCl溶液から20%HCl溶液を180mL調製したい。36%HCl溶液は何mL必要か?また、水は何mL必要か?

解き方教えてください

Aベストアンサー

計算不能です。
いわゆるパーセント濃度は質量パーセント濃度。水溶液の質量に対する溶質の質量の割合を示しています。
溶液の密度が与えられなければ体積を質量に変換できません。

Q標準溶液

中和滴定でシュウ酸溶液が標準溶液として用いられる理由は何ですか??
シュウ酸溶液を標準溶液として水酸化ナトリウム溶液を滴定した後、水酸化ナトリウム溶液が標準溶液となる理由も教えて下さい。

Aベストアンサー

レポートだと思うのので簡単にヒントだけ。後は辞典を参照ください。

>シュウ酸溶液が標準溶液として用いられる理由は何ですか
シュウ酸・純度は?安定性は?この二点で考えてみて

>シュウ酸溶液を標準溶液として水酸化ナトリウム溶液を滴定した後、水酸化ナトリウム溶液が標準溶液となる理由も教えて下さい。

NaOHaqのモル濃度が決まってるため短時間ならモル濃度が一定として使える。水酸化ナトリウム溶液及びNaOHは空気中の(何かの気体)と反応して濃度が変わる。ほとんど答えですが後は自分で考察しましょう。

Q酸性で赤くなるBTB溶液

私が勤めていた小学校にあったBTB溶液は濃塩酸で赤くなってしまいました。
こんなことってあるのでしょうか?
ビンにはちゃんとBTB溶液と書いてありました。

そいつには私の記憶しているBTB溶液の性質と違う点が3つあります。
(1)濃塩酸で赤くなる。
(2)もともとの色が緑(普通は青?通常、BTB溶液の色を緑色で保つのはとても難しいはず)
(3)反応が鋭敏ではない(50mlくらいの溶液に対し、10滴くらい入れても薄くしか色が付きません)

以上のことから、私は万能試験紙についている薬品なのではないかと考えましたが、確証がありません。
同じような溶液を知っている方がいましたら教えてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

フェノールフタレインと間違ってませんか。

BTBなら最初緑で、酸に対して赤で間違ってないと思いますが。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%A2%E3%83%81%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC

Q分析化学で使用する英語について

訳あって分析化学、特にHPLCに関する英文を書かなくてはならなくなりました。
そこで質問ですが、以下の用語の英訳を教えていただければ助かります。
普段何気なく日本語では使用していますが。英語になるとどうも・・・。

(1)光学純度分析
 optical purity analysis?

(2)メスピペットとホールピペット

(3)リン酸(ナトリウム)緩衝溶液

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「光学純度分析」は、多分光学純度-分析で、Optical purity analyse (analysis)。
 メスピペットはmeasuring pipette (pipet) or volumetric pipette。
 ホールピペットはwhole pipet。
 リン酸緩衝溶液はphosphate buffer。

 以上は、「英和・和英有機化学用語集」からの抜粋です。
 まあでも、#1のかたのおっしゃるとおり、図書館などで辞典などを調べたほうがいいと思いますよ。
 化学辞典の各項目には、たいてい英語などの訳語がかかれていますから。

QBTB溶液って元々は何色?

BTB溶液をビンから出して使う訳ですが何もしないで
そのまま出した時は何色になっているのでしょうか?

Aベストアンサー

中性の時は茶色がかった深緑色のような感じです。
酸性やアルカリ性に傾くと色が変わります。

Q溶液の分類

溶液は、理想溶液、無熱溶液、正則溶液に分類されるそうですが、
この分類の根拠は、熱力学的観点から、どのように説明されるのでしょうか。
ぜひ回答していただきたく存じます。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

理想溶液 ideal solution
全温度範囲、全濃度範囲でRaultの法則、溶液の蒸気圧は純溶媒の蒸気圧と
その溶媒のモル分率の積に等しい、に従い、混合のとき内部エネルギー変化を
示さず、成分間に引力の働かない溶液。

つまり、混合エントロピーだけを考えればよい溶液。

正則溶液 regular solution
混合エントロピーの他に混合熱も現れる溶液。
(混合熱は吸熱の場合も発熱の場合もある。)
混合熱は溶質と溶媒との間の凝集力、ファン・デル・ワールス力、に起因する。

無熱溶液は混合熱=0の溶液でしょうか。ちょっと不確かです。

QBTB溶液の変色しない保管方法

先日、実験で使う予定の試験液を自作しました。
BTB溶液に炭酸水素ナトリウムを加えてpHは8.0で青色の液なのですが、
保管していると色が青から緑に変わってしまいます。

時間が経っても色が変わらないようにする方法はないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本はもちろん都度調整する。
原因は御存知のように、空気中に含まれる二酸化炭素なのですから、密栓して保管する。

Q酸化性雰囲気の溶液と還元性雰囲気の溶液って、どう違うのでしょうか?

酸化性雰囲気の溶液と還元性雰囲気の溶液って、どう違うのでしょうか?
酸化性雰囲気の溶液は、酸性、還元性雰囲気の溶液は、アルカリ性ということでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「酸性」と「酸化性」とは別物です.
次亜塩素酸ナトリウム水溶液は酸化性があるけどアルカリ性だったとおもう.

QBTB溶液を使った実験なんですが…

結果はKNO3が黄緑・NaSO4が青・CaCl2が黄色になりました。

実験のときは気づかなかったんですけど、3個とも強酸と強塩基だから中性で緑になるはずでは・・・?
どうしてもわからないので教えてください!!

Aベストアンサー

 BTB(ブロムチールブルー)ほぼ中性の領域で変色するので、ちょっとした事の影響が大きいと思われます。
 用いた塩の微量不純物が影響したのではないでしょうか。 以下の様に推定します。 
 KNO3が黄緑 → 中性(pH≒7)
 NaSO4(Na2SO4では?)が青 → 弱アルカリ性(pH≒8弱)
 CaCl2が黄色 → 弱酸性(pH≒6)


人気Q&Aランキング