今年の「中小企業」(職員15名くらい以下)の「夏のボーナス」がいくらくらいか、という問題にたいして
参考となる資料でしたら一切を問いません。
教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 今、送信した回答の補足です。


 参考URL=長いアドレスよりも、下欄=短いアドレスのほうが、スムーズに
呼び出せるようです。
 ボーナス・データは、第1ページの下の方に出てきます。頑張って下さい!

参考URL:http://www.sric.co.jp/
    • good
    • 0

 こんばんは! 下記のURLで解かると思います。


 1行目は、総務省の最新版データです。総平均値には中小企業分も入っていますので、15名以下企業分を特定するには、概ね総平均値の35~55%と考えます。(伝統的な業種の場合です)(新興業種は、上下の幅が大変大きいです)
 2行目および参考URL欄は民間機関の最新データです。
 
 釈迦に説法ですが、統計値を何かの結論裏づけに用いるには、その値の条件・算出方法・層別前提などを、必ず併読してください。(凡例など)

 なお、2001年夏季ボーナス調査など、定番登録型で無い、すなわち準・単発事案の検索は、ロボット検索エンジンのほうが、ヒットしやすいと思います。goo、LYCOS、infoseek、など。  yahooは、登録型です。
 ご健闘祈ります!

http://www.stat.go.jp/data/nenkan/03.htm

http://news.lycos.co.jp/topics/business/bonus.html

参考URL:http://www.sric.co.jp/report/sokuho/2001/011.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夏のボーナスについて

夏のボーナスについて

本当は楽しみに待っていた方が良いんだと思うんですけど、気になるので教えて下さい。

給料月¥167,000の人間の、夏のボーナスは幾らくらいになるでしょうか?
去年の夏と冬のボーナスは¥240,000で、今勤めて2年目です。
4年目の先輩は¥380,000でした。
不景気等関係のないところなので、税務上の計算に基づいた額が支給されると思うのですが・・・
分かる方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>夏のボーナスは幾らくらいになるでしょうか?

賞与は会社の給与体系、経済情勢等により異なりますので正確な事は回答不能
です。(部外者には分かりません)

<一般論>
賞与は
  会社状況(好景気・不景気による変動有り)
   ※一般的には基本給の◯ヶ月分等を定めます。
    組合がある場合は、組合との交渉によって決まります
  質問者さんの評価(五段階、三段階評価等)
   ※例 A評価は+10%、E評価は-10% 等
  質問者さんの所属する部署の評価(部署単位で評価される場合)
   ※例 営業部署は+10%、管理部門は±0%等

概ね、このように個人の賞与額が決まります。
 例 賞与額=((基本給×賞与月数)×(1+個人評価率))
        ×(1+部署評価率)
 例 年俸制の会社においては、年俸を14で除算して額を賞与額とする
   場合もあります。
 例 定額で賞与額を支給する会社もあります

組合に所属しているのであれば、組合の執行部にお尋ねになればある程度は
教えてもらえます。

>不景気等関係のないところなので、

それでも、一般論でよいので知りたいのであれば 
 ◯一般的な会社では1年目(4月入社の夏季賞与)は、就業期間が短いです
  から、2年目以降社員よりも支給率が低い場合が多く見られます。
 ◯景気の浮き沈みが無い=一般的には、昨年と同程度の支給率になります。

以上から、

 4年目の先輩の昨年夏賞与 ÷ 4年目の先輩の昨年基本給 =支給率
 質問者さんの今年の基本給 × 支給率 =夏季賞与額

 当たらずとも遠からず賞与額が計算できます。

>夏のボーナスは幾らくらいになるでしょうか?

賞与は会社の給与体系、経済情勢等により異なりますので正確な事は回答不能
です。(部外者には分かりません)

<一般論>
賞与は
  会社状況(好景気・不景気による変動有り)
   ※一般的には基本給の◯ヶ月分等を定めます。
    組合がある場合は、組合との交渉によって決まります
  質問者さんの評価(五段階、三段階評価等)
   ※例 A評価は+10%、E評価は-10% 等
  質問者さんの所属する部署の評価(部署単位で評価される場合)
  ...続きを読む

Qボーナスの支給額まで確定していたにも関わらず、支給日の2週間前に収支報告書の数字を見て「ボーナス支給

ボーナスの支給額まで確定していたにも関わらず、支給日の2週間前に収支報告書の数字を見て「ボーナス支給なし」と告げられました。
・就業規則上は「昨年度に対する業績賞与」となっている
・支給額は担当部署との会議で確定した
・今年度の収支報告書を確認した時に、ボーナス支給ゼロが確定し、翌日正式に告知があった

これは法律上は問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

ボーナスの具体的な支給がいつ確定したのか、言い換えれば、「ボーナス支給ゼロ」となる前にボーナスを確定させる権限を持つ人が個々の支給額を決裁したのかどうかによります。

決裁したのでしたら、会社はボーナスの支給義務を負います。これを覆すには、労働者個々との交渉等が必要であり、一方的な告知では駄目です。法律上の問題あり、です。

決裁前でしたら、ご質問のケースに法律上の問題は見られないと思います。


「支給額は担当部署との会議で確定した」とのことですが、一般的には社長など経営者の決裁を経るところと思います。それなしに担当部署との会議のみで確定させるのが御社のやり方でしたら、その会議で具体的な支給が確定した、といえます。そうでなく、経営者の決裁が必要なのでしたら、その決裁がいつおこなわれたのかで、法律上の問題の有無が決まってくると思います。

Q中小企業の借入金はどのくらい

中小企業の借入金はどのくらいまで借金して大丈夫なのでしょうか?
返済能力がないのに借りてもどうなのか?
資本金に対して何倍ぐらいとかあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>借入金はどのくらいまで借金して大丈夫なのでしょうか?

高利貸しでない限りいくらでもいいでしょう。
借金も資産のうちともいいますし、
借りた金は返さなければ自分の金という言葉もあります。

>返済能力がないのに借りてもどうなのか?

相手によります。なければ困ります。
が、普通の金融機関なら担保はとっているでしょうから、
問題はないはずですが。

>資本金に対して何倍ぐらいとかあるのでしょうか?

資本金は関係ないですね。
相殺するなら一倍までです。
基本的に借入返済の原資は、当該借入金額の利益相当分に
設定するというのが基本ですが。

中小企業の場合は教科書とおりにはいかないというのも常識ですし。

Q中小企業向け融資の金利について

当社は設立4期目で、新規事業投資の為に銀行からの融資を考えています。
1,500万円を借りようと思いますが、どの銀行のHPを見ても金利は「○%~」という風になっていて上限がわかりません。
この金利変動のしくみを教えていただけませんか?

Aベストアンサー

銀行の融資金利の考え方は大企業向けでも中小企業向けでも基本は変わりません。

金利は、以下の式で決定されます。
銀行調達金利+銀行内の手数料/人件費コスト+リスクプレミアム
この内、調達金利と人件費コストの部分は基本的に誰に対してもあまり変わりません。
リスクプレミアムの部分が相手先により大きく変わります。

融資したお金と金利がちゃんと返ってくる可能性が高い企業に対しては、リスクが低いのでリスクプレミアムも小さくなります。一方、財務体質が脆弱で返済可能性が比較的低い企業に対しては、リスクが高いと見なされますので、リスクに見合った高い金利を要求する事となります。
また、担保の有無によってもリスク度合いが変わる為、上限を明示する事が難しいのです。

融資を受ける場合には、過去数年分の財務諸表や担保の有無を聞かれると思います。その結果、銀行の方から融資金利の提示があります。

Q中小企業退職金共済制度

昨年から中小企業退職金共済制度に入りました。
経理上、勘定科目は何でしょうか。

Aベストアンサー

「退職金」という科目を「退職給付費用」という科目名に変えて、そこで処理します。
退職金を前払いしていて、費用処理していると考えてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報