ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

経済学部の大学一年生です。
公認会計士の勉強と米国公認会計士の勉強のどちらを優先しようか迷っています。
ネットにこの悩みに答えてくれるものがありました。
http://www.crear-ac.co.jp/cpa/10/010583.php
しかし、いまひとつよくわかりません。

どれも勉強は苦痛ですが
数字と英語のどちらが好きかと言われれば数字です。
英語は文章を読んだり人と話すのはいいのですが単語を覚えるのが大の苦手です。

会計とコンサルタントのどちらかと言われれば会計です。
経営戦略論よりも数字を見て数字が何を語っているのかに興味を惹かれます。
経済経営でなく経済経済を選んでよかったと思っています。

今まで公認会計士を目指し今は簿記を学んでいる段階ですが
TOEICは650レベルでもっと勉強しないといけないのはわかりますが
とても英語まで学ぶ余裕はありません。
英語を勉強していないことを知った親から日本の会社でも
英語が公用語になるほどだからこれからは公認会計士よりも
USCPAの方が将来の活躍フィールドが広がるからTOEIC800目指して頑張ってと
言われ悩み始めました。

USCPAだと外資系企業に就職しやすい、企業で海外経理案件を手がけやすい
でも資格ではありません。(日本では)習得までの費用も高い。

資格という意味では公認会計士でしょうからまずは公認会計士
次に社会人になってからUSCPAを目指そうと思ったのですが、
親からそういわれ、もともと親のためにという目的もありましたので悩み始めたわけです。

よきアドバイスをお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんばんは。


大学一年生のうちから意識が高く、素晴らしいと思います。

私は日本の資格で監査法人に勤務しておりますので試験についてはわかりませんが、監査法人勤務の人間からみた両資格の活躍場所を比較してみたいと思います。

まず、日本の企業は日本基準で会計を行っていますので日本企業に勤めるもしくは日本企業の監査をする場合、汎用性が高いのは圧倒的に日本の公認会計士資格です。将来監査法人に勤めたい、日系の大企業に就職したいというのであれば日本の公認会計士資格をおススメします。至極当然の流れですので、こちらについては十分ご理解いただいているかと思います。

では外資系企業ではどうかとなりますと、ご明察の通りアメリカの資格であるUSCPAは有用な資格となります。

しかし、日本でのUSCPA資格で日本支社、日本子会社の経理を行うには一つ懸念があります。外資系企業は最終的な連結財務諸表を本国の親会社で作成しますので、親会社の経理担当者と円滑なコミュニケーションを取れるだけの英語が必要になるのです。
本国の経理担当者と遜色ないレベルの英語が必要になりますので、会計の専門用語、読み書きだけではなく会話も含めた英語力を求められます。
ですので、USCPAを生かして外資系企業で活躍したいのであれば同時に英語力の研鑽もセットで行うことになると思います。

次に日系企業の海外案件ですが、これは逆にUSCPA資格を活用させるような案件は少ないかもしれません。NYでも上場しているような一部の大会社を除き、日本の企業は最終的には日本の会計基準で財務諸表を作成するからです。海外子会社から送付される資料の勘定科目が日本語のローマ字表記だったりすることもあります。日系企業の海外案件で活躍したいのであれば、日本の会計の勉強をしつつ、英語の勉強にも力を入れるのが良いと思います。

また、監査法人でもUSCPAによる就職者はそれなりの人数がいます。SEC上場の日系企業も監査先にありますので、外資系企業に勤めるほど英語のハードルも高くはありません。
しかしUSCPA単独での就職となると業務の幅が限られ、公認会計士法上監査法人でのパートナー登用にも制限があるため、USCPA資格しか特徴がないとあまり重宝がられないのは覚悟しなければなりません。監査法人で"活躍する"USCPA資格保持者はやはり相当レベルの英語力があります。

ご参考までに、
監査法人の勤務者には日本の会計士資格とUSCPA資格の両方を取得している人も多いです。両方の資格を持っている会計士はそのほとんどが日本の会計士資格を取った後、USCPAを取得しています。英語に苦手意識がなければ(TOEIC700点もあれば十分だそうです。)、半年から10か月くらいで取得できるそうです。

日本の資格で日系企業や監査法人に勤務するのであれば英語は不要かといわれますと、もちろんそんなことはありません。業務で英語を使うことも頻繁にありますし、監査法人内の昇格要件に英語能力があったりもしますので、日本の公認会計士として働くのであれば英語は不要とは思わないでくださいね。

最後に、どちらの勉強をするにしても有意義ではありますので、将来どんな道に進みたいかをじっくり考えて選択すると良いと思います。ぜひ頑張ってください!

乱文長文失礼いたしました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変参考になりました。私にとっては負荷の少ないUSCPAを親が進めてきたので、私にとっては安易な方向に流れようとしていたところです。今一度自分が何をしたいのか見詰なおしてみたいと思います。ありがとうございます。

お礼日時:2014/11/13 10:37

今英語のレベルが高くないのであれば、まずは日本の公認会計士。


英語を学びながら、英語で専門性の高い分野の勉強はどっちつかずになる可能性が高いですよ。
また公認会計士は企業経営者や会計担当とのコミュニケーションがしっかり取れなければ稼げません。資格を取ることと同時にコミュニケーション能力を高める勉強をしたほうが良いですよ。
一つはプレゼン能力、もう一つは相手の言葉をくみ取る能力。
大学4年間はあっという間です。何をなすか目的、目標を定めて邁進してくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大学のESSに入ってディスカッションを学んでいます。英語でプレゼン・コミュニケーションを勉強しているのですが、将来役に立てばいいのですが・・・。TOEICスコアはたいしたことないのによくしゃべるので英語はできると勘違いされています(笑)
アドバイスありがとうございます。

お礼日時:2014/11/11 15:36

『親からそういわれ、もともと親のためにという目的もありましたので』



USCPAのためにTOEIC800目指して頑張って、としか回答のしようがないと思われますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どちらも親孝行できるとは思うんですね。ここはいい機会なので整理し、親も自分も納得できる回答を得たいと思っています。よろしくお願いいたします。

お礼日時:2014/11/10 18:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q33歳で、USCPA取得を目指す

コンピュータ職に就いている33歳です。
コンピュータ職にずっと就いていますが、元が文系出身のためか、
最初の数年は新鮮味がありましたが、数年前からこの仕事がおもしろくないです。
元々好きでないため、新しい技術を勉強するのが苦痛で仕方ありません。

大学時代に国際会計について学んだことがあり、USCPAについて最近また
調べてみたところ、日本受験が可能になっており、取得しやすくなっている
ことにびっくりしました。
とりあえず会計がどんなものか知るため、簿記2級とBATICSub1を受験しました。
結果、ほぼ満点だったので「もしかして、向いてる?」とさらに興味が強くなりました。
(今度簿記論と、BATICのSub2を受験します。)
ただ、年齢が33歳と微妙です。1年半ぐらいでCPA取得するにしても34~5歳になっています。
(USCPAの取得要件などに関してはすでに調べています。何単位か受講すれば
良いようです)

この歳でUSCPAを取得するとして、転職は可能でしょうか?
外資系でなく日本企業での就業も可能ですか?(「米国会計基準」を導入している
メーカーがあるようなので)IFRS検定の受験も考えています。
将来的には簿財→税法の取得で、仕事の幅を広げたいな、というイメージです。

会計や財務の世界を全然知らないので、詳しいかたアドバイスいただければと
思います。

よろしくお願いいたします。

コンピュータ職に就いている33歳です。
コンピュータ職にずっと就いていますが、元が文系出身のためか、
最初の数年は新鮮味がありましたが、数年前からこの仕事がおもしろくないです。
元々好きでないため、新しい技術を勉強するのが苦痛で仕方ありません。

大学時代に国際会計について学んだことがあり、USCPAについて最近また
調べてみたところ、日本受験が可能になっており、取得しやすくなっている
ことにびっくりしました。
とりあえず会計がどんなものか知るため、簿記2級とBATICSub1を受験しました。
結...続きを読む

Aベストアンサー

USCPAの受験資格は各受験州で個別に決められた会計及びビジネス関連科目の所要単位数が大学で取得または取得見込みであることが必要とされ、それぞれの有効単位数の認定は各州のCPA受験事務所で郵送受付によって行なわれる。

多分、ここまではお調べになっていると思いますが、下記のことはお調べになっていますか。

Certificate保有者というだけでは、USCPA試験合格者という立場であり、まだ米国公認会計士と名乗るだけの資格が与えられた訳ではありません。米国公認会計士として名乗り、業務を行なうには各州ごとに登録申請することになります。州によっては実務の期間や追加の試験合格が求められており、この規定は各州ごとに異なっている。まず州によって実務期間の長短、有無があり、それとは別に意倫理試験(Ethics Exam)と言う簡単な試験が求められる州が存在する。カリフォルニア州のようにCertificateは発行されない州もあり、2-4年の実務経験の後にはじめてLicenceが交付される。こういった条件を満たして申請が認められれば州の営業許可であるLicenceが交付される。
試験を受け合格した州で得たCertificateと異なる州でのLicenceを求める場合は移動の申請を行なう必要がある。この移動は州間によって容易さが異なり、受け入れ側の州が移動元の州の「レベル」を低く見積もっている場合には困難が伴うことがある。
交付されたLicenceをいつまでも有効にするためには、定期的に講習を受け続けて、毎年のように変更される最新の会計ルールを身に付けておかなければならない。

USCPAの受験資格は各受験州で個別に決められた会計及びビジネス関連科目の所要単位数が大学で取得または取得見込みであることが必要とされ、それぞれの有効単位数の認定は各州のCPA受験事務所で郵送受付によって行なわれる。

多分、ここまではお調べになっていると思いますが、下記のことはお調べになっていますか。

Certificate保有者というだけでは、USCPA試験合格者という立場であり、まだ米国公認会計士と名乗るだけの資格が与えられた訳ではありません。米国公認会計士として名乗り、業務を行なうには各州...続きを読む

Q日商簿記1級取得は相当難関ですか?

日商簿記1級は努力だけじゃ合格は難しいですか?2級まで1回でとったのですが、簿記の勉強が面白く1級取得も考えているのですが、2級までは暗記、1級はセンスと聞きました
確かに1発合格なんかは難しいかもと思いますが、1級は努力の範疇を超えた試験なんでしょうか?

たとえるなら数学や国語の偏差値65までは努力だけど、それ以上はセンスっていう感じと同じですか?

Aベストアンサー

日商簿記1級は取得できませんでしたが、同等レベルの全経簿記上級を取得した者です。

テクニックやセンスは重要ですが、努力で目指せるものだと思います。
ただ、3級や2級などの学習時間より多くの学習時間が必要な試験ではあると思いますね。

私は税理士試験の受験資格として取得しましたが、税理士試験は挫折しましたね。
その後税理士事務所で働きながら税理士試験を受けましたが、税理士試験こそ、センスや運も重要でしょう。

日商1級レベルは、税理士や公認会計士になる基礎力のようなものですが、資格者以外ではあまり役に立たないように思いますね。もちろん大企業などの経理・総務・財務などの担当役員などとして監査対応などをするのであれば、必要だと思いますがね。

税理士事務所などの求人で1級を求めることがありますが、私の前職の税理士事務所なんて3級や2級の人も担当を持ち、顧客に指導したりしていましたからね。
ですので、あなたが税理士などを目指したり、経理関係の職で上を目指すのであればよいですが、そうでなければ他の資格などへ力を入れた方が良いと思いますね。
簿記検定を取得したからといって、経理士のすべてを知るわけではなく、基礎にしかなりませんからね。実務と机上では大きな差がありますからね。

私は、簿記検定の他に税務会計検定を取得しました。あるサイトで登録したのですが、税理士事務所での実務経験・簿記検定・税務会計検定を記載しただけで、年俸1000万円以上の条件の求人へ応募を求められたこともありますね。

日商簿記1級は取得できませんでしたが、同等レベルの全経簿記上級を取得した者です。

テクニックやセンスは重要ですが、努力で目指せるものだと思います。
ただ、3級や2級などの学習時間より多くの学習時間が必要な試験ではあると思いますね。

私は税理士試験の受験資格として取得しましたが、税理士試験は挫折しましたね。
その後税理士事務所で働きながら税理士試験を受けましたが、税理士試験こそ、センスや運も重要でしょう。

日商1級レベルは、税理士や公認会計士になる基礎力のようなものですが、資格者...続きを読む

Qクレアールという予備校はどうですか?

クレアールという会計士の予備校ってどんな感じでしょうか?
というのも、ネット上では評判が良いみたいですが、以前、日商簿記の講座を体験したところ、テキストは特に優れているわけでもないし、講師もあんまりうまくもなかったので。
簿記の講座と会計士の講座では講義・テキストの質や力の入れ方が違うのでしょうか?
それとも「あんなもの」なのでしょうか?

Aベストアンサー

#1です。遅れてすいません。
そもそもこのクレアールというのは最初は司法書士
の合格を狙って出来た予備校です。そして司法書士で
実績ができたので、公務員、税理士、会計士とつぎつぎと他の講座を開講していきました。

>>あまりおすすめはできません

この言葉は的確ではなかったかもしれません。他のTacやLecと比較したときに、比較したときにですよ、このクレアールは正直会計士の合格のノウハウはまだ浅いです。

もちろん、クレアールだって予備校ですから研究はしているでしょう。しかし、合格者の情報などではやはりTacやLecに遅れを取っていると思います。(つまりどの程度で合格できるのか?などの情報は不足しているということです)

なので会計士を目指すなら大手のTacのほうがいいと思いますという意味であまりお勧めしないと申し上げました。会計士ではTacが断然優れていると思います。

Q29歳、無職1年超、米国公認会計士取得を目指す

米国公認会計士の資格取得までの間に経理?会計?の実務経験を積む

働きながら資格取得のための勉強。1,2年内に合格

頃合いを見て転職など

このようなプランで良いのでしょうか?
TOEICスコアが740あり英語にさほど抵抗はなく、英語力もさらに高めながら米国公認会計士の資格取得を目指し、ゆくゆくは必要となりそうなら公認会計士にもチャレンジしてみようと考えています。

実務経験も会計知識も何もないためこのようなプランしか思いつかないのですが、29歳からこのようなプランは現実的と言えるのでしょうか?
米国公認会計士の今後の需要や国際化のお話、日本の公認会計士資格目指しなさいとかいう意見でも構いませんので、まったくの素人で何もわからないため会計士として生きて行くためのキャリアプラン等のアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

良いキャリアプランだと思いますよ。

29歳でしたらギリギリで頑張れば計画通りにいくと思います。

私は米国公認会計士の試験に合格したのは35歳の時でした。
それ以前は経理経験はありませんでしたが、30歳で外資系の経理スタッフをしながら英文会計の学校へ行き勉強していました。

仕事をしているうち、もっと上を目指したいとUSCPAの勉強をするため、会社を辞め1年半試験勉強に
専念し、合格しました。
その後は、あれあれという間にキャリアアップでき、マネージャーから最後はコントローラーまで
昇進できました。
これも,試験に合格したからだと思います。

外資系企業では英語ができる経理マンが必要とされているので、たくさん需要はあります。
そして、将来のキャリアアップが展望できる素晴らしい資格です。

ただ、29歳で経理の経験がないというのがネックですね。
どこでもいいから雇ってくれるところで、まずは経験を積みながら勉強するのが一番です。
試験にだけ受かっても経験のない29歳を雇ってくれるところは希少でしょう。
私は自分の部下を採用していたので、これは言えます。
ただ、一度、やる気はあるけど、経験のない男性を雇いましたが、将来性を考慮し、訓練し、1年後は立派な経理マンに
なりました。 逆に経験はあるけど、どうも仕事のできない男性もいました。

決めたのなら、今すぐ、勉強を開始し、経験を積むため、仕事をはじめてください。

経験者の私から、この資格はお薦めです。あと、英語の勉強もしてね。

良いキャリアプランだと思いますよ。

29歳でしたらギリギリで頑張れば計画通りにいくと思います。

私は米国公認会計士の試験に合格したのは35歳の時でした。
それ以前は経理経験はありませんでしたが、30歳で外資系の経理スタッフをしながら英文会計の学校へ行き勉強していました。

仕事をしているうち、もっと上を目指したいとUSCPAの勉強をするため、会社を辞め1年半試験勉強に
専念し、合格しました。
その後は、あれあれという間にキャリアアップでき、マネージャーから最後はコントローラーまで
昇...続きを読む

Q高卒でCPAの試験は受けれない?

頑張って勉強をして、CPAを取得したいと考えてます。
そこで、CPA試験で質問がいくつかあります。
1.受験資格として、たとえば大卒以上とか何らかの基準があるのか。
 (私は高卒です。)
2.英語力も基準のひとつなのか。(私は現在TOEIC700です)

以上、CPAを取得されてる方、CPA試験に詳しい方
アドバイスお願いいたします!

Aベストアンサー

CPAは受験する州によって受験資格がだいぶ違います。

まず、基本的に大学の単位、それも会計学やビジネスの単位が必須です。
州によっては、それらを含む150単位が必須というところもあります。
(つまり大学院レベル)
ですから、まずは大学へ行き必要な単位を取得しておきましょう。
その手の学校が、随時最新の各州募集要項などを発表していますから、参考にしてください。

次に英語力はもちろん必要ですが、結局は「内容」です。
会計に関するボキャブラリィや知識があれば、勉強するうちに必要な英語力はついてきます。
だって、どんなに流暢な英語を話す人だって、たとえば野球を知らない人に「解説」をするのは無理ですよね。
それと同じことです。

CPAはもちろん国際基準ですが、日本の簿記の知識があればなおいいようです。
大学で単位をそろえながら平行して受験用の勉強をしていけば、大学在学中の合格も夢ではないと思いますよ。
(ただしこれも受験する州によるのですが)

お住まいの場所がわかりませんが、近くにCPAの講座を持ってる学校があれば無料セミナーに参加してみるのもいいと思います。
そのへんは高校生だって問題ないはずですよ。

グーグルなど www.google.co.jp で、「CPA 受験」などで検索すると、たくさん情報がでてきます。
がんばってくださいね!

参考URL:http://www.anjo.co.jp/fr.cgi?down=down/freesemi/cpa/main.html

CPAは受験する州によって受験資格がだいぶ違います。

まず、基本的に大学の単位、それも会計学やビジネスの単位が必須です。
州によっては、それらを含む150単位が必須というところもあります。
(つまり大学院レベル)
ですから、まずは大学へ行き必要な単位を取得しておきましょう。
その手の学校が、随時最新の各州募集要項などを発表していますから、参考にしてください。

次に英語力はもちろん必要ですが、結局は「内容」です。
会計に関するボキャブラリィや知識があれば、勉強するうちに必要な...続きを読む

Q日商1級と公認会計士試験の差

日商簿記1級に合格したので、次に公認会計士試験を目指そうと思います。
公認会計士試験合格者にお伺いしたのですが、
公認会計士試験の難易度(勉強量)を10とした場合、
日商簿記1級の難易度(勉強量)はいくつくらいでしょうか?
3くらいあると嬉しいのですが。。。

Aベストアンサー

かなり盛り上がっている(?)書き込みだったので、参加させて下さい。

ちなみに、会計士と1級両方持ってます(会計士受験の過程で1級取得)
10とした場合の難易度は↓でみなさんが言い尽くした感があるので、
少し違った視点で書いてみます。
それは「会計士試験受験前年に1級を受験」して感じた1級のレベルという視点です。

ちなみに、その時の状況は・・・
商業簿記・会計学・・・制限時間1.5H→1Hちょい終了
工業簿記・原価計算・・・制限時間1.5H→45分程度で終了
(ただ、ぽろぽろ落としていて結果は82点ほどでの合格でしたが)

こんな感じでした。私が受験した回はP/L作成問題が出題でしたが、
連結が出題なら1Hはかからないと思います。
また、工業簿記・原価計算についてはパズル的要素が強い問題ですが、
会計士講座で管理会計をがっちり固めていれば、極めて短時間で解くことは可能です。
これは、私のみでなく、共に学習していた会計士受験仲間も同様でした。
逆にいうと、それだけ会計士試験で学習する内容は幅広くかつ内容が深く、難易度が高いものだと言えると思います。

つらつらと書きましたが、少しは両者のレベル差が伝わったしょうか?
1級に合格されたのなら、適正は少なからずあるかと思います。
会計士受験が許される環境なら、挑戦するのも選択肢の一つかと思いますよ。
悔いなきよう、決断して下さい。

かなり盛り上がっている(?)書き込みだったので、参加させて下さい。

ちなみに、会計士と1級両方持ってます(会計士受験の過程で1級取得)
10とした場合の難易度は↓でみなさんが言い尽くした感があるので、
少し違った視点で書いてみます。
それは「会計士試験受験前年に1級を受験」して感じた1級のレベルという視点です。

ちなみに、その時の状況は・・・
商業簿記・会計学・・・制限時間1.5H→1Hちょい終了
工業簿記・原価計算・・・制限時間1.5H→45分程度で終了
(ただ、ぽろぽ...続きを読む

QUSCPAで海外就職

現在、米国公認会計士取得を検討中です。
以前に簿記2級を取得し、英文会計の需要と経理の仕事に興味を持った為、転職も経理でと考えています。

将来はできれば海外で働きたいのですが、取得に100万はかかるUSCPAが海外就職にどれほど有利なのかよくわかりません。加えて、私はアメリカで働くことは念頭に置いておらず、地域ではヨーロッパかオセアニアを希望しています。英国公認会計士もあるみたいで、イギリスで働きたいなら米国ではなく英国で取得したいと思いますが、こちらの方はどうやって取得していいのかよく分かりません。

海外就職をするにしても、資格よりは経験だと思いますので、現在は経理未経験ですが、海外就職を実現する段階では実務経験を最低3年は積んでからと思っています。

そこで質問です。

1.USCPAを取得して海外就職を実現された方はいらっしゃいますか?

2.USCPAでイギリスかオーストラリアなどで働くことは難しいのでしょうか?

3.英国公認会計士はどうやって取得すればいいのでしょうか?

上記の質問以外にも、何かUSCPAに関して情報がありましたら教えて下さい。よろしくお願い致します。

現在、米国公認会計士取得を検討中です。
以前に簿記2級を取得し、英文会計の需要と経理の仕事に興味を持った為、転職も経理でと考えています。

将来はできれば海外で働きたいのですが、取得に100万はかかるUSCPAが海外就職にどれほど有利なのかよくわかりません。加えて、私はアメリカで働くことは念頭に置いておらず、地域ではヨーロッパかオセアニアを希望しています。英国公認会計士もあるみたいで、イギリスで働きたいなら米国ではなく英国で取得したいと思いますが、こちらの方はどうやって取得していい...続きを読む

Aベストアンサー

下記のサイトはお役に立ちますでしょうか?

USCPA受験者の広場の掲示板で以前「オーストラリアでUSCPAは通用する?」という内容の書き込みがありましたので参考にしてみてください。(Feb-29-04)
http://www.ymd.com/uscpa/

また、林檎板で聞いてみるのもよいかと思います。
http://www.bea.hiho.ne.jp/ring_o/cpa/

http://www2.odn.ne.jp/~cab69370/index.htm

http://www2.neweb.ne.jp/wd/miuracpa/top2.htm

参考URL:http://www.ymd.com/uscpa/,http://www.bea.hi-ho.ne.jp/ring_o/cpa/,http://www2.odn.ne.jp/~cab69370/index.htm

Q日商簿記1級の価値

こんにちは。
よく転職などでは、資格なんて実際にはそんなに評価されないと聞きますが、日商簿記1級は、さすがに1級なので、経理の実務経験が無くても、それなりに評価されるものでしょうか?
一般論で結構ですので、自信ありで回答していただける方、教えてください!

Aベストアンサー

以前私がやっていた会社に、日商簿記1級の経理担当者がいました。その担当者は、自分の簿記の知識にかなり自信があったようでした。

ちょっと特殊な業界だったので、貸倒れ引当金について、一般の企業とは違うかたちの処理が必要ではないか?と私が疑問を呈したときにも、「公認会計士の先生のご指導も受けてますし、こうやらなきゃ駄目なんです」とまったく聞く耳を持ちません。

仕方なく、私はその公認会計士の先生に件の疑問について、直談判しました。会計士の先生は「申し訳ない、分かってなかった」と私に謝り、処理方法を修正しました。その後、その簿記1級の経理担当者は、居辛くなったのか、辞めて行きました。

簿記1級は試験が難しいだけに、それに通った人は、みんなとは言いませんが、権威主義に陥って、融通が利かないことが多いのではないでしょうか。

以前私がいた別の会社の話ですが、最近規模がかなり大きくなって、経理の人間も増やし、簿記1級をもっている人間も20数名!入れたけど、型にはまった処理しか出来ないし、業務改善が出来ない、使える人間がいないよと、ぼやいています。

会社の経理業務を考えた場合、日商簿記は2級までで十分で、それより専門的なところは、税理士や会計士に相談すればいい、へたに1級なんか持っていて経理担当者に高い給料要求されても困ると、経営者は考えているかもしれませんよ。実際、私はそう考えていました。

採用する側の日商簿記に対するイメージとしては、
3級・・・持って当たり前、計数扱う人間の読み書きそろばんレベル
2級・・・決算も含め、経理業務をこなすに必要な基礎知識はある
1級・・・オーバースペック、税理士になりたいような人はいらない
てなとこでしょうか。

実務経験というのも、どれだけ応用問題を柔軟にこなし、バランス感覚を養っているかということが決め手になりますので、経理の定型業務を何年やっていても、意味ありません。実際、職務経歴書に書かれている経験などは、「ど素人じゃないなら、すぐ仕事させられるだろう」程度にしか、採用側は評価してません。

むしろ、面接の質疑応答で、地頭のよさ、柔軟な考え方ができるか、バランス感覚はあるか、ちゃんとした倫理観は備わっているかというポイントを読み取ろうとします。(正直言って、読み取るのはなかなか難しいのですが。)

marutarouさんがどういうキャリアの方なのか、よく存じませんが、他の職種、例えば営業職のご経験があるなら、日商簿記2級を取って、「計数にも強い営業マン」(簿記の資格はあくまでもプラスαとの位置付け)といったアピールをされるとよいのではないでしょうか。プラスαと位置付けた場合、1級は取得するまでの負担がおおきくて、コストパフォーマンスが悪いと思います。

以前私がやっていた会社に、日商簿記1級の経理担当者がいました。その担当者は、自分の簿記の知識にかなり自信があったようでした。

ちょっと特殊な業界だったので、貸倒れ引当金について、一般の企業とは違うかたちの処理が必要ではないか?と私が疑問を呈したときにも、「公認会計士の先生のご指導も受けてますし、こうやらなきゃ駄目なんです」とまったく聞く耳を持ちません。

仕方なく、私はその公認会計士の先生に件の疑問について、直談判しました。会計士の先生は「申し訳ない、分かってなかった」...続きを読む

Q日商簿記1級って独学で合格できますか?

26歳専業主婦です。
子育ての合間に勉強を始めようかと考えています。
3年前まで経理事務をしていて日商簿記2級をとったのは20歳の時ですので、今はだいぶボケていて簿記について自信はありません。
2級をとった時は独学でとおるテキスト(TAC出版)のを自分で購入し勉強しました。
その次1級を1度受けましたが、あまりの難しさに手も足も出ませんでした。(過去問題でも年々難しくなってるように思いました。)
最近の傾向とかどうなっているのか全く知りません。以前よりもっと難しくなってますか?

独学で合格された方、1日何時間勉強して、何回目の試験で合格できたか教えてください。
秘訣などもあれば教えてください。

Aベストアンサー

NO.3です。こんばんは。

 「昔に行けば行くほど…」という感想は、すごく適切な判断だと思います。
 某予備校の有名講師(法律系)が、勉強法を説いた著書の中で、下記のようなことを主張されています。

 「個々の問題を比較すれば、近年の問題の方が圧倒的に難しい。でも、本試験問題は前年までの問題の上に成り立っているので、前年までの過去問を十分に検討した受験生にとっては、特に難しい問題ではない。従って、その年の難易度という観点からは難易度は増していない。」

 多少、割愛しましたのでうまく伝わるかどうか不安なのですが、つまり、「本試験問題は、

 前回までの本試験問題 + α (α=範囲や複雑度など)

で構成されている、ということです。ですので、一足飛びに過去問をやれば「+α+α+α・・・」で初学者やブランクがある方にとって、難易度が急激に変化したと感じてしまうのは当然だと思います。

 従って、当然ながら近年の過去問が最も重要です。それから自分の勉強時間を考慮して何年分やるのかを決めて下さい。「何年分やれば良い」ということは一概には決められませんが、5年(10回)やれば相当の力が付くと思います。時間がなければ3年(6回)というように柔軟な姿勢で勉強した方が良い結果が出易いと思います。10年を2周するよりも5年を4周というように短いサイクルで繰返す方が記憶に定着し易いからです。

 過去問分析について誤解の無いよう補足しておきます。私のとった過去問分析とは、

  「試験で問われる能力を知り、それを身に付ける」

ということです。断じてヤマ当てなどの類ではありません。目標を達成する上で、重要なことは「要求されている能力を知り、今の自分の実力との差を知る」ことだと考えています。それを知るには、出題者側の唯一のメッセージである本試験問題を解くのが一番の近道ではないでしょうか。出題者が、合格者に最低限求める能力というものがあるのだと思います。

 また、過去問をやる効用として「モチベーションの維持」があります。テキストは重要だと思いますが、「正直、ツマラナイ」と思いませんか?。一度も問題を解かずに挫折してしまう人も多いと思います。問題演習型の勉強なら、「この問題を解くためには、この知識を覚えなくては」という感じで、ゴールに近付いている実感とともに基礎を勉強することが出来ます。

 最後に、教材選びの件ですが、No3に記載した要件が満たされたものを選ぶ必要があります。必ずしも最大手予備校のものが良いとは限りません。教材と勉強法は貴重な時間を割いてでも、慎重に選択して下さい。既にこの時点で合格率が大きく変わってしまいます。
 私が使った教材は、正直、お勧めできないです。当時、全くお金が無かったので、図書館にあった「税経セミナー」のバックナンバーと、中央経済社のワークブック(1冊600円ぐらい?)で勉強しました。もし今、勉強するなら予備校が出版した本を選ぶと思います。

 独学が不利だと思わないで下さい。受験者が多く、市販の教材が充実している試験において、独学は極めて合理的で最短の勉強方法だと思います。

NO.3です。こんばんは。

 「昔に行けば行くほど…」という感想は、すごく適切な判断だと思います。
 某予備校の有名講師(法律系)が、勉強法を説いた著書の中で、下記のようなことを主張されています。

 「個々の問題を比較すれば、近年の問題の方が圧倒的に難しい。でも、本試験問題は前年までの問題の上に成り立っているので、前年までの過去問を十分に検討した受験生にとっては、特に難しい問題ではない。従って、その年の難易度という観点からは難易度は増していない。」

 多少、割愛しまし...続きを読む

Q▲△帳簿に書く時どっちがマイナスでしたっけ?

▲と△ですが、どっちがプラスかマイナスか教えてください。

Aベストアンサー

マイナスを表記するときだけ、△を使うケースがあります。確定申告書がそうです。
どちらか一方の場合は、プラスには無表記、マイナスには△か▲、両方使うときはプラスで△、マイナスで▲でしょうか。


人気Q&Aランキング