あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

そもそも、『告げ口』『チクリ』というものは、
日本に置いては、優等生もしくはいじめ
られっ子が、不良もしくは出来の悪い・
粗暴の悪い子が起こした行為を、先生
もしくは親・目上の者、事の分別を適切に
判断でき、どちらに筋が有るのか!?
正当性や正しさを訴える事柄に対しての
行動のハズなのだが、あの嘘ばっかりの
国でギャグ選挙で選ばれし大統領さんが
外遊先で恒例行事として行って居る、
日本のマスゴミが『お告げ口外交』と
称する行為は、本当に『告げ口外交』と
いう言い回しで合っているのだろうか?
どうも『告げ口外交』と報道されると、
あの嘘の国に正義があるかのように
感じてしまう・・・

最初に、あの嘘の国の大統領の嘘言いふらし
外交を『お告げ口外交』と訳した報道機関が
どこなのか知らないが、これも創刊以来、
デタラメしか書いて来なかった朝日新聞の
朝ひる流に習っての意識操作なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

確かに告げ口というと相手に伝える手法としてはネガティブですが,伝える情報については何かしらの秘密であったり,事実だったりしますね(つまり嘘はついていない).



つまり告げ口よりも適切な表現としては吹聴,虚誕,流言などではないでしょうか?
(流石にそこまで直球な言い方をメディアはしないと思いますが)

ただ,Wikipediaにも告げ口外交という項目があり,英語でTale-bearer Diplomacyと云うそうです.
Tale-bearerは悪い事・噂を言いふらす人,告げ口屋と訳されるので告げ口外交というのは訳としては間違ってはいない事になります.

従って間違っているのは最初のTale-bearerであって,False rumorsとかだったら大体意味が合いそうな気がします.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

お礼日時:2014/11/06 20:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング