gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

質問内容必須 バイト先でシフトを一方的に減らされた場合労働基準監督署にいえば指導とかしてくれるのでしょうか?週5で入っていたのですが週2ぐらいに減らされた場合契約書には特に週5とは書いてないのですが、一応今までのシフトはメモして取り置いてあるのですが(給料明細も)‥これは一応証拠になるのでしょうか?バイトのシフト減らされたぐらいでそもそも労働基準監督署はこんなことぐらいで指導とかしてくれるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>バイト先でシフトを一方的に減らされた場合


>労働基準監督署にいえば指導とかしてくれるのでしょうか?

 「契約書」に書いてない以上
仕方ないでしょうね

>これは一応証拠になるのでしょうか?

 減らされた証拠になるけど
別に違法じゃないじゃないし

>労働基準監督署はこんなことぐらいで
>指導とかしてくれるのでしょうか?

 「契約書」に書いてない以上
仕方ないでしょうね
    • good
    • 0

それがバイトで有りシフト制ですからね。


労働基準監督署に行っても相手にされず、逆にバイト先で居づらくなると思いますよ

給料未払いやパワハラとかで何度か行った事がありますが、労働基準監督署には力が無く基本話を聞いてくれるだけで何もしてくれません。やるなら自分で裁判を起こして下さいという感じです。

バイトの掛け持ちをしてみては如何でしょうか?
    • good
    • 1

たぶん契約書に


「雇用者の都合で雇用条件の変更を出来る」 
みたいな記述が有るかもしれません
これと似たような感じの文章が書かれていたら、無理です

雇用契約書には、色々な場面を想定して
企業に都合の良いように書かれているものです
ですから
大抵の場合、あなたの訴えは退けられてしまうと思いますよ

一度契約書を良く読んでみましょう
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q勤務時間が一方的に減らされるのは違法ですか?

勤務時間が一方的に減らされるのは違法ですか?

私はインターネットカフェでアルバイトをしている女です。
1年前から8~16時まで1時間休憩、7時間勤務です。

たまに店の都合で8~14時勤務になったりします。

出勤日数もシフト制で、週5日出れると提出しても3日になったり4日になったりします。

勤務日数については働く前から聞いていたので仕方がないと思ってるのですが
このたび、新しい店長がきて
早番は8~14時勤務に統一したいと考えているそうです。
なので休憩30分を引くと5.5時間勤務になってしまいます。
(おそらく来週のシフトから変わりそうです・・・。)

それで週3日とかになると収入が激減して、困ります。

店も店で経営の事とか大変だろうとは思いますが、
常にスタッフは2~3人いないと回りません。

16時までを14時にしたら16時からシフトインしてる人が14時からになってその人たちは2時間多く働くor次のシフトの人も2時間早く出勤になるとか
はっきりとわかりませんが、とにかく店に最低2人の人員が必要なのです。

店長の独断でスタッフの勤務時間を減らすのは許されることなのでしょうか?
違法だとしたらどういう行動をしたらいいのでしょうか?

私は以前、派遣で事務の仕事をしていたのですが
派遣会社と勤務先の手違いで8時間勤務のつもりで行ったら6時間勤務だと言われ
それを派遣会社に話が違う!と言ったら対応してもらったことがあります。

今回の事は直のアルバイトなのでどうしたらいいのか・・・。

どなたかアドバイスをお願いします。

勤務時間が一方的に減らされるのは違法ですか?

私はインターネットカフェでアルバイトをしている女です。
1年前から8~16時まで1時間休憩、7時間勤務です。

たまに店の都合で8~14時勤務になったりします。

出勤日数もシフト制で、週5日出れると提出しても3日になったり4日になったりします。

勤務日数については働く前から聞いていたので仕方がないと思ってるのですが
このたび、新しい店長がきて
早番は8~14時勤務に統一したいと考えているそうです。
なので休憩30分を引くと5.5時間...続きを読む

Aベストアンサー

> 店長の独断でスタッフの勤務時間を減らすのは許されることなのでしょうか?
> 違法だとしたらどういう行動をしたらいいのでしょうか?

ビミョーな問題ですが、労働条件の変更を行い、労働者側がOK(特に何も言わない)とかなら、問題にならないです。

会社が、会社の都合で労働時間を減らしたとかって事なら、その分は休業扱いになり、本来支払いされるべき賃金の6割以上の休業手当を請求とか。

差し当たり出来る事として、トラブルの経緯の内容、日時、場所、担当者の部署、役職、氏名などガッツリ記録して置いてください。
会社、担当者に対して納得出来ない旨伝え、そういう事の記録も残します。
ペン書き、ページの入れ替えの出来ない布綴じのノート、当日のニュースや天気、業務内容を併記すると信憑性が上がります。
必要ならば、ICレコーダーなども使用して下さい。
そういう物をポケットに入れておくだけでも、精神的に余裕を持てるような効果もあります。


> 今回の事は直のアルバイトなのでどうしたらいいのか・・・。

通常であれば、そういう状況での相談先としては、まずは職場の労働組合へ。
組合が無い、機能していない状況でしたら、社外の労働者支援団体へ相談する事をお勧めします。

Yahoo!トップ>ビジネスと経済>労働>労働組合
http://dir.yahoo.co.jp/Business_and_Economy/Labor/Unions/

の、
全国労働組合総連合(全労連)
全国労働組合連絡協議会(全労協)
首都圏青年ユニオン
など。

> 店長の独断でスタッフの勤務時間を減らすのは許されることなのでしょうか?
> 違法だとしたらどういう行動をしたらいいのでしょうか?

ビミョーな問題ですが、労働条件の変更を行い、労働者側がOK(特に何も言わない)とかなら、問題にならないです。

会社が、会社の都合で労働時間を減らしたとかって事なら、その分は休業扱いになり、本来支払いされるべき賃金の6割以上の休業手当を請求とか。

差し当たり出来る事として、トラブルの経緯の内容、日時、場所、担当者の部署、役職、氏名などガッツリ記録して...続きを読む

Q労働時間を減らされた。労働に関する法律に適用できますか?(長めの文面です)

新規オープンしたばかりの飲食店のパートで働いています。当初週休2日の拘束9時間実働8時間勤務で雇用の契約をしました。勤め始めて1ヶ月たちます。今月のシフトを決めるのに、週休2日8時間勤務のシフト表を提出したのですが出されたシフト表を見て、働く時間を4時間ほど勝手に減らされ休みも連続1週間も入れられてしまいました。労働は5時間勤務の月15日勤務ぐらいです。生活もかかっているので労働時間を減らされると困ると店長に訴えたのですが、回答を口ごもります。
今現在人手が足りているのですが、新しくまた求人を出していて、その理由がオープニングスタッフを入れ替える為に求人をしている用なのです。この会社有名な会社ではあるのですが、3部門あるうちに1人づつ教育担当のマネージャーがいるのですが、私の部門の教育担当のマネージャーが人の変わりはいくらでもいるから辞めても結構だ、と公言してはばからず、どんどん自分の気に入らない人、年配の人を辞めさせるように新しく人を募集して、今現在いる人の働く時間を減らしているようなのです。店長はこのマネージャーの言いなりです。
3つ部門があるのですがどの部門の人も正社員以外は時間を減らされているようです。
後、現場を見たわけではなく、されたわけではないので聞いた話だけなのですが私とは部門の違う1人のマネージャーが胸をもんだりのセクハラをするようなのです。みんなたまにしかこないから、と我慢しているのですが、かなりひどいようです。かなりいやらしい発言は多いので言動に不愉快は感じます。
マネージャーたちは各地の店舗を見て回っているので週に1回ほどしか来ません。
働く場所はこの店だけではないので、このまましがみつく必要もないのですが、今の職場は好きなのでこのまま働きたいし、改善を求められるのなら、そうしたのです。何かよい方法はないでしょうか?

新規オープンしたばかりの飲食店のパートで働いています。当初週休2日の拘束9時間実働8時間勤務で雇用の契約をしました。勤め始めて1ヶ月たちます。今月のシフトを決めるのに、週休2日8時間勤務のシフト表を提出したのですが出されたシフト表を見て、働く時間を4時間ほど勝手に減らされ休みも連続1週間も入れられてしまいました。労働は5時間勤務の月15日勤務ぐらいです。生活もかかっているので労働時間を減らされると困ると店長に訴えたのですが、回答を口ごもります。
今現在人手が足りているのですが、新しく...続きを読む

Aベストアンサー

生活がかかってるのなら深刻ですよね?
 一刻も早く、自分が住んでいる地域の労働基準監督署に相談しましょう。
 電話で相談できますし、お役所ですが労働者の味方です。専門家が、対処法、法律上のことなど詳しくアドバイスしてくれますよ。わたしも経験がありますが、ホントに親切でした。
 相談は匿名でもOK。でも、勤務先の名称をいえば、あなたの名前は出さずに!!!、公式に注意・指導をしてくれます。もちろんセクハラに関しても。
 お役所から指導が入ったとなれば、お店側は最悪の場合、営業停止などの処分だってありますから、きっと効果があるはず。もちろん、公式な指導となれば、そのお店レベルではなく、本社のほうにも話がいくことと思います。マネージャーが「悪の張本人」(笑)なら、それもきちんと話しておけば、本社から何らかの処分が下るでしょう。
 労働基準監督署の管轄地域・電話番号等は下の欄のURLです。
 まずは、電話してみましょう。

 めげずに、がんばって!

参考URL:http://www.campus.ne.jp/~labor/kankatu.html

生活がかかってるのなら深刻ですよね?
 一刻も早く、自分が住んでいる地域の労働基準監督署に相談しましょう。
 電話で相談できますし、お役所ですが労働者の味方です。専門家が、対処法、法律上のことなど詳しくアドバイスしてくれますよ。わたしも経験がありますが、ホントに親切でした。
 相談は匿名でもOK。でも、勤務先の名称をいえば、あなたの名前は出さずに!!!、公式に注意・指導をしてくれます。もちろんセクハラに関しても。
 お役所から指導が入ったとなれば、お店側は最悪の場合、営業...続きを読む

Qシフトを減らされた事について

いったん締め切ったのですが、もう少し他の方の回答が欲しくて再投稿させていただきました。

セブンイレブンで働いているものです。(直営店)

シフトを勝手に(今日行ったら減らされてました、何の通告もなしにです。減らされたのは私が原因です。)減らされていました。これってきちんと通達する義務っていうのはありますか?
(多分従業員に文句言う資格はなく、泣き寝入りするしかないと思うのですが、どうでしょうか?)

減らされたので必然的に収入も減るのでやめようと思っていますが、このような感じのやり取りはありだと思いますか?

私 すいません、シフトを回復できる見通しはもうないんでしょうか?

店長 無いね~(多分このように言われるだろう)

私 じゃあ2週間後にやめます。

Aベストアンサー

1 労働条件通知書について
 法的には口頭でも契約は成立しますが、後日、お互いの認識が相違していた場合、「言った」「言わない」のトラブルになってしまうことがあります。
 労働基準法ではこのようなトラブルを避けるため、一定の労働条件について、書面交付の方法により明示することを使用者(会社)に義務づけています。(労働基準法15条、労働基準法施行規則5条)適用されるかどうかは別にして、罰則規定もあります。(労働基準法120条:30万円」以下の罰金)
 この書面のことを「労働条件通知書」といい、厚生労働省のモデル様式もあります。会社によっては、雇入通知書や雇用契約書(簡単にいえば、労働条件が書かれた契約書の本人控え)の交付により、上記の書面交付としていることもあるようです。

http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/saiyou/saiyou06.html(労働条件の通知)
http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1380/C1380.html(労働条件の通知)
http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BL00/so-dan/jireishu1-2.html(労働条件の通知)
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/rosei/soudan/siryou/sankou/nouhou/pdf/nouhau03.pdf(労働条件の通知)
http://www.pref.osaka.jp/osaka-pref/sogorodo/soudan/shin-Q&A/Q&A6.pdf(労働条件の明示)
http://info.pref.fukui.jp/roui/homepage/content/qa/qa05.html(労働条件の明示)
http://www.pref.fukushima.jp/roui/roushitoraburuqa/kobetu/200205.html(労働条件の通知)
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/rosei/soudan/siryou/sankou/nouhou/pdf/nouhau44.pdf(パート・アルバイトの労働条件)
http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BL00/so-dan/jireishu7-1.html(パート・アルバイトの労働条件)
 
2 シフト減少について
 労働条件は、使用者と労働者が対等の立場で決定されるもので、一度決定された労働条件を労働者にとって不利益に変更することは、労働者の同意なしにはできない、というのが原則です。
 「労働契約では、月64時間契約でした。」ということですので、シフトの減少は、不利益変更に当たる可能性があると思います。
 問題となるのは、1986KAKUTOUGI さんの同意の有無だと思います。新しいシフト表を渡され、異議を申し立てなければ、「黙示の承認をした」と見なされる可能性があります。
「シフトを減らされたのは私が原因です。」とのことですので、店側では、「シフトの減少に同意しないことはないだろう」と考え、「黙示の承認」を得られるから大丈夫と思っていたのではないでしょうか。
 なお、契約更新時ということであれば、あらかじめ新たな労働条件の提示が必要と思います。(労働条件が合わなければ、労働者に契約更新拒否の権利もあるわけですので)
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/sodan/sodansitu/qa/qa01/qa01_05.html(労働条件の不利益変更)
http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/syugyo/syugyo04.html(労働条件の不利益変更)
http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BL00/so-dan/jireishu2-2.html(労働条件の不利益変更)
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/rosei/soudan/siryou/sankou/nouhou/pdf/nouhau11.pdf(労働条件の不利益変更)
http://www.pref.osaka.jp/osaka-pref/sogorodo/soudan/shin-Q&A/Q&A7.pdf(労働条件の不利益変更)
http://info.pref.fukui.jp/roui/homepage/content/qa/qa06.html(労働条件の不利益変更)
http://www.renjyu.net/okirodo/11QA/Q81.html(労働条件の不利益変更)
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%98%4a%93%ad%8a%ee%8f%80%96%40&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=S22HO049&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1(労働基準法)

3 シフト変更に同意しない場合
 シフト変更に同意しない場合については、「労働者の同意のない不利益変更は無効」と主張することが可能ではないかと思います。ただし、現実的にはシフトをもとに戻すことは、他のアルバイトのこともあると思いますので難しいと思います。
 この場合は、減少分を使用者の都合による休業として、休業手当(労働基準法26条:として平均賃金の60%(実際の時給の60%という意味ではありません。))の請求が考えられます。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1920779(類似質問)
http://info.pref.fukui.jp/roui/homepage/content/qa/qa04.html(休業手当)
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/sodan/sodansitu/qa/qa02/qa02_13.html(休業手当)
http://www.shizuokarodokyoku.go.jp/qa/jirei04.html(Q3 休業手当)
http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BL00/so-dan/jireishu2-3.html(休業手当)
http://www.pref.osaka.jp/osaka-pref/sogorodo/soudan/shin-Q&A/Q&A69.pdf(平均賃金)
http://www.jil.go.jp/kikaku-qa/jirei/03-Q07B1.html(休業手当)

4 退職について
 退職の手続きや時期などは、労働契約の内容により異なります。
期限の定めのない契約の場合、民法627条の規定により、労働契約解除の意思表示後2週間経過に効力が発生します。(退職届の提出等のあと、2週間経てば、許可や承認が不要で、辞めることができます。)
 これに対し、期限の定めのある契約の場合は、原則としてその契約期間中は契約の解除はできません。ただし、「やむを得ない事由」がある場合は、民法628条の規定により契約解除ができます。このとき、解除した側に過失があれば損害賠償責任が生じます。
 期限の定めのない契約(正職員)が、2週間の期間をおかずに退職する場合も、同様に、「やむを得ない事由」がある場合は、民法628条の規定により契約解除ができます。このとき、解除した側に過失があれば損害賠償責任が生じます。
(実際に、会社から損害賠償請求されても、労働者が応じない場合は裁判等が必要となり、労働契約の解除と具体的損害との間の相当因果関係を会社側が立証しなければならず、裁判上認められたものは1例のみと言われており、裁判の費用・時間的負担等もあり、本当に会社が裁判覚悟で請求するかはわかりません。)
 退職の手続きが上記労働条件通知書等に記載されている場合は、それに従うのが原則となります。
 今回は、労働条件の一方的な不利益変更により、明示された労働条件と異なる(労働基準法15条2項)として即時解除もあり得るとは思いますが、「急にいわれても困る」「シフトに穴をあけたら損害賠償請求する」等といわれる可能性もあると思います。ただ、上記のとおり、アルバイトの退職等に伴う損害をどう算定し、請求に応じない場合の裁判の費用・時間等をどう考えるか、賃金を一方的に相殺することが禁じられている中での対応は限られると思いますが・・・。
 なお、退職後は、労働者が請求すれば、使用者(会社)は通常の給料日前であっても、7日以内に賃金を支払わなければならない(労働基準法23条)とされています。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2009988(関連質問 退職)

http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/kanri/kanri03.html(契約の中途解除と損害賠償)
http://www.jil.go.jp/kikaku-qa/jirei/14-Q07B1.html(契約の中途解除と損害賠償)
http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/#03(賃金からの控除)
http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BL00/so-dan/jireishu2-8.html(賃金からの控除)
http://www.pref.fukushima.jp/roui/roushitoraburuqa/kobetu/200409.html(賃金からの控除)
http://www.jil.go.jp/kikaku-qa/jirei/03-Q05B1.html(賃金からの控除)
http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1411/C1411.html(退職後の賃金)
http://www.shizuokarodokyoku.go.jp/qa/jirei13.html(Q1 退職後の賃金)
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/sodan/sodansitu/qa/qa02/qa02_14.html(賃金支払い拒否)
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%96%af%96%40&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=M29HO089&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1(民法)

5 その他
 トラブルになった場合は、労働局の総合労働相談コーナーに相談されるとよいと思います。
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/soudan.html(総合労働相談コーナー)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/location.html(労働基準監督署)
 
※ 会社から指定されたユニフォームへの着替えの時間も労働時間です。
http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/time/time01.html(労働時間)
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1927059(参考)
(長文ですみません)

参考URL:http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/sodan/sodansitu/qa/qa01/qa01_05.html

1 労働条件通知書について
 法的には口頭でも契約は成立しますが、後日、お互いの認識が相違していた場合、「言った」「言わない」のトラブルになってしまうことがあります。
 労働基準法ではこのようなトラブルを避けるため、一定の労働条件について、書面交付の方法により明示することを使用者(会社)に義務づけています。(労働基準法15条、労働基準法施行規則5条)適用されるかどうかは別にして、罰則規定もあります。(労働基準法120条:30万円」以下の罰金)
 この書面のことを「労働条件...続きを読む

Qアルバイトでも労働基準法の休業手当が適用される?

飲食店でアルバイトをしていて、経営者側が、「明日は暇だから休んで」とアルバイトに言った場合でも、労働基準法第26条に基づいて、給料の60%を払わなければならないのでしょうか。もしそうなら、アルバイトって一番儲かる身分なような…。
ちなみにお店とは、契約時に労働時間の保障みたいなことは全くしていないとします。
アルバイトって、会社の仕事の量によってシフトに入ったり入らなかったりだと思いますが、仕事が少ない上に、さらに60%なんて、会社は到底支払えないと思います。
さらに、休業日も会社の都合だと思いますが、この場合でも60%支払わないとダメなんですか?

Aベストアンサー

まず最初に、一般的にアルバイトと会社側の契約では、労働時間に関する取り決めがあります。
内容としては勤務時間帯や休憩、休日についてなどですが、大抵の場合は固定になることは無く
「店舗のシフトに従う」というような条件になることが多いです。

シフトに関しても忙しい場合の延長や暇な場合の休憩・早上がりがあるのは当たり前。
また、事前の変更がある事も然り。

労基法26条の休業とは
「休業とは、労働者が労働契約に従って労働の用意をして、しかも労働の意思を
もっているにもかかわらず、労働を拒否され、又は労働が不可能となったこと」
となっています。

問題は『労働契約に従って』の部分でしょう。
一般的なアルバイトやシフトについては最初に述べていますが、
正社員と同じ様に「月○日勤務、○時~○時まで」というような雇用契約を結んでない限り
一般的なアルバイトと同じ扱いにされるでしょうから、例で挙げたような場合には適用されないでしょう。

Q不本意なシフト削減(解雇?)―長文ですみません-

15年間パート店員として働いています。現在48歳です。
    勤務時間12:00~17:00
    土、日、祝、休み
    一ヶ月24日以内の勤務
     ―現在は時給も上がり、ボーナス支給もあるため18日以内
以上の雇用契約書を3ヶ月に一度交わしていますが、実際には18:00まで勤務し、人手が足りないときは事前に相談いただいた上で、土、日も出勤しており、夫の扶養家族であるため年間103万の枠ぎりぎりで働いてきました。

基本的にパート、アルバイトは自転車、徒歩通勤圏の者しか採用しておらず、交通費は支給されておりません。

私は採用当時、近隣に居住しておりましたがその後郊外に転居し退職を申し出ましたが会社の規定にはない交通費を特別に1万円支給するからとのことで実際にはガソリン代、月極め駐車場代で赤字ではありますが私にとって、とても好きな仕事でやりがいもあり、割と責任のあるポストに置いて貰い、サービス残業もいとわず一生懸命働いてきました。
何度か店長が変わりましたが、だいたい同じ条件で働いてきました。

昨年秋、手摺の無い階段の昇り降りに不便を感じ、病院で診察を受けたところ「脊髄小脳変性症」との診断を受けました。
進行性(緩行)ではありますが、私の場合比較的症状は軽く、進行を遅らせる薬も服用しており、12;00から18:00までの勤務であれば何の問題もなく就労可能との医師からも診断を受けました。

その事をその当時の店長に伝えたところ全く問題なし、逆に今辞めてもらっては困ると快く勤務続行の承諾を得ました。

ところが今年5月異動により新しい店長が配属され、事前に何の相談も無く、土、日勤務のシフトを入れられ、しかも朝9:30より18:00の勤務です。18日~19日のぎりぎりの枠内ではありますが。

翌6月にも同じ事が続いた為思い切って病気の事を話し、通常の12:00からの勤務であれば全く支障無く働けるので前のシフトに戻して欲しいと訴えました。
ただ、店長から見て明らかに仕事に支障をきたすと判断された場合は潔く退職しますと伝えました。
店長には「わかりました」と返事をいただき、病気については言われなければ全くわからないので通常に勤務して構わないと承諾をいただきました。
すると翌7月より突然、何の相談も無く極端にシフトを減らされてしまいました。確かに土、日は休みですが、7月は計9日、8月は計8日、9月は計5日間です。理由を聞くも7月、8月は売り上げが伸びず、人件費の枠を減らされた、この月だけだからと今度は大丈夫と言うような曖昧な返事。しかしシフトを減らされているのは私だけ。9月のシフトについて改めて聞いたところ、とうとう今後この体制でいくからと白状されました。
事前に相談が無かった事を問うも「年齢も年齢ですし、若いバイトにシフトを優先させた。けっして辞めてもらおうと思った訳ではない」と言われました。
初めにに言ったように私は通勤費でかなりの赤字が出ており、今月などたった5日の勤務では、実質7千円程度の儲けしかありません。もちろん店長は私がマイカー通勤をしており交通費で赤字が出ることは知ってらっしゃいます。
要するに辞めてもらっても構わないということですよね。

年齢のせいにされたのも問題ですが、明らかに病気(障害)の事を告白したのがきっかけと思われます。

確かに若いバイトの子に比べたら、体力的にも見た目も劣っているかもしれません。
しかし、その子達には無い、経験と知識で伝票チェックから顧客管理、新人アルバイトの育成、商品発注、メーカーとの交渉、店舗運営に関わる全てに於いて努めてきたつもりです。実質副店長のような仕事を任されてきました。

それと後で気づいたのですが3ヶ月ごとの雇用契約書について、今の店長になってから交わした事がありません。その事について尋ねたところ「忘れてました。」と言われました。

今の仕事であれば知識と経験を生かしあと1~2年は働けるつもりでいました。でもやはり辞めなければならないのでしょうか。

15年間パート店員として働いています。現在48歳です。
    勤務時間12:00~17:00
    土、日、祝、休み
    一ヶ月24日以内の勤務
     ―現在は時給も上がり、ボーナス支給もあるため18日以内
以上の雇用契約書を3ヶ月に一度交わしていますが、実際には18:00まで勤務し、人手が足りないときは事前に相談いただいた上で、土、日も出勤しており、夫の扶養家族であるため年間103万の枠ぎりぎりで働いてきました。

基本的にパート、アルバイトは自転車、徒歩通勤圏の者しか採用して...続きを読む

Aベストアンサー

雇用契約の問題が、2点あると思います。
(1)労働条件の一方的変更が許されるのか?、(2)解雇なのか? です。

(1)は、「許されない」が正解です。労働基準法第2条第1項に「労働条件は、労働者と使用者が、対等の立場において決定すべきものである」としており、これまで賃金、労働時間について労使合意の上で変更されたことが文面から伺われます。今回は、あなたの合意のないまま変更がされ、同条第2項にいう「誠実に各々の義務を履行」が破られました。この問題は、労基法上の罰則はなく労働者側から損害賠償請求をする以外にないと思われます。ただし、労働すべき日(出勤すべき日)に休まされたのであれば、労基法第26条にいう「休業手当」(平均賃金の60%以上)が請求できると思います。

(2)は、店長が「辞めてもらおうと思った訳ではない」といっていることから解雇には該当しないと思われます。

いずれにしてもいま一度、店長と話し合い労働条件(契約)の確認がいると思います。また店長に理解がないなら、採用時からよく知っている役員、社長などにあなたの気持ちを率直に伝えることも効果的だと思います。

好きな仕事ならばあきらめず、主張してみてはいかがでしょうか。

雇用契約の問題が、2点あると思います。
(1)労働条件の一方的変更が許されるのか?、(2)解雇なのか? です。

(1)は、「許されない」が正解です。労働基準法第2条第1項に「労働条件は、労働者と使用者が、対等の立場において決定すべきものである」としており、これまで賃金、労働時間について労使合意の上で変更されたことが文面から伺われます。今回は、あなたの合意のないまま変更がされ、同条第2項にいう「誠実に各々の義務を履行」が破られました。この問題は、労基法上の罰則はなく労働者側から損害...続きを読む

Q勤務日数減。会社都合退職になるか。デメリットは?

今、週4日勤務で社員扱いで雇ってもらっています。
日給月給なので、社員といっても時給+手当(特別職なので)+福利厚生という感じ。

急に上司に、勤務を週2日に減らして、パート扱いに変えたいと言われました。
会社の業績があまりよくないからです。
そうなると福利厚生の面が減り、手当もなくなります。
電車で1時間ほどかかるところに会社があり、週2日だと、金銭的にもやっていけないので
退職しようかと考えています。
週3日なら、続けてもいいかと思っていますが、会社側は週2日を望んでいます。
交渉次第では週3日もOK出るかもしれませんが…。

週2日に減らしてほしいと言われて退職した場合、
会社都合での退職ということにできますか?

また、それは今の会社にハロワなどからいろいろと探りがいくのでしょうか?
会社都合とわかる書類(減らしてほしいというメールなどの証拠)があれば、
会社側に探りはいかないのでしょうか?

回答・アドバイスよろしくお願いします!

Aベストアンサー

> これは、私側にはメリットがありますが、会社にとってもメリットがあるのでしょうか?
> 会社側にメリットがないと、言い出しにくいので…

質問者さんなんかが泣き寝入りして、会社の言う事におとなしく従うとかなら、休業なんかにするメリットは無いです。

会社のメリットを挙げてみると、
・本来ならば、社員からパートにってのは労働契約の変更ですので、労働者の合意無しには不可能です。労働者が頑なに拒否すれば非常に難し事になる交渉を行なわずに済みます。
・やむを得ず解雇なんて場合でも、休業を含む問題解決のための努力を行なっていない場合は不当解雇だって事になり、解雇に対する賃金補償だの解決金だのを支払うハメになる事があります。
・職場に労働組合なんかがあるのなら、今回パートへの労働契約の変更なんかの条件を飲んでもらう事で、後日賃上げなんかの交渉でゴリ押しされたりするかも。
・質問者さんが社外の労働者支援団体なんかに相談すれば、面倒な担当者の相手をしなきゃならなくなったり、痛くない腹を探られたり。
とか?
労働者側から指摘・提案するような話ではないです。


質問者さん、労働者の立場としては、通常ならばまずは職場の労働組合へ相談した上で、前述のような会社との話し合いや業務・資産状況の開示を請求。
組合が無い、機能していない状況でしたら、社外の労働者支援団体へ相談とかする事をお勧めします。

Yahoo!トップ>ビジネスと経済>労働>労働組合
http://dir.yahoo.co.jp/Business_and_Economy/Labor/Unions/

の、
全国労働組合総連合(全労連)
全国労働組合連絡協議会(全労協)
など。

> これは、私側にはメリットがありますが、会社にとってもメリットがあるのでしょうか?
> 会社側にメリットがないと、言い出しにくいので…

質問者さんなんかが泣き寝入りして、会社の言う事におとなしく従うとかなら、休業なんかにするメリットは無いです。

会社のメリットを挙げてみると、
・本来ならば、社員からパートにってのは労働契約の変更ですので、労働者の合意無しには不可能です。労働者が頑なに拒否すれば非常に難し事になる交渉を行なわずに済みます。
・やむを得ず解雇なんて場合でも、休業を含...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング