経済学部の大学一年生です。
公認会計士の勉強と米国公認会計士の勉強のどちらを優先しようか迷っています。
ネットにこの悩みに答えてくれるものがありました。
http://www.crear-ac.co.jp/cpa/10/010583.php
しかし、いまひとつよくわかりません。

どれも勉強は苦痛ですが
数字と英語のどちらが好きかと言われれば数字です。
英語は文章を読んだり人と話すのはいいのですが単語を覚えるのが大の苦手です。

会計とコンサルタントのどちらかと言われれば会計です。
経営戦略論よりも数字を見て数字が何を語っているのかに興味を惹かれます。
経済経営でなく経済経済を選んでよかったと思っています。

今まで公認会計士を目指し今は簿記を学んでいる段階ですが
TOEICは650レベルでもっと勉強しないといけないのはわかりますが
とても英語まで学ぶ余裕はありません。
英語を勉強していないことを知った親から日本の会社でも
英語が公用語になるほどだからこれからは公認会計士よりも
USCPAの方が将来の活躍フィールドが広がるからTOEIC800目指して頑張ってと
言われ悩み始めました。

USCPAだと外資系企業に就職しやすい、企業で海外経理案件を手がけやすい
でも資格ではありません。(日本では)習得までの費用も高い。

資格という意味では公認会計士でしょうからまずは公認会計士
次に社会人になってからUSCPAを目指そうと思ったのですが、
親からそういわれ、もともと親のためにという目的もありましたので悩み始めたわけです。

よきアドバイスをお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんばんは。


大学一年生のうちから意識が高く、素晴らしいと思います。

私は日本の資格で監査法人に勤務しておりますので試験についてはわかりませんが、監査法人勤務の人間からみた両資格の活躍場所を比較してみたいと思います。

まず、日本の企業は日本基準で会計を行っていますので日本企業に勤めるもしくは日本企業の監査をする場合、汎用性が高いのは圧倒的に日本の公認会計士資格です。将来監査法人に勤めたい、日系の大企業に就職したいというのであれば日本の公認会計士資格をおススメします。至極当然の流れですので、こちらについては十分ご理解いただいているかと思います。

では外資系企業ではどうかとなりますと、ご明察の通りアメリカの資格であるUSCPAは有用な資格となります。

しかし、日本でのUSCPA資格で日本支社、日本子会社の経理を行うには一つ懸念があります。外資系企業は最終的な連結財務諸表を本国の親会社で作成しますので、親会社の経理担当者と円滑なコミュニケーションを取れるだけの英語が必要になるのです。
本国の経理担当者と遜色ないレベルの英語が必要になりますので、会計の専門用語、読み書きだけではなく会話も含めた英語力を求められます。
ですので、USCPAを生かして外資系企業で活躍したいのであれば同時に英語力の研鑽もセットで行うことになると思います。

次に日系企業の海外案件ですが、これは逆にUSCPA資格を活用させるような案件は少ないかもしれません。NYでも上場しているような一部の大会社を除き、日本の企業は最終的には日本の会計基準で財務諸表を作成するからです。海外子会社から送付される資料の勘定科目が日本語のローマ字表記だったりすることもあります。日系企業の海外案件で活躍したいのであれば、日本の会計の勉強をしつつ、英語の勉強にも力を入れるのが良いと思います。

また、監査法人でもUSCPAによる就職者はそれなりの人数がいます。SEC上場の日系企業も監査先にありますので、外資系企業に勤めるほど英語のハードルも高くはありません。
しかしUSCPA単独での就職となると業務の幅が限られ、公認会計士法上監査法人でのパートナー登用にも制限があるため、USCPA資格しか特徴がないとあまり重宝がられないのは覚悟しなければなりません。監査法人で"活躍する"USCPA資格保持者はやはり相当レベルの英語力があります。

ご参考までに、
監査法人の勤務者には日本の会計士資格とUSCPA資格の両方を取得している人も多いです。両方の資格を持っている会計士はそのほとんどが日本の会計士資格を取った後、USCPAを取得しています。英語に苦手意識がなければ(TOEIC700点もあれば十分だそうです。)、半年から10か月くらいで取得できるそうです。

日本の資格で日系企業や監査法人に勤務するのであれば英語は不要かといわれますと、もちろんそんなことはありません。業務で英語を使うことも頻繁にありますし、監査法人内の昇格要件に英語能力があったりもしますので、日本の公認会計士として働くのであれば英語は不要とは思わないでくださいね。

最後に、どちらの勉強をするにしても有意義ではありますので、将来どんな道に進みたいかをじっくり考えて選択すると良いと思います。ぜひ頑張ってください!

乱文長文失礼いたしました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変参考になりました。私にとっては負荷の少ないUSCPAを親が進めてきたので、私にとっては安易な方向に流れようとしていたところです。今一度自分が何をしたいのか見詰なおしてみたいと思います。ありがとうございます。

お礼日時:2014/11/13 10:37

今英語のレベルが高くないのであれば、まずは日本の公認会計士。


英語を学びながら、英語で専門性の高い分野の勉強はどっちつかずになる可能性が高いですよ。
また公認会計士は企業経営者や会計担当とのコミュニケーションがしっかり取れなければ稼げません。資格を取ることと同時にコミュニケーション能力を高める勉強をしたほうが良いですよ。
一つはプレゼン能力、もう一つは相手の言葉をくみ取る能力。
大学4年間はあっという間です。何をなすか目的、目標を定めて邁進してくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大学のESSに入ってディスカッションを学んでいます。英語でプレゼン・コミュニケーションを勉強しているのですが、将来役に立てばいいのですが・・・。TOEICスコアはたいしたことないのによくしゃべるので英語はできると勘違いされています(笑)
アドバイスありがとうございます。

お礼日時:2014/11/11 15:36

『親からそういわれ、もともと親のためにという目的もありましたので』



USCPAのためにTOEIC800目指して頑張って、としか回答のしようがないと思われますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どちらも親孝行できるとは思うんですね。ここはいい機会なので整理し、親も自分も納得できる回答を得たいと思っています。よろしくお願いいたします。

お礼日時:2014/11/10 18:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経済学部で会計学を学ぶのは可能ですか?

はじめまして。
ただいま高3で大学の学部選びで悩んでいます。
そこで、もしよろしければアドバイスください。

僕の将来の希望としては、一般的なサラリーマンとして働くのではなく、手に職をつけて、会社や社会に求められる存在になりたい。
会社の歯車になるのではなく、その人がいないと会社が回らないような存在になりたい。
そういう存在である職業で、僕が最も知っているのが会計士で、そんな会計士になれればいいなぁと思っている。
それで、その会計士に一番近い学部は商学部である。ならば、商学部にいけばいい。
けれど、会計士は商学部でなければ取れないわけではない。経済学部でも可能である。
もし、会計士が自分に向いていないと思ってつぶしが利くのは経済学部である。また、会計士抜きで考えると行きたい学部は経済学部である。

行きたいのは経済学部。けれど、経済学部だと会計に触れる機会が少なく、今の会計士になるという思いが薄れてしまうかもしれない。これらの理由で2つの学部に迷っている。

要は、経済学部で会計士に近づくことが出来れば問題はない。
そこで、経済学部で会計学について学べるのか、会計学に触れられるのかを教えていただきたい。

はじめまして。
ただいま高3で大学の学部選びで悩んでいます。
そこで、もしよろしければアドバイスください。

僕の将来の希望としては、一般的なサラリーマンとして働くのではなく、手に職をつけて、会社や社会に求められる存在になりたい。
会社の歯車になるのではなく、その人がいないと会社が回らないような存在になりたい。
そういう存在である職業で、僕が最も知っているのが会計士で、そんな会計士になれればいいなぁと思っている。
それで、その会計士に一番近い学部は商学部である。ならば、商学...続きを読む

Aベストアンサー

とりあえず、あなたが行こうとしている大学に商学部(経営学部)と経済学部が両方存在していると、経済学部に行くと、会計学の講義はないと思います。もし、経済学部しかなく、途中から分かれるのであれば、会計学の講義を取ることは出来ます。
私は公認会計士を目指して勉強中ですが、大学の講義で会計士を取れると思ったら大間違いです。目指している人はみなさん大学に通いつつ、ダブルスクールに行っています。独学ではまずムリだからです。
以上を踏まえると、私の経験からして、どの学部にいっても会計士を目指して勉強する点においては関係ないでしょう。経済学に興味があるのなら経済学部にいけばいいのです。公認会計士の選択科目は経済学・経営学・民法・統計学のうちから1科目選択すればよいので、経済学を選択すればいい話です。
参考までに、会計学の一環をなす簿記を勉強するつもりでいてください。まず、大学が決まったら、6月にある簿記検定で3級を取り、続いて11月に2級を取るつもりで勉強しましょう。もっと言えば会計学の財務諸表論なんてかなり苦痛な分野なんですけどね、個人的には。

Q経済物理学と物理学は同じと考えていいですか? 経済物理学でも数式は使いますか?

経済物理学と物理学は同じと考えていいですか? 経済物理学でも数式は使いますか?

Aベストアンサー

経済物理学は、外国為替、金融ビッグデータ等、経済が大きく関わってきます。単なる物理学とは異なります。

http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/graspp-old/courses/2015/5123440.html

http://as2.c.u-tokyo.ac.jp/zentai-zou.html

Q経済学の素人です。経済学の面白さって?

経済学部を目指している高校3年生です。
経済学を学びたいと思った理由は、アフリカ人が餓死している中、
日本などの先進国は食べ残しを何万トンも捨てている実態が許せなかったからです。
国際経済の実態を学んで、そういう矛盾を解決したいと思いました。

ただ経済学部は一般の経済学を知らない高校生から見ると、
「金稼ぎを学ぶの?なんかやだ~」なんです。(簿が意見聞いた限り)
でも僕は経済学は、もっとおくが深くて面白いんだろうなぁ。
と勝手に思っています。
でも実際は自分でもどこが面白そうなのかすらよくわかりません。
経済学は面白いですか?だとしたら具体的にどのあたりが?
たぶん人によって意見は違うと思うのですが、
参考にしたいので回答お願いします。

Aベストアンサー

>国際経済の実態を学んで、
開発経済学を専攻にしたいという希望のようです。
開発経済学部のある大学もあります。早稲田のように経済学部がないと、政治経済学部になります。しかし、経済学部があれば、開発経済を学ぶには、経済学部の方を選択しないと、進路の展望がひらけないと思います。

>そういう矛盾を解決したいと思いました。
ここを政治家になってと捉えるなら、#1さんのおっしゃるように経済学も学べる政治経済学に進学する方がいいかもしれません。

>「金稼ぎを学ぶの?なんかやだ~」なんです。
経営学と混同されているようです。経営学を学ぶなら、商学部系統に進学した方がいいでしょう。

>経済学は面白いですか?だとしたら具体的にどのあたりが?
開発経済学はマクロ経済学やミクロ経済学の応用にあたる学問ですから、これらの基礎ができていないと難しいです。数学が苦手なら向きません。
高校生でも理解できるような本を読んでみてはどうでしょうか?
例えば、アマルティア・センの書いた新書
『貧困の克服-アジア発展の鍵は何か』集英社
ちょっと背伸びをするなら、
鈴村興太郎訳『福祉の経済学――財と潜在能力』(岩波書店, 1988年)
あたりを読んでみてはと思います。
これらの著作に興味がもてないようなら、政治学系統の方がいいかもしれません。

>国際経済の実態を学んで、
開発経済学を専攻にしたいという希望のようです。
開発経済学部のある大学もあります。早稲田のように経済学部がないと、政治経済学部になります。しかし、経済学部があれば、開発経済を学ぶには、経済学部の方を選択しないと、進路の展望がひらけないと思います。

>そういう矛盾を解決したいと思いました。
ここを政治家になってと捉えるなら、#1さんのおっしゃるように経済学も学べる政治経済学に進学する方がいいかもしれません。

>「金稼ぎを学ぶの?なんかやだ~」な...続きを読む

Qミクロ経済学・マクロ経済学の入門書

法学系の授業で経済学の話が出てきたので、
ミクロ経済学とマクロ経済学の入門書が読みたくなりました。

数学があまり得意ではないので数式がどうの、という内容だとあまり・・・
という私にお勧めの入門書はありますか?

経済学の入門書でも可です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

経済学部の者です。


経済学部生が1年生で使う教科書だと、
例えば伊藤元重のミクロ・マクロやマンキューのミクロ・マクロというのが定番です。
かなり分かりやすく書かれていますが、「経済学部」の学生向けなので最低限の数式もありますしとっつきにくさは残るかもしれません。


専門ではなく「一般教養程度」となると、小暮太一のシリーズがオススメです。
http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%A8%E6%9A%AE-%E5%A4%AA%E4%B8%80/e/B0048ZM0DI/ref=ntt_athr_dp_pel_1


さらに、時事問題を扱う程度なら細野の経済本があります。


法学系の経済学で数式もちょっとというのであれば小暮のシリーズが無難かもしれません。

Q理系の経済学部で公認会計士になれますか?

何度かこちらを使わせていただいています、yuga-coffee26と申します。

さて、早速なのですが質問させていただきます。
現在高校3年生です。国公立大志望です。
今までに経済の勉強はしていません。
この時期になって、情報系→経済系に志望大学を変えようと思います。
(文型科目受験ではなく理系科目受験)
そこで自分なりに調べてみました。

自分が目指したい大学は
九州大学 経済工学部
筑波大学 社会工学類
のどちらかにしようかと考えています。

仮にどちらかに入れたとして、公認会計士になることは出来るでしょうか?
(本人の努力次第といってしまえばそうですが…)
それから文型に比べて研究(実験?)などがありダブルスクールがしにくくなることはあるのでしょうか?

回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは、経済学部卒現在大学院生をしている者です。

公認会計士の選択科目で統計学や経済学がありますので、大学でそれらを学びかつ公認会計士の試験でそれらを選択するのであれば大学で学ぶ事が試験に役に立つと思われます。

会計学の授業を大学で受けられない場合は独学かダブルスクールをする事になりますが頑張ってください。

また理系科目受験で経営学、会計学を学べる大学、学部を受験されるのも一つの方法であると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報