自分は九州は宮崎県の民謡「刈干し切り唄」の歌を練習中の、60歳の民謡大好きおじさんです。しかし、よくこの唄を研究をしていくと、歌い方に大きく2通りの節回しがあることを知りました。流派のようなものでもあるのでしょうか?。そこでどなたか、この唄のことについて詳しく存じていらっしゃいましたら、ご回答のほどよろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

どこの民謡でも地元で歌い継がれてきた正調と、後に採譜され有名民謡歌手がレコードに吹き込んだ普及タイプの二つの歌い方があると思います。

(郷土民謡として
新しく作られた民謡は別ですが)

日本の民謡の中でも珍しい哀調を帯びた節回しの刈干切歌にも正調があります。一般の人には歌いにくい、しかし味わいぶかい節回しです。高千穂町観光協会に問い合わせれば正調刈干切歌のCDかテープが入手できると思います。

高千穂町観光協会  TEL(0982)73-1213
    • good
    • 0
この回答へのお礼

martinbuhoさん、「刈干し切り唄」に関してのご回答を早々にありがとうございました。
自分も、深く哀調の漂うこの唄に込められた、何とも言えぬ節回しに魅了されて、
今でも下手なりに唄の練習に励んでいるところです。
回答の中にもありました観光協会の連絡先に、早速明日にでも問い合わせてみたい
と思います。
この度は貴重な回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/10 17:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東国原知事について。(宮崎県以外の人にお聞きします、どこまで宮崎は有名に?)

宮崎県に住んでいる東さんを応援している者ですが、そのまんま東さんが知事になって、
東国原知事
としてTVとか出てるのですが、どのくらいの宮崎PRになっているのでしょうか?
PRする前の宮崎県の存在・イメージと、PR後の存在・イメージ、なんでも良いので知っている事おしえてください。
場所とか分かるようになってもらえてたら嬉しいのですが、…
自分の県に住んでいるのであまりPRの凄さが分かりません。
土手沿いを散歩していたら 東国原さんが横をあいさつしながらジョギングしていく事もあり、あまり大きな事に気がしません…(笑

Aベストアンサー

残念ながら、知事の行動ばかりが目立ってしまい、
宮崎のことは何ら伝わっていない印象です。

さすがに場所はわかりますが、私が宮崎といえば?と聞かれれば…
・昔は新婚旅行が多かったらしい
・巨人が昔キャンプをしていた
・シーガイアがあるが、あまり経営状態が芳しくないらしい
・娯楽が少なく、パチンコ屋が多い
こんなイメージです^^;
知事が変わってからもとくに変化ありません・

Q中世ヨーロッパに剣の流派は?

 ○○流、とかいう剣法の流派やその道場が日本には色々存在しますよね。同様の物がヨーロッパにもあるのではないかと想像しているのですが、ちょっと調べただけではわからなかったので、知っている方どうぞ教えてください。
 また併せて、どのような流派やその道場(のようなもの)があるのかも教えてください。現代も知りたいですが、中世ヨーロッパの方がもっと知りたいです。

Aベストアンサー

 まずはじめに日本の話からはじめますと、日本で剣術家、いわゆる兵法使いが現れ始めたのも実は戦国時代には言ってからの事で、それまでは剣術と呼べるようなものは存在しなかったといいます。というのも剣術は個人戦闘技能であり、集団戦闘技能ではなかったため決闘などがあまり行われなかった頃には必要とされなかったためです(その関係で戦国時代末期になるまで剣術で用いる打刀と呼ばれる軽く振り回しやすい小ぶりな日本刀はありませんでした)。
 そして、西洋でもまったく同じ事がいえます。西洋での戦闘術は集団戦闘術が先行して発展しました。それはギリシアのファランクスや、ローマ帝国のパイク戦闘などから知ることが出来ます。そのため個人技能としての剣術はあまり重視されず、剣術と呼べるものは発展しませんでした(個人戦闘といえばコロッセウム等が浮かびそうですが、戦わされたのは剣奴と呼ばれる奴隷であり、そんな彼らに剣術を大系できるような余地はなかったのは想像に難くありません)。それから、西洋の戦は敵を殺すよりも生かして捕虜にし、身代金を要求するのが普通だった事もあり、斬るよりも昏倒させる方が便利だった事もあります。
 さらにもう一つ。実は西洋の剣には刃というものがついていません。なぜならチェインメイル等で武装する西洋戦闘において、刃というのはあまり意味がなかったためです。さらにその鎧が動きを制限してしまい、刃筋を立てるなどといった器用な事は不可能でした。ですから、剣といっても鈍器に近かったのです。また、剣自体の重さも相当なもので、型と呼べるものが出来うる代物ではなかったといいます。
 そして、決闘というと中世の騎士も思い浮かびますが、彼らは騎馬にまたがり、ランスを構えて相手を落としあう、という決闘形式をとっていたので、剣をもともと使用しませんでした。
 最後にもうひとつ、決闘と言えば貴族の剣、いわゆるレイピアもありますが、これは突きしかなく、型を作るにはあまりにも攻撃方法が少なすぎた為、また、使い手が貴族ということもあり、剣の型がたとえあったとしても、○○流のだれそれというよりも○○家のだれそれのほうが重要であり、流派としての体系で広まる土壌がありませんでした。
 こうして、西洋では剣術というものが発展しなかったわけです。

 以上、私が文献をあさってかつて得た知識をまとめてみました(ただし元の文献が間違っていないとは限りませんんで「自信なし」とさせていただきます)。
 長文で申し訳ありません。何かの参考になれば幸いです。

 まずはじめに日本の話からはじめますと、日本で剣術家、いわゆる兵法使いが現れ始めたのも実は戦国時代には言ってからの事で、それまでは剣術と呼べるようなものは存在しなかったといいます。というのも剣術は個人戦闘技能であり、集団戦闘技能ではなかったため決闘などがあまり行われなかった頃には必要とされなかったためです(その関係で戦国時代末期になるまで剣術で用いる打刀と呼ばれる軽く振り回しやすい小ぶりな日本刀はありませんでした)。
 そして、西洋でもまったく同じ事がいえます。西洋での戦...続きを読む

Qこの民謡のタイトルが分かりません。

この民謡のタイトルが分からず、少しもやもやしています。
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて頂けないでしょうか? 
※途中から音量注意です。

https://www.youtube.com/watch?v=ZptIvTwr4Rk

Aベストアンサー

ソーラン節の最初の方です
https://www.youtube.com/watch?v=EATo6mUcxEA

Qお手玉遊びの唄なんですが…。

先日のTVで下町の昔の遊びの唄があって、「♪1かけ、2かけ、3かけて/4かけ、5かけ、橋をかけ/橋の欄干手を腰に/橋の向こうを見渡せば/17・8のねえさんが/手に線香と花持って/ねえさん、ねえさんどこいくの/私は九州鹿児島の/西郷隆盛むすめです/…♪」と歌いながらお手玉をしているシーンがありました。私はこの唄を小学校の頃、祖母に教わった記憶がありますが祖母は今はもう亡く、歌詞の確かめようがありません。祖母は大正9年生まれ、私は34歳、二人とも東京都江東区の下町育ちです。母は、全く覚えてないそうです…。どなたか、歌詞を最後までご存知の方はいらっしゃいませんか?一緒にTVを観ていた娘から歌詞が全部知りたいとせがまれてしまって、困っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

著作権協会の承認の有無が確かめられなかったのでここにURLを載せることができませんが、Yahoo!で「お手玉 数え 一かけ」と入力して検索してください。
「わらべ歌」というタイトルのサイトの中に「一かけ/鹿児島県内各地」という唄がありますので、その中に歌詞が載っています。

Qのぞきからくりで流れる歌(唄?)

のぞきからくりで流れる歌は(長唄とか囃子みたいにジャンル分けすると)なんという種類の歌なのでしょうか?
またCDなどは販売されているものなのでしょうか?
分かる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

のぞきからくりという大道演芸として独特といえますが、声だけをみるなら、節談説教(ふしだんせっきょう)とか説教節(せっきょうぶし)というものの語り(うた)とほぼ同じでしょうね。

CDなども、小沢昭一さんのをはじめ、いろいろあります。「のぞきからくり」として録音されているものもあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報