人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

先日、左奥歯の手前の歯の詰め物がとれたので病院に行きました。診療内容としては前方から見たレントゲンを1枚撮り、少し削った後に型をとり仮の詰め物をしました。その病院は画像がデジタル化?されていて、診察台の横のディスプレイで見る事が出来ました。

 初診料234点  画像診断58点  医学管理等190点  歯冠修復及び欠損補綴198点

   上記の点数で治療費を支払いましたがこれは妥当な請求なのでしょうか?
    詳しい方に教えて頂けたらありがたいです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

歯科医師です。



初診料234点は歯科におかかりになった時点で算定されます。

画像診断58点はデジタル式で撮った小さな範囲(お口全体の大きなものもある、パノラマ撮影という)のデンタルというタイプで一枚目の撮影の点数です。

医学管理料190点は歯や歯茎その他のお口の中の状態を説明する事に対する点数です。通常初診時や月初めに算定される事が多い様です。

歯冠修復及び欠損補綴198点は歯を削り詰め物の治療した点数です。

非常に明快でおっしゃった治療内容と完全に合致しています。妥当でないところは何処にも見受けられません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。お礼が遅くなり大変申し訳ありませんでした。

お礼日時:2014/12/17 06:34

問題となりそうなのは医学管理餌料に含まれている歯科衛生実地指導料ですね。


これは、衛生士が歯垢染出しをして15分以上の指導を行わないと算定できません。
他は、全く問題なしです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。お礼が遅くなり大変申し訳ありませんでした。

お礼日時:2014/12/17 06:31

初診料234点、画像診断58点はOK


医学管理料190点(歯科疾患管理料110点+歯科衛生実地指導80点)実際に行われていればOK
歯冠修復198点(う蝕歯インレー修復形成120点+連合印象62点+BT16点)はOK

歯科衛生実地指導は歯科衛生士がプラークスコアをとり直接15分以上の指導をし患者さんに文章提供していたら問題ないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。お礼が遅くなり大変申し訳ありませんでした。

お礼日時:2014/12/17 06:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • むし歯・う蝕のまとめページ

    むし歯(う蝕)とはどんな病気か  むし歯は、口のなかに常在している細菌の感染により歯質が軟らかくなり、崩壊していく病気です。日本では、食生活の変化とともに多くの人が罹患(りかん)するようになっています。  6年に一度行われる歯科疾患実態調査の最近(2005年)の結果では、6歳における乳歯のむし歯および12歳における永久歯のう蝕有病歯率(ゆうびょうしりつ)(処置された、あるいは未処置のむし歯をもっている...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歯科画像診断(パノラマ)の点数について

先日歯科を受診(初診)し、レントゲンを撮影してもらったのですが、X線パノラマとして317点が算定されていました。
ネットで検索した所パノラマは317点になるということはわかったのですが、しろぼんねっとを見ても画像診断に317点という項目がなく、恐らく複数の点数を足したものだと思うのですが、その内訳が知りたいです。
デジタル撮影だとして、写真診断:125点+撮影料182点でも307点ですし、電子画像管理加算を適用してもパノラマだと+95点で402点になってしまいます。
詳しい方いらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

※しろぼんは以下のページを参照しました。
http://shirobon.net/24/shika_2_4

Aベストアンサー

従来のレントゲンなら

診断料 125点 
撮影料180点 
フィルム料(15*30)12点

で合計317点

デジタルなら

診断料 125点 
撮影料182点 
電子画像管理 パノラマ 95点
で合計402点

Q歯医者さんの治療費、妥当な金額でしょうか。

非常にくだらない質問で申し訳ありません。

半年程前 詰め物が取れて、ネットで評判が良いとされる歯科に現在もかかって
います。
2回の通院で、新しく詰めかえていただいたのですが、それ以降は歯周ポケットの
掃除とやらで毎週通院しています。
衛生士さん曰く、「虫歯・知覚過敏・歯周病等はなく、歯石の付きにくい歯」なの
だそうなのですが、ただ「歯周ポケット内は所々引っかかる」らしいのです。

その、3回目以降からは歯科医師との接触は一切なく、衛生士さん(?)や普段受付
に居るお姉さんが、いつも歯と歯の間を2~3分ゴリゴリするだけで終了です。
過去にも別の歯医者さんで歯周ポケットの掃除をしていただいたことはありますが、
そこでは麻酔注射を打って本格的に歯茎の中をキレイにしてもらってる意識がありま
した。
でも今の歯科では麻酔はおろか痛みも何もなく、ただ2~3分のゴリゴリ・・・だけです。

私が感じるに、毎回同じ治療なのに、費用がマチマチで・・・
ここ1ヶ月―。
安いとき(月初め)再診料/40点 処置188点=(3割負担)680円
高いとき(月の半ば)再診料/40点 医学管理/580点 検査/200点 処置/1748点
=(3割負担)7700円。 その他はだいたい2500円~3500円前後です。

高いなと感じたときも いつもと違う器具が出てきたり、特別に指導を受けたり、何か
検査されたり、注射や投薬・レントゲン撮影や、医師と言葉を交わした覚えも勿論
ありません。常に5分以内で衛生士さんの治療は終わります。
初めて5000円超の時、会計時に「少し高いなと感じるのでもう一度確認していただけ
ますか?」と聞いたことがあるのですが、でも「いいえ、間違ってませんよ」とさらっと言われ、
それ以上は何も聞けませんでした。

そこで質問なのですが、この治療費は妥当なのでしょうか?
また、歯周ポケットの掃除って こんな頻繁に長期間しなければならないものですか。
通常どの程度で「もう来なくていい」と言われ、1回の治療費はいくら位かかるもので
しょうか?
私は、詰め物が取れただけで、歯がしみたり虫歯や出血、痛みなど当初から自覚症状
は何もありません。
治療費が妥当なら、このままもう少し通院してみようと思うのですが、不当な額なら、
もう次からは行きたくないのが本音です。
それから、すべてを歯科衛生士さんに託しておられるのに、領収書にある「医学管理」や
「処置」などの点数は取れるものなのでしょうか。

ご伝授いただきたく、どうかよろしくお願いいたします。

非常にくだらない質問で申し訳ありません。

半年程前 詰め物が取れて、ネットで評判が良いとされる歯科に現在もかかって
います。
2回の通院で、新しく詰めかえていただいたのですが、それ以降は歯周ポケットの
掃除とやらで毎週通院しています。
衛生士さん曰く、「虫歯・知覚過敏・歯周病等はなく、歯石の付きにくい歯」なの
だそうなのですが、ただ「歯周ポケット内は所々引っかかる」らしいのです。

その、3回目以降からは歯科医師との接触は一切なく、衛生士さん(?)や普段受付
に居るお姉さん...続きを読む

Aベストアンサー

しつこいようですが、医学管理料だけに焦点を合わせてみたいと思います。

歯管(2回目以降)110点
機械的歯面清掃60点
歯科衛生実地指導料80点

これ以外にはあまり考えられません。
それでも250点ですのであとの330点は何なのでしょう?

しかも「歯と歯の間を2~3分ゴリゴリするだけ」ですので、いずれも算定できない(と思われる)医学管理料です。

歯管(2回目以降)は文書提供の必要はありませんが、歯科医師から何らかの口腔に関する説明などがあるべきです。

機械的歯面清掃は回転器具を使って歯を清掃した場合に算定できます。

歯科衛生実地指導料は口腔内を歯垢染め出し液で赤く染め出し、ブラッシング指導を受けた場合に算定します。また、文書提供があります。


他の先生が書かれているように、医学管理料は「月に1回」だとか「2ヶ月に1回」だとかいろいろ制約があり、同じような処置に見えて点数が変わるときはあります。

ですが、580点はどう考えてもおかしいと思います。

Q歯科疾患管理料が発生する条件

歯科診療での歯科疾患管理料について教えて頂けないでしょうか?

昨日、以前から通っている歯科に定期検診に行きました。虫歯と歯石の有無を診てもらいました。
その結果、「虫歯はありますが、まだ削って埋めるほどではないですね。また次に診ましょう。
ただ、歯石はあるので除去しましょう。」と言われました。
それで、昨日は上の歯の歯石を除去してもらいました。

領収書を見ると、以下の点数が書いてありました。
初・再診料  185点
医学管理等 130点
検査      200点
処置      148点

この中で、医学管理等の130点が気になりました。
社会保険歯科診療報酬点数早見表(http://www.tokoyu-ndu.jp/koyu/hoken/20081001_hayami.pdf)によると、
医学管理の中で130点に該当するのは歯科疾患管理料(歯管)(1回目)だと思います。
また、厚労省の以下のページも拝見させて頂きました。
http://kouseikyoku.mhlw.go.jp/hokkaido/info/tsuchi/02_santei/documents/091029.pdf

私は歯科医から管理計画書の説明を受けていませんし、同意もしていません。
また、昨日の時点では管理計画書などの文書も渡されていません。

このような場合でも、歯科疾患管理料の点数が発生するのでしょうか?
また、仮に2回目(来週末)の診察で、管理計画書を手渡された場合は、
2回目の診察でも医学管理の点数が追加発生するのでしょうか?
また、「患者の同意を得て」ということは、同意しなければ(事前に断っておけば)
点数は発生しないでしょうか?
申し訳ございませんが、教えて頂けないでしょうか?
仮に、「虫歯はありますが、まだ削って埋めるほどではないですね。また次に診ましょう。
」の一言が歯科疾患管理料に該当するとすれば、びっくりです・・・。


上の話とは別ですが、初診料が入っているのに、更に検査料も必要になるのはびっくりしました。検査料って200点も発生するんですね。

歯科診療での歯科疾患管理料について教えて頂けないでしょうか?

昨日、以前から通っている歯科に定期検診に行きました。虫歯と歯石の有無を診てもらいました。
その結果、「虫歯はありますが、まだ削って埋めるほどではないですね。また次に診ましょう。
ただ、歯石はあるので除去しましょう。」と言われました。
それで、昨日は上の歯の歯石を除去してもらいました。

領収書を見ると、以下の点数が書いてありました。
初・再診料  185点
医学管理等 130点
検査      200点
処置    ...続きを読む

Aベストアンサー

お訪ねの130点歯科疾患管理料(略称「歯管」)についてお答えします。
歯周治療や虫歯治療には半ば強制的に歯管が着いてきます。
これは説明しない状況での治療は制限される或いはできないと言う国の方針からです。なので着けない事も不可能ではありませんが、場合によっては保険請求が出来なくなる処置が出て来るので、殆どマトモな治療が受けられないと考えてもかまいません。
また、歯医者側も責任が取れないので、同意を得られないという事になれば診療を拒否できると言う事にもなります。ただし、この場合でも初診料や検査料を初め、その時までの費用は請求できます。
つまり文章的には「同意」ですが、実際には説明を受けたという事にしか為り得ません。役人特有の言い回しに過ぎないのです。(こんな自分の首を締めるような法律を受けた歯科医師会が馬鹿なだけなのですが)

歯管の説明は月毎なので、基本的に同じ月の中で行なえば問題は無いです。また、国の指針では「15分以上の説明」とありますが、実際に、
患者さん初診時に説明だけで帰されて納得するか、
一回で話したことの全てを理解できるか(予防の実行が出来るか)
と言う事を考えれば、この指針は机上の空論ですから、実際には何回かに分けて、治療のつど説明した方が実効的です。
しかし初診時から場合によっては2~3回目くらいまでには一応の処置方針を建てて患者さんに説明し、同意を得る必要があります。

内容的に「虫歯はありますが、まだ削って埋めるほどではないですね。また次に診ましょう。ただ、歯石はあるので除去しましょう。」という説明を受けているので歯管の方は一応の体裁が整っているとも言えます。(この辺がお役所の仕事。でもこれでも医科の5分ルールに比べればはるかにマシです)しかし、治療のつどか最終日までにもう少し具体的なブラッシング指導や注意説明をして欲しい所です。
つまり、指導内容を満足するかどうか、それによって貴方がその歯医者を是とするか非とするかは自由です。それが医療機関を自由に選択する患者の権利なのですから。

文書の発行は説明後に作成、同意を得てコピーを渡すという手間から初診や月初めから数回の猶予があります。(2ヶ月目は発行無しに請求できますが、説明をする義務はあります。初診月の次の発行は3ヶ月目です。ただし、相談者様の場合は初診料を請求されているので、初診月になり、発行は義務です。)

従って、治療を始めて数回が経っていて文書の発行がなければ、歯医者が忘れている可能性もあるので請求してみましょう。それでも発行されなければその歯医者が所属して居る地元の歯科医師会に歯科医院の名前を言って通報してください。多くの場合それで発行されます。(あるいは負担金を返してくれるか)
歯医者が歯科医師会の所属していない場合や発行を渋る場合は県の保険課などに通報してください。

お訪ねの130点歯科疾患管理料(略称「歯管」)についてお答えします。
歯周治療や虫歯治療には半ば強制的に歯管が着いてきます。
これは説明しない状況での治療は制限される或いはできないと言う国の方針からです。なので着けない事も不可能ではありませんが、場合によっては保険請求が出来なくなる処置が出て来るので、殆どマトモな治療が受けられないと考えてもかまいません。
また、歯医者側も責任が取れないので、同意を得られないという事になれば診療を拒否できると言う事にもなります。ただし、この場合...続きを読む


人気Q&Aランキング