一般的には肥満は万病の元とされていますが、健康というのは要はバランスだと思いますので、筋肉質で体脂肪率が低い人の方がかかりやすい病気というのもあるように思えるのです。

たとえばプロスポーツ選手などで、まだ若いのに心臓発作が起きてしまうなどです。

検索しても出てきませんでしたが、もしご存知でしたら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

体脂肪の機能は


(1)エネルギーの貯蔵
(2)タンパク質の節約
(3)体温調節
(4)女性の場合は月経の発現と維持
です。女性の場合は体脂肪率が低すぎるとエストロゲン(女性ホルモン)の分泌が減って生理が止まってしまい、不妊の原因となるとともに、更年期障害のような症状が現れて骨密度が下がり骨折しやすくなることがよく知られています。女性で体脂肪率が20%を切るようなダイエットは避けるべきですね。

(1)から(3)については体脂肪率が低いということは極端な低体重か筋量が多いことを意味している思います。低体重の場合は栄養失調の可能性があるので、風邪だけでなくさまざまな病気の可能性があるでしょうね。
筋量が多い人の場合は体脂肪が少なくても筋肉組織自体の代謝が高くて発熱量が多いので、極端に風邪を引きやすくなるということはないと思います。

ということで栄養失調か女性の場合を除いて、体脂肪率が低いことが原因で病気になりやすくなることはないです。

ただし以上はあくまでも健康な人の場合です。体脂肪率が低く備えの少ない人は、ひとたび病気にかかってしまうと持ちません。日本人の死因の一位、二位はガンと肺がんです。どちらもひとたび罹患すると飯が食えなくなる病気です。太っている人なら身体に蓄えている脂肪を使って生き延びることができますが、痩せている人だと病気に打ち勝つ前にエネルギー不足で死んでしまうことになります。

ということで日本人ではBMIが低くなると死亡率が上がることが医学的知見として確立しています。これは、BMIが低いと病気になりやすくなるわけではなくて、BMIが低い人が病気になると死ぬ確率がぐっと上がるということです。

プロスポーツで心臓疾患と言うのは筋肉質とか体脂肪率の問題ではなくて、瞬間的に高負荷が発生する状態に身体が耐えきれなくなる、ということだと思いますよ。試合となるとものすごいストレスが身体にかかりますので。それで生活がかかっているプロスポーツ選手となれば、なおさらでしょう。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ありがとうございました!
参考にさせて頂きます!

お礼日時:2014/11/07 15:02

皮下脂肪までなくなることで、保温ができなくなることや免疫作用の弱体化によって、風邪をひきやすくなる、とはよく聞きますね。



あとは、蓄積しているエネルギー源が少ないので、運動中に低血糖になることがあるので、マラソン選手などはバナナやドリンクなどすぐエネルギーになるものを取らないと命取りになる、とか。

コレステロール値によっては、本当に必要な善玉コレステロールすらないと、血管のしなやかさが維持できなくなって、中に悪玉コレステロールが溜まっての発病ではなく、動脈がもろくて循環器系に爆弾を抱える可能性もあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました!
参考にさせて頂きます!

お礼日時:2014/11/07 15:03

風邪。



体脂肪率が低いと免疫力が落ちますので、風邪をはじめとするいろいろな感染症にかかりやすくなります。
体脂肪率一桁台のアスリートは健康管理も大変です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました!

お礼日時:2014/11/07 15:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q体脂肪率の計算式教えて!

体脂肪率の計算式が分かりません。
ご存知あれば、教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

 身長、体重、性別、年齢など、通常知っている自分の体のデータだけでは体脂肪率は計算で出ません。両手、両足に微弱電流を流して自分の体のインピーダンスをいろいろな角度から計る必要もあり、そこから計算で体脂肪率を出す計算式は体脂肪率計メーカの企業秘密になっていて公表されていません。

Qこの筋肉質な男性の体脂肪率と体重

この筋肉質な男性の体脂肪率とか体重
筋肉量とか推測できますか
170センチとしたら・・・

Aベストアンサー

体脂肪率10%前後、体重75kg前後というのが、推定値になります。筋肉量は、体脂肪率から推定算出して下さい。

Q体脂肪率計算方法

体脂肪率は体重やウエストなどの値では計算はできないですよね。なぜそういう方法が存在するのですか?

Aベストアンサー

生体インピーダンス法による体脂肪計は、電気伝導度を計測してあらかじめ設定してある検量線や計算式にフィットさせて計算しています。

検量線や計算式の設定にはは、より正確に体脂肪をはかれる方法(水中体重秤量法等)で測定したデータを利用しています。

Q肥満の指標としてBMIとか体脂肪率がありますが最適なものは何でしょう

肥満の指標としてBMIと体脂肪率ではどちらがいいでしょうか。健康的にダイエットしたいのですが、指標が違うと方法、目標も違ってくると思いますので。

Aベストアンサー

以下の参考URLは参考になりますでしょうか?
「体脂肪・BMI計」

◎http://www.3aaa.biz/twinbeat/muscle_bmiandtaishibo.html
(BMI&体脂肪)
◎http://health.iosum.ne.jp/himan/bmi_sibou.html
(肥満の定義と判定)
◎http://www52.tok2.com/home/ediet99/kiso_tisiki/hyoujun.htm
(体脂肪率)

「体脂肪」は1日でも朝晩では異なってきます。測定時間を毎日一定にするのが良いようです。

ご参考まで。

参考URL:http://www.mew.co.jp/kurasi/biyo/taisibo.html

Q3点皮下脂肪厚測定による体脂肪率計算の疑問 

皮脂厚測定による体脂肪率測定を調べています。

2点法の身体密度計算式は
男性=(4.57÷(1.0913-0.00116×(皮下2点の合計)-4.142)×100
女性=(4.57÷(1.0897-0.00133×(皮下2点の合計)-4.142)×100
となっています。

三点法だと
身体密度=(4.57÷(1.0935-0.00297×(皮下3点の合計)-4.142)×100
の計算式しか見つけられませんでした。

二点法と三点法ともに体脂肪は男性の私だと大体同じ位になるのですが、細めの女性だと二点法より三点法の方が相当低く出てしまいます。
158cm/44kgの女性が12%って・・・

そもそも二点法は男性女性と分けているのに、三点が分けていないはずが無いと思いますが・・・見つけられません。

三点法の男性用と女性用計算式また三点法の違う式がの計算式をご存知であれば教えてください。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

このサイトは如何でしょうか?

参考URL:http://www.linear-software.com/online.html

Q体重に対して体脂肪率が高い?

お世話になります。

私は現在、身長150cm強で体重46.5~47kgくらいなのですが、体脂肪率が家庭での体脂肪計(足の裏で測るタイプ)の計測によると31~28くらいあります。(毎日結構変動します)ちなみに3サイズは84、61、88(尻でかい…)です。

BMIなどでは標準の範囲のさらに真ん中のほうのはずなのにあきらかに体脂肪率が多いのはどういう状況が考えられるのでしょうか。足で測るタイプで内臓脂肪が測れるとは思えないのでなにが原因なのかよくわからないのですが。

また、体脂肪を減らすにはどういった運動が向いているでしょうか。ちなみに、ダンベルとバランスボールはやっていますが、体重はそこそこ減るのですが体脂肪がへりません。

Aベストアンサー

電極の位置に関わらず、どの測定方式でも全身脂肪がわかるようですね。

あと脂肪を燃焼させるには確か20分以上の持続的な運動が必要なので、今の運動では脂肪はつかないけれども、減らせもしない状態なのかもしれません。
軽いジョギングもとい、ウォーキングなど運動強度が低くても大丈夫なので試してみてはいかがでしょうか?。

参考URL:http://www.zakkers.com/health/bodyfat/taishibou.htm

Q体脂肪率5%以下の計測

カラダスキャンを購入したのですが体脂肪率5%以下はエラーになります。
ですが体重をオモリで2Kg程度増やすと体脂肪率5%以上になるようで測定できます。
この方法を使って5%以下の場合を(おおよそでもいいので)測定できないでしょうか?
例えば1Kのオモリを使って体重を1K増やした際に計測して体脂肪率が5%だった場合、実際の体脂肪率(1Kのオモリが無い状態)は何%なのか計算できないでしょうか?

Aベストアンサー

ごめんなさい

現在オンですよね?
です

Q水泳は痩せる?筋肉質になる??

はじめまして。過去ログは大体読ませていただき
ましたが、結局水泳は痩せるのでしょうか?
私としては下半身をほっそりみせたいのです。
というのも、最近お仕事をやめてから体重が一気に3キロも増えてしまい、お腹がぽっこり、太もも、お尻がたるんできました・・。

私は身長150とかなり小柄で、もともと痩せていたほうなんですが、今まで付き合った人達には下半身がぽっちゃりしていて、幼児体系だよねって言われてきましたT_T) たしかに自分でもそう思います・・悲しいことに。だから、友達にプールに誘われても下半身をだしたくないので断っていました。

今回暇ができたので、水泳に通おうと思っています。
小さい頃は選手コースでかなり泳いでいたので、スポーツ大嫌いな私でもちょっとやる気になってます。でも、水泳は今のままの脂肪が筋肉にかわるだけかな?と思ってしまいます。細くならないと意味ないので・・。
私も素人なのでよくわかりませんが、知っている方がいたら教えてください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ピンヒールはやはり足首が安定しないのであまり好ましいとは思えませんし、姿勢が悪くて余計低く見えます。高さのない靴もいいわけではありません。理想は3cmくらいの高さのある、かかとの広いもの。置いた状態で指ではじいてもぐらつかないものです。ピンヒールは指ではじいたらぐらつきますよね?

また疲労が溜まった状態だと余計脂肪をとりこむため、悪循環なのです。そんな疲労状態で水泳をしても余計疲労を蓄積して、脂肪をとりこんでしまいます。靴を見直す事と、骨盤の矯正で下半身は普通になります。(体験者は語る・・・)O脚も骨盤を広げる原因ですが、靴を見直せば少しは改善の余地はありそうな感じがします。
水泳を引き締める為にすることは無理だと思うのです。もう十分筋肉で凝り固まった状態なのでそれをほぐしてあげるストレッチの方が効果は大きいです。毎日30分ストレッチをしたり、張った脚をもみほぐしてあげてください。

Q体脂肪率ってどうやって計ってるんですか?

いつもお世話になります。

タイトルそのままなんですが
我が家の体重計で体脂肪率が計れる機能があるのですが
体脂肪率ってどうやって計算しているのでしょうか?
あれってどの程度正確なものなのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

販売されている体脂肪計、体組成計は電気抵抗を測定して、その値を検量線に当てはめて体脂肪を算出します。

検量線というのは、サンプルから求めて近似式になります。では、このサンプルの体脂肪をどう求めるかというと、水中体重秤量法というので算出します。
http://www.hc.keio.ac.jp/sports/setsubishoukai.htm

これは、かなり大がかりな設備になるので、運動関係の研究施設や大規模な医療機関くらいでしかできません。

体脂肪計の数値は結構機械で違いますよ、私の場合、14%~4.5%までばらついています。なお、タニタの体脂肪計付き体重計(業務用3台、家庭用1台)では10%台の数字ですが、14%~10%で、家庭用が14%です。
ジムのコーチによると4.5%を出したBOCAという器械が一番正確だそうなんですが、これだと、アスリート並だもんなあ。

ですから、絶対値ではなく、はかり方を統一して増減に注目するくらいにした方がよろしいかと思います(というような研究報告を見つけました。以下参照)。
http://www.purpose.co.jp/a_news_html/news140521.htm

水中体重秤量法での体脂肪測定機能が付いた風呂桶がありました。
http://www.purpose.co.jp/a_news_html/news140521.htm

販売されている体脂肪計、体組成計は電気抵抗を測定して、その値を検量線に当てはめて体脂肪を算出します。

検量線というのは、サンプルから求めて近似式になります。では、このサンプルの体脂肪をどう求めるかというと、水中体重秤量法というので算出します。
http://www.hc.keio.ac.jp/sports/setsubishoukai.htm

これは、かなり大がかりな設備になるので、運動関係の研究施設や大規模な医療機関くらいでしかできません。

体脂肪計の数値は結構機械で違いますよ、私の場合、14%~4.5%までばらついてい...続きを読む

Q筋肉質の私に水中での運動はどうでしょうか?

よろしくお願いします。

中学、高校、社会人と10年くらい、
バレーボール、バドミントンを続けてきました。
おまけに、住んで居たのが坂と階段ばかりのところで、
ともかく下半身が太くなっていきました。

それから20年・・・。
だんだんと脂肪も増え、
高校の頃から15kg程も太ってしまいました。
その間、ジムに通ったり、ウオーキングをしたり、
代替食ダイエットをしたりしましたが、どんどん体重は増えていく一方です。
(お恥ずかしいのですが49才、164cm66kg体脂肪率34%
骨も太いがっしりした体型です)

今考えると、ジムでは痩せはしなかったものの、
止めたとたんに太りだしたので、体重維持はしていたのだと思います。2年通いました。

ウオーキングも3カ月続けましたが、
ヒップアップはしたものの、体重は1kgも減りませんでした。

代替食も3カ月、真面目に続けましたが、なんと1kgも痩せませんでした・・・。
(お世話してくれる方が、こんなに減らない人は始めてと
戸惑っていました)
一緒に始めた主人は9kgも痩せました。

そうこうしているうちに、
がっしりついた筋肉が、セルライトと混ざり合い(?)
見事な中年体型になってしまいました。

いろいろみていくと、筋肉がつきやすい体質の人は、
自転車こぎや、早足でのウオーキング、
重い付加をかけてのトレーニングはご法度だとかいてあり、
今までしてきたことが、全て逆効果だということにショックを受けました。

で、始めたのが、プールでのウオーキングと、ヨガです。
プールでは、ゆっくり大きく身体を伸ばしながら、運動をすることを心がけています。
週に2~3日、1時間くらいのペースです。
また、ヨガは自宅で寝る前などに、本を参考にして、軽いものを5~10分おこなっています。
それと食事も夕食はできるだけ少なめに、炭水化物を摂らないようにしています。

このような方法でよいのでしょうか?
同じような体質の方、または、知識をお持ちの方、
アドバイスをいただけたらと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

よろしくお願いします。

中学、高校、社会人と10年くらい、
バレーボール、バドミントンを続けてきました。
おまけに、住んで居たのが坂と階段ばかりのところで、
ともかく下半身が太くなっていきました。

それから20年・・・。
だんだんと脂肪も増え、
高校の頃から15kg程も太ってしまいました。
その間、ジムに通ったり、ウオーキングをしたり、
代替食ダイエットをしたりしましたが、どんどん体重は増えていく一方です。
(お恥ずかしいのですが49才、164cm66kg体脂肪率34%
骨...続きを読む

Aベストアンサー

まず手っ取り早い疑問点から解決してしまいましょう。

水中で汗をかきづらいという点ですが、これは私も少し似たような疑問をもったことがありました。

各種のカロリー消費を示した表などを見ると、水泳のカロリー消費がとても多く、ジョギングよりも大きな値を書いてあることが普通です。
しかし実際この両者を実施していると、どうにも走る方が運動中のしんどさも、また運動後の疲労度も走る方が上の気がしてしまうのです。

そしておっしゃる通り、汗もいくら水中でかいてる汗が目に見えないとはいえ、どうにも心拍数も上がってない。

そこで調べてみました。

水泳とジョギングどちらがカロリー消費、ひいては痩身のために有益か。
これには色んな意見があるみたいです。

ネットで検索していても、各種の本を散見しても両論相譲らずって感じなのです。

水泳派の大きな論拠に、水泳は水に入っているというだけで体温保持カロリーを消費するっていうものがあります。
逆に水泳否定派には、長い間水に入って居ると体温保持のために、人間は自然と脂肪を蓄積するなんて論もありました。

これは私自身は走る方が上だと結論づけました。

たしかに水泳というものは、低い温度の水中に没しているだけで、自然と水圧もかかるし、また体温保持にカロリーをかなり消費するというのは、多くのトップ・スイマーやシンクロ選手らが凄い量の食事を摂取することから明らかだと思いました。
また仮に脂肪蓄積のデメリットがあるとしても毎日数時間もプールに居る選手は別として、ほんの数十分~1、2時間水中に居るだけの一般人が自然と脂肪を蓄えるってほどの影響があるとは思えなかったからです。

しかしそれでも、なぜ私が水泳よりもジョギングの方が、より効果が高いと考えたかの理由は、一般愛好者の身体の傾向をエビデンスとしてみればいいのではないかと考えたのです。

その身体的特性を有しているがゆえにトップ・プレイヤーで居られる競技(例えばバレーボールにおける高身長、相撲取りにおける巨体)は別として、一般愛好家レベルでその身体的外貌にどのような影響を生じるかは実際に一般愛好家にどういう体型が多いかを見ればいいのではないかと考えたのです。
それは意図したものか、無意識かは別としてともかく「結論」としてそういう体型に事実なっているのですから、一定レベルでそういう結果を生む可能性は高いと思ったのです。

そこで街のジョギング愛好家とスポクラでの水泳愛好家を比べると、明らかに待ちのジョガーの方がスリムな体型が多いのです。

いや、さらに誤解を恐れず言い切ってしまうと、街のスポクラのプールに入り浸ってる人たちは、決してスタイルがいい人が多いとは言えないのです(あなたの行ってるジムではどうですか?)。

さて本題の水中ウォーキングについて考えます。

私は現在、有酸素運動についてはジョギングを主、水泳を従として実施しています。
これは私も体重が多いため、ジョギングだけをたくさんやり過ぎるとヒザや脚を傷めてしまうからです。

しかし水中ウォーキングは一切やっていません。

なぜなら水中ウォーキングやアクアビクスは、その売り文句=「水中だと水の抵抗で負荷がかかるからより効果的だ」という売り文句が生かされるほど、激しい動きによって心拍数を上げたり体温を上げることが出来ないからです。
つまり、仮に同じスピードで動けると仮定したならその負荷は高いのは事実かもしれないが、現実にはゆったりとしか動けないのです。

実際、たぶんあなたが日頃行くプールでウォーキングをしている周りのオジサン、オバサン方は、ぶっちゃけスリムな方は少ないのではないでしょうか。

ですから、水中ウォーキングはあくまでも激しいジョギングやウォーキングが出来ない高年層とヒザ等に故障がある人間の代替手段ORリハビリなどと考えた方がいいと思います。

そこであなたも出来れば、ヒザに負担が出ない程度の普通のウォーキングや水泳を取り入れ、合間に補助的に水中ウォーキングを実施するのが得策でなかろうかと思います。

なお、ジョギングとウォーキングについては下記URLの私の回答を参照してください。
何度か使いまわしている回答ですが、内容は間違ってないと確信しています。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2881477.html
(回答NO4とNO5)

まず手っ取り早い疑問点から解決してしまいましょう。

水中で汗をかきづらいという点ですが、これは私も少し似たような疑問をもったことがありました。

各種のカロリー消費を示した表などを見ると、水泳のカロリー消費がとても多く、ジョギングよりも大きな値を書いてあることが普通です。
しかし実際この両者を実施していると、どうにも走る方が運動中のしんどさも、また運動後の疲労度も走る方が上の気がしてしまうのです。

そしておっしゃる通り、汗もいくら水中でかいてる汗が目に見えないとはいえ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報