ふるい係数って何ですか?どうやって求めるんですか?基本的なところから詳しいことまで良かったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「物理学」のカテゴリですが、透析で使う「ふるい係数」で良いんですか?



0~1の値を取って溶液の透過性を表す値です。係数が1に近ければ
通り易く、0は全く通らないことを意味します。

参考URLのひとつめで「篩(ふるい)係数 sieving cofficient(SC)」として
簡単に説明があり、求め方(係数の定義)が三種類ほど記載されています。

参考URLのふたつめには、図解として載っているので、イメージがつかみ易いで
しょうか?

参考URL:http://ww6.tiki.ne.jp/~hosoi/dialysis/dialysis.h …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q真の計数率の求め方

どなたか真の計数率(cps)の求め方を教えて下さい。
問題文と答えしか分からず、求め方が分からず困っています。

例題:
GM計数管でX線を測定したところ1000cpsの計数率を得た。GM計数管の分解時間が200μsであるとき、真の計数率はいくらか?

答え: 1250cps

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「真の計数率はいくらか?」という表現には疑問を感じますが、この問題の意図するところは、分解時間が200μsのとき、どの程度の数え落しが見込まれるか?ということを考えなさいということですね。
分解時間の意味をよく考えてみてください。解ると思いますよ。


計算は、
1つカウントしたらその後の200μsの間はカウントできないと考えてやれば、1秒間のうちカウントできなかった時間が200ミリ秒あることになり、実質的には0.8秒間に1000カウントたということで、
  1000÷0.8=1250
というわけです。

Q縦弾性係数から横弾性係数orばね定数 を求める

寸法がわかっている針金(長さ:L、直径:d)に質量Mの物体をぶら下げる。
縦弾性係数をEとする。
ばね定数kを求めろ

という問題なのですが。

k=π・d^4・G/32L

という横弾性係数からもとめるのはわかるのですが、
縦弾性係数からの求め方がわかりません。

ポアソン比もわからないので、
縦から横を求める方法も私にはわかりません。

これだけの条件でばね定数、または横弾性係数を求めるやりかたはあるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

なぜこの式なのでしょうか?
まっすぐな針金を引っ張るだけでしょう?
横弾性係数は、コイルばねのように、線素にねじり加重がかかる時に使われるのではないでしょうか?
この場合は、縦弾性係数を使って、引っ張ったときの伸びを計算すれば、おのずと、ばね乗数がでるのではないでしょうか?

参考URL:http://www.umgabs.co.jp/jp/qanda/q07.htm

QGM計数管 計数率の求め方

問題)
 β線源をGM計数管で10分測定した結果、3600カウントあった。
 この線源の計数率は 何cpmか?
 計数率の標準偏差は 何cpmか?
 計数率の相対標準偏差は 何cpmか?

よくわからないので、回答をお願いします

Aベストアンサー

放射線の計数の統計は、poisson分布をなします。
標準偏差は、√(計数値)です。
これで分かるでしょう。

微弱な放射能を測定する時、長時間かけて計数し
{√(計数値)}/(計数値) が小さくなるようにして
精度を上げています。

Q反射係数の求め方

負荷のインピーダンス Zr = 10 + j10 Ω
線路のインピーダンス Zo = 50 Ω

とした時、反射係数を求める式
(1)Γ = ( Zr - Zo ) / ( Zr + Zo )
VSWR = ( 1 + |Γ| ) / ( 1 - |Γ| )
から求められるVSWRと
(2)スミスチャートで求められるVSWR
が一致しません。
(2)で求めた値が正しいので(1)の間違いの指摘をお願いします。

(1)の計算
Γ= ( -40 + j10 ) / ( 60 + j10 ) = -0.622 + j0.270
|Γ| = 0.459
VSWR = ( 1 + 0.459 ) / ( 1- 0.459 ) = 2.70

(2)の求め方
スミスチャート上で中心=ZoでZrを通る円とR軸の右側交点の値を読む
VSWR=5.1

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

|Γ|で√計算忘れてませんか?

QGM計数管

32Pを薄いプラスチックフィルムにのせ、GM計数管で放射能を測定した後このフィルムをアルミニウム板にのせ同じ配置で測定したら計数率が高くなりました。
これは操作ミスですか?

Aベストアンサー

32Pはβ崩壊ですね。
上か下か聞いたのは、
サンプルより下に検知器がある→アルミを通したらカウントが増えた→不思議!!
上にある→アルミ箔が電子を反射する(あるいは「蛍光電子」が出る)可能性がある???
調べてみましたが、専門でない悲しさ、一体何処をみたら電子線が反射されるかどうか分かるのか、分からない。
また、GM計数管がガイガー・ミューラー管だと云うことも調べてみるまで忘れていました。GM管はベータ線を感知して電子増倍管として働く分けなのですが、(学生実験を思い出してしまった)ガンマ線やX線は感知しないのかなー。

Q静止摩擦係数と動摩擦係数について

 実際の生活において、静止摩擦係数と動摩擦係数が考慮されなければいけない物にはどんな物がありますか?特に静止摩擦係数についてしりたいです。

 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

補足をありがとうございました。
結局のところ、静止摩擦「力」、動摩擦「力」、静止摩擦「係数」、動摩擦「係数」の全てということですね。

極端なことを言いますと、
「この世に静止摩擦力というものがない」という状況を仮定しましょう。
すると、この世には、山も谷も存在できなくなります。
富士山も全部崩れて平地になります。


さて、
#2様へのお礼文を拝見するに、紙に関連した例がよいのでしょうね。

以前勤めていた職場のオフィスで、コピー機で再生紙を使うと時々紙詰まりを起こすため、再生紙の使用を禁止して、上質紙に限定という使用制限をしたことがあります。

紙と給紙ローラーとの静止摩擦力 > 紙同士の静止摩擦力
かつ
紙と給紙ローラーとの転がり摩擦力 > 紙同士の動摩擦力
という状況であれば、正常に1枚ずつ給紙されると思います。

そういった条件が、再生紙と上質紙とでは異なるのでしょう。
いかに、給紙ローラーと紙との摩擦係数(静、動とも)を高めるかが鍵なのではないかと思います。
コピー機(プリンタもそうですが)は、摩擦力に関して微妙な設計が必要なんですね。


また、
トランプのカードは、プレイするにしても、手品に使うとしても、扱いをスムーズにするためには静止摩擦係数、動摩擦係数ともに小さいほうが望ましいです。
紙にコーティングをしていますよね。
(紙製ではなくプラスチック製のカードもありますが。)


では、この辺で。

補足をありがとうございました。
結局のところ、静止摩擦「力」、動摩擦「力」、静止摩擦「係数」、動摩擦「係数」の全てということですね。

極端なことを言いますと、
「この世に静止摩擦力というものがない」という状況を仮定しましょう。
すると、この世には、山も谷も存在できなくなります。
富士山も全部崩れて平地になります。


さて、
#2様へのお礼文を拝見するに、紙に関連した例がよいのでしょうね。

以前勤めていた職場のオフィスで、コピー機で再生紙を使うと時々紙詰まりを起こすた...続きを読む

QGM計数管の測定位置による計数率の変化

GM計数管は、線源の測定位置を上げる(線源を近付ける)と計数率も上がるものだと思っていたのですが、低い電圧(放電開始電圧より低いか少し高いくらい)で測定したところ最上段ではほぼ動作せず、測定段を下げると計数率が上がるという現象が起こりました。何故なのでしょうか?窒息現象が関係するのでしょうか?考えてみましたがどうにも説明が出来ません。分かる方いましたら教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

これは明らかに窒息現象です。
線源の強度が数万cps(count per second)を超えると数え落としが数十パーセント、
酷い場合は90%以上になることがあります。このような場合、計数率は全く当てに
ならなくなります。
棚を下に移しても現象が変わらなければ、線源を弱めて再度測定します。さもないと、
危険な方に判断を誤ることになります。

http://www.bousai.ne.jp/visual/bousai_kensyu/glossary/ti05.html

に良い説明があります。

Q反発係数の求め方

反発係数を、損失係数(tanδ)から求める計算式というのはありますでしょうか。反発係数の衝突の前後での相対速度の大きさの比に意味です。計算式そのものか、参考になるリンクを紹介いただければ幸いです。

Aベストアンサー

係数は実測で求めるのです

Qガイガー計数管

ガイガー計数管の手持ちがあって、電圧については625Vとテストデーターがあるのですが、直列抵抗の値が不明です。こういう場合別の種類の計数管で2MΩというものもあるので、この程度の抵抗を付けておけば宜しいのでしょう。詳しい方、お教え願います。ガイガー計数管の型番はGMH-B-2東芝製です。2MΩと言うのはガイガー計数管D3372浜松ホトニクス製の値です。

Aベストアンサー

最大使用電圧が780V、最小負荷抵抗が1MΩなので2MΩでも大丈夫と思われます。
電流を流しすぎて連続放電域になると短時間で壊れます。

Qオリフィス菅の流量係数の求め方

オリフィス菅の流量係数の求め方を教えて頂けないでしょうか?
流体の本では

Q=C・A√(2/ρ*ΔP)

Q:オリフィス菅を流れる流量、A:オリフィス面積、
ρ:流れる流体の密度、ΔP:オリフィス菅の上流と下流の差圧

と書かれて、流量係数:Cは0.6と近似して求めるとありますが、この流量係数を、レイノルズ数や流速から求める方法、計算式はあるのでしょうか?

また、オリフィス菅の管摩擦係数の求め方も教えて頂けないでしょうか

Aベストアンサー

前半だけ。
ないです。経験値ですから。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング