教えてください。
陽の当たる教室でミュージカル(たぶんボギーとベス)のオーディションの曲名なんだったでしょうか。(1人の女性とがとても上手に歌うってたかな)
また、この曲は今日産のリバティのCMで使われている曲と同じでしょうか
なんかわからないことだらけですがお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

mrkakeiさんが書かれているように、リバティのCMで「アイ・ガット・リズム(I GOT RHYTHM)」が使われているのなら、それでしょうね。

これもジョージ・ガーシュイン(GEORGE GERSHWIN)の代表曲のひとつです。

映画の中で上演という設定だったのであれば、『クレージー・フォー・ユー』ではなく、時代的にいってその原型の方の、ガーシュインが曲を書いたミュージカル『ガール・クレイジー(Girl Crazy)』だったのでしょう。ジュディ・ガーランド主演で映画化もされた人気ミュージカルでしたから。
    • good
    • 1

私も「陽のあたる教室」を見ました。


オーディションで歌っていた曲は詳しく覚えていないのですが、
映画の中で上演されていたのはガーシュウインのミュージカルです。

その中の曲をオーディションで使用していたのならば、
「Someone To Watch Over Me」
「I Gatta Rhythem」
のどちらかではないでしょうか。

これらの曲は、劇団四季のミュージカル「クレージー フォー ユー」
で使われています(きっと映画の中のミュージカルもこれと同じなのかも)。

日産のリバティのCMの曲は「I Gatta Rhythem」です(でもアレンジが違います)。
ガーシュウインの原曲は聴いたことがないのですが、
劇団四季のアレンジはそこはかとなく明るく楽しいもの(「ハッピーなミュージカル」がキャッチコピーだったので)で、CMのはかっこいいアレンジで両方ともお気に入りです。

この回答への補足

どもです。先のasucaさんがかかれているように
日産のパパママリバティはオリジナルのようです。
でもどーきいてもmrkakeiさんのかかれている「I Gatta Rhythem」
そっくりです。特に今のCMでは。パクリ?(^^;
でも最初のころの♪マーマーマーマ マッマリバティ♪のアレンジかな?
って気もしますけど

補足日時:2001/06/12 12:44
    • good
    • 0

「ポーギーとベス」ではなく、ガーシュインのレヴューをやろうとしてたような記憶があるんですが。

そのときのオーディションでロウィーナという娘が歌った曲ですよね?で、この曲のことを正直よくよく覚えておりません。他の既製曲の使い方とか、そちらの方ばかりに気をとられておりました。

この映画のサントラCDというのは2種類ありまして、1つは中で使われた既製曲とかラストのあの曲が入っているやつ。もう1つは中で流れるインストというか、この映画のために作られた曲が主に収録された、スコア盤と呼ばれているやつ。で、他の方が挙げられたサントラCDはこのスコア盤の方ですね。下記URLはそうじゃない方のサントラCDですが、こちらにガーシュインの「Someone To Watch Over Me」(ジュリア・フォーダムのヴァージョン)が収録されています。もしかしたらこれがそのオーディションの曲で、別なシーンで流れていたのがこのヴァージョンだったかもしれません。試聴できますので、聴いてみて下さい。
http://www.cdnow.com/cgi-bin/mserver/SID=2148873 …

CMの件は残念ながら分りません。
    • good
    • 0

参考までに日の当たる教室のサウンドトラックの情報を紹介します。



http://imusic.artistdirect.com/soundtracks/music …

参考URL:http://ubl.artistdirect.com/fp2.asp?layout=a_art …
    • good
    • 0

リバティのCMというとパパママリバティのやつでしょうか?


もしそうだとしたら日産のページによるとあの曲はオリジナル曲だそうです。


陽の当たる教室の曲というとアメリカンシンフォニーしか覚えていないので曲名は分かりません。

参考URL:http://www.nissan.co.jp/POSTOFFICE/CR0/PrairieCM …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q陽のあたる教室

とても歌の上手な学生が登場しますよね。
あの女優さんの名前と、ほかに出演してる映画があれば
教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

Jean Louisa Kellyさんのことだと思います。
ご本人のサイトに出演作がでていましたよ。

参考URL:http://www.jeanlouisakelly.com/

Q若草物語でベスが弾くピアノ曲

映画『若草物語』の冒頭で
ベスが弾くピアノ曲の詳細お願いします。

Aベストアンサー

あの芝居は本当に存在したようです。
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/15332/1/ronso1330200930.pdf
http://fermat.sakura.ne.jp/meisaku/beth/beth_yoshida.htm
悲歌劇 魔女の呪い THE WITCH'S CURSE

そしてこのタイトルで検索すると色々出てきます。
http://en.wikipedia.org/wiki/Ruddigore
1933年版の解説
http://www.michaeldvd.com.au/Reviews/Reviews.asp?ID=1290

ピアノの上に楽譜がありますのでおそらくこの作品のための音楽ではないでしょうか。

Qつじあやの「シャ・ラ・ラ」

「つじあやの」の「シャ・ラ・ラ」が聞ける
試聴サイトありますか?
数件あたりましたが、聞けませんでした・・・
気になっている曲が「この曲」か確認したいんですが・・・

奥田民生とのデュエット曲で
元曲はサザンオールスターズです。

Aベストアンサー

下記で試聴できますよ

参考URL:http://www.jvcmusic.co.jp/speedstar/uraraka/

Qチェイシング・リバティの挿入歌を教えてください!

昨日、映画「チェイシング・リバティ」(2004)を見たのですが、
その中で、ラブパレードというシーンで使われている曲の
タイトルと歌手名がすごく気になります。

以前から気になっていた曲がここで使われていて、
やっと質問するヒントがあったという感じです。

ご存知の方教えてください。

おそらく映画では、リミックスが使われていたような...

Aベストアンサー

こんにちは
映画は未見ですがBenny Benassiの「Satisfaction」でしょうか?
参考URLで試聴できますのでご確認下さい。
もし違ってたらごめんなさい。

http://www.imdb.com/title/tt0360139/soundtrack

参考URL:http://www.hmv.co.jp/product/detail/1919869

Qつじあやの 君にありがとう

つじあやのさんの「君にありがとう」をきいて大変感動しました

それでCDを借りたのですが歌詞カードが付いてませんでした

そこで、正確な歌詞が知りたいのですがそういうページ等がありましたらお教えください

Aベストアンサー

や~探しました。ありました どうぞ。

参考URL:http://www.hokuriku.ne.jp/zefb/sukinauta.html

Q陽だまりの彼女の上映期間

っていつまでですか?

Aベストアンサー

映画は
上映してから3ヶ月
やってます

Qアマガミの絢辻 詞(あやつじ つかさ)ってキモイ

アマガミの絢辻 詞(あやつじ つかさ)がキモイと思うのですが同じ意見の人いますか?

主に顔(具体的にいうと目と口と輪郭)がキモイ
ポーズがキモイ
妙に体格が良くてキモイ(ナイスバディーとかそういうのではなくてマッチョ)

Aベストアンサー

>同じ意見の人いますか?

同意見。

見た目はきもいキツネ目の女。
輪郭もキツネ。

体格はそうも思わなかったけど、
性格は変態。

Q キアヌ・リーブス主演の映画『陽だまりのグラウンド』で、出生証明書を変

 キアヌ・リーブス主演の映画『陽だまりのグラウンド』で、出生証明書を変えたために試合に出られなくなった男の子(ジャマル?)が、チームに復帰後、また試合にも出ていた様な気がするのですが、どうして出られる様になったのでしょうか?
 彼のお母さんが証明したのでしょうか(だとしたら、なぜ最初から正しい物を提出しなかったのでしょうか)?それとも私の勘違いでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

No.1です。
とことんやりましょう!この際、私ももう一度観てみたくなったのでただ今レンタルしてきました(笑)
ここからはご質問に該当する場面だけを早送り再生で実況していきます。

0:11 キアヌと子供達チームと初顔合わせ。メンバーは8人。

0:21 キアヌが先生と母親を説得してエバンス兄弟(兄コフィー、弟ジュリアス(通称Gベイビー))、イトコのレイモンドを獲得。メンバー11人(Gベイビーがいるので実質10人)

0:40 初の試合後、喧嘩して兄コフィーが「辞めてやる!」と言って抜ける。

0:49 3試合目、弟Gベイビーが仲介役になり、兄コフィーがチームに復帰。

0:57 4試合目、リーグ会長からジャマルの出生証明書の改ざんを指摘され除名になる。メンバーは10人(実質9人)

1:17 5試合目、新しいユニフォームが配られる(Gベイビーにも)。メンバー実質9人。

1:25 同じく5試合目、2×2の同点で2アウトの場面で次の打者はジェファーソン(吸入器を持った喘息の太目な子)。しかしジェファーソンは喘息で棄権。そして代打Gベイビーに!

1:26 キアヌがエバンス兄弟を車で家(団地)まで送る。兄弟はギャングに「家には入れない」と言われる。ここでギャングの中のジャマルと再会する。 

1:27 家に入れず仕方なく裏口に回ったエバンス兄弟。ここで弟Gベイビーが撃たれる。

1:31 葬式の弔辞でキアヌが回想シーンと共に5試合目のGベイビーのサヨナラヒットの活躍を語る。

1:38 選手権大会、エバンス兄弟の兄コフィーが居ない為、選手が8人しか居ないから試合は出来ないとキアヌが説明。

1:39 兄コフィーが母と共にグラウンドに現れ、「俺の弟だ…いつも俺達を見てた…今でも見てる…今日もプレイしよう。」とチームに復帰する。「Gベイビーの為に」と心を新たに試合に・・・

1:40 審判の「プレイボール!」の合図と共に子供達がグラウンドに散りエンディング。

スタッフロールの直前にトロフィーを持ったメンバーが現れますので、優勝したのでしょうね。
早送りで観てもキアヌの弔辞のシーンには(涙)です。

長々となってしまいましたが、結局ジャマル君が抜けた後、実質9人となったのですが、喘息のジェファーソン君が棄権した為、8人となり10人目のGベイビー君が代打で出たようです。
 

No.1です。
とことんやりましょう!この際、私ももう一度観てみたくなったのでただ今レンタルしてきました(笑)
ここからはご質問に該当する場面だけを早送り再生で実況していきます。

0:11 キアヌと子供達チームと初顔合わせ。メンバーは8人。

0:21 キアヌが先生と母親を説得してエバンス兄弟(兄コフィー、弟ジュリアス(通称Gベイビー))、イトコのレイモンドを獲得。メンバー11人(Gベイビーがいるので実質10人)

0:40 初の試合後、喧嘩して兄コフィーが「辞めてやる!」と言って抜ける。

0:49 3試合目...続きを読む

Qつじあやのさんとラップグループが歌っている曲が知りたいのですが

ラップグループとつじあやのが歌っている曲を小耳に挟んだのですが、曲名を教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

http://m-flo.net/archives/315

これかな?

Qイギリス民謡?カッコいい曲 有名曲 映画曲?

映画とかでよくこの曲がかかるんですけど
たぶんイギリスのかなり古い曲だと思います。
???ブレイブハートに出てきそうな曲なんですが
何かの映画で聞いて
TVでも何回か聞いたんです。
かなり有名な曲だと言う事はわかる曲です
誰か知ってる人いませんか?

Aベストアンサー

アメイジンググレイス ですか?
デスティニーチャイルドもアルバムに入れてました。

この歌を「イギリス民謡」と紹介しますと「え?黒人霊歌では?」と思う方もおられるでしょう。この歌はもともとイギリスで広まった後、その内容とおそらく作詞者に対する小さな感謝からアメリカの黒人奴隷の間でも歌われるようになったものなのです。

作詞者のJohn Newton は1725年7月24日ロンドンで生まれました。お父さんは地中海航路の商船の指揮官で、彼も11歳の時から父に従って船に乗り、仕事を手伝うようになりました。やがてお父さんが引退したあとはひとりで船乗りとして働くようになるのですが、ある時乗組員になった船がアフリカのシェラレオネからアメリカ大陸へ黒人を奴隷として運ぶ船でした。そして彼はこの船で、彼自身が奴隷のように過酷な労働を強いられます。

そんな彼を救出したのは彼の父の友人の船長さんでした。彼はその後独り立ちして自分で船を持つようになりますが、その若き船長となった彼に託された仕事が、また奴隷の運搬でした。アフリカとアメリカを今度は自分が指揮して黒人たちを運搬するようになったのですが、そんなあるとき、彼は航海中に大きな嵐に出会います。

船がかつてないほど激しく揺れ、浸水も起きてもうダメかと思った時、彼は初めて「神よ助け賜え」と心から祈ったのです。すると不思議なことにその祈りのあと急に嵐はやみ、彼の船は奇跡的に助かりました。

この時、彼の心の中で大きな転向が起きました。彼はそれを自分の第二の誕生日としてしっかり記憶していました。それは1748年5月10日、彼が22歳の時です。

それまで奴隷船の黒人たちは家畜以下の扱いをうけており、トイレなども行かせてもらえず垂れ流しの状態だったのですが、これ以降、彼の船に乗せられた黒人奴隷たちだけは最低限の人間としての尊厳だけは守られるような扱いをされるようになりました。

やがて彼は1755年頃に病気がもとで船の仕事から引退しますが、この後の人生を彼は一生神に仕えるために過ごしました。ラテン語を学び、聖書も勉強しなおして、10年後には教会の神職の地位を得ています。

このアメイジング・グレイスは1765年頃に書かれたものと思われますが(作曲者は不詳)、奴隷貿易などという罪深いことをしていた自分のようなものにまで、神は祈りに応えて救いを与えてくれたという奇蹟に対する感動を歌ったものです。私はその話を聞いてからあらためてこの歌の歌詞を読んでみて、涙が出てくるのを止めることができませんでした。確かにジョン・ニュートンは罪深いことをしたのかも知れませんが、神の前では悪人も等しく救われるのだという素晴らしい真実がここにあります。親鸞聖人がいう悪人正機というのも、こういうことなのかも知れないと、私は感動したのです(実際はかなり違いますが-悪人正機はたぶんもっと絶対的な救済)。

なお、この歌はもっと長い歌詞のバージョンも流布していますが、元々の歌詞はここにあげた6連からなるもので、そのあとの部分は後世の人たちが追加したものです。

参考URL:http://www.ffortune.net/calen/xmas/songs/amazinggrace.htm

アメイジンググレイス ですか?
デスティニーチャイルドもアルバムに入れてました。

この歌を「イギリス民謡」と紹介しますと「え?黒人霊歌では?」と思う方もおられるでしょう。この歌はもともとイギリスで広まった後、その内容とおそらく作詞者に対する小さな感謝からアメリカの黒人奴隷の間でも歌われるようになったものなのです。

作詞者のJohn Newton は1725年7月24日ロンドンで生まれました。お父さんは地中海航路の商船の指揮官で、彼も11歳の時から父に従って船に乗り、仕事を手伝うようになりま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報