ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

お世話になります。

当方ベーシストです。
所有しているベースの殆どはパッシブです。
バッファーを通しローインピーダンスにした方が、
ノイズの影響を受けにくい、
ハイ落ちしにくい、
などのメリットが有ると、多数の記事を読みました。

当方が使用しているエフェクターは全てBOSS製です。
BOSSのエフェクターはバッファー機能を備えている様ですが、
それでも、エフェクターの前にバッファー単体をつないだ方が良いのでしょうか?
BOSS製エフェクターの前にバッファー単体をつないだ場合の
メリット/デメリットについてご教示願いたく宜しくお願い致します。

イメージしているバッファー単体は次の機種です。
VISUAL SOUND PURE TONE Line Driver/Impedance Buffer
http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item …

また、当方のエフェクターセッテングは以下の通りです。
通常時は最短の回路で出力するよう結線しています。

<通常時>
ベース

リミッター LMB-3

ラインセレクター LS-2

出力(アンプなど)

<エフェクト時>
ループ(センドリターン)
ラインセレクター LS-2(上記のセンドA回路)

オクターバー OC-2

オーバードライブ ODB-3

フランジャー BF-2

ラインセレクター LS-2(上記のリターンA回路)

以上です。 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

先ず、エフェクターやアクティブPUを搭載したギターやベースはすべてローインピーダンスでの出力になりますので、質問者さんの場合必要ないです。


これらの製品が出て来たのは、トゥルーバイパスバイパスが流行りだしてからですね。
ご存知の様にトゥルーバイパスは直結と変わらなくなるので、
例えば、エフェクターを1つ使用のセッティングでアンプまでが遠くシールドの長い物を使用しないといけない場合に、エフェクターがトゥルーバイパスだと、OFF時にハイインピーダンスのままアンプに接続という事になりますので、周りのノイズを拾う事がローインピーダンスの場合に比べて高くなります。
その様なセッティングではバッファを噛ませて常にローインピーダンスになる様にしてノイズを軽減させるというものです。
BOSS製品は電子スイッチなのでON/OFF変わらず常に回路を通過しており、常にローインピーダンスで出力していますので、バッファをわざわざ使う必要は有りません。
ただ、BOSSのバッファは痩せるというのが定説なので、メーカーや機器にも寄りますが、バッファ専用のエフェクターは本来の波形を取り戻して音を元気にする効果が有るので、芯が足りない様な感じを受ける場合には使ってみるのも”有り”だとは思いますが、体感出来るほど変わるという事は殆どの場合で無いと思います。
それだったら、コンプレッサーやリミッターで調整した方が体感的にも効果が大きいです。

また、基本的にエフェクターは数が多くなる程、音質的には劣化して行くので、沢山のエフェクターを直列接続するならスイッテャーで切り替えた方が良い結果になる場合が多いかも知れません。
まあ、質問者さんの場合、その辺りも考慮してのLS-2だと思うので、スイッテャーはまだ必要ない感じですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答下さり有り難うございます。
当方が知り得たい情報の全て、更に多くの情報をご教示下さり誠に有難うございます。
貴殿のコメントを拝読するに、当方のエフェクターの組み方の意図をご察し下さったのでは、と感じました。誠に嬉しい限りです。
スイッチャーに関する視点に気づかせて頂き重ねてお礼いたします。
有難うございました。

お礼日時:2014/11/01 18:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバッファーをどこに・・・

ギター(パッシブ) > コンパクトペダル3台 > 7Mのケーブルで真空管アンプに接続しています、さらにアンプのループでわ空間系マルチを使用していて、音の劣化が気になります、そこでバッファーを購入して対応しおうかと思うのですがどこにかますと効果的なんでしょうか?ギターの次?

Aベストアンサー

はじめまして。ベース暦:約40年、52歳の男性です。
パッシブもアクティブも経験し、エフェクターも何十個と買って試してきました。
(細かい経歴は、プロファイルを参照してください)

badsnackさんのご質問に私の理解している範囲でお答えしたいと思います。

まず、ご質問への回答ですが、「バッファーは、ギターの次(直ぐ後)が良い」と思います。
但し、これは音痩せ(音劣化)対策ではなく、ノイズ対策が主眼です。
何故ならば、バッファーは音痩せ防止を目的としたエフェクターではないからです。

ご質問の趣旨が「音痩せ(音劣化)対策」であるならば、以下の回答になろうかと思います。
(1)ギターのメンテ(弦の張り方(ネジレが無い)とペグの巻き方、弦高、オクターブ調整、
   ネックの反り、フレット調整など)をきちんとして、物理的に「鳴る」ギターにする。
   これができていない人が多いですネ。物理的に「鳴らないギター」は、どんなにエフェ
   クターをかましても良い音は出ません。
(2)シールド(ケーブル)は安物は使わない。また、可能な範囲で短く使う。
   特にエフェクター同士をつなぐパッチケーブルは、1本数百円のような物は、中の芯線
   (銅線)が5本程度しか入っていない粗悪品もあり注意が必要です。予算の関係もあろう
   かと思いますが、パッチケーブルは、できれば1本2,000~3,000円のしっかりした物を
   使うことをお薦めします。
(3)エフェクターは直列でつなぐ個数をなるべく少なくする。
   やはり、エフェクターやボリュームペダル等はつなぐ数が多いと音は劣化して行きます。
   直列でつなぐ個数を減らすためには、スイッチングで並列にし、チューナーを別系統に
   するとか、歪み系と空間系に分けるとかにするのも良いですネ。


「バッファーをかませる」と言う行(くだり)は、バッファーが何の役割をするのか?を正しく
理解していないといけませんので関連する事項を少し解説します。

<バッファーの意味>
バッファーとは「物と物の間が衝突や不和の状態にある場合、それを緩衝する(和らげる)」と
いうのが本来の意味です。
エレキギターやベースの世界では、出力側と入力側のインピーダンス(交流信号における抵抗値
/単位:Ω)のマッチング(状態)がよろしくない時に緩衝するのがバッファーの役目です。
通常は「ロー出し:ハイ受け」と言って、出力側のインピーダンスを低い値で出し、入力側の
インピーダンスを高い値で受ける(入力する)と電気信号的に都合が良いとされています。
つまり、出力側のインピーダンスを低くするための機器がバッファーで、言うなれば「インピー
ダンス変換装置」とでも言えます。
例えば、パッシブのベースをPA卓に直接つなぐ時、パッシブPUの出力インピーダンスは数百kΩ~
数千kΩという高い値なので、そのままではPA卓につなぐと音声レベルが低くなり、さらにそのまま
増幅するとノイズ等もいっしょに増幅するため、良い音にならないと言う不都合が生じます。
よって、パッシブPUのベースは、DI(ダイレクト・インジェクションBOX)を介し、インピーダンス値を
低くしてPA卓につなぎます。つまり、このDIがパッファーの役目(インピーダンスの変換役)をする
ワケです。
※DIは、ベースの音痩せを防ぐための機器ではありません。
※市販されている「バッファー」は、ブースターに入っているものが多いため、ブースターを
 バッファーと勘違いされている方も多いようです。

<インピーダンスとノイズ>
出力インピーダンスが高いと他の不都合もあります。
エレキギター等の交流信号はインピーダンス値が高いため、そのままケーブル(シールド)を伝わって
行くと電気ノイズに弱く、いわゆるハイ落ち等の現象が出てきます。
※その「ノイズ」を拾わないために、ケーブルには「シールド」といわれるガードが施されていて、
 ギター・ベースにつなぐケーブルを通称「シールド」と呼んでいますネ。

つまり「バッファー」は音痩せ対策のための機器ではなく、インピーダンスの不和を緩衝(調整)した
り、音声信号への不都合(電気ノイズ、ハイ落ち)を防ぐするための「インピーダンス変換(調整)
装置」と認識された方が良いかと思います。


<ノイズ 対策>
ノイズ対策をすると言う趣旨あれば、以下の回答になろうかと思います。
(1)物理的な対策(ギター本体のアース、スイッチ、ポット、ジャックの状態)をきちんとする。
(2)シールドはなるべく良い物で短く使う。(電気ノイズ対策)
(3)ギターのPUをアクティブ化する。(インピーダンス対策として)

PUをアックティブ化するとバッファ回路が組み込まれます。ギターからの出力インピーダンス値は
低く(ローに)なり、シールドに伝わる音声信号が電気ノイズ等に強くなるワケです。アクティブ
PUはEMGなどから販売されていると思います。
但し、PUをアクティブ化する際は何点か注意が必要です。
ご存知だと思いますが、バッファを組み込んだアクティブ回路のPUは、低インピーダンス値でロー
ノイズになりますが、出力が弱いためプリアンプ(電源が必要)で出力を上げる必要があります。
電源は通常、9Vの電圧(最近のアクティブベースは18Vもあります)が必要で、9Vの四角い電池を
ギターのボディーに収納しなければなりません。収納できなければザグリ(ボディの削り)を広げ
たり、新たに彫ったりすることが必要になります。
また、アクティブ化すると常に電池の残量を気にしていなければなりません。電池がなくなってくると
とてもショボイ音になります。また、LIVEの本番ステージで「電池切れで音が出ない!」ということも
あります。

<その他>
「音痩せ」を防ぐには、元々の音が太く、芯があることが重要です。
「音」は電気的な回路だけで決まるものではありません。ギター本体やネックの材質、ネックと本体の
セット状況、ナットやブリッジの材質・形状、PUの種類・位置、コンデンサーの種類、弾き方など
など、切が無い(?)ほどです。

<まとめ>
ベース暦:40年の経験から言いますと、ベースは特に「太い音」「芯のある音」を追求しますので、
私も「音痩せ」には相当悩みましたが、結局辿りついたことは・・・、
(1)元々「太い音」「芯のある音」でないと、エフェクターをかましても意味がない。
(2)物理的に「鳴る」ように、セッティング・調整を怠らない。
(3)エフェクターはオーディオレベルの物を使い、1系統あたりの個数は可能な限り少なくする。
(4)シールド・ケーブルは良い物を使い、なるべく短い物を使う。

てなところです。 ギターとベースだと少し異なると思いますが、参考にしてください。
「イイ音づくり」は悩みますが、悩めば悩むほど楽しいものです。

 楽しいギターライフを!  長文、失礼しました。

はじめまして。ベース暦:約40年、52歳の男性です。
パッシブもアクティブも経験し、エフェクターも何十個と買って試してきました。
(細かい経歴は、プロファイルを参照してください)

badsnackさんのご質問に私の理解している範囲でお答えしたいと思います。

まず、ご質問への回答ですが、「バッファーは、ギターの次(直ぐ後)が良い」と思います。
但し、これは音痩せ(音劣化)対策ではなく、ノイズ対策が主眼です。
何故ならば、バッファーは音痩せ防止を目的としたエフェクターではないからです。

ご質...続きを読む

QBOSS BD-2接続時の音の劣化

BOSSのBD-2について質問させてください。

BD-2をギターとアンプ間につないだ際の音の変化についてなのですが、
私の自宅環境では、ON/OFF時にかかわらずつないだだけで音が大きく変化します。

わかり辛いかとは思いますが、高音がシャリシャリしたり、部分的に音が抜け落ちているような感じです。

BD-2の歪み自体はあくまで「BD-2の音」なので、それが劣化を伴っているのか判断が付きませんが、
OFF時のバイパス音や直列につないだ他の歪み(特に前につないだ歪み系)の音は耳ではっきりとわかるくらい変化します。
BD-2を前につないでブースターとして使用した場合も同じような状態です。

他にKeeleyのMod、WEEDのmodも試したのですが、同様の現象が出ました。

これが多くの方が体験談として挙げてらっしゃる「音痩せ」なのでしょうか?
今まで20個くらいの歪み系エフェクターを試してきましたが、これほどはっきりとわかる物は初めてです。

BD-2を外したくないので解決策としてスイッチャーの導入を考えていますが、
同様の現象が出ている方、原因がわかる方いらっしゃれば、回答お願い致します。

BOSSのBD-2について質問させてください。

BD-2をギターとアンプ間につないだ際の音の変化についてなのですが、
私の自宅環境では、ON/OFF時にかかわらずつないだだけで音が大きく変化します。

わかり辛いかとは思いますが、高音がシャリシャリしたり、部分的に音が抜け落ちているような感じです。

BD-2の歪み自体はあくまで「BD-2の音」なので、それが劣化を伴っているのか判断が付きませんが、
OFF時のバイパス音や直列につないだ他の歪み(特に前につないだ歪み系)の音は耳ではっきりとわかるくらい...続きを読む

Aベストアンサー

ども。

エフェクタを接続した場合、多かれ少なかれ
 音質への影響は否めません。

これはエフェクタがOFFであろうがONであろうが
 ギター から アンプの間にエフェクタという「異物」
 を挟み込むのですから当たり前だったりします。

実際、エフェクタのカスタマイズなんかをやっているショップでは
 「エフェクタOFF時の音質劣化を防ぐ
  トゥルーバイパス改造なんかも受け付けます」
なんて感じで「商売」になるくらい気になる人には気になる
 変化が発生するわけですが。。。


正直な話、イワユル「アマチュア」が自宅練習くらいで気になってしまう くらい大きな音質変化が発生するエフェクタが商品として
 販売されるかというと、それはやはり考えにくいですよね。

私はWEEDのBD-2(2S/W)を使用していますが、OFF時に
 強烈な音痩せを感じたことはありません。


私が経験した「エフェクタを繋ぐだけで音質が変わる」という現象
 は「シールドの劣化」がありました。

パッチケーブルは比較的短いのでケーブルそのものが断線する
 ことはあまり無いのですが、ジャック部分の劣化(ジャック
 とケーブルのハンダ付け部分を含む)でチリチリした音に
 なってしまうことが多々ありました。

 また、「激安パッチケーブル」みたいに楽器店で売っている
 あまりにも安いケーブル(20cm=300円とか)は論外です。
 接続するだけでノイズが走ります。。。


ワウなんかは本当に接続するだけで音痩せっぽくなるものも
 結構ありますが、BOSSの製品は低コストエフェクタの中でも
 比較的良質だと思います。

シールドやケーブルの引き回しを含めて、トータルで
 最高の条件を作って見たときに、それでもやはり
 音質の変化が気になるのであれば、質問者さんとの
 相性が悪い商品なのかもしれません。


こういった「感覚的な問題」には個人差がありますので
 質問者さんが気になっている「音質の変化」が我慢できない
 レベルであれば、きっともっと自分にあうエフェクタが
 見つかると思います。

参考までに。

ども。

エフェクタを接続した場合、多かれ少なかれ
 音質への影響は否めません。

これはエフェクタがOFFであろうがONであろうが
 ギター から アンプの間にエフェクタという「異物」
 を挟み込むのですから当たり前だったりします。

実際、エフェクタのカスタマイズなんかをやっているショップでは
 「エフェクタOFF時の音質劣化を防ぐ
  トゥルーバイパス改造なんかも受け付けます」
なんて感じで「商売」になるくらい気になる人には気になる
 変化が発生するわけですが。。。


正...続きを読む

Q小出力ギターアンプ、ライブではどこまで使えるか。(PA、奏者の経験者お

小出力ギターアンプ、ライブではどこまで使えるか。(PA、奏者の経験者お願いします。)

ギターアンプについて質問です。
最近は小型の真空管アンプも増えてきています。
実際スタジオで使ってみたりもしていますが、
どの程度のアンプであれば問題無く使えるでしょうか。
具体的にワット数で切れるものではないと思いますので、
このアンプを持ち込んだらこうなった、と言うような感じでお答え下さい。


基本的に私の認識では、
・真空管アンプであれば30W以上はライブでは問題無い。
・15WくらいだとPAは必須となるが、実際の使い心地は分からない。
・10W以下は厳しいと思うが使えた例はあるのか知りたい。

ライブハウスとしてはキャパが100人程度以上の所で
ロックとかポップスの音楽だと思って下さい。

ステージ側での音響状態とPA側の感想が知りたいです。

おそらく回答は少ないと思いますが、実体験を伴わない一般論は不要です。
サイトリンクでも内容が合っていればOKです。


質問した理由としては、可能な限り小さいアンプを持ち運びたいのですが、
どこまで小さいのが使えるのかを知っておきたいためです。
自宅練習であれば5Wでも十分な場合は知ってますけど、
今回はライブでの使用を検討しています。

小出力ギターアンプ、ライブではどこまで使えるか。(PA、奏者の経験者お願いします。)

ギターアンプについて質問です。
最近は小型の真空管アンプも増えてきています。
実際スタジオで使ってみたりもしていますが、
どの程度のアンプであれば問題無く使えるでしょうか。
具体的にワット数で切れるものではないと思いますので、
このアンプを持ち込んだらこうなった、と言うような感じでお答え下さい。


基本的に私の認識では、
・真空管アンプであれば30W以上はライブでは問題無い。
・15WくらいだとPAは必須...続きを読む

Aベストアンサー

私は、No.3の方と違って「アマチュア相手の素人PA屋」なので、PA機材も中途半端だし、プロのセオリー無視のわけわからん現場ばかりですから、参考にもならんかもしれんですが…

客席向け及びモニターに。それ相応のPAは設えている(ライブハウスなら当然)現場を前提とするなら、私のような素人PA屋の尺度は
「ギタリスト本人が、ステージ上で自分のアンプの直接音を聞きたがるかどうか」
がすべてです。
もちろん、モニターから、そこそこの音量でプレイヤーにギター音を返せるのが前提でです。

ギタリスト本人が、どれほど自分のアンプの直接音を聞きたがるか…については、私の拙い延べ5~600人程度の経験値でも本当に千差万別で、全て本人次第としか言いようがないです。特にアマチュアギタリストの場合は、個人差が大きすぎるくらい大きい。

猫の額のようなステージでも、無理無理大型アンプ持ち込んで、自分のアンプ音をガンガン浴びないと「俺のプレイができねぇ」と宣う人もいれば、ちょっと質問の主旨からずれますが、持ち込みのPodからD.I.直のノーアンプで、モニターだけで全く問題ない人も居ますので。(いずれもドラム、ベースの入るロック系のケースにて)

PA通さずアンプ生音で客席に…というケースだと、本当に現場の環境次第なので、ますます一概には言えないですね。
この点については、既に同様の回答もありますが、まずはギター音がドラムと拮抗して客席後尾にまで届くかどうか…に付きます。こいつが場所によって随分違うので悩ましい。

今までの経験の限りでは、野外で背後に建物の壁面等の音の跳ね返りが有る場合なら、チューブ、ソリッドにかかわらず50W以上、できれば100W無いと拮抗できなかった事の方が多いです。ボーカルだけPA噛ませて、客席はステージ前15メートル以内。

背面に跳ね返りがない場合なら、チューブなら30Wくらいでなんとかなるケースの方が多いかなと。

これらは、ひとえにドラムの音量がキーになります。
ドラムがなければ、いずれの場合も体感音量半分くらいでも十分にギターは活きます。
15Wくらいでも半径10~15ートルくらいは、十分にライブ感が出る事も。

屋内の場合は、おおむね上記の「野外で背面から跳ね返りがある場合」に近いイメージです。音的にはだいぶ違うのですが、やっばりドラムがキーになります。
その点では、ステージの奥行きがそこそこあったり、天井高が高いか天井材質があんまりカンカンとドラムを反響しない屋内だと、小型のアンプでも客席にズバッと音が通るセッティングにはしやすいです。
ステージの間口や奥行きが狭くて、ステージ内で反響しまくったドラム音が客席に飛び出していくような場所(学校の体育館などが良い例)では、ギターアンプも相応の電気パワーで対抗しないと拮抗しませんね。

なので、キャパ100人のライブハウスで想定でどうか…となっても、私程度の経験値だと、現場見てみないと正直判断できません。
うちの地元のライブハウスでも、小体育館的な設え(見た目も音響も)のところもロフト改造の天井高の高い(吹き抜け)音的に野外に近いコンディションの所もあります。

ちなみに、私が素人PAやるような現場で、こっち側(もちろんPAスタッフ=私のバンドメンバーという関係)でアンプを用意する時は、キャパ100人台ならチューブ30W、ソリッド60Wが定番です。
それしか持ってないって事情もありますが、最悪ギターアンプにPA通せない時に、ギリギリ生音で何とか格好が付く…という経験則も含めての選択です。
キャパ200人超なら、ギターは100Wのスタック持って行きます。

私は、No.3の方と違って「アマチュア相手の素人PA屋」なので、PA機材も中途半端だし、プロのセオリー無視のわけわからん現場ばかりですから、参考にもならんかもしれんですが…

客席向け及びモニターに。それ相応のPAは設えている(ライブハウスなら当然)現場を前提とするなら、私のような素人PA屋の尺度は
「ギタリスト本人が、ステージ上で自分のアンプの直接音を聞きたがるかどうか」
がすべてです。
もちろん、モニターから、そこそこの音量でプレイヤーにギター音を返せるのが前提でです。

ギタリ...続きを読む

Qギターエフェクターのバッファーについての質問です

私はギターが趣味でバンドを組んでいます。普段私はエフェクターを多く使っています。そういう事もあり、やはり気になるのが音痩せです。それを解消しようと調べていくとバッファーというものに目がいきました。それはハイ・インピーダンスをロー・インピーダンスに変化させ音痩せを防ぐものだと分かりました。

そこで質問です。バッファーのおすすめのものを教えてください。バッファーはブースターによく付いていると聞きましたが、私はギターからすぐにバッファをかけ後にブースターをかけたいと考えているのでバッファー単体のもがいいです。

また、私は値段などの問題などからエフェクターを趣味で自作します。しかしそれもまだまだ初心者であり、知識不足であります。そこで、バッファーの自作を詳しく紹介しているページを教えてください。

長文と知識不足申し訳ありません。回答お願いします

Aベストアンサー

このあたりが参考になるのでは?
「ギター」「バッファーアンプ」あたりで検索するといろいろ引っかかります。
http://d.hatena.ne.jp/toy_love/20061201/1164912361

Qいらないと思うエフェクター教えてください!              

いらないと思うエフェクター教えてください!                バイトを始めたのでコンパクトエフェクターを集めて行こうと思っています!  今のところ4個ほど決めました! ・ディストーション ・コンプ ・イコライザー ・ディレイ   です! フランジャーが1つ家にあります! 僕はバンドでセカンド(リズム)ギターをするつもりです! ジャンルはロック・パンク系です! (1)この5つの中で必要ないエフェクターはありますか?(まとめれるなら3つほどにして欲しいです^^;) (2)逆に必要はエフェクターはありますか?   お願いします^^!

Aベストアンサー

ロック、パンクなら空間系はあまり必要ないと思う。
それと歪んだ音にコンプレッサーは必要ないと思う。

一番理想なのはアンプ直結で音を作ること。
アンプ側、ギター側も含めて機能的に音質的に不足、もしくは無いというときに初めてエフェクターを使うようにするのが一番ではないかと。

クリーンブースターとかゲインブースターを持っておくと便利かも。

ちなみに自分はKeeleyのKatanaとLovepedalもCOT50を使っています。

Qギターエフェクターバッファについて

ギターエフェクターのスイッチャーでインプットがバッファとトゥルーバイパスを切り替えられるスイッチャーを使ってます。
スイッチャーをトゥルーバイパスに設定して、あえてmoley bad horsieをループにいれ、ワウを掛けないときもループのmorley bad horsieの回路を通して、ワウがいらなくコンプだけかけたいときはコンプだけにして、常にエフェクターを1つしか使用しないときは1つしかバッファを通らないようにしようかと思うのですが、最初のバッファの位置が切り替えの度に変わってしまうのは何か不具合はありますか?
単純にスイッチャーをトゥルーバイパスにしてスイッチャーの前にbad horsieを置いた方がいいでしょうか?

Aベストアンサー

バッファはレベリングなので、基本的には何処にバッファを置いても問題は有りませんが、エフェクターの後ではエフェクターでレベル補正出来るので余り意味を成しません。
また、最近の専用タイプのバッファは性能が良く、他の機能?(ノイズ除去)コンプ作用?(平均化)も搭載されてる場合が有るので、エフェクトに寄っては効果が薄らいだり、逆に効果が過度になったりする場合が有るかも知れません。
繋いでみて、効果が許容出来るならそれで良いと思います。

まあ、通常の使用としては長いシールドを引っ張り回して、信号レベルが減少したのを補正してからスイッチャーに送り込むのが仕事ですので、数メートルのシールドでは余り効果は感じられませんし、逆にパッシブ信号の良い所(音の元気さ、リアルなパフォームレスポンス)をそぎ落としてしまう場合も有ります。(アンプ直とエフェクターを使った時の質感の違い)
また、本来バッファの使い所はエフェクトボードの入り口やエフェクトボードからラック接続時など常に入り口に設置するのが基本です。

因みに私なら初段に出て来るエフェクターがワウとコンプなら長いシールドを使う場所以外ではバッファは使いません。
何故なら、ワウは原音そのものに掛けるエフェクターですので、伴奏では大人しく平均化されていれば良いと思いますのでバッファも繋ぐ可能性も有りますが、バッファの変わりにコンプでそれは出来ますしコンプの方が寄り細かなセッティングが出来ます。
また、ソロなんかではダイナミックさが売りでも有るエフェクトですので、バッファに寄ってそれが無くなるのが懸念されるからです。(ソロの場合コンプはOFFです)
コンプは仕事がレベリングですので、バッファを通すまでも有りません。
前出の通り、バッファにはコンプの役割りを担ったものも近年では多いですので、効果としては略同じですので。
(自分は基本アンプ直派なので、コンプで平均化されたサウンド寄りもダイナミックなサウンドが好きなのでこうなるのかも知れません)

まあ、特にコレと言ったものは有りませんし、バッファは無害なのでアレコレやって自分の思うサウンドで有れば良いと思います。

バッファはレベリングなので、基本的には何処にバッファを置いても問題は有りませんが、エフェクターの後ではエフェクターでレベル補正出来るので余り意味を成しません。
また、最近の専用タイプのバッファは性能が良く、他の機能?(ノイズ除去)コンプ作用?(平均化)も搭載されてる場合が有るので、エフェクトに寄っては効果が薄らいだり、逆に効果が過度になったりする場合が有るかも知れません。
繋いでみて、効果が許容出来るならそれで良いと思います。

まあ、通常の使用としては長いシールドを引っ...続きを読む

Qエフェクターをマルチかコンパクトかで悩んでます…

今日楽器屋に行ってきました。
まだギターを始めて間もないんですが、とりあえず歪み系のエフェクターは必要だろうなと思い、bossの『os-2(overdrive/distortion)』は持ってます。

今日はコンパクトエフェクターのフェイザーとかコーラスを目当てに行ったんですが、店員さんにbossの『me-20』というマルチエフェクターを薦められてしまいました。
「どんどん買い足していくのはコスト的に学生にとってはキツイし、まず今はマルチを一つ買って、高校を卒業してからコンパクトを買い足していったらどうかな?」と。
そのときは決めきれず、お金も13000円程しかもっていなかったので今日は何も買いませんでした。

家に帰ってからインターネットでマルチエフェクターについての意見というか、使用感を調べてみると… あんまり良くないみたいですね。
そもそもなぜそんなにマルチエフェクターがバッシングを受ける必要があるのでしょうか。
僕も実際マルチエフェクターを購入する気はさらさらありませんでした。
それはマルチエフェクター自体が嫌いなのではなく、僕の好きなギタリスト(浮雲さんです)がライブなどでコンパクトエフェクターを使っているということで、「真似しよう!」という単純な理由です。

実質的にコンパクトエフェクターを繋いでいくのと、マルチエフェクターを使うのでは音が違うのでしょうか。
ネットで意見を見ていると、みんながみんなマルチを批判し、ただ「みんながマルチを批判してるから確かに俺もそう感じるかも…」というので言ってるように思わなくも無いのです。(気を悪くされた方、申し訳ないです。)

今日の楽器屋見物でマルチエフェクター購入も考えの中に入ってきました。
「マルチがいいかコンパクトがいいか、それは個人の好みです。」て言われるとどうしようもなくなるのですが、皆さんの場合はどうお考えなのか、聞きたく思い、質問させていただきました。
また、もしオススメのマルチエフェクターがあるというなら教えていただきたいと思います。
皆さんの率直な意見をお聞かせくださるとうれしいです。

今日楽器屋に行ってきました。
まだギターを始めて間もないんですが、とりあえず歪み系のエフェクターは必要だろうなと思い、bossの『os-2(overdrive/distortion)』は持ってます。

今日はコンパクトエフェクターのフェイザーとかコーラスを目当てに行ったんですが、店員さんにbossの『me-20』というマルチエフェクターを薦められてしまいました。
「どんどん買い足していくのはコスト的に学生にとってはキツイし、まず今はマルチを一つ買って、高校を卒業してからコンパクトを買い足していったらどうかな?」...続きを読む

Aベストアンサー

マルチエフェクターについては、当然メリットもデメリットもあります。そのバランスが自分の用途に合っているかどうかを、よく検討することが必要でしょう。

マルチエフェクターの利点については、配線関連や電源管理が格段に楽というところが挙げられます。コンパクトエフェクターではそれぞれをケーブルでつないでいく必要があることから、ペダルの配置を整理して考える必要がありますし、電源などについてもそれぞれのペダルごとに個別に管理する必要があります。また、コンパクトペダルでは独立した機材をつないでいく関係上、音が出ないなどのトラブルが出たときにチェックするべき項目が多くなるというのも頭の痛いところです。それに、細かなところまで突き詰めれば、ケーブルの接点は音質劣化の元になる要素ですので、配線が増え接点が多くなること自体も音質面では不利といえます。マルチエフェクターの場合は、電源は一括して管理できますし、配線関連や配置でも頭を悩ますことはないでしょう。
また、パッチを記憶させておくことでエフェクトをまとめて一気に変更することができると言うのも一つの利点ではあります。コンパクトペダルの場合は、特別な機材を追加するか、一つ一つのペダルをon/offしていくしかありませんので、たくさんのエフェクトを変更するのが難しいことがあります。

ただ、マルチエフェクターは直感的な操作が難しいものが多く、パラメータにも癖がある場合があります。特にコントロール類が簡素化されすぎて細かな調整が利かなかったり、エフェクトの内容によっては煮詰めきれないと感じることも少なくないでしょう。痒いところに手が届かないマルチエフェクターも多いと感じます。
また、マルチエフェクターに含まれるエフェクトについて、同じエフェクトで比較するとそれ単体を商品化したコンパクトの方が肌理細やかな調整がしやすかったり、音質的な品質についてもより高品位なものの方が多くあります。
それと、一部の機種を除いて、コンパクトエフェクターでは可能なつなぎ順を変えたり、一部の欲しいエフェクトだけをフレキシブルに交換したりというような使い方ができないことがあるのも、マルチエフェクターの弱点の一つともいえます。エフェクトはつなぎ順のセオリーはあるものの、つなぎ順を変えることでエフェクトのかかりを変えることができることもまた事実で、そうした要素によりいろいろと突き詰めることにも一つの楽しさがあります。マルチエフェクターはそうした楽しみができる機種が非常に限られます。

マルチエフェクターは、便利さの点ではコンパクトを突き放す利点があると思います。ただ、音質的な追求の上では、マルチエフェクターはコンパクトエフェクターよりも制約が多くなることも多いでしょう。

個人的には、自宅練習用のエフェクターと割り切るのであれば、安いマルチエフェクターでも使いでがあると思います。ただ、大型アンプにつないで使う場合には、安いマルチエフェクターでは少々心許ないかも知れません。ただ、特にこのエフェクトが欲しいと確固たる目的がない場合には、マルチエフェクターの便利さの方が際立つでしょう。マルチエフェクターを通じていろいろなエフェクターの種類や実際の効果などを知るのもよい経験だと思います。

参考まで。

マルチエフェクターについては、当然メリットもデメリットもあります。そのバランスが自分の用途に合っているかどうかを、よく検討することが必要でしょう。

マルチエフェクターの利点については、配線関連や電源管理が格段に楽というところが挙げられます。コンパクトエフェクターではそれぞれをケーブルでつないでいく必要があることから、ペダルの配置を整理して考える必要がありますし、電源などについてもそれぞれのペダルごとに個別に管理する必要があります。また、コンパクトペダルでは独立した機材を...続きを読む

Qシールドで音が変わるんですか?

フェンダーUSAのギターに安物の
シールドを使っています(5メートルでも
千円しないのや、パッチケーブルも千円くらい)

よくシールドで音が変わる、良くなると
聞きますが、本当ですか?
シールドは消耗品という意識があって、
高くていいの買ってもすぐダメになるだろうなと
思ってイマイチ踏み切れません。

それに聞き比べサイトとかで試聴しても
違いがあまり分かりませんでした。

少しずつ良いシールドを買おうと思っていますが
メーカーもそろえたほうがいいですか?
今の所ライブライン(でしたっけ?
深緑色のシールドで麻っぽい袋がついている
シールドなんですが)で統一してみようかと
思っています。

またはもっと良い(値段の高い)シールドの方がいいですか?

皆様のご意見やお勧めのシールドがありましたら
教えて下さい。

Aベストアンサー

シールドを変えることで、音が"良くなる"とは一概には言えませんが、音質が変わるのは確かだと思います。 シールドだけでなく、ギター内部のPUとポットやシールドジャックまでの配線材によっても、音質は左右されると言われますし、電気信号を伝達する過程で通過する要素は総て音質に対して影響を持つものと捉えてよいと思いますよ。 シールドも当然音質を左右するものです。 アンプ直でエフェクターを使わない人の中には、シールドをエフェクターのように音作りの重要な要素として挙げる人もいますね。
ただ、シールドの違いによる音質の違いは、エフェクターの種類の別のような明確な違いが顕著に表れるものではありません。 音抜けが良くなるとか、音像がクリアになるとか、録音されたものでは聞き取れず、直にアンプから出てくる音を聞き比べてみないと、把握できないような繊細な差だったりすることもあるでしょう。 これは、実際に数種類のシールドを並べて聴き比べをしてみるのが一番良いと思います。

シールドは、種類によって音の性格に対する影響が変わってくるでしょう。 今使っているものから乗り換えるとしたら、少なくともギターからエフェクターと、エフェクターからアンプ間の、パッチケーブル以外のシールドは一斉に替えてしまった方が良いと思います。 どちらかを代えないでおくと、その代えなかったシールドがボトルネックになり、信号を従来通りにスポイルして音質の変化を抑制してしまうと思いますよ。 とりあえずは、シールドを換えることでの音の変化を体感する意味で、パッチケーブル以外の2本のシールドを換えてみることをお勧めします。
メーカーを揃えるかどうかは、特にシールドの違いを音作りの一環として取り込むなどを狙うのでなければ、揃えてしまうのが無難なのではないでしょうか。 ただ、音作りで狙った効果を得る上で、別の種類のシールドを使ってみるのも、一つの手段になりえるかも知れませんね。 当面は、同じシールドに揃えてしまった方が楽だと思います。

シールド自体は、扱いを丁寧にすれば、それなりに長持ちさせられるものです。 巻くときに8の字巻きにするとか、ジャックの抜き差しの時にはプラグを持つとか、無理に折り曲げたり踏んだりしないなど、ちょっとした注意で劣化を防ぐことはできると思います。 消耗品という側面を持つのは確かですが、丁寧に扱えば、そんなに頻繁に買い換える必要に迫られることもないと思いますよ。

シールドのお勧めなどについては、特にこれといった物は挙げられないのですが、自分が出したい音を出すのに使いやすい物をじっくり選ぶのが良いでしょう。 高ければ良いというものではないとは思います。 あくまでも、理想の音を出すのに助けになるキャラクターを持つシールドを選定するのが焦点になるでしょう。

参考まで。

シールドを変えることで、音が"良くなる"とは一概には言えませんが、音質が変わるのは確かだと思います。 シールドだけでなく、ギター内部のPUとポットやシールドジャックまでの配線材によっても、音質は左右されると言われますし、電気信号を伝達する過程で通過する要素は総て音質に対して影響を持つものと捉えてよいと思いますよ。 シールドも当然音質を左右するものです。 アンプ直でエフェクターを使わない人の中には、シールドをエフェクターのように音作りの重要な要素として挙げる人もいますね。
ただ、シ...続きを読む

Qシールドのプラグの品質の違い

シールド(ケーブル)の音の良し悪しは聴いてはっきり分かるほど顕著ですが、それに使用するプラグってどれほどの差があるのでしょうか。
自分が今使っている楽器用のシールドはほとんど自作です。ケーブルはベルデン9395か8412が中心で、プラグはスイッチクラフトやノイトリックの他に1個80円のCLASSIC PRO製もたくさん使っています。
しかし同じ長さ、同じギター・アンプで直接続、同じフレーズという条件で弾き比べても、正直スイッチクラフトなどの所謂「良い」とされるものと80円プラグとでは自分の耳では音の差は全く感じられません。

L型プラグもよく使いますが、ちなみにサウンドハウスの通販でスイッチクラフトのL型プラグは1個450円、CLASSIC PROは1個80円です。パッチケーブルを5本作ったとするとその差は3700円にもなります。その価格差ほどの性能差が実感できないのです。

そこで教えて頂きたいのですが、これらのプラグの違いというのはどういった条件下で現れてくるものなのでしょうか?自分は最近はライブをほとんどやってないので過酷な現場での使用はあまりなく自宅かスタジオが主です。またシールドを自作しはじめて4~5年なので、もっと長期的に見ないといけないのかもしれません。そのあたり経験上で差を体感された方がいらっしゃいましたら是非教えてください。
よろしくお願いします。

シールド(ケーブル)の音の良し悪しは聴いてはっきり分かるほど顕著ですが、それに使用するプラグってどれほどの差があるのでしょうか。
自分が今使っている楽器用のシールドはほとんど自作です。ケーブルはベルデン9395か8412が中心で、プラグはスイッチクラフトやノイトリックの他に1個80円のCLASSIC PRO製もたくさん使っています。
しかし同じ長さ、同じギター・アンプで直接続、同じフレーズという条件で弾き比べても、正直スイッチクラフトなどの所謂「良い」とされるものと80円プラグとでは自分の耳では...続きを読む

Aベストアンサー

アマチュアで、バンド活動や素人PAをやっている者です。
自分の楽器用のモノは、見栄も含めてちょっと有名どころのケーブルを使っていますが、素人PAでは、ほとんどカナレのケーブルをリール買いして、XLRはノイトリック、フォンの2Pや3PはCLASSIC PROのコネクタを自分で半田付けして使っています。

フォンでは、一部のちょっと気を遣うケーブルにはスイッチクラフトやノイトリックのコネクタを使っていますが、そんな高価な機材を持っていないこともあり、コネクタによる音の違いというのは、感じたことは無いですね。
むしろ、自分の半田付けの善し悪しの方が、音の違いを感じます。音響用高級半田で会心の半田付けができたものと、急いで板金用半田で適当に作ったケーブルでは、やはり音が違います。といっても、微々たるものですが。

ただ、さすがにスイッチクラフトのコネクタは、精度が良く、頑丈で、きちんと作っている限りは、かなり無茶をしても断線の心配がほとんど無いですね。CLASSIC PROは、精度はまぁまぁですが、圧倒的に材質が柔らかく脆く、無茶をすると曲がったりします。
といっても、価格が安いので、痛んだら取り替えればよいし、半田のノリが良いので作業はとっても楽。普通に使っていれば、特に弱点がある訳じゃありません。
強いて言えば、CLASSIC PRO はメッキが薄く錆びやすい面はあります。しかし、アマチュアレベルの使用頻度なら、そんなに気にすることもないですね。

というわけで、高級コネクタが真価を発揮するのは、やはりプロの過酷な環境においてだと、私は思います。プロ現場は無茶はするわ断線などもっての他だわ・・・ですから、頑丈さは金で買える安心ですね。

アマチュアで、バンド活動や素人PAをやっている者です。
自分の楽器用のモノは、見栄も含めてちょっと有名どころのケーブルを使っていますが、素人PAでは、ほとんどカナレのケーブルをリール買いして、XLRはノイトリック、フォンの2Pや3PはCLASSIC PROのコネクタを自分で半田付けして使っています。

フォンでは、一部のちょっと気を遣うケーブルにはスイッチクラフトやノイトリックのコネクタを使っていますが、そんな高価な機材を持っていないこともあり、コネクタによる音の違いというのは、感じたこと...続きを読む

Qギターに使用するオクターバーについて

現在、BOSSのOC-2を使用しています。

アナログエフェクターにこだわるのが条件としまして、オクターバーを探しています。
BOSSのOC-2では、歪んでいる段階で使用すると特に1,2,3弦のハイポジションでは、かなり音が細く感じて限界を感じています。(音は気に入ってるのですが。。。)

質問内容ですが、、、
•音が細くなりにくいオススメのアナログ回路のオクターバーがあれば教えて下さい。
•OC-3も気になるのですが、アナログなのでしょうか?

*ベース用でもギターで使用が出来て、良い物があれば教えて下さい。

宜しくお願い致しますm(_ _)m

Aベストアンサー

T-rex OCTAVIUSとかお勧めです。

BOSSのOC-3はデジタルですが、オクターバーみたいなやつはデジタルのほうが安定してるし使い勝手はいいんですがね・・・
アナログじゃないとダメと言うならOC-2でも全然いいんですが、前にコンプレッサーをかけるとアナログのオクターバーは安定しますよ。
それと、ディレイを短い周期でかけると輪郭がハッキリします。


人気Q&Aランキング