損害賠償金を受け取った場合は消費税の課税対象外とのことですが

例えば、店に置いてる商品の茶碗を
お客が落として割ってしまい、その茶碗の代金に相当する金額を受け取った場合、というのも
損害賠償金に相当するのですか?

もしそうだとしたら、例えばその茶碗が税込108円だったとしたら
お客からは税抜対価の額である100円しかもらってはいけないのですよね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

念のためコメントすれば、保険金の受領は不課税です(消費税法基本通達5-2-4)。

課税取引になるとする回答があるようですが誤りです。
https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/t …

なお、108円を代金相当額として受領したのではなく、売買代金として受領したのでしたら、課税です。実務としてはありうる処理です。ただ、割れた茶碗がそもそも売買取引されるのかという観点からいえば、実態からかい離する処理は税務リスクがあります。損害賠償金として処理するか売買取引として処理するかは、金額等を加味した経営判断になるでしょう。
    • good
    • 2

108円で売れるものを、お釈迦にされてしまったので、お買い上げいただいたわけですから「売上」です。


「おいおい、買ってくれないとこまるぜ」「はい、代金払います」というだけの話です。

「まっとうな商品のままお買い上げいただいたら消費税がかかりますが、買い手が破損した物などを買い上げていただく場合には消費税はいりません」では、ないわけです。

108円もらっていいのです。

ここで、車で店頭に突っ込んでしまって、商品の多くを破損してしまったケースを考えます。
お店では「商品がダメになったぶんは、買い上げてくれ」と請求します。
この請求は売上金の請求ではなく、損害金の賠償となるわけです。
店に突っ込んだ方が、そのお財布から現金で支払ってくれればいいですが、ほとんどは加入してる保険から支払いされるでしょう。
この支払いされた保険金は売上金の代わりに支払いされたものですから「課税売上」になります。

「損害賠償金を受け取った場合は消費税の課税対象外」と一言にいうのは「ブー」です。
その支払いをうける原因によって判断します。
    • good
    • 1

損害賠償金は、債務不履行や不法行為により生じた損害の填補のためにやり取りされる金銭全般をいいます。

店舗の棚にある茶碗をお客様が割ってしまった場合、一般的にはお客様の債務不履行ないし不法行為になりますから、代金相当額を受け取ればそれは損害賠償金です。

そして損害賠償金は、原則として課税対象外、一定の場合に限り課税対象となります。ご質問で例示なさっている茶碗などの棚卸資産については、そのまままたは軽微な修理をほどこせば使用できる場合で、それをお客様に引き渡したのでしたら、課税対象です。茶碗でいえば、ごく一部が欠けた程度でお客様に持って帰っていただいたのなら、課税対象にできるでしょう。
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6257.htm

ただ、消費税が課税されるかどうかと、損害賠償金としていくら受け取ることができるかとは別問題です。販売価格が108円であればそれだけの現金収入の機会が失われるのですから、108円を受け取って何ら問題ありません。
    • good
    • 1

>落として割ってしまい、その茶碗の代金に相当する金額を受け取った…



それは、お買い上げいただいたと考えて、108円もらえば良いです。

損害賠償金とは、例えば自動車が突っ込んできてお店が大破し、何日間か休業を余儀なくされたので、その休業補償を受け取るようなことをいいます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q税抜経理から税込経理へ

会計ソフトを使い前期まで税抜処理設定していましたが、先日、税込に変更しました。元帳に仮受と仮払い消費税の額が前期末のまま残っていますがどう処理すればいいのでしょうか?貸借対照表も期首は税抜き、期末は税込みのようになっているのでしょうか?それはそれでいいのでしょうか?

Aベストアンサー

再び#2の者です。

なるほど精算処理をしていなかった訳ですね、仕訳で示すと次のような感じになります。

仮受消費税/仮払消費税
       /未払消費税
       /雑 収 入(場合によっては雑損失)

本来は、前期末に処理すべき仕訳だったので、厳密に言えば、修正申告すべき事となりますが、ただ実際に所得に影響するのは雑収入部分だけですので、本則課税であれば、ほんの端数分だけの金額と思いますので、当期に入って処理しても、さほど問題はないと思います。
ただ、もし簡易課税で、雑収入の金額がそれなりの金額になるようでしたら、前期にその収入を計上漏れしている訳ですので、その場合は修正申告すべきとは思います。

Qキャッシュフロー計算書の数字は税込、税抜、どっち?

キャッシュフロー計算書を使って、実際にキャッシュが手元にいくらあるのか計算するには、税込み金額で入力した方が良いのでしょうか?
いま会社で、税抜きで入力していて、そのデータを使って入力しようと思ったのですが、どっちの方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

キャッシュフロー計算書はキャッシュの動き見るものやもの、税込でも税抜でも出てくる結果は同じやで。

税込でも税抜でもキャッシュの動きは変わらへんやろ。

Q税込会計・税抜会計

税込み会計と税抜き会計の意味合いと最終目的を凄く簡単に細かく教えて下さい。
宜しく御願いします。

Aベストアンサー

本来は、税抜き会計の方が優れています。
税込み会計ができたのは、消費税が導入された時に
コンピューターの会計ソフトを改造しきれなかった
事情が発端でした。その後、税抜き会計の会計ソフ
トもできましたが、税込み会計のままでも慣れれば
問題はないということで現在では併用されています。

Q税込から税抜へ(経営状況分析のため)困ってます。

税込から税抜へ(経営状況分析のため)困ってます。

お世話になります。

経営審査のため、決算書を税込から税抜へする必要があります。
課税・非課税は、分けてあります。減価償却はしません。
確認したいことと、質問したいことがあります。
詳しい方、1つだけでも教えていただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

1.確認したいこと
基本的に・・・
課税収益を、 (借)工事収入×100/105 (貸)仮受消費税
課税費用を、 (借)仮払消費税   (貸)費用×100/105
今期購入の資産、(借)仮払消費税  (貸)建物×100/105
と仕訳を切っていけば、よいのでしょうか。

2.材料仕入れは、どの部分を税抜きに直すのでしょうか。
期首材料+当期仕入-期末材料=売上原価のなかの、
期首・当期仕入・期末の全てに、100/105を掛けて、
1の課税費用のような仕訳を切れば、よいのでしょうか。

3.租税公課勘定に入っている消費税
租税公課勘定に、当期支払った消費税が入ってしまっています。
この消費税は・・・
(借)仮払消費税 (貸)租税公課 と切ればよいでしょうか。

4.租税公課勘定に入っている消費税(昨年度支払うべき分)
昨年度の消費税も、今期、租税公課で仕訳切っております。
こちらは、
(借)租税公課(前期修正?) (貸)租税公課 とでも、
切っておけばよいのでしょうか。それとも、放置でしょうか?


ぜんぶの処理で、不安があり、
5時間くらい机に向かったものの、
B/S、P/L、S/Sが、全然連携とれません。
どうかお助けください。

税込から税抜へ(経営状況分析のため)困ってます。

お世話になります。

経営審査のため、決算書を税込から税抜へする必要があります。
課税・非課税は、分けてあります。減価償却はしません。
確認したいことと、質問したいことがあります。
詳しい方、1つだけでも教えていただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

1.確認したいこと
基本的に・・・
課税収益を、 (借)工事収入×100/105 (貸)仮受消費税
課税費用を、 (借)仮払消費税   (貸)費用×100/105
今期購入の資...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

まず1.2.ですがおそらく100/105ではなくて5/105だと思います

3は、期首そのまま、期末は税抜が良いと思います

4.5.はそのまま租税公課です(ただし別紙か注記かを作成し金額を明らかにしないと誤解されるかもです)

経営審査の書類を作成したことはありませんが税抜き経理でないといけないとは知りませんでした。

Q消費税の税抜と税込の混在処理について

昨年会社を興したばかりですのでまだ免税業者ですが、
将来のことも考え、弥生会計では納税業者と設定して日々帳簿を付けています。

現在は税込価格(切り捨て)にて仕訳をしているのですが、
取引先では税抜で処理しているところがあり、
今回下記のような取引で不明な点が出てきました。

-----[取引先からの明細書]----------
 商品金額:  \1,215
 送料:    \570
 手数料:   \0
 消費税:   \89
 ご注文額合計:\1,874
-----------------------------------
弊社は税込価格で処理しているので、下記のように処理しました。

売上高 1275 / 買掛金 1275
荷造運賃 598 / 買掛金 598

すると合計が1873円となり1円の差額が出てきます。
これはどういう風に処理すれば良いのでしょうか。

Aベストアンサー

送料などの付随費用は仕入高に含めて処理します。
ですので、税込み経理で処理するなら

 仕入高 1,874 / 買掛金 1,874

となります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報