出産前後の痔にはご注意!

以前、ネットで見かけたネコ型のクッションが気に入り、自分で真似てそっくりに作ってみました。(作り方は画像をプリントアウトし、拡大して型紙を作り、ネコの表情も似せて完成。)そのクッションは数年前にあるインテリアショップで販売されていて今は売られていないようです。

私がその自作クッションを販売すると違法ですよね?
どうしたらハンドメイド雑貨として堂々と販売できますか?


ネコのデザインをクマにしたらいい?
素材を変えたらいい?
ネコの姿勢を変えたら?(本物は歩いている姿、私のは座っている姿のように)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

間違えやすい部分かもしれませんが、著作権というものは著作物に対して発生する権利です。

あなたがクッションを作ったのならば、そのクッションの著作権の権利者はあなたです。真似て作ろうが関係なく作成者の権利です。

アニメや漫画のキャラクターのイラストをあなたが書いてクッションにしても著作権上問題はありません。ただし、アニメのワンシーンの画像をコピーしてそのまま使用した場合には著作権の侵害に当たります。

なので著作権上は問題ないでしょう。


問題になる可能性があるのは著作権ではなく産業財産権(特許権とか意匠権とか)です。ちなみに著作権を管理する省庁は文部科学省で、産業財産権を管理する省庁は経済産業省になります。なので、その点からもかなり異なる権利だということが分かるでしょう。著作権は作成した時点で権利が発生します。何の登録も要りません。一方で産業財産権は、お金を払って登録をして期限付きの権利を発生させるという性質の権利です。

で話を戻しますと、もしもそのインテリアショップが、そのキャラクターの意匠登録をしていた場合、意匠権が発生しておりそれを無断で使用することはできないことになります。

が、通常インテリアショップ独自のキャラクターにわざわざお金を払って権利の保護を求めるケースはまずないでしょう。そういう意味では、意匠権上も問題は無い可能性が高いです。一方でアニメのキャラクターなんかは意匠登録をしています。それを使ってかなりの金儲けができますから、他人に勝手に商品を出されて売り上げを侵害されたくないですもんね。

ということでショップ独自のものなら意匠登録などしておらず使っても法律上は問題は無い可能性が高いとは思いますが、法に触れなければ何をしてもいいのかという話です。もし真似をしたいのなら、「あのキャラクターすごく好きだったんですけど、真似て作成してもいいですか?」という質問をしてみるとかした方がいいと思います。


>どうしたらハンドメイド雑貨として堂々と販売できますか?

回答としては「ショップに使っていいか尋ねる」ということになります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

意匠登録。知りませんでした。
ショップに問い合わせてみます。
大変詳しく説明していただきありがとうございました!

お礼日時:2014/11/07 21:40

意匠登録したらいいでしょう。


既に登録済みなら通らないし、
今後真似をする人が現れたら意匠料を請求できます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

意匠登録について、まだわからないことが多いのでもう少し調べてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/11/07 21:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q手作りアクセサリーの著作権について

手作りアクセサリーの著作権について質問です。

アポロチョコレート、ハリボーを粘土で作り、
アクセサリーにして、オンラインサイトで売っているのを見かけます。

また、コアラのマーチをUVレジンで加工して
売っているのも見かけました。

私は、そこが気になり、まだ販売などはしていないのですが、
著作権というのは、一体どのあたりから引っかかるものなのでしょうか?
(写真の様に名前を入れると駄目であるとか?)

ちなみに海外(アメリカ)在住なのですが、
そうなるとまた条件が変わったりもするのでしょうか?
そして、オンラインショップと実店舗でも条件は変わりますか?

著作権に詳しい方、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

それは著作権じゃなくて、意匠権および商標権侵害。
著作権というのは、思想・感情を創作的に表現した芸術を独占する権利であり、
工業製品に著作権はありませんし、工業製品を模した物に独創性はなく著作権も発生しない。

写真の商品であれば、台紙が全面的にアウト。
ロゴは明治が著作権と商標権を持ちますし、いちごマークはアポロのパッケージをデザインしたデザイナーが著作権を有します。
アポロを模したアクセサリーを製造販売には縛りがありませんが、meijiやアポロを名乗ってはいけない。
それはmeijiブランドやアポロブランドの肩書を偽って、購入者を錯誤させる詐欺行為。およびブランドへの毀損に当たります。

そもそも、そのアクセサリーは、あなたに著作権もろもろの権利が全くないので、製造販売する権利がありません。
他人の褌で商売しちゃいかんよ。ってのが著作権、商標権、意匠権など知的財産権。

著作権等はベルヌ条約という国際条約を基に、各国で立法していますので、国ごとに知的財産権の扱いは違います。
日本の著作権は自然発生権、アメリカは登録制です。
そういうことも知らないと、なんでも好きに作るのは構わないのですが、なんでも好きに商売はできないのです。

それは著作権じゃなくて、意匠権および商標権侵害。
著作権というのは、思想・感情を創作的に表現した芸術を独占する権利であり、
工業製品に著作権はありませんし、工業製品を模した物に独創性はなく著作権も発生しない。

写真の商品であれば、台紙が全面的にアウト。
ロゴは明治が著作権と商標権を持ちますし、いちごマークはアポロのパッケージをデザインしたデザイナーが著作権を有します。
アポロを模したアクセサリーを製造販売には縛りがありませんが、meijiやアポロを名乗ってはいけない。
それは...続きを読む

Qキャラクターを模して手作りをした場合

こんにちは。
こちらで色々と検索させて頂き、キャラクターをプリントした生地を使用しての手作り品を販売することについては、違法であるという回答を拝見しました。

私も、子供の通園バッグを手作りしようと思っているのですが、入手したキャラクタープリントの生地の全体柄がこまかい為、子供が自分の物と一目で判別できないと困ると思っています。
そこで、そのプリントの中にあるキャラクターの絵を自分で描いて、アップリケにしてカバンに縫いつけようかと思い付きました。

販売などは一切しませんし、全くの自己使用です。
アップリケにする為の下絵はプリントにある絵をそのまま写すのではなく、キャラクターを真似て自分で描きます。

こういった場合でも、プリント生地のみならずアップリケもキャラクターの絵を使うという事に著作権に触れるなどの問題がありますか?

また、キャラクタープリントを使用した作品を写真にとってWEB上で公開する場合も、二次使用になるからダメだという回答を目にしましたが、作品の販売目的であったり、同じような作品の作成を請け負う為のサンプルとして掲げるなど、商用目的で公開したのでなくとも、違法になるのでしょうか?

よろしくお願いします。

こんにちは。
こちらで色々と検索させて頂き、キャラクターをプリントした生地を使用しての手作り品を販売することについては、違法であるという回答を拝見しました。

私も、子供の通園バッグを手作りしようと思っているのですが、入手したキャラクタープリントの生地の全体柄がこまかい為、子供が自分の物と一目で判別できないと困ると思っています。
そこで、そのプリントの中にあるキャラクターの絵を自分で描いて、アップリケにしてカバンに縫いつけようかと思い付きました。

販売などは一切しません...続きを読む

Aベストアンサー

まず、お子さんのカバンにキャラクターのイラストを付ける方ですが、これはまったく問題ないものと思われます。著作権法30条1項により、個人・家庭内およびこれらに準ずるごく限られた範囲において使用することを目的とする場合には、著作物を複製することが許されています。

複製とは、実質的に同一のものを再製することをいいますから、プリント生地をそのまま利用しても良いですし、自分の手で描き写しても構いません。

また、多少のアレンジを加えること(たとえば色を変えるとか、リボンをつけるとか、衣装を変えるとか)も、許されます(同法43条1号)。

ただし、後半の、これを写真に撮ってウェブで公開する方は、原則としてダメというのが法律的な回答になります。

二次使用だからというのは正しくありません。ウェブを通して作品を公衆に見せる権利は、著作権者のみが持つものです(同法23条:公衆送信権)。したがって、権利者でない者がその行為をすると、権利侵害となります。

上記の30条は、私的使用のための「複製」が無許諾でできると規定されているだけであって、「公衆送信」することまでは許されません。ですから、お子さんのカバンにキャラクターイラストを描くのは自由にできますが、それを写真に撮ってウェブで公開することは権利者の許諾が必要ということになるのです。(もっとも、お子さんの写真を撮ったときに、たまたまそのイラストも写っていたというのは、もとより問題ありません。)

なお、ウェブ上で公開することは、上記のとおり権利侵害に当たり、その前段階として写真に撮るという複製行為を行っていることになります。この複製は、「私的に」使用するためではなく、権利侵害行為の前提として行うものと評価されます。
したがって、複製することについても権利侵害となり、改変についても権利侵害となる場合が出てきます。

・・・とはいえ、常識的な使い方(著作者や著作権者の名誉感情を刺激しない程度)をしていれば、ウェブ上で紹介することも可能だとは思います。著作権侵害は、権利者が訴え出て初めて問題とされるものですから、クレームをつけられることがない程度の利用実態であれば、現実的な問題はないというのが普通です。

ですから、上記のとおり、ウェブ上で公開することについては、必ずしも適法な行為とはいえない場合がある、という点を認識された上で、クレームがあればただちに対処できるようにということを頭の隅において置かれれば、良いのではないかと思います。

まず、お子さんのカバンにキャラクターのイラストを付ける方ですが、これはまったく問題ないものと思われます。著作権法30条1項により、個人・家庭内およびこれらに準ずるごく限られた範囲において使用することを目的とする場合には、著作物を複製することが許されています。

複製とは、実質的に同一のものを再製することをいいますから、プリント生地をそのまま利用しても良いですし、自分の手で描き写しても構いません。

また、多少のアレンジを加えること(たとえば色を変えるとか、リボンをつけるとか、...続きを読む

Qハンドメイドアクセサリーの著作権について。

ハンドメイドでアクセサリーを作って委託販売などしたいのですが、最近ちょっと疑問に思うのが著作権はどこまで適用されるのかと言うことです。
たとえば、誰かの作品を見てデザインはそっくりそのまま、色だけ変えるなどして作ったら侵害になるかと思うのですが、街中で見かけて気に行ったアクセサリーなどを自分流にアレンジして作るのはアウトでしょうか?
また、簡単なモチーフを使用したり、とか。
そういったものまですべて侵害だ!となってしまうともう完全なオリジナルを作るのが不可能に思えてきてしまって…。
こういったことに詳しい方、初歩的な質問かとは思いますがぜひ教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>誰かの作品を見てデザインはそっくりそのまま、色だけ変えるなどして作ったら侵害になるかと思うのですが、街中で見かけて気に行ったアクセサリーなどを自分流にアレンジして作るのはアウトでしょうか?

見た物を再現できるスキルがあるなら、一概に侵害とは言えないでしょう。
ただし対象物に意匠登録などの実績があるとか、
あきらかにデザイナーの個性が反映されているなら少し無理がありますが、
ある程度の心得がある人が思いつくようなデザインであればOKだと思います。

モチーフにしても以前からあるパターンと「ココがウリなのよ!」というような個性的なものとがあります。
その個性的なほうをどう解釈するかでしょう。
トラディショナルなパターンも元々はそれを創出した人がいるわけで・・・
でもベーシックなデザインは時代、地域を問わずある程度共通しているものが多いですね。
難しいですが、一般名詞として通用するなら利用可というのが一つの目安です。

とはいえ実際はコピー作品が横行しているのも事実です。
良心に従って行動するかしないかは当人に委ねられています。
実際争いになっても金銭的被害が大きくない限り法的にどうこうということは無いと思いますが
開き直ってしまうのは論外です。
それでも模倣なしの発展はありえません。
そういうことを一応は心得て制作、販売に望んでいかれると良いと思います。

著作権、利用権などは時代に応じて法も解釈も変っています。
私的利用の範囲を超えるような問題にぶつかった場合は、
面倒でもその都度権利者に問い合わせるなどしてください。

>誰かの作品を見てデザインはそっくりそのまま、色だけ変えるなどして作ったら侵害になるかと思うのですが、街中で見かけて気に行ったアクセサリーなどを自分流にアレンジして作るのはアウトでしょうか?

見た物を再現できるスキルがあるなら、一概に侵害とは言えないでしょう。
ただし対象物に意匠登録などの実績があるとか、
あきらかにデザイナーの個性が反映されているなら少し無理がありますが、
ある程度の心得がある人が思いつくようなデザインであればOKだと思います。

モチーフにしても以前からあるパ...続きを読む

Q手作り品の販売には何か免許はいるのですか?

ヤフーオークションなどで手作りのマスコットや洋服を販売されている方が多くいらっしゃいますが、免許や資格はいるのでしょうか?
またお金が手に入るということなので収入になるのですよね?
確定申告?とかは必要になりますか?
趣味で作ったものが売れると楽しいだろうなとは思いますがいろいろ知っておかないと怖いので質問させてもらいました。
知っている方、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

>趣味で作ったものが売れると楽しいだろうなとは思いますがいろいろ知っておかないと怖いので質問させてもらいました。
作ったモノが売れて利益が出るというのは確かに楽しい事です。
が注意点が一つ。
著作権があるキャラクターのマスコット製作、著作権があるキャラクター生地での製作では注意が必要です。
※自身の子供等に無償で作る場合は問題無し
オークションでは見逃される事も多いですが、いざ著作権者に訴えられれば賠償が生じる可能性があります。
※勿論、お小言で済む場合もあるかと思います

Qオリジナル商品を真似されて販売されたら訴えられる?

こんにちは。私はアクセサリーを型からオリジナルでおこして製作し販売している個人事業家です。
そのオリジナルアクセサリーを真似して販売している作家(?)さん(仮にDさんとします。)がいて困っています。

真似はよくあることですし、多少はしょうがない・・と思い、
そのうちDさんが商売を辞めてしまうだろうと甘く考えていたのですが、
Dさんがあちこちのショップで自らのオリジナルとしてそのアクセサリーを販売しはじめて既にもう2年以上が経ち、その商品はそれぞれのショップで定番化され始めDさんが商売を辞めそうな気配もありません。
(真似されているアクセサリーは私が5年以上前から販売しているもので、1点ではなく数点真似されています。)

そんな様子を見て、そろそろ私から何か行動を起こそうと思っているのですが、
ただの苦情となってしまうのは避けたいので知的財産権や不正競争防止法などに問えるのかどうか教えて頂きたいです。
私なりには調べてみたのですが法律は難解ではっきりしないのです。
実際に問うかどうかはあちらの様子を見てからと考えているのですが、
こちらから連絡するときにそのくらいの覚悟はあるということを伝えたいのです。

不愉快なので出来るだけ早く解決したいと願っています。是非ご回答頂けたらと思います。

宜しくお願い致します。

こんにちは。私はアクセサリーを型からオリジナルでおこして製作し販売している個人事業家です。
そのオリジナルアクセサリーを真似して販売している作家(?)さん(仮にDさんとします。)がいて困っています。

真似はよくあることですし、多少はしょうがない・・と思い、
そのうちDさんが商売を辞めてしまうだろうと甘く考えていたのですが、
Dさんがあちこちのショップで自らのオリジナルとしてそのアクセサリーを販売しはじめて既にもう2年以上が経ち、その商品はそれぞれのショップで定番化され始めDさんが商売...続きを読む

Aベストアンサー

ひどいミスリードがあるので補足します。

著作権で保護されるのは
「思想又は感情を創作的に表現したもの」で
「文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」
(著作権法2条)
です。

アクセサリーはこのいずれでもないので、
著作権では保護されません。
(1点ものなら可能性がないとは言い切れませんが、
>型からオリジナルでおこして製作し
なら量産品ですから、著作権では無理です


可能性があるとすれば
不正競争防止法2条1項3号の形態模倣
(発売から3年以内に限る:19条1項5号イ参照)
ですが、その範囲は意匠のそれよりは狭い
(実質的にデッドコピー)
と解釈されています。

オリジナルの発売から3年以内で
見分けがつかないほど近いものがあれば
やってみてもよいかもしれません。

---
不正競争防止法

(定義)
第二条  この法律において「不正競争」とは、次に掲げるものをいう。
三  他人の商品の形態(当該商品の機能を確保するために不可欠な形態を除く。)を模倣した商品を譲渡し、貸し渡し、譲渡若しくは貸渡しのために展示し、輸出し、又は輸入する行為

(適用除外等)
第十九条  第三条から第十五条まで、第二十一条(第二項第七号に係る部分を除く。)及び第二十二条の規定は、次の各号に掲げる不正競争の区分に応じて当該各号に定める行為については、適用しない。
五  第二条第一項第三号に掲げる不正競争 次のいずれかに掲げる行為
イ 日本国内において最初に販売された日から起算して三年を経過した商品について、その商品の形態を模倣した商品を譲渡し、貸し渡し、譲渡若しくは貸渡しのために展示し、輸出し、又は輸入する行為

ひどいミスリードがあるので補足します。

著作権で保護されるのは
「思想又は感情を創作的に表現したもの」で
「文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」
(著作権法2条)
です。

アクセサリーはこのいずれでもないので、
著作権では保護されません。
(1点ものなら可能性がないとは言い切れませんが、
>型からオリジナルでおこして製作し
なら量産品ですから、著作権では無理です


可能性があるとすれば
不正競争防止法2条1項3号の形態模倣
(発売から3年以内に限る:19条1項5号イ参照)
...続きを読む

Qキャラクター生地で作った小物を売るのは法律違反ですか。

市販のキャラクター生地について教えてください。

ネットオークションなどで、キャラクター生地を使って作った子ども用のかばんや
お弁当袋が売られています。でも生地には「製品化して販売することは禁じられています」と
書いてあります。
私も時間があった時にこんな事ができればいいなと思うことがあるのですが、
生地に書いてある言葉がどうも気になってできません。

本当のところ、市販のキャラクター生地を使って作った品物を売る事は法に触れる行為
なのですか。メーカーも知ってはいるけど個人が手作りで分ける程度ならと目をつむっている
のでしょうか。

名前を入れた袋などを作って売っている会社は、キャラクターの権利を持つ会社にお金を払って商売を
しているのか、そんな事も知らず、とにかく気になるのです。どうか教えてください。

Aベストアンサー

6番です。
法律関係で再質問したほうが良いでしょう。私は商習慣として「生地に付された権利は生地を販売した時点で効力を失う」という旨で回答しました。
例.映画の権利は.家庭用ゲーム機用ソフトとして販売した時点で権利を失う。ただし.ケームソフト(に使われている画像等)の権利は存在する。したがって.中古品の販売を映画の権利(放映権かな)で制限できない。

「このプリントは契約により製品化して販売することは禁じられております」
という表記を正当化する著作権法上の権利が何条に存在するという内容の回答がありませんから。
映画業界は放映権関係の権利がありますが.他の商品に形態を変えた時点で該当権利を失います。
著作物をそのまま利用した場合.著作権がその効力を及ぼさないという判決はあります。
例.家庭用ゲームソフトに保存されているデータを書き換えて遊ぶためのデータの(販売か配布の)差し止めを求めた訴訟では.差し止めが認められなかった(マスメディア報道による)。

Qハンドメイドの商用利用について

縁あってハンドメイド雑貨の委託販売をすることになったのですが、初心者なので分からないことがあります。
商用利用についてです。

•ブースに飾るインテリアグッズ(棚やカゴ)も商用利用の確認がいるのかどうか。
•値札につかうシールやタグも確認がいるのかどうか。

ひっくるめて言うと使う材料はすべて問い合わせるものなのでしょうか?

商品に商用利用不可が表示されていなければOKなのでしょうか。

ダイソーグッズでブースを作っている写真を発見したのですが、100均はセーフなのかどうか。

布は確認した方が良いのは分かりました。

検索にあまり引っかからないので投稿しました。

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

・販売目的ではないインテリアグッズ
一般店舗でも色々使ってますから平気、100均グッズも○
ハンクラ作家さんがあなたの為&あなたをイメージして作った一点物の場合は×
作家さんが嫌がってるのにあなたが複製品を作って販売するのは×

・値段ラベルやタグ
ネットの無料配布で「許可します、使って良いよ」ならば○
でも図柄に皆が知ってる有名キャラが入ってる時には片手でカウント出来る数ならば許容範囲で△
ただし「少量だから良いのよね」をくり返すと大量生産と見なされて×になる可能性大
全く許可されてなければ×

材料ですが有名どころでも使用可のものと使用不可のものがあります
人気があるのに「某社の生地を使ってます」明記されてれば○のメーカーがある
一部のリバティは○ですが、猫キャラコラボは×
*バザーで売るパッチワークポーチものに子供に作ったハギレが少し入るくらいなら認められるそう
マリメッコ、ソレイアード×

ボタンやファスナーの引き手等も特殊なものやロゴ入りは×
ブランドのリボンやタグ、包装紙は×(逮捕された人がいたはず)

型紙や編み図は実用新案権がある場合もあります、まるっきり同じ生地等で作るのは避けましょう
定番の意匠は○

・販売目的ではないインテリアグッズ
一般店舗でも色々使ってますから平気、100均グッズも○
ハンクラ作家さんがあなたの為&あなたをイメージして作った一点物の場合は×
作家さんが嫌がってるのにあなたが複製品を作って販売するのは×

・値段ラベルやタグ
ネットの無料配布で「許可します、使って良いよ」ならば○
でも図柄に皆が知ってる有名キャラが入ってる時には片手でカウント出来る数ならば許容範囲で△
ただし「少量だから良いのよね」をくり返すと大量生産と見なされて×になる可能性大
全く許可されてなけ...続きを読む

Q市販商品の加工販売は違法?

キラキラのデコレーションが趣味で市販商品にデコ加工した商品を販売したいと思っています。

そこで、ふと思ったのですが市販の商品にデコをしたものを販売するのは問題ないのでしょうか。(実際にオークションなどでは販売されています。)

パッケージや最終製造元を自分にしておけば問題ありませんか?

たとえば、次の3つなら問題ありますか?

1.100均などの鏡にキラキラのデコレーションをつけて販売
(パッケージははずして自分でラッピング)
2.iP○dの保護ケースをデコレーションして販売
(販売時にブランド名は出さないでパッケージははずして自分でラッピング)
3.シュウ○エムラ等有名なアイラッシュにデコレーションをして販売
(販売時にブランド名は出さないでパッケージははずして自分でラッピング)


あと、今は趣味程度なのですがもしこれを個人事業としてするならどうでしょうか?
どなたかお知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

まったく問題ありませんよ。

>もしこれを個人事業としてするならどうでしょうか?

他にもやっている人がいるという「オークション」はもう経験済みですか?

オークションで落札されないものがネットショップで売れるはずありません。(店舗構えるお店ではないよね??)

オークションで実績作って(100点くらい売る)評判になればネットショップで売れる可能性ありますよ。

それと事業としてやる場合、自分の名前から住所、電話番号まですべてさらけ出さなくてはなりませんし、集客のための広告も必要。

現実的にはきびしいものがあるんですよね。その点、オークションならすべての問題が解決します。「集客はタダ」「個人情報は落札者にだけ」この2つだけでもオークションのメリットは大きいですよ。

Qハンドメイド品の特許について

初歩的な質問ですが教えてください。

ハンドメイドできる日用品のアイデアがあり制作品を販売したいと思っていますが、加工も難しくなく、身近な材料で作れてしまいますので模倣の可能があります。ハンドメイドものはオークション等で模倣されることが多いと聞きます。

自分のアイデアを大事にしたいので、特許を取ることも考えてはいるのですが、真似されたとしても知らぬところで販売された場合や、真似されたことが分かっても訴える費用や知識もありません。こういった場合は、特許をとっても模倣を止めることはできないでしょうか?

Aベストアンサー

特許?特許にしても商標にしても、申請と審査に20万円以上が必要ですが、ハンドメイド品にそこまでの額がかけてでも申請審査し登録を受けたいという前提でのご質問ですよね。

特許や商標を真似されたとわかれば、審査請求をして裁判にすれば良いのです。
少額の訴訟なら1万円~2万円程度で裁判できますし、高額で弁護士を立ててでも勝ちめがあるのであれば、弁護士に着手金20万円程度を支払い着手してもらえば良いでしょう。
勝ち取った賠償の20%程度が弁護士の成功報酬です。

ハンドメイドのオリジナル作品が、特許や商標の申請を出して審査に通るかどうか、申請の前に商標登録についての理解が必要でしょう。

Qハンドメイド雑貨を販売している方に質問です

こんにちは。
最近オークションやハンドメイドのサイトで、素人の方が手作りの作品を販売しているのを見かけます。
オークションだと「素人だから縫い目などちゃんとしてません…」みたいな言い訳が多いですよね。
やはり「お金をとって売る」となると、「素人だから…」と言い訳はできないような気がします。
プロまではいかなくても縫製がしっかりしていたり、技術的にクレームが来ないだけの作品だと自信を持って販売されているのでしょうか?
ちゃんと洋裁学校などで洋裁を習った方がやってらっしゃるのか、手先が器用で自己流であくまで趣味の延長なのか…。

というのもネットショップを立ち上げている友達に私が作ったハンドメイド雑貨をお店に置かせて欲しいと言われました。
友達の子供にプレゼントしたバッグを気に入ってもらえたことがきっかけです。
洋裁はちゃんと習ったわけではなく自己流で家庭用コンピュータミシンで作りました。
その友達の姉妹が服飾専門学校に通ってらしたそうですが、その人が見ても「きれいに縫えている」出来だったようです…。
でもプレゼントなら自分の自己満足を人に押し付けるようなものですから、多少下手なところがあっても「ただ」だから許されると思うのです。
でも「売る」となると話は別ですよね。
クレームのことを考えると友人にも迷惑がかかるし、素人の私が作ったものを売っていいのか分かりません。

もし、売るならはじめはオークションで試したいと思っています。
「素人で…」のコメントを出している人にも、やはりクレームなどはあるものなのでしょうか?
それとも不器用でぜんぜん手芸ができない人はちょっとしたミシンを使うものでも「すごい!!」と思うらしいので、素人作品でもクレームはなく「かわいい」と喜んで買ってもらえるのでしょうか?

こんにちは。
最近オークションやハンドメイドのサイトで、素人の方が手作りの作品を販売しているのを見かけます。
オークションだと「素人だから縫い目などちゃんとしてません…」みたいな言い訳が多いですよね。
やはり「お金をとって売る」となると、「素人だから…」と言い訳はできないような気がします。
プロまではいかなくても縫製がしっかりしていたり、技術的にクレームが来ないだけの作品だと自信を持って販売されているのでしょうか?
ちゃんと洋裁学校などで洋裁を習った方がやってらっしゃるのか...続きを読む

Aベストアンサー

私はミシンを使うものではないので参考になるかわかりませんが・・・。
小物を主にオークションで販売しています。(自己流で趣味の延長です)

まず、「素人ですので・・・」はやはり私も記載しておりますが、ほとんどの方は言い訳ではなく「既製品ではない」ということを主張しているのだと思います。私自身それなりの自信は持ってますしクレームにも対応するつもりでやってます。
が、買ってくださる方はやっぱり自分では作れない人でしょうから喜んでいただける場合がほとんどですし「手先が器用で羨ましい」なんてこともしばしば言われます。
やっと1年以上経ち今のところクレームはありませんが私の場合は小物なので使い方によってはすぐに壊れてしまったりで相談を受けることはあります。そこをしっかり対応することで「他では買いません」なんて仰ってまたお買い物してくださる方もいます。

私は服等は作れないので時々手作りのものをオークションで買ったりしますが、とても綺麗に作られていて文句の付けようがない物もありますし、正直作れない私から見ても着れるような物ではない物が届いても、向こうも素人だと仰っている以上何も言えない場合もあります。そうなると「素人で…」は結果的に言い訳になっているのかもしれませんが^^;
そんな理由からオークションではクレームはほとんどないと思います。というか手作り品を好んで買う方はそれなりの理解があってクレームを付けたがるような方はほとんどいないという勝手なイメージがあります。

逆にショップとなると手作りでもクレームはあるようです。
ショップをしている知人もいますが、オークションより更に色々なお客様がいると思います。意味不明なイチャモンのようなことを言う方もいるらしいですし他のお店からの嫌がらせも稀にあるそうです。
オークションではクレームを出しても無視されて泣き寝入り・・・なんて話をよく聞きますがショップはそういうわけにはいきませんものね。大変なことだと思いますよ。
そういうことを考えるとご友人の方は質問者様を信頼しているのでしょうし、自信もあるのでしょうし、万一クレームが来たとしても責任を持って対応する覚悟みたいなのがおありだと思います。絶対に軽い気持ちではないと思いますので心配いらないと思いますよ^^
自己流がダメとか家庭用ミシンがダメとかは買う方が決めることだと思いますし難しいですけど買ってもらってしかも喜びの声をいただけた時はこの上なく幸せな気持ちになります。
頑張って下さいね♪・・・・長文失礼致しました。

私はミシンを使うものではないので参考になるかわかりませんが・・・。
小物を主にオークションで販売しています。(自己流で趣味の延長です)

まず、「素人ですので・・・」はやはり私も記載しておりますが、ほとんどの方は言い訳ではなく「既製品ではない」ということを主張しているのだと思います。私自身それなりの自信は持ってますしクレームにも対応するつもりでやってます。
が、買ってくださる方はやっぱり自分では作れない人でしょうから喜んでいただける場合がほとんどですし「手先が器用で羨まし...続きを読む


人気Q&Aランキング