親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

はじめまして。
質問させていただきます。

自宅で全身写真を自撮りで撮影したいのですが、どの場所で撮っても背景に物が写ってしまうため、背景になるものを買うか作るかしたいと思っています。

撮る写真はよくあるコーディネート写真のような感じで、本格的な照明などは組まずiPhoneのセルフタイマーで撮ります。
(外で撮るのは、誰かに撮ってもらうのが毎回は難しいため室内で撮りたいのです)

背景用のロール紙は高すぎるのと、吊るすポールを設置するのが難しいのでそれ以外で何かないでしょうか。

背景は白または白壁風などが良いです。
(参考写真のような感じ)
また、綺麗に写せる光の入る部屋が和室のため、床も絨毯かパネルなどで畳がわからないようにしたいです。

ネットでいろいろ検索しましたが良い方法が見つからないので困って教えてgooに登録しました。
ぜひアドバイスいただけると嬉しいです。

「全身写真用の背景」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ん~~~。


写真用撮影機材を使わずに安く、となると・・・できない事はないでしょうけど、手間は掛かりますね。

まず、バックドロップ。
スマホを使った撮影だと、レンズの画角としてだいたい35mm一眼レフに換算して30~35mmくらいでしょうか?縦位置撮影で、天地60度前後・左右40度前後・対角65度前後、って辺りだと思います。
で、この画角で3.5M(約2間・和室8畳の一辺)離れたバックがどのくらいの範囲で写るかというと、上下3.8M前後・左右2.5M前後くらいが写る事になります。

対して、服飾用の布地だと・・・幅100cm前後かな?
上記の写る範囲は、あくまで「正対した時」ですから、多少でも振るとなるとその1.5倍くらいは余裕を持たせないと切れてしまいます。すると、1M幅の反物を3面は張り合わせないと写真のバックとしては役立たずという事になりますね。現に、写真撮影用のバックドロップ(人物全身をカバーするもの)だと、幅は4.5M~くらいでしょう。

挙げられた写真のように、座位にすれば一回り小さくできるかもしれませんが・・・。

お次にフロア(床)
これは、最大妥協で市販のじゅうたんを使う、という事になります。
板の間(フローリング)のシートは、畳の上に直置きだと・・・たぶん写真になった時に違和感を感じるかと。やはりある程度の硬さがあるフロアに敷くもので、凹凸のある畳の上だとどうしても拭えない違和感があるかと思います。
そういう意味では、カーペットの方が違和感は無いでしょう。

で、サイズですが。
幅で2.5Mを最低でもカバーしようとすると、3畳以上のサイズになるかと思います。引き・・・座って脚を伸ばしてカメラから切れない位置・・・で1.5M以上はあったほうがいいでしょう。
1畳~2畳のパーソナル用ならスーパーなどでも安く売られていますが、それ以上のサイズだとソレ専門の店じゃないと見つけづらいんじゃないかな?と。

という風に挙げてみて、質問者さんはどれくらいのコストで考えられてましたか?たぶん、上記の事だけでも数万円の単位(少なくとも、数千の単位では納まらない・切り詰めて安いトコを探せて1万数千円の単位)にはなるかと思いますが・・・。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しいご回答ありがとうございます。
床に関してはじゅうたんでいけそうですね。^ ^
予算は~2万円くらいだと嬉しいなという感じです。
壁が本当に難しいですね…カメラに詳しくないので、細かいことは理解しきれていないかもしれませんが、布でも大きさが足りないかもという事はわかりました。
どうしたら良いのでしょう…
他の補足にも書きましたが、理想は白壁風な背景です。
壁紙で白壁のものが売っているので、それをベニヤなどに貼り付けて大きい背景板を作るのが良いのでしょうか…
仕事の関係もあり、どうしても頻繁にスナップ写真を撮らないとならないのですが、どうにもこうにも自宅内は背景がフラットなところがないです。どこかしらに物があり…
かといって毎日写真を撮るために誰かに頼むのも現実的ではなく…困りました。。
引き続きなにかありましたらアドバイスいただけると嬉しいです。
ただ写真をとるだけなのにこんなに大変なんですね…途方に暮れています。>_<

お礼日時:2014/11/06 14:57

ベニヤにしてもMDFにしても、サブロク(3尺x6尺=920x1830mm)2.5mm厚でだいたい2.5kgちょいです。


これに壁紙を貼って、それが倒れないように支えるすべが必要になりますね。しかも、下が不安定な畳の上で。

結構大掛かりになるかと思います。

それに・・・使わない時にそのサイズのものを置いておけるスペースがあるのでしょうか?結構デカいですよ、サブロクって。

収納場所が確保できていて板パネルを使うなら、裏表を使えば2パターンの壁を作れますからコスト的には数千円で済むかと思いますが・・・。
継ぎ目を目立たなくさせる工夫と、別途に倒れなくする為の道具とそのコストは掛かるでしょうけれど。
それに、壁紙を板に綺麗に貼る手間がかかりますね。

前のレスとこのレスで、当初に予想していたものから想像以上に大掛かりになってませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

家は割と広いので、置いておけるスペースはあります。またDIYや工作は好きな方なので手間的にも問題ありません。イメージ的には大がかりにはなっていないです。
倒れなくする工夫ですね。確かにそれは必要です。面倒なのでいっそ和室の壁に板壁パネルを貼ってしまおうかという気になってきました(^^;;ありがとうございます。

お礼日時:2014/11/06 17:15

ホリゾント(背景幕)は、身近なもので工夫してください。


だだし、角は、アールを付けて目立たなくする事。
一眼レフのように、被写界深度のコントロールが可能なら、暈す事で、角が目立たないようにできますが、iPhoneでは、そうは参りません。
大胆には、Adobe Photoshop ELで人物を切り抜き、レーヤーを重ねる方法で、背景を差し替える手段もアリかなと思います。

レフ板は、一人でセティングするとなると、半畳程度のベニヤ板などにカレンダーの裏なような光沢紙を貼る事で代用できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
一番の理想は白壁風なのですが、それを可能にする方法は何かありますでしょうか。
布も良いのですが、真っ白だと味気ない気がして…。
また、アールとは何ですか?
レフ版はすぐ作れそうですね!こんなに簡単にできるとは思いませんでした。早速やってみます。

お礼日時:2014/11/06 13:40

安くて大きな物だと、シーツですね。



色も豊富ですし、画鋲で壁に貼れば吊れますし
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。一番の理想は白壁風なのですが、もしシーツ以外でもあれば教えていただけると嬉しいです。

お礼日時:2014/11/06 13:38

身近に有るモノだと、シーツしか思い浮かびません。



ただ、皺のよったモノはNG。あと、壁と畳の直角部分にアールを上手く付ける事。
本格的なライティングを行わないなら、日中の窓際。室内の照明は消す。
ただ、レフ板ぐらいは欲しいです。

後、背景が白いと、人物は露出不足になります。
その辺り、iPhoneに露出補正の機能があるのかAEロックが有るのか分かりませんので、何等かの工夫が必要でしょう。

この回答への補足

ありがとうございます。身近にないものでも、自作で作れるものであれば構いません。自分で少し考えたのは紙や発泡スチロール、ベニヤなど、ある程度の厚みのある板に白壁風の壁紙を貼る…などです。もし自作できる可能性があればアドバイスいただけると嬉しいです。
光の入り方としては日中の窓辺はクリアしています。
でもレフ板がありません。レフ板はどのようなものであれば一人でも使いこなせるでしょうか?

補足日時:2014/11/06 10:52
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング