タイトル通りです。

小説は一般からラノベまで読んでいます。詩に関してはこれまで関わったことが無いので知識はありません。絵本は子供や大人向けのものを今集め始めたばかりです。

僕が求める綺麗とは、丁寧なものもそうですが、どちらかといえば丁寧=綺麗というよりは、静謐で詩情溢れる文体=綺麗という作品を拝読したいです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

坂木 司さんの「夜の光」などはどうでしょうか。



ご参考までに:
http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%9C%E3%81%AE%E5%85 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/11/13 09:52

ベタですが、村上春樹とか谷崎潤一郎とかどうでしょうか。



あとは、恒川光太郎とか綺麗かと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/11/12 10:50

あまりにも有名な作品なので既読かもしれませんが、真っ先に思いつくのは、川端康成「雪国」ですかね。


文章の美しさでは最高峰のひとつでしょう。

あと、中上健次「奇蹟」も詩的な美しさのある文章だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。恥ずかしながら、まだ雪国は拝読しておりません。今度本屋で探してみます。

お礼日時:2014/11/11 13:28

金子みすゞさんの詩が綺麗です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/11/09 19:07

三浦綾子さんの「塩狩峠」という小説を読んだ時に、「なんて読みやすい文章なんだ」と驚きました。



どちらかというと丁寧という意味での綺麗な文章になってしまうかもしれませんが。

ご参考までに。
http://www.amazon.co.jp/%E5%A1%A9%E7%8B%A9%E5%B3 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/11/09 17:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相手の文章の書き方が気にいらないってありますよね。 メールしてると文章の書き方にイライラしたり、Tw

相手の文章の書き方が気にいらないってありますよね。
メールしてると文章の書き方にイライラしたり、Twitterの書き込みもイライラする書き方してる人がいますが、この場合どちらが悪いのですか?

イライラさせる相手と、イライラする自分。

Aベストアンサー

敢えて答えるなら、イライラしてるあなたが悪いかな。
そもそも、あなたの文章も褒められたものでは無いです。例えば、
「いらないって」の(〜って)が話し言葉になっています。「気にいらないときありますよね。」と、書き言葉に置き換えた方が適切かと思います。自分が間違えてるのに他人のだけは指摘するなんて性格悪いですね。
また、Twitterについてはあなた個人だけに向けた発言以外なら、気にするべきじゃない。それが、不快ならTwitter辞めるのを薦めます。

Q小説でラブコメが読みたい!(ネット小説、ラノベ以外)

あまり小説を読んできていないのですが、今むしょうにラブコメを読みたくて、いい本がないかな?と探しています。
お勧めの本があったら、教えてください!
ネットで検索をかけるとネット小説ばかりひっかかって何が面白いのかわからないのです。
ネット小説などではなく、出版されているものがいいです。

イメージでは、くっつきそうなのに、なかなかくっつかない・・・!みたいな、もどかしーいかんじのものが読みたいです。
最新でなくてかまわないのですが、できたら90年代以降のものだと読みやすいかなあと思います。
今まで「おいしいコーヒーのいれ方」くらいしか読んだことがないのですが、ああいう男の子目線でオイシイ設定、というよりは女の子向けのものがいいなぁ、と・・・注文が多くてすみません。
希望を満たしているものでなくても全然いいので、お勧めの「ラブコメ小説」を教えてください!
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ちょっとジャンルが変わりますが、「(株)魔法製作所」シリーズ(シャンナ・スウェンドソン・今泉敦子訳・創元推理文庫)を推します。主人公は田舎からニューヨークに出てきた女性で、ニューヨークにはなんか変な人がいるなあ、と思っていたのだが、実は彼女は「妖精」を見ることができる能力の持ち主で、その能力を生かして転職、というサクセスストーリーになります。その中で究極かっこよくて照れ屋という天才魔法使いと出会うのですが、彼との仲が進まず読者はやきもき……このやきもきさが快感だよね!というところが楽しかったのでおすすめです。ファンタジーにはなりますが、とても現実的でリアリティのある主人公の視点からの話になりますので、あまり読み慣れない方でも楽しめるのではないかと。映画を見ているような感覚で楽しめました。翻訳文も舞台が現代なので、読みやすいものだと思います。
気に入っていただければ幸いです。

Q素朴な疑問 文章の書き方について

こんばんは。
非難している訳でもないのですが。。

こちらの教えてgooでも、携帯やネットでのメールでも同じなのですが、自分と違う書き方をしてある文章は、ちょっと読みずらく感じるものです。

私(女)の場合、
・句読点が無い文章。
 または句読点の代わりにスペースで間隔を空ける書き方。
(例:今日は ありがとう)

・全てが『、』で文の最後も『。』でなく『、』の文章。

・漢字がある文字でも平仮名で書く文章。(例:猫→ねこ)

・改行しないで、文章が何文もずっと続く書き方。

・誰から見ても『違和感のある文章』。

私は個人的に上記の文章は、読みずらいな~とか、何でこう書くのか?と疑問に思ったりしてしまいます。

逆に上記のどれか一つでも当てはまる方はいますか?
その方は、なぜ上記のような書き方をするんでしょうか?
理由が知りたいんです。。
また、『自分以外の人が上記のような書き方をした文章』を読む場合、読みやすいと思いますか?それとも、読みずらいですか?

人によって、自分なりの読みやすい文章ってのがあるかと思いますが、どんな風に違うのかな~?と思いました。

こんばんは。
非難している訳でもないのですが。。

こちらの教えてgooでも、携帯やネットでのメールでも同じなのですが、自分と違う書き方をしてある文章は、ちょっと読みずらく感じるものです。

私(女)の場合、
・句読点が無い文章。
 または句読点の代わりにスペースで間隔を空ける書き方。
(例:今日は ありがとう)

・全てが『、』で文の最後も『。』でなく『、』の文章。

・漢字がある文字でも平仮名で書く文章。(例:猫→ねこ)

・改行しないで、文章が何文もずっと続く書き方。

...続きを読む

Aベストアンサー

文の中に?を入れる事も追加した方がいいな

Qあなたのおすすめの物語(一般小説、漫画、ラノベ等)を教えてください。

あなたが思う以下の条件に該当する物語(一般小説、漫画、ライトノベル等)をどうか教えてください。全ての条件が一致する物語が一番知りたいのですが、全てとは言わなくても複数が該当、あるいは一つの条件ごとに挙げていただいても大丈夫です。よろしくお願いいたします。

1、読者から見て好ましいキャラをした主人公が出てくる。
2、正しい日本語が多彩に正しく使えており、文章力がある。(この条件は一般小説、ラノベになります)
3、少々2と被りますが、比喩表現などが豊かで魅せる文章が書けている。(この条件は一般小説、ラノベになります)
4、キャラ同士の会話が面白い。
5、ストーリーが面白い。
6、斬新さがある。

Aベストアンサー

「彩雲国物語」  雪乃紗衣
角川ビーンズ文庫

私的には半分以上の条件に合っていると思います。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BD%A9%E9%9B%B2%E5%9B%BD%E7%89%A9%E8%AA%9E

Q文章の書き方について

例えば、


「みなさん、おはようございます」
と、校長が笑顔で言った。
 今日は待ちに待った運動会。グラウンドに整列した生徒を前に(以下略)


という文章を書くとして、2行目の先頭は一文字分下げるべきなのでしょうか。
手元にある小説では下げてあるのですが、昔(小学校など)で作文の書き方を習ったときは、そこを下げる必要はないと教わったはずなのです。
「小説」と「作文」では、書き方のルールが違うのでしょうか。

どちらでも問題ないのか、私の記憶違いなのか……
文章の書き方にお詳しい方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

作文も小説も、書き方のルールは同じです。

参考URLをご覧ください。作文の書き方が載っています。
とても丁寧に、正しい知識で教えてくれています。
今まで(小学校などで)覚えたことは全て忘れ、こちらのルールを覚えてください。


>そこを下げる必要はないと教わったはず
あなたの記憶違い、または教師が間違えて教えた可能性があります。
教師も時には失敗するんです。許してあげてください。

もしくは、昔習ったその場面では、段落が変わっていなかった可能性があります。
文字を一文字下げるのは「段落が変わる時」です。

段落が変わるというのは、話のテーマが変わる時。
「時間」や「場所」、「人称」などが変わる時ですね。

段落が変わらずに、前の行が最後のマスまで文字で埋まっていた場合、書き始めは次の行の一番頭になります。
一文字分下げずに書きます。

参考URL:http://www.zkai.co.jp/el/course/sakubun_club/sakubun-kakikata/genkouyoushi.html#a02

Q村上春樹の小説を読んでみたいです。 私は小説を読むことが好きで色々と読んでいたのですが、村上春樹さん

村上春樹の小説を読んでみたいです。
私は小説を読むことが好きで色々と読んでいたのですが、村上春樹さんはノルウェイの森しか読んだことがありません。以前までは大丈夫だったのですが最近はグロテスクな表現やハードボイルド系の小説が苦手で、山田悠介さんや太宰治などは読めなくなってしまいました。そういった表現がないものでオススメを教えて下さい。

Aベストアンサー

「回転木馬のデッドヒート」はどうでしょうか。
読みやすいわりに奥の深い短編集です。

下記の書評の中で同じことを書いてる人がいますが、私が初めて読んだ村上春樹の本で、結局今でもこれが一番好きです。

書評
https://www.amazon.co.jp/%E5%9B%9E%E8%BB%A2%E6%9C%A8%E9%A6%AC%E3%81%AE%E3%83%87%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%88-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%9D%91%E4%B8%8A-%E6%98%A5%E6%A8%B9/dp/4062749068

Q文章の書き方

作文やレポートの苦手な私は基本の文章の書き方が上手く出来ないです。で日記は付けてるけどいつも同じ文章ばかりです。どうやって文章が書けるようになるでしょうか?

Aベストアンサー

受験生の小論文などをよく添削しています。
質問者様の文章がどのようなものなのかわからないので
的確なアドバイスはできません。
句読点のつけ方がおかしいのか、結論を示さないのか、
または文章に一貫性がないのか。
一番いいのは実際にあなたの文章を信頼できる人に添削してもらうことです。
作文やレポートを書いているということは学生さんでしょうか。
一度教授に自分の文章を添削してもらってはどうでしょう。
相手は何百と学生のレポートを読んでいるわけですからとても参考になると思います。

Q私が今、読みたい小説があります。その小説は7年前、担任の先生に借りて読まさせて頂いてました。しかし、

私が今、読みたい小説があります。その小説は7年前、担任の先生に借りて読まさせて頂いてました。しかし、主人公の下の名前しか覚えていません。名前はヘブンかヘヴンで若い女の子です。小説自体は厚めで文庫本の少し大きいサイズでした。冊子は柔らかく、カバーはつるつるの素材でした。主人公は表で見た記憶だと、黒髪ロングの子です。挿し絵があったかどうかも曖昧です。
これだけの情報だと、やはりわかる人はそうそういないでしょう…。わかる方はご回答、宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

「サムライガール」かな?https://www.lib.adachi.tokyo.jp/young/tokusyu/tokusyu-kako/tokusyu-kako1102.html

Q抽象的な文章の書き方とは?

抽象的な文章とは、どんな文章の事でしょうか?

抽象的な文章の具体的で簡単な書き方を、
例文を上げて、教えて頂きたいと思います。

それでは回答、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

このQ&Aでもしばしば見かけます。
例えば、「今度東京に遊びに行きます。どこに行けばいいですか?」みたいな言い方です。
要するに、どこから来るのか?いつ来るのか?誰と来るのか?子供なのか大人なのか?予算はいくらか?何泊するのか?・・・というような、具体的なことが一切述べられていないものを抽象的な文章と言います。
したがって、抽象的な文章を書きたい場合は、具体的なことは一切書かなければそうなります。

Q昔読んだ小説のタイトル

昔国語の問題(どこかの中学の試験問題だったと思います。)である小説を読んだのですが、タイトルが思い出せません。
内容は以下の通りです。

ある女の人(物語はこの人の一人称で進行する)の前に突然自分の娘と名乗る人が現れる。(その過程は覚えていません・・・)
その女の人は昨日(?)まで自分は高校生だったのに、と動揺する。
娘と名乗る人から、記憶喪失になったのだと言われる。(たぶんこうだったと思うのですが、ここの記憶は曖昧です。)
それでも信じられず、自分は昨日まで高校生だったのだと訴えるも、その娘と名乗る人物から「そうとも言えるわね」と一蹴される。
これにたいして私は、「地団駄をふんだ」←このフレーズが頭の中にすごい残っています。棒線が引かれ問題になっていたと思います。

もしかしたら小説ではなく、他のジャンルの本の中の小説風に書かれた一節かもしれません。
自分がわかるのはこの部分だけなのですが、分かる方がいればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

もしかしてだけど。。。
北村薫「スキップ」
http://www.shinchosha.co.jp/book/137321/


人気Q&Aランキング