『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

大航海時代の水夫は、結構過酷じゃないですか。荒くれ共というイメージがあり、海の男だった彼らですが、自ら進んで水夫になった理由はなんでしょう?
以下に、水夫が敬遠されてしかるべき理由を書きました。

◎ 船が難破して死亡する危険。
◎ 海賊に襲われて死亡する危険。雇用者の命令しだいで、自らも海賊に?
◎ 食事が単調で、栄養失調にかかる。壊血病は海賊以上に恐ろしかったとも。
◎ 水夫は羽振りが良かった? しかし、金は上陸した時しか、使えない。酒場とか。
◎ 自由が無く、上官に逆らえば鞭打ちの刑で死亡。
◎ 女の無い、男ばかりの共同生活。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>自ら進んで水夫になった理由はなんでしょう?


自ら志願したのはごく少数でした。
船長と徒弟契約を結んで弟子入りの形で船乗りをめざしました。
多くは貧農の子供達でした。
船長から親に何がしかの礼金が支払われました。

大半は農民の強制徴用でした。
表面上は日本で言えば年貢としての役務と同じようなものですが、否も応もなく徴発して船に乗せました。
スペインは、この強制徴用を繰り返した結果農産物不足という事態を引き起こしました。

イギリスは想像を絶するほどムチャクチャでした。
港に周旋屋が酒場や安宿を開いていました。
目星をつけた若者に飲ませ食わせした挙句借金漬けにして、商船に無理やり乗り込ませました。
これはまだ良い方です。
海軍は港ごとに徴発隊を設けて、市中や農村でぶらぶらしている若者を片っ端から捕まえて船に送り込みました。
放浪者取り締まり法なるものがあり、都市の市長に徴発権が認められていました。
軽犯罪者だろうがなんだろうが目障りとなると、捕まえて海軍に引き渡していました。
これで足りないと、航海中の商船に横付けして強制的に船員を徴発しました。
当然他国の商船に対しては容赦がありませんでした。
中には航行不能になる商船もありました。

上官に逆らえばむち打ちなどというのは、このように強制的に集めた連中を従わせる手段でした。
詳しくは下記のサイトをご覧下さい。

イギリス海運における船員雇用
www31.ocn.ne.jp/~ysino/ronbun1/page031.html

なにせ国家が海賊と契約して、他国の貿易船を襲わせていた時代です。
私掠船と呼ばれました。
他国の貿易を妨害するのには船を襲うのが最も手っ取り早い方法でした。
無線の無い時代です。遭難したのか襲われたのかは全く分かりません。
襲うにしてもレーダーなど無い時代です、広い大西洋のどこに商船がいるのか分かりません。
年中海の上をウロウロしている海賊連中を使わない手はありません。
海賊にすれば、少なくても契約した国の港には安全に寄港できて、新鮮な水も食料も手に入りました。
お互いハッピーです。

ともかく日本人の感覚を遥かに超えています。
倭寇などかわいいものです。

それでもコロンブスやマゼランのような連中が現れたのは、当時の航海は文字通り命がけで無事帰る保証はありません。
その見返りとして、船員が個人的に胡椒などの商品を持ち帰ることを認めていました。
無事に帰り付けば、多額の金が手に入りました。
農村で地主にこき使われているよりはましな生活が待っていました。
港町で僅かばかりの日銭稼ぎの商売をやっているよりはと、一獲千金を狙う若者も後を絶ちませんでした。
それこそ船長になって何航海か無事に済ませれば富も名声も手に入りました。
船は一航海毎に投資家を募って資金を集めて出航準備を整えて出航していました。
船が無事帰れば何倍にも、時には何十倍にもなって戻ってきますので、投資家は後を絶ちませんでした。
これを組織的にやっていたのが各国の東インド会社という組織です。
この貿易商人達が作った国がオランダです。
キリスト教の布教などのには目もくれませんでした。
江戸幕府と仲良くなるわけです。

当時のイギリス海軍については、セシル・スコット・フォレスターという人が書いた小説があります。
「海の男 ホーンブロアーシリーズ」としてハヤカワ文庫から出版されています。
一度お読みになられることをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

マゼランの船が持ち帰った5樽の胡椒で、旅の費用がまかなえた、とかいう話を聞きました。
水夫が恩恵にあずかることもあったのでしょう。
水夫達は、挑発された、というのと一攫千金と両面があったのでしょう。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/11/02 21:12

英語の動詞に shanghai という上海の小文字版があります。



shanghai

音節shang・hai 発音記号/ʃæŋhάɪ/
【動詞】 【他動詞】
(shanghaied; shanghai・ing)

1 (昔)〈人を〉(水夫にするため)麻薬を使って[酔いつぶして,脅して]船に連れ込む; 誘拐する.

2〈人を〉だまして[強要して]〔…を〕させる 〔into〕.

shanghaiの意味 - 英和辞典 Weblio辞書
http://ejje.weblio.jp/content/shanghai

ご質問のように敬遠されていても、水夫になって海上にいたらもうオシマイ、というだけです。そういう時代なんですもの。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

英単語に歴史を感じる、ということで感心しました。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/11/02 21:16

手になんの職もない人間が一攫千金を狙うのは昔から水夫なんですよ。


戦前の日本でもニシン船に乗る話はよくあったでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2014/11/02 21:12

もちろん一攫千金狙いに決まってるじゃない。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2014/11/02 21:13

>自ら進んで水夫になった理由はなんでしょう?



大航海時代には今ほどの職業選択の自由が在った訳ではないので、自ら進んで水夫になった水夫は少数派だったと考えなければいけません。

江戸時代の日本で毛皮職人になった者と同じように、自ら進んで選ぶのではなくて、親や周囲の事情で水夫になった者が大部分でしょう。

少数の者は自ら進んで水夫になったでしょうが、少数の者には少数意見(=多様な意見)がある訳であって、一般論で理由を一括しようとするのは間違えです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

当時はさほど職業を選べなかったのかもしれません。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/11/02 21:03

それでも、大海原に飛び出して世界を見る事が好き。


命を懸けて危険な山に登る登山家も、その頃まだまだ安全では無い飛行機に乗るのも、同じように冒険心が有るからでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

漫画のように冒険心というのもあるでしょうね。挑発された、よりは夢があります。
ありがとうございます。

お礼日時:2014/11/02 20:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大航海時代の食料品について。

パイレーツオブカリビアン など帆船での長い航海中の食料ですが どの様な食事をしていたのでしょうか? 魚とかも釣っていたのでしょうか? 塩漬け肉とか? チーズとか? 保存方法は?パンとかには、カビなどがすぐ発生してしまわないのでしょうか? 肝心の飲料水は樽詰にしていたのでしょうが、暑さで腐ったりするのをどう防いでいたのでしょう?

Aベストアンサー

肉などは塩漬け及び干物
魚を釣るためには、停船しなければならないので本末転倒
まあ、風待ちとかのタイミングならアリ

パンは小麦粉の状態で運び、必要に応じて焼く

飲料水は運べる量が限られるので雨水で補充

豆類などは、乾燥させれば長期保存も可能なので重要な食料

長期保管のためには、乾燥させるか又は塩漬けなどが基本

Qランタンとカンテラの違いについて教えてください

中世ファンタジー小説やゲームで、「ランタン」や「カンテラ」が使われる場面があるのですが、両者の違いがわかりません。
辞書にはランタン→角形の手提げランプ。
カンテラ→携帯用の石油灯。
と、記載されております。
もし分かる方がいらっしゃれば、お手数ですが教えて頂ければと思います。

Aベストアンサー

No.1さんと大体同じです。
私はランプ屋の回し者ではありませんが、下のURLに、現在のランプ用語の使われ方の相場が出ていると思います。

明治時代に日本で使われていた室内用の「ランプ」「らんぷ」↓
http://store.shopping.yahoo.co.jp/edogawaya-lamp/c4dfa4eaa5.html
http://store.shopping.yahoo.co.jp/edogawaya-lamp/a5b9a5bfa5.html

「ランタン」のハリケーンタイプ↓
http://store.shopping.yahoo.co.jp/edogawaya-lamp/a5cfa5eaa5.html

「カンテラ」↓
http://store.shopping.yahoo.co.jp/edogawaya-lamp/a5aba5f3a5.html

私は次のように区分しています。

「ランプ」「らんぷ」:明治時代に使われていた和風のタイプ。昭和に入っても山小屋などで使われています。

「ランタン」:洋風の外用のランプ。農家やアウトドアで使われているタイプ。

「カンテラ」:洋風で、工場や炭鉱、駅などで使われる主として手提げ用。ぶつけても中が壊れないようになっている。

No.1さんと大体同じです。
私はランプ屋の回し者ではありませんが、下のURLに、現在のランプ用語の使われ方の相場が出ていると思います。

明治時代に日本で使われていた室内用の「ランプ」「らんぷ」↓
http://store.shopping.yahoo.co.jp/edogawaya-lamp/c4dfa4eaa5.html
http://store.shopping.yahoo.co.jp/edogawaya-lamp/a5b9a5bfa5.html

「ランタン」のハリケーンタイプ↓
http://store.shopping.yahoo.co.jp/edogawaya-lamp/a5cfa5eaa5.html

「カンテラ」↓
http://store.shopping.yahoo.co.j...続きを読む

Q中世ヨーロッパの貴族の生活や庶民の暮らしについて

最近中世ヨーロッパに興味を持ち始めた者です。
いくつかわからないことがあるのですが、
・貴族は普段どのような仕事をしていたのでしょうか?
・庶民や商人などは貴族の地位にはなれなかったのでしょうか?
・貴族は再婚や離婚はできたのでしょうか?

・中世ヨーロッパの庶民の暮らしや、
 建築・裁縫(当時の原料が載っていると嬉しいです)が
 書かれているホームページや本がありましたら教えてください。
・もっと勉強したいので、お勧めのホームページや本も教えていただければ嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>「ノートルダムの背むし男」は「ノートルダムの鐘」でしょうか?

「ノートルダムの背むし男」はアンソニー・クイーン、ジーナ・ロロブリッジ主演の50年以上前のハリウッド映画です。
ディズニーの漫画映画のタイトルは「ノートルダムの鐘」です。

その他にも「ロビンフッド」や「ジャンヌダルク」『The Name of the Rose』の映画も中世ヨーロッパが舞台です。
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Name_of_the_Rose_%28film%29

また、ヨーロッパの中世が終わる1517年にはルターの宗教改革がはじまった年でそれから、グーテンベルクの印刷技術により聖書がドイツ語で出版されるなどヨーロッパの歴史上たいへん大きな出来事がありました。
それまでカトリック教会はたいへん多くの献金や巡礼者のもたらすものでたいへん富んでいましたが、ルターの宗教改革により収入はほとんどなくなります。
それまで、カトリック教会は巡礼者を呼ぶために、立派な教会を建て、有名な彫刻家や画家に作品を作らせますが、宗教改革以降、宗教画など
資金不足によりずっと数を減らします。

ドイツでは初夏~秋にかけてあちらこちらの城で中世の生活を体験できる催し物が行なわれます。

参考URL:http://www.ritterturnier.de/

>「ノートルダムの背むし男」は「ノートルダムの鐘」でしょうか?

「ノートルダムの背むし男」はアンソニー・クイーン、ジーナ・ロロブリッジ主演の50年以上前のハリウッド映画です。
ディズニーの漫画映画のタイトルは「ノートルダムの鐘」です。

その他にも「ロビンフッド」や「ジャンヌダルク」『The Name of the Rose』の映画も中世ヨーロッパが舞台です。
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Name_of_the_Rose_%28film%29

また、ヨーロッパの中世が終わる1517年にはルターの宗教改革がはじ...続きを読む


人気Q&Aランキング