更級日記の訳を探しています。特に「石山まうで」という、今は、昔のよしなし心もくやしかりけりと…と始まる文の訳を探してます。お願いします。

A 回答 (2件)

今となっては、物語にひたすらあこがれていた昔のとりとめもない心も、ほんとうに悔やまれることだよと、ただもう、ひたすら思い知って、その当時親がどこの寺へも、私を連れて参詣したりなどしないで、そのままになってしまったことも、非難がましく思い出されてくるので、今はひたすら裕福な勢力のある身分になって、幼い子供をも思い通りにせわをし、立派に育て上げて自分自身も蔵に財宝がつみきれないほどの財産家となって、来世までのことをも願おうと、心をはげまして、十一月の二十日すぎに、石山寺に参詣する。

おりから雪がちらちらと降って道中の景色までも赴深いうえに逢坂の関を見るにつけても、その昔上総から上京する時にここを超えたのも冬であったことだと思い出されてくるが、丁度その時も風がたいそう強くふいた。逢坂の関をふく風のおとは、その昔上京の時に聞いた音と少しも変わっていないことだなあ。関寺が立派に作られているのを見るにつけても、あの時荒作りの仏様のお顔だけが見られた。その時のことが自然思い出されて、あれから長い年月が、たってしまったのにつけても、感慨無量の思いがする。

といったところですかねぇ・・・。これからは自分で調べましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すいません。ありがとうございます。訳わかってたんですけど、もっとちゃんと知りたいなーと思ってたので。ほんとありがとうございました。

お礼日時:2001/06/12 17:01

ここは違いますか?



参考URL:http://home.interlink.or.jp/~byakuran/yume19.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。でも違っていたようです。

お礼日時:2001/06/12 17:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q更級日記の作者は・・・

 作者は、13歳のころに入京してから25歳に父の孝標が常陸介に任ぜられて別れるまで、詳しく言うとどんな出来事があって、どんな生活をしていたのですか?
 大まかに起こった出来事は分かるのですが、これを詳しく説明しなさいとテストに出るそうなので・・・どう説明したらいいのかが分からないので教えて下さい。。。
 あと、これは私が勝手に思ったことなのですが、姫君という事になっている猫が現れたとき、どうしてすぐにその姫の父親の所に連れて行かなかったのでしょうか??見せようと思っていたのに・・と後で後悔していたような文があったような気がするので・・・ちょっと気になったので。やっぱり、気味悪がられたりしそうだったからでしょうか??
 

Aベストアンサー

更級日記は、作者が13歳の秋に、父の赴任地だった上総国から家族と共に京に帰って来る時の旅日記に始まり、その後、京に戻ってからは、物語に読みふけり夢にあこがれ、肉親や知己との生別、死別の無常観を思い、次いで、宮仕えに出て、若い頃描いていた夢が破れたりしつつ、やがて30歳(過ぎ?)で結婚して、子供を2人産み、平凡な生活を送る中で、52歳で夫に死別し、淋しい晩年には幻想的な仏の道を思いつつ、一生を振り返る、………
という人生の回想録のようなものですよね。

猫の場面は「父親の大納言にも姫がここにいらっしゃる、ってことを知らせたいわ」と猫に言うと、猫の方でも何となく、その気持ちが分かったような様子なので、"あはれなり"(とてもいじらしくて胸を打つ思いだわ)と言っているので、連れて行かなかった、とは言ってないと思いますよ。(^^)
その後、火事で、この猫は死んじゃうんでしたよね?

参考までね。
テスト、頑張って下さいね~  p(^ ^)q 

Q更級日記 -門出- について

更級日記の門出の冒頭で

「あづまじのみちのはてよりも、なほ奥つ方に生い出でたる、いかばかりかはあやしかりけむ・・・」

とありますが、やはりこれは京都から考えてですよね?

でもこの中で言っているより、もっと東北もあると思ったのですが、この時代は、そこが一番辺鄙な田舎な場所だったのでしょうか??

分かる方いたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

> やはりこれは京都から考えてですよね?

はい。そうです。父が京都から派遣されました。

> この時代は、そこが一番辺鄙な田舎な場所だったのでしょうか??

「一番」辺鄙な場所ではないと思います。東北地方もあります。
でも、これ以上は日本史の範囲の話です。

参考URL:http://www.threeweb.ad.jp/~t819kwbt/Contents/Kobunn/SarasinaExercise/SarasinaEx.html

Q更級日記の訳

更級日記の訳を探しています。特に「石山まうで」という、今は、昔のよしなし心もくやしかりけりと…と始まる文の訳を探してます。お願いします。

Aベストアンサー

今となっては、物語にひたすらあこがれていた昔のとりとめもない心も、ほんとうに悔やまれることだよと、ただもう、ひたすら思い知って、その当時親がどこの寺へも、私を連れて参詣したりなどしないで、そのままになってしまったことも、非難がましく思い出されてくるので、今はひたすら裕福な勢力のある身分になって、幼い子供をも思い通りにせわをし、立派に育て上げて自分自身も蔵に財宝がつみきれないほどの財産家となって、来世までのことをも願おうと、心をはげまして、十一月の二十日すぎに、石山寺に参詣する。おりから雪がちらちらと降って道中の景色までも赴深いうえに逢坂の関を見るにつけても、その昔上総から上京する時にここを超えたのも冬であったことだと思い出されてくるが、丁度その時も風がたいそう強くふいた。逢坂の関をふく風のおとは、その昔上京の時に聞いた音と少しも変わっていないことだなあ。関寺が立派に作られているのを見るにつけても、あの時荒作りの仏様のお顔だけが見られた。その時のことが自然思い出されて、あれから長い年月が、たってしまったのにつけても、感慨無量の思いがする。

といったところですかねぇ・・・。これからは自分で調べましょう。

今となっては、物語にひたすらあこがれていた昔のとりとめもない心も、ほんとうに悔やまれることだよと、ただもう、ひたすら思い知って、その当時親がどこの寺へも、私を連れて参詣したりなどしないで、そのままになってしまったことも、非難がましく思い出されてくるので、今はひたすら裕福な勢力のある身分になって、幼い子供をも思い通りにせわをし、立派に育て上げて自分自身も蔵に財宝がつみきれないほどの財産家となって、来世までのことをも願おうと、心をはげまして、十一月の二十日すぎに、石山寺に参詣...続きを読む

Q更級日記について

更級日記の「物語」の現代語訳を探しています。近くに小さな図書館はあるんですが置いておらず、ネットで探しても見つからず困ってます。更科日記の他の現代語訳は見つかったのですが、どうしても「物語」を紹介しているページが見つかりません。
現代語訳を紹介しているサイトさんを知っておられたら教えてください。

Aベストアンサー

あまりにも、回答がないので。
教育者向けのサイトですが、一応、訳も載っています。
ご満足していただけなかったら、申し訳ありません。

参考URL:http://www.pat.hi-ho.ne.jp/nobu-nisi/kokugo/sarasina.htm

Q更級日記のサラちゃん

1990年ごろ、NHKで古典をテーマにした番組がありました。清水ミチコが司会だったと思います。あのシリーズの更級日記に「サラちゃん」役で出演してた人は誰だったでしょうか? また、あの人は現在どうしてるんでしょうか?

Aベストアンサー

「まんがで読む古典」シリーズで、更級日記のサラちゃん役は藤谷美紀さんだったそうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BE%E3%82%93%E3%81%8C%E3%81%A7%E8%AA%AD%E3%82%80%E5%8F%A4%E5%85%B8

以前ほどテレビでは見かけなくなりましたが、舞台で活躍されているようです。
http://www.oscarpro.co.jp/profile/fujitani/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E8%B0%B7%E7%BE%8E%E7%B4%80

Q更級日記 あこがれ

更級日記のあこがれについてです。

東路の道の果てよりも、なほ奥つ方生ひ出でたる人、いかばかりかはあやしかりけむを……の「けむ」の解釈なのですが、僕は「どれくらい不教養だったようであるのか」と過去婉曲で訳したのですが、学校では、「どれくらい不教養だったのだろうか」と過去推量で訳しています。ある参考書では「を」の上はたいてい婉曲と判断と書いてあったのですが、どちらでもいいのでしょうか?

Aベストアンサー

よく勉強しておられますね。
参考書で「を」の上とあるのは、格助詞の「を」の場合でしょう。
そのばあい「けむ」は連体形で、たしかに過去の婉曲を表します。

この場合の「を」は、接続助詞なので上記とは違います。
私が訳すなら、
「どれほどかみっともなかっただろうに」
とします。過去推量です。

みっともないは、顔かたちや身なりから教養まですべてを含む気持ちです。しかし、定期考査などでは学校でやった解釈に従って下さい。

Q更級日記の概要

「更級日記」の、父が東の国の国司となって離別する話の大体の訳(「この頃の世の人は~いみじく思い嘆かるれど、いかがはせむ」程度)をあらましくらいでもどなたか教えてください!

Aベストアンサー

もし父が出世したら私もすごく高い身分になれるのに・・・とおもったりして過す毎日。父はこの前の司召にはずされて13年目にやっと遠い遠い東国の常陸の国司に任官した。
 それにたいして、父は「都に近い国司になったら一緒に連れてって、自分の身分より高貴に育てたいと思っていたのに、待ちに待ったあげく、こんなに遠国に・・・」と、赴任国が遠いことにがっかりしてます。自分はもう60歳だし、娘を引き取ってくれる縁者もいない。
 「だからと言って、やっと得た国司の職を断るわけにはいかないのだよ。おまえ達は京に残していこうと思うが、生活の保障はおぼつかない」と(父は)昼夜嘆いている。それを聞く(私の)気持ちの辛さは、花や紅葉に託した空想などみんな消えてしまうほど。ただ悲しく、ひどく嘆かれるが、どうしようもないことだった。

 というところです。部分的に省いていますが・・・

Q土佐日記「帰京」の現代語訳(>_<)

土佐日記「帰京」の「京に入り立ちてうれし。~とまれかうまれ、疾く破りてむ。」の部分の現代語訳が載っているHPをご存知でしたら、教えてください!

Aベストアンサー

下のURLがあります。
かなり原文に忠実な訳がついています。

ただし、「家に預けたりつる人の心も」を「家を預けていた人の心も」と訳している点は少々問題があります。学校の先生に、「どうして本文は『家を』ではなくて『家に』になっているのですか」と質問してみてください。紀貫之が「家に」を使った意図を説明してくれるかもしれません。

「あはれ」を「大変だ」と訳していますが、この部分も「ああ、ひどい」ぐらいの訳が適当でしょう。

本文中、特に訳し方に注意しなければならないのは、
○「中垣こそあれ、」(「~こそ~已然形、」の係り結び。已然形の下が「、」になっているのがミソ。)
○二つ目の和歌にある「~ましかば~まし」(反実仮想)
○「え~ず」(不可能)
の部分です。しっかりポイントを押さえて試験に臨んでください。



  

参考URL:http://www.h3.dion.ne.jp/~urutora/tosa.htm#daimei

Q古文の質問です! ①慣れる。 出典更級日記 物語 「たれもいまだ都なれぬほどにて、え見つけず」 [

古文の質問です!

①慣れる。
出典更級日記 物語
「たれもいまだ都なれぬほどにて、え見つけず」
[訳] だれもがまだ都に慣れていないころなので、見つけ出すことができない

とありますが、なぜ都に慣れていないから見つけ出すことが出来ないのでしょうか?

Aベストアンサー

「紫のゆかりを見て、続きの見まほしくおぼゆれど、人語らひなどもえせず」
(源氏物語の若紫の段を読んで、続きが読みたいけれども、人に相談することもできない)
のつづきですね。

当時は本が読みたければ、巻物をせっせと書き写すしかなかった。
紙だって非常に高価でした。
人が苦労して写本した価値の高い物を、ただ貸して下さいとは言いにくい。
よほど親しい相手でなければ、ね。

だから、「人語らひ」もできないし、当然、写本も見つかるわけがない。
それもこれも、みな、都になれておらず、相談する相手も、貸してくれと頼める知り合いもいないからです。

Q十六夜日記の訳

十六夜日記の一.路次の記の「思ひつづくればやまと歌の道は…」から、「とどまるべきにもあらで、何となく急ぎたちぬ。」までの訳を教えてください。また、そういうサイトがあれば教えてください!

Aベストアンサー

本で探してみるのは駄目ですか・・・?
サイトぐぐってみたけれど、なさそうなんですけど・・うーん。

◆十六夜日記
全訳注、森本元子、 岩波文庫(「夜の鶴」をも収録)

ならあるようなんですが、図書館とかで調べてみたらいいかもです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報