去年の2月から6月まで高額医療費控除を使って、入院で約85万かかったんですが
生命保険が降りて、少しプラスになりました。
去年一年の医療費に入院費を合わせると100万越えます。
聞いた話しだと、医療費ー10万の残りの10%ぐらいが戻ってくると聞いて、それだと10万以上戻ってくるかも、と思って確定申告しようと思っていました。
ですが・・・他の人からは、保険でむしろプラスになったのであれば、申告したら払うはめになるかもよと言われました。
税務署で確定申告するとき生命保険に入ってるかと保険金が降りたのかって分かるんですか?
こう言った場合は、申告はどーするべきですか?
貰えるものは貰いたいと思うのですが
生命保険は、個人でかけてる事だしと思いまして・・・
すいません、わからないので、どなたか教えて下さい、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

(Q)去年の2月から6月まで高額医療費控除を使って、入院で約85万かかったんですが生命保険が降りて、少しプラスになりました。


(A)ならば、この分の医療費控除は受けられません。
生命保険の入院給付金などが非課税なのは、
このようなとき、医療費から差し引くからですよ。
非課税のお金を貰って、しかも、その原因となった入院から、
その費用に関する税金の還付を受けるというのは、
二重取りになりますよ。

(Q)去年一年の医療費に入院費を合わせると100万越えます。
(A)入院で85万円かかったということは、
その他の費用が、15万円ということです。
この15万円は、医療費控除の申告ができます。
(もちろん、申告が認められる内容ならば、という条件付きです)

(Q)医療費ー10万の残りの10%ぐらいが戻ってくると聞いて、それだと10万以上戻ってくるかも、と思って確定申告しようと思っていました。
(A)15万円(上の計算)-10万円=5万円。
所得税率が10%ならば、5000円が戻ってきます。

(Q)他の人からは、保険でむしろプラスになったのであれば、申告したら払うはめになるかもよと言われました。
(A)生命保険の入院給付金などは非課税なので、
申告したら、不足分を指摘されて、追加の税金を取られる
ということはありません。

(Q)税務署で確定申告するとき生命保険に入ってるかと保険金が降りたのかって分かるんですか?
(A)税務署が保険会社に問い合わせをすれば、すぐに答えてくれます。
毎年の生命保険料控除を申請していれば、税務署は
どこの生命保険会社と契約しているのか、すぐにわかります。

ついでに言えば、死亡保険金・解約払戻金・満期保険金などは、
100万円を超えると、保険会社は税務署に支払調書の提出義務が
生じます。(法律で、提出義務が決められている)
なので、このようなお金は、税務署は何もしなくても、把握できる。
このような面では、保険会社と税務署は、仲良しと思って良いです。

(Q)こう言った場合は、申告はどーするべきですか?
(A)上記の通り、
85万円の入院費用に対して、それ以上の給付金が出ているならば、
この分は申告できません。
総額100万円-85万円(入院費)=15万円
について、保険会社からの給付がないのならば、
この15万円については、医療費控除の申請を出せます。
計算は、上記の通り。

ついでですが、
「税務署には、どうしてわかるのですか?」
という発想をしないでください。
税務署には、すべてわかると考えた方が良い。
日本の税務は、納税者の申告制です。
つまり、税務署は、納税者が正しく申告するということを前提にして
仕事をしています。
だから、正しくないことをしたときは、厳しいです。
    • good
    • 33
この回答へのお礼

とても分かりやすい説明で、ありがとうございました。

お礼日時:2014/11/10 20:47

入院した病での支払い(通院も含む)額が85万円


加入してる保険会社からもらった給付金100万円(非課税)
入院した病のほかに例えば歯医者に通院して、20万円かかったとします。

医療費控除額の計算例
85万円ー100万円=ゼロ
ゼロ+20万円=20万円

所得の計算をする時、20万円が医療費控除として受けられます。
還付額がどれだけかは、実は質問内容だけでは不明です。
所得税率が5%の人ならば20万円×5%で1万円ですが、所得税率10%の人でしたら20万円×10%で2万円となるので、「医療費控除を受ける人の所得税率がいくつか」がわからないと概算でも答えることができません。

質問文内に他人から聞いた情報として挙がってるもので2点誤りがありますね。
1、医療費総額から10万円を引く。
「10万円を引く」だけでは言葉不足です。
「所得の5%」と「10万円」のどちらか少ない額を引きます。
年間所得が100万円の方が、年間医療費を20万円支払いしたとしますと、20万円ー5万円の15万円が医療費控除額になるわけです。

2、保険でプラスになった部分が課税対象になる。
なりません。非課税所得だからです。
医療費控除の計算のときに引かれるから非課税という説明がありますが、勘違い既述です。もともと非課税です。

「生命保険は個人でかけてる事だし」の後が省略されてますので、何をおっしゃりたいか苦しみますが、「個人で負担してる生命保険契約からおりる保険金を、支払った医療費総額からひくこたあなかろ」という疑問文なのだと思います。
医療費控除制度は「最終的に財布から出たお金」の税負担を減らそうというものですので、個人的に生命保険契約を結んでいたのでもらえた入院給付金などは「もらえたのでよかったね」「だけど、医療費額からは引いてけいさんしてくれ」というのが国税庁の考え方です。
この辺りは「お国の考え方が今そうだから、しょうがない」と割り切るしかない点です。
    • good
    • 35
この回答へのお礼

とても分かりやすい説明で、ありがとうございました。

お礼日時:2014/11/10 20:48

既に答えがついている分もありますが、補足します。



>生命保険が降りて、少しプラスになりました。
>聞いた話しだと、医療費ー10万の残りの10%ぐらいが戻ってくると聞いて、それだと10万以上戻ってくるかも、と思って確定申告しようと思っていました。

・入院費用についてプラスになった分は医療費ゼロと考えて下さい。総医療費から差し引く必要はなく、入院費用以外の医療費総額を医療費控除対象の医療費として下さい。
・医療費から差し引く10万円は、所得が200万円以上の場合です。所得が200万円未満の場合は、所得×5%を差し引いて下さい。
・今年還付となる所得税は、医療費控除額×所得税率ですが、同時に来年度の住民税も減額になります。減額分は、医療費控除額×10%です。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

とても分かりやすい説明で、ありがとうございました。

お礼日時:2014/11/10 20:47

>去年の2月から6月まで高額医療費控除を使って、入院で約85万かかったんですが生命保険が降りて、少しプラスになりました。


それなら、医療費控除の申告はできません。
生命保険金や高額療養費など医療費を補てんするお金があった場合、かかった医療費からその分は引かなくてはいけません。
ただ、入院費用が85万円で、その”入院”に対する生命保険の給付金が仮に100万円だったとしたら、ほかの医療費からは引かなくていいですから、入院分を除いたほかの医療費での医療費控除は可能です。

参考
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/k …

>聞いた話しだと、医療費ー10万の残りの10%ぐらいが戻ってくると聞いて、
それはわかりません。
控除分に税率をかけた分が還付されますが、所得税の税率は人(所得)によって違います。
所得が少なければ5%だし、多ければ20%もあります。

>それだと10万以上戻ってくるかも、
税率10%とした場合、それはありません。
前に書いたとおりです。
医療費に補てんされたお金は引かないといけません。

>他の人からは、保険でむしろプラスになったのであれば、申告したら払うはめになるかもよと言われました。
いいえ。
それはありません。
生命保険の給付金は非課税なので、いくらもらっても税金かかりません。

>税務署で確定申告するとき生命保険に入ってるかと保険金が降りたのかって分かるんですか?
年末調整で「生命保険料控除」を申告していませんか。
当然、税務署は給付金があっただろうと推測します。
また、それとは別に健康保険の「高額療養費制度」もありますから、もし、85万円の医療費控除を申告したら不審をもつでしょう。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

とても分かりやすい説明で、ありがとうございました。

お礼日時:2014/11/10 20:46

医療費控除では、保険金などで補てんされた金額は差し引いて申告することになっています。



嘘偽りなく正直に申告すればよいのです。
保険でプラスになった分に税金がかかることは、ないと思いますよ(入院給付金は非課税だったと思います)。
※満期返戻金など非課税じゃないものもあったハズ

申告しても還付されない、もしくは少額で手間のほうが惜しいなら、しなくてもいいですが。
バレないだろうと不正な申告で不当な還付を受けると、脱税とか、詐欺とか・・・かもね。相手、税務署だし。


生命保険は個人で掛けているとはいっても、生命保険料控除なんか受けていれば入っていることはバレてますよね。
高額な医療費、保険金などで補てんされた金額の記載がない、生命保険には入っている・・・疑ってくださいと言っているように思うのですが。

ただ、医療費全部から保険金等を差し引かなければいけないわけではなく、保険金が出た分の医療費から差し引く(差し引いてマイナスになったらゼロ扱い)とすればよかったと思います。


あと、医療費控除について誤解があるようなので・・・

1.医療費控除は、年ごとに確定申告で申告します。昨年2月~12月に支払った分は、昨年の申告を改めてやり直すということになるでしょう。

2.医療費控除は、「お金が戻ってくる」制度ではありません(結果として戻ってくることは多いけど)。あくまでも「かかった医療費の一部(10万超の分)を、税金がかかる金額から引く」という制度です(すでに税金を納めていれば、それで計算し直した分との差額が還付される)。
税金がかかるほど稼いでいなかったり、病気で所得が大幅ダウンしていたりすると、思うほどには戻ってきません。

3.病気の治療なら、医者にかかったもの(保険診療・保険外関係なし)だけでなく、ドラッグストアなどで購入した市販薬(たとえば風邪薬)なども申告の対象です。また、通院にかかった交通費も申告できます。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

とても分かりやすい説明で、ありがとうございました。

お礼日時:2014/11/10 20:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q3割負担のホクロ除去治療は医療費控除の対象になりますか?

去年、ホクロの除去手術を受けたのですが、確定申告の医療費控除を調べていたら
「美容整形は医療費控除にはならない」ということがわかりました。

もし、全額自己負担なら確かに医療控除対象外だってわかるのですが
社会保険の3割負担でホクロの除去手術をしています。
それでも医療費控除の対象にならないのでしょうか?

社会保険を使えたってことは、医師が治療として認めたことになり
医療費控除の対象になるのではないかと思い、質問させていただきます。

もし治療として認められないなら、なぜ、美容整形に社会保険が使えるのか教えていただければと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>保険が使われたということは(3割負担)、控除の対象になるのでは・

つきつめていえば、健康保険の保険請求と税法上の医療費控除は別物ということです。

税法上の医療費控除は、各税法令と通達、過去の判例・審判結果などを通じて運用されているものです。お示したとおり基本通達で「ホクロ除去」は医療費控除の対象外です。
健康保険についても,本筋からいえば美容目的のホクロ除去は保険適用外です。保険請求するDr.の解釈運用(適用拡大)を保険者が認めてきたにすぎません。

Q確定申告 医療費控除について教えて下さい。 今年初めて確定申告をします。 (項目は医療費、ふるさと納

確定申告 医療費控除について教えて下さい。

今年初めて確定申告をします。
(項目は医療費、ふるさと納税)

2014年から毎年、未申請の医療費があり、今年まとめて申請したいと思っています。

知識がなくわからないことばかりなので箇条書きで質問させて下さい。

•2014年からの医療費は、今年の医療費集計フォームに続けて記載し、2017年の申告書に添付すれば良いのでしょうか。(源泉徴収は2014年から毎年分添付?)

•それとも、一年毎に申請書を1から別に作成するのでしょうか。

•私は2015年10月に退職し、その後主人の扶養に入っています。
2014年からの医療費はほぼ私の分ですが、添付は主人の源泉徴収だけで良いのでしょうか。
又、私の在職中と退職後、申請書の書き方に変更点はあるのでしょうか。

トンチンカンな質問だったら申し訳ありません。
どなた様かご教授願います。

Aベストアンサー

>2014年からの医療費は、今年の医療費集計フォームに続けて記載し、2017年の申告書に添付すれば良いのでしょうか。(源泉徴収は2014年から毎年分添付?)
いいえ。
所得税は1年ごとに計算します。
なので、申告書も医療費の明細書もそれぞれの年ごとに作成します。
源泉徴収票もそれぞれの年の分を添付します。

>それとも、一年毎に申請書を1から別に作成するのでしょうか。
そのとおりです。
前に書いたとおりです。

>2015年10月に退職し、その後主人の扶養に入っています。
2014年からの医療費はほぼ私の分ですが、添付は主人の源泉徴収だけで良いのでしょうか。
だれがその医療費を払ったんでしょうか?
医療費控除は、その医療費を払った人が控除を受けられるもので、本来、どちらが申告するか選択できるものではありません。
でも、所得が多い人が控除を受けたほうが得ですから、夫婦ならご主人が控除を受ければいいでしょう。
問題ありません。
なので、ご主人の源泉徴収票を添付でいいです。

でも、ふるさと納税は、証明書に貴方の氏名が書かれているなら、貴方しか控除を受けられませんので、貴方が確定申告するしかありません。
というか、貴方は年末調整されていないので、ふるさと納税の控除なくても、所得税の一部が還付されます。
なので、確定申告したほうがいいです。
なお、ふるさと納税は「ワンストップ特例制度」を利用なら、確定申告の必要ありません。

>私の在職中と退職後、申請書の書き方に変更点はあるのでしょうか。
いいえ。
ありません。

ご主人の源泉徴収票(3年分)、貴方の源泉徴収票(平成28年分)、ふるさと納税証明書、領収書(3年分)、ご主人と貴方のマイナンバーの通知カード・本人確認書類・印鑑・通帳を持って税務署に行けばいいです。
なお、2月16日からは申告の期間で税務署めちゃ込みなので、その前に行ったほうがいいです。
ご主人も貴方も還付の申告なのでいつでもできます

>2014年からの医療費は、今年の医療費集計フォームに続けて記載し、2017年の申告書に添付すれば良いのでしょうか。(源泉徴収は2014年から毎年分添付?)
いいえ。
所得税は1年ごとに計算します。
なので、申告書も医療費の明細書もそれぞれの年ごとに作成します。
源泉徴収票もそれぞれの年の分を添付します。

>それとも、一年毎に申請書を1から別に作成するのでしょうか。
そのとおりです。
前に書いたとおりです。

>2015年10月に退職し、その後主人の扶養に入っています。
2014年からの医療費はほぼ私の...続きを読む

Q医療費控除の対象となる医療費は?

医療費控除を行います。
インフルエンザ予防接種料、慢性疾患を保健所に届出するための文書料は、医療費控除の対象となる医療費でしょうか。

Aベストアンサー

医療費控除の対象となるのは、治療の対価としてのものに限られますので、病気の予防や健康増進のためのものは対象外となるため、インフルエンザ予防接種料は対象となりませんし、文書料についても、治療の対価そのものではありませんので、残念ながら共に医療費控除の対象とはなりません。

医療費控除については、下記サイトがいろいろとご参考になるものと思います。
http://homepage1.nifty.com/shikari/data/medical/medical_list.htm

Q確定申告で 生命保険控除を 申告する時 医療費控除と 一緒には しないんですか

確定申告で 生命保険控除を 申告する時 医療費控除と 一緒には しないんですか

Aベストアンサー

一緒に申告することはできますよ。
ただ、生命保険控除はサラリーマンであれば年末調整で済ませてしまう人が多いので、確定申告は医療費控除のみするという人が多いと思いますが。

年末調整で生命保険控除を行っていなければ確定申告時に医療費控除と生命保険控除を同時にすることができます。

Q医療費控除の対象となるもの

医療費控除の対象となるもの

本年、入院し医療費控除を申請しようと思っています。そこで下記のものについて、医療費控除の対象となるかどうかご教授ください。

・ドラッグストアで購入した風邪薬、のどスプレー
 ドラッグストアで購入した薬も対象にできると聞いたのですが、どのようなものが控除対象に
 できて、どのようなものが控除対象にできないのか基準があれば、ご教授ください

・インフルエンザの予防接種の費用

・急病で救急車で病院に運ばれた際の帰りのタクシー代金
 お産の時などの交通費が控除対象になると聞いたことがありますが、上記の場合はどうでしょうか。

Aベストアンサー

医療費控除の対象は治療や診療のための費用です。風邪をひいた際に治療のために購入した医薬品である風邪薬なら控除対象になりますが、置き薬として購入したものや予防のためのものは対象外です。うがい薬は予防用であって対象外なので、のどスプレーも治療との因果関係が不明瞭で対象外でしょう。

インフルエンザの予防接種は治療ではないので対象外です。

タクシー代については、自分や家族が運転できない、公共交通機関が使えないなどの必要性があり、かつ領収書があるのであれば認められるでしょう。

下記のサイトにケース別に詳しく掲載されていますので参考に。
http://www.iryouhikoujyo.net/

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1122.htm

Q医療費控除について⇒病院の領収書をなくしたときのタクシー代医療費控除になる?

医療費控除について質問です。

病院にいったときのタクシー代や電車賃などが医療費控除の対象になることは知っています。
ですが、そのときの病院の領収書をなくしててもタクシー代や電車賃などは医療費控除の対象になりますか?

以上、お手数をおかけして恐縮ではございますが、よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

>病院にいったときのタクシー代や電車賃などが医療費控除の対象になることは知っています

なりません
https://keiei.freee.co.jp/2016/02/25/iryouhikoujo-taxi/
https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shotoku/05/21.htm



>ですが、そのときの病院の領収書をなくしててもタクシー代や電車賃などは医療費控除の対象になりますか?

ならない物は、なりません

Q不妊治療は医療費控除の対象になるのでしょうか?

 確定申告時に、不妊治療費は医療費控除の対象になるのでしょうか? 婦人科系の疾患による不妊の場合のその疾患の治療は対象になるように思うのですが。また健常な夫婦の体外受精費はどうでしょうか。
また、遠方に通院する場合、高速道利用料金は医療費控除の対象にならないと聞きましたが、高速バスの運賃はいかがでしょうか。

Aベストアンサー

不妊治療費は医療費控除の対象となります、人工授精の費用ももちろん対象となります。
健常というのが引っかかる気はしますが、健常といえでも必要に迫られての治療だと思いますので問題ないのでは、と思います。

結構、この関係で医療費控除の申告に来られている方は多いようです。

また、通院に要する交通費は、自家用車にかかる高速料、ガソリン代、駐車料等は一切認められていません。
高速バスについては、その遠方の病院でしか治療を受けられない事情があるのであれば認められるとは思います。

下記サイトも参考になるかと思います。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/shikari/data/medical/medical_list.htm

Q高額療養費と医療費控除の関係

この度、大きな手術をしました。
一般的には、事前に認定証の用意をし、支払いを抑えるかと思いますが、
私は、それをしませんでした。
そのため、健保からの高額療養費の補助は何ヶ月かアトになります。

ここで質問です。

今回の手術費用は医療費控除に計上しますが、
未だ補助を受けていないので、丸ごと載ってしまいます。
このまま年末を過ぎてしまった場合について教えて欲しいのです。

当たり前に事が済めば、
医療費控除計上額は少なくなりますが、
このままだとかなりの額が医療費控除として確定申告され、
来年度については逆にマイナスになると思われますが、
どのような対応が必要なのでしょうか。

本件について書いてあるサイトでも構いません、
宜しくご教示下さい。

Aベストアンサー

1です。補足への回答です。

医療費控除で税金を還付する場合は翌年度であってもいつでも申請できます。

上記回答がわかりにくかったですね。

2014年分の医療費控除を申請するなら、2015年の確定申告期限3月15日を過ぎても、2014年分として申請できます。最大5年間遡って申請できます。

例 2014年10月に高額療養費申請 2015年に高額療養費支払い額の差額分の返還があった場合

2015年以降5年間までに、2014年分として医療費の総額から高額療養費で返還された分を差し引き、2014年分として申請します。

2015年の医療費控除は、2015年分として別に申請します。
2015年に高額療養費申請をして、2016年に返還を受けても、2015年として医療費総額から返還分を差し引いて医療費控除として申請します。

2014年の高額療養費の返還分は、2014年分で計算されているので、2015年分ではないということです。

Q無痛分娩は医療費控除の対象でしょうか?

昨年、お産をしたので、今回の確定申告で医療費控除を
申告します。

自分の意向で、無痛分娩にしたのですが、
無痛分娩は医療費控除の対象になるのでしょうか?
ネットで検索すると、無痛分娩の事前講座は対象外、としか調べられませんでした。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご出産、おめでとうございます。
妊娠と診断されてからの医師の指示のもとで行う全てのものは医療費控除の対象です。もちろん病院での無痛分娩も分娩費ですからなります。
お書きの事前講座が、医師のもとではなく文化センターなどで行う無痛分娩講座の受講料でしたら対象外です。
でも出産自体は、出産一時金などで補填される額が多いので、医療費控除対象額は少なくありませんか。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1124.htm
http://syussan.moo.jp/iryouhikouzyo.html

Q昨年まで5年間海外居住者であった社員が5年間の過去確定申告で医療費控除や生命保険料控除を申告できます

昨年まで5年間海外居住者であった社員が5年間の過去確定申告で医療費控除や生命保険料控除を申告できますか。どのような資料が必要なのかご存知の方ご教授ください。保険や医療費は日本で払っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本で所得税を納税していたのであれば、、、
納税した証明=源泉徴収票
1年間に10万円以上の医療費を払っていれば=領収書
保険=生命保険料控除証明書
などを取りそろえて、税務署で確定申告をすればよいと思います。
ネット上でもできますが、マイナンバーのカードとカードリーダーが必要だったような、、、


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング