プロが教えるわが家の防犯対策術!

作家の太宰治が支払えないで悩んだといわれる昭和22年分の所得税は、「所得額21万円、税額11万7千余円」とのことですが、この金額は現在に換算すると、どのくらいの金額ですか。

教えて!goo グレード

A 回答 (5件)

なにを指標にして貨幣価値を決めるかは問題


ですが、日本銀行の「東京小売物価指数」を
選んで見ます。

            東京小売物価指数
1946年(昭和21年)  18.9
1947          51
1948         156
1949         243
 物価上昇の激しい時代を過ぎ
1992年以降安定しほぼ1800 です。
 (昨今は又上昇?)
昭和21年基準で 大雑把に 100倍
昭和22年 〃   〃    40倍

細かい数字を出しても無意味です。

所得額2100万円、税額1170万円
 〃  840万円  〃 470万円

昭和22年度分といっても実際は前年度分も
含まれる作家家業ですから、この中間位と
考がえられます。
上なら税を拂ってもやれますが、下だと
苦しいです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

よくわかりました。ありがとうございました。
当時の太宰は流行作家ですから2100万円の所得というのは肯けます。
税率が50%超ですのでやはり高額所得者・・。
納付は翌23年ですから、急激なインフレの進行で実際の負担は楽になっていますね。

お礼日時:2014/11/07 18:30

そのころは激しいインフレの時代です。

1年のうちに物価は数倍になっているのですから,換算は難しいですが,だいたいその当時の金額を100倍してやると感覚がつかめると思います。(実際には100倍から200倍の間くらい?)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私もそのくらいの感覚でいますが、もう少しはっきりした根拠が欲しいと思っています。

お礼日時:2014/11/07 18:34

「昭和二十年代・大卒・初任給」で検索すると、有益な情報が得られます。

    • good
    • 8

 下記では「昭和21年に、我が家の一戸建ては、三千五百円で、できました。

」という言葉があります。
 http://matome.naver.jp/odai/2138690798463379701

 ただこの時期の貨幣価値は急速に変化していますので、1年の差でも大きく違いますから、簡単な換算は難しいと思います。
    • good
    • 4

こんにちは。



昭和のそのころの消費者物価が100~130円くらいだとしたら、これを現在の金額にすると800円~1200円程度になります。

昭和22年ごろには、円の他に50銭(0.5円)なんていう硬貨も発行されて一般的に使われていました。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング