【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

等温サイクルにおいて、各操作はすべて、等温操作じゃないといけないのですか?カルノーサイクルで、二つの熱力学系を用意すれば、等温サイクルとみなせて、kelvinのげんりが使えるらしいのですが、なぜ、等温サイクルになるかがわかりません。等温サイクルの定義が少し曖昧だから、頭が混乱してると思うのですが、断熱過程の部分もあるのに、なぜ等温サイクルになるのでしょうか、等温サイクルの定義から、教えてください。お願いいたします

A 回答 (1件)

今対象は熱サイクルですね?


系外と熱のやりとりをする部分が等温なサイクルを等温サイクルと定義します。
断熱過程は系外との熱のやりとりがありませんから、サイクルの一部を構成しても全体として等温サイクルであることには変わりありません。
質問の意味が不明ですが、「各操作」・・・何?
カルノーサイクルは等温変化二つと断熱変化二つの組合わせですから等温サイクルです。
だから何?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qポリトロープ変化とは??

 ポリトロープ変化について、ネットで調べたところ、下記のような説明文がありました。

 『エンジンに混合気または燃焼ガスを圧縮する場合,実際には熱の一部を外気や冷却水などで取られて圧力と温度との関係は等温変化と断熱変化との中間的変化で行われます.これをポリトロープ変化という.』

>等温変化と断熱変化との中間的変化
の文面がいまいち理解できません。

どなたか、『ポリトロープ変化とは??』という質問に対して、もう少し噛み砕いて(上記とは別な例を用いて)ご教示下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

気体の圧力pと体積Vとの間に
 pV^n=一定
の関係が満たされるとき、指数nをポリトロープ指数といいます。

よく用いられる典型的な変化においては
 n=0: 定圧変化 (p=一定)
 n=1: 等温変化 (pV=nRT=一定)
 n=γ: 断熱変化 (γ: 比熱比)
 n=∞: 定積変化 (V=一定)
と表されます。

いろいろな変化が指数nを変えることで表されるので便利なのです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング