相性占いをしてもらった時、この相手とは「カクシンノヒョウリ」
で6つの星が合っているといわれ、大変縁の深い人だといわれました。
本で調べたのですが、見つからず、どういうことなのか教えてくださる方
を探しています。
また縁が深いとはどういうことなのでしょうか?
相性がいいとは別の意味なのでしょうか?
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

よく当たると評判の占い師だと高いお金を払っても


1,2分しか占ってもらえなかったりしますから、
後から聞こうと思っても無理なこともありますよね。

何占いか、わかりますか?
占星術というよりは四柱推命か算命学のような気がするけど。
「星が合う、合わない」「星の数」という表現は
どの占いでも結構よく使われるので、ハッキリ言えませんが
多分「核心の表裏」と言っていると思います。

相性をみる際の目やすになるものを星と呼ぶとして、
おふたりが持っている星のなかで
陰-陽のように対象位置にありペアを成すものが
6組あるということだと思います。

対象位置にあるということはお互いに強く影響を及ぼしあうということで
「運命的な絆がある」という意味になります。
それが良い方向に表れれば「相性が良い」ということになりますが、
悪く出ると「くされ縁」ということになります。

良くも悪くも、強い縁がある関係という意味だと思うので、
ぜひぜひ良い方向に表れると良いですね! 頑張って!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

imainomさん、ありがとうございました。
占いはたぶん九星気学ではないかと思います。

運命的な絆があるとはいいかんじですね。

現在あまりいい状態ではないので、そんな言葉がうれしいです。

またいろいろ教えてくださいね。

お礼日時:2001/06/11 00:52

相性占いをしてもらった人(占い師)に


聞いたほうがいいと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ