預金封鎖対策として、小銭を貯めることを勧めている方がおられます。13年ほど前に出た本の中で書かれていることなのですが、過去の預金封鎖の例から見ても、生活に密着した少額の通貨については、預金封鎖と財産税の対象から逃れているそうです。著者は500円玉を貯めるよう勧めています。真に受けてよいものでしょうか。紙幣だけでなく、硬貨も切り替えになるのではないかという気がするのですが、いかがなものでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

human21です。


お礼の中の質問にお答えします。

残念ながら確実というわけではなく、可能性が高いと
いう表現が適切かも知れません。
ただ、預金封鎖の状況では金価格が大きく上昇している
と思われ、地金型金貨も大きく上昇します。
この事は過去の歴史が証明しています。

米ドルについては、預金している金融機関によって
政府の対応も違ってきそうです。
日本の金融機関だと逃れられないかも知れません。
個人的に米ドルは長期保有には向いていないと考えています。

預金封鎖、財政破たん、ハイパーインフレ、大恐慌、など
経済状況が破滅的な時には、ゴールドが資産防衛に役立ちます。
総資産の10%ぐらいのゴールド保有が欧米で一般的です。
預金封鎖に限定せず、上記のような破滅的な経済状況の過去の
歴史を調べてみて下さい。
資産を守る為にはゴールドが必要だと分かると思います。
資産の規模によって、金地金と地金型金貨の割合を決めるのが
無難と思われます。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

よくわかりました。ありがとうございました。

お礼日時:2014/11/17 00:12

預金封鎖になるほどの経済状況の場合、500円玉を貯めて


いても価値が大きく下がっていると思われます。
仮に使えても50円の価値しかなければ、資産を守った
事にはなりません。

預金封鎖から守るには金の現物が有効ですが、財産税からは
逃れられないので、地金型金貨の方が良いでしょう。
カナダのメープルリーフ金貨やオーストリアのウイーン金貨で
あれば、外国政府発行なので財産税を課す事は出来ないはずです。

預金封鎖まで行かなくても、財産税の可能性はあるので、
地金型金貨について、一度調べられる事をお勧めします。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。地金型金貨については調べてもわかりませんでした。「カナダのメープルリーフ金貨やオーストリアのウイーン金貨であれば、外国政府発行なので財産税を課す事は出来ないはずです。」とのことですが、確実なことでしょうか?
もしそうなら、保有する米ドルにも財産税はかからないわけでしょうか?

お礼日時:2014/11/15 21:39

新円切り替えの時に硬貨が対象外だったことからその様なことを言う人がいます。

それに次回どのような方法が採られるかは不明。

預金封鎖と通貨の切り替えの区別が付いていない、預金封鎖になるような状態であれば少額貨幣は通貨としての価値を持ち得ない事もわかっていない人の言うことです。

そもそも預金封鎖自体現在では荒唐無稽と見るべきでしょう。
どうしてもというなら金の現物ですね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。おっしゃるとおりかもしれませんね。

お礼日時:2014/11/15 21:42

だから貨幣を信用せず、コインを買うのです。


江戸時代もそうですね、ギリシャ時代もそうでした。
金や銀(あるいはプラチナも)は年代場所を越え、
普遍的価値をもっています。
現在の日本の貨幣では1円ぐらいなものでしょうね。
500円はその対極になるような。(価値は最小でしょうね)


貨幣種類と発行益から逆算すると製造原価で考えると500円は
1円 -13円 =-6500円
5円 1円 =100円
10円 -32円 =-1600円
50円 30円 =300円
100円 27円 =135円
500円 457円 =43円

となり、1円が最高です。
あと10円も魅力的ですね。腐るものでないし。
法的な問題を無視すると、再利用が楽です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。500円玉貯金はあまり意味ないわけですね。

お礼日時:2014/11/15 21:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新円切換の預金封鎖で大金が無価値?(斎藤茂吉)

ある本に、
斎藤茂吉は新円切換の報に接して、貯めていた現金十万円を、
知人に頼み銀行に預けたが、この大金は預金封鎖にあって無価値同然となった
とありました。

どうして預金が無価値になってしまったのでしょうか?
もし銀行に預けていなかったら、大金のままの価値があったのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 昭和21年2月25日、新円が発行されますが、これは預金から引き出したお金のみ新円となりました。つまり旧円を郵便局や銀行に持っていっても新円には交換してもらえないのです。
 続いて3月2日、旧円が廃止になります。この日までに銀行に預けなかった旧円は全て紙くずとなりました。(箪笥預金していた者は負け組)
 おろせる金額は家族の人数に割当があってそれだけが流通可能になったのです。但し新円が間に合わなかったので一部は証紙を貼って使うことが出来ました。(一部の人はお金欲しさに証紙を売って微々たるお金を得た人もいます。これも負け組)
 さて怖いのがこれからです。国民の大半が半強制的に貯金させられたわけですが、それに財産税をかけたのです。最高税率は90%!つまり紙くずどころか国に税金として持っていかれてしまったのです。(無論負け組)
 とどめがインフレです。

 でも勝ち組はいました。貧乏人の子沢山から証紙を買い取った連中です。旧札だろうが証紙が貼ってあれば使えます。あとは証紙廃止までに新円に換金すれば良いのです。
 私の祖父母は子供が多かったので証紙割当は多かったそうですが、明日の生活費欲しさ(最大の原因はかつての名声を維持しようとした見栄が原因と聞いてます)に証紙を売ってしまいお金を失ったと聞いてます。残ったのは紙くず札と戦時中に率先して購入した戦時国債…

 昭和21年2月25日、新円が発行されますが、これは預金から引き出したお金のみ新円となりました。つまり旧円を郵便局や銀行に持っていっても新円には交換してもらえないのです。
 続いて3月2日、旧円が廃止になります。この日までに銀行に預けなかった旧円は全て紙くずとなりました。(箪笥預金していた者は負け組)
 おろせる金額は家族の人数に割当があってそれだけが流通可能になったのです。但し新円が間に合わなかったので一部は証紙を貼って使うことが出来ました。(一部の人はお金欲しさに証紙...続きを読む

Q家で貯金する場合、日本の紙幣と硬貨で、どれが一番良いですか?

家で貯金する場合、日本の紙幣と硬貨で、どれが一番良いですか?

Aベストアンサー

どれでも大差はないです。ただ1円玉とか5円玉とかが大量にあると、かさばりますよね?
お釣り貯金などでしたら、ある程度貯まったら500円硬貨に替えるといいと思います。
お札は水にも火にも弱いので、タンス預金の場合、それなら銀行に預ける方が無難でしょう。
それにたまにニュースに出てくるように、保管場所を忘れてうっかり粗大ごみに、ということもあります。
まあ、瓶に入れて庭に埋めたりしたら、それはそれで忘れてしまうかも知れませんが。

他の方の回答にあるように、
金貨は価値が変化しにくく、携帯にも便利なので災害などでもすぐに持ち出せ、資産としてはこの上ないです。
万が一火事に遭ってしまった場合でいいますと、
熱に一番強いのは100円玉と50円玉の白銅貨で、融点(溶ける温度)は1220℃。
金貨(純金貨)は1064℃なので、それよりは劣ります(10円玉も同じくらい)。
意外なことに500円硬貨は、ニッケル黄銅貨(銅72%・亜鉛20%・ニッケル8%)なので
融点がだいたい950℃~1000℃位で、金貨よりも少し熱に弱いのです。
1円玉はアルミニウムなので、660℃で溶けてしまいます。

それでも、火災で生じる温度は最高1200℃に達する場合もあるとのことですので、
運が悪ければ溶けてしまい、金貨としての付加価値は失われます(金地金としての価値は残りますが)。

ちなみに、硬貨の金属成分を金属相場と照らし合わせてみると、
額面1円あたり、
500円玉7g=4.87円÷500=0.01円
100円玉4.8g=4.44円÷100=0.04円
50円玉4g=3.7円÷50=0.07円
10円玉4.5g=3.3円÷10=0.33円
5円玉3.75g=約2.19円÷5=0.44円
1円玉1g=0.2円÷1=0.2円
となり、額面に対して5円玉がいちばん金属としての価値が高いことが分かりますw

これに比べて金貨は、
メイプルリーフ金貨1オンス(販売価格174,647円)31.1035g=158,659円÷174,647
=0.908円で、額面(この場合購入金額)1円あたりが1円に最も近づき、買った金額と9.2%しか違わずダントツです。

※金買取相場510万1000円/kg(6/2田中貴金属)
※ニッケル相場1534円/kg、銅相場722円/kg、亜鉛相場265円/kg、すず相場1900円/kg、アルミ相場217.5円/kg(2015年4月)
※500円玉は銅72%+亜鉛20%+ニッケル8%、100円玉と50円玉は銅75%+ニッケル25%、10円玉は銅95%+亜鉛4〜3%+すず1〜2%、5円玉は銅70〜60%+亜鉛30%〜40%、1円玉はアルミ100%

どれでも大差はないです。ただ1円玉とか5円玉とかが大量にあると、かさばりますよね?
お釣り貯金などでしたら、ある程度貯まったら500円硬貨に替えるといいと思います。
お札は水にも火にも弱いので、タンス預金の場合、それなら銀行に預ける方が無難でしょう。
それにたまにニュースに出てくるように、保管場所を忘れてうっかり粗大ごみに、ということもあります。
まあ、瓶に入れて庭に埋めたりしたら、それはそれで忘れてしまうかも知れませんが。

他の方の回答にあるように、
金貨は価値が変化しにくく、...続きを読む

Q日本ハイパーインフレで紙幣と硬貨の価値が逆転する?

日本ハイパーインフレで紙幣と硬貨の価値が逆転しますか?

そもそも、日銀券とか、まぁ、、、、こち亀でもありましたが、

紙幣と、硬貨では、紙幣は保証がなく、硬貨は保証があったと思いますが、どうでしょうか?

また、ハイパーインフレで紙幣と硬貨の価値が逆転しますか?

Aベストアンサー

逆転することはありません

Qハイパーインフレ対策、ゴールドと日本硬貨どっち?

ハイパーインフレ対策、ゴールドとシルバーと日本硬貨どっちが良いのでしょうか?

ゴールド=金、

銀=金より良い、

銅=金と同じ?

それならば、銅貨の、10円玉が一番ハイパーインフレ対策に良いのでしょうか?

それとも、5円玉や1円玉の方が良いのでしょうか?

でも、5円は黄色い銅、1円玉はアルミニウムAIです。

10円玉は青い銅です。

銅は4.5gもあります。金1g=4700円ですから、

銅が金と同じになれば、かなりお得では?<銅貨両替。

銅貨が、同価値?どうかが、どうかち?

どうかが、とち?銅貨が土地?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まぁ、4.5gの銅=金4.5gになるなら、2万円ぐらいの価値になる。10円玉1枚が。
ってことは、銅貨10円玉5000円分=500枚。
2万円×500枚=1000万円分のゴールドになります。

それで、ゴールド1000万円分も買っている人は、少ないし、
銅貨10円玉持っている人も少ないので、世界で。
しかも、ゴールドだと、購入に本人確認書類を提出しないとならないので、
預金封鎖とか起きたら、没収される恐れがある。
10円玉ならば、没収される恐れが少ないのでは?

それで、ハイパーインフレになって、土地と不動産と株が超大暴落すれば、
相対的に、ゴールド=銅貨の価値が跳ね上がるのではないでしょうか?

1000万円分の銅貨が、100000倍の価値になりますか?
1兆円分の価値になりますか?
この倍率は、よくわかりません。
ジンバブエのハイパーインフレなら、すごいことになったようですが。

まぁ、1ドル=110-130円に上がってきたら、ハイパーインフレ起こるかな?と思いますが、
謎です。一気に1ドル=1万円とかになったりして。

それならば、ドル紙幣などを持つべきかもしれませんが、
ドルなども無価値になる恐れがある。米国債も日本が持っているし・・・。

そんなわけで、ハイパーインフレ対策には、10円玉がベストなのでしょうか?

ハイパーインフレ対策、ゴールドとシルバーと日本硬貨どっちが良いのでしょうか?

ゴールド=金、

銀=金より良い、

銅=金と同じ?

それならば、銅貨の、10円玉が一番ハイパーインフレ対策に良いのでしょうか?

それとも、5円玉や1円玉の方が良いのでしょうか?

でも、5円は黄色い銅、1円玉はアルミニウムAIです。

10円玉は青い銅です。

銅は4.5gもあります。金1g=4700円ですから、

銅が金と同じになれば、かなりお得では?<銅貨両替。

銅貨が、同価値?どうかが、どうかち?

どうかが、とち?銅貨...続きを読む

Aベストアンサー

日本でそういうことが起こったら、資本主義は終わりになるのではないか。大隕石が落下したくらいの混乱が生じ、何をやってもだめではないか。むしろ寿命分のレトルト食品を買い込んで大きな倉庫に貯蔵するほうが安心では。

Qデノミになったときの対応

ちょっと人に聞いたので、心配になりましたので質問します。
デノミになったとき、現在の預金残高が切り下げられると聞いたのですが、借金も同じように切り下げられるのでしょうか?
その時にお金を引き出せないと聞いたのですが、その場合の有効な対策があれば教えて下さい。
また、切り替え時は、商品を買うときは、どちらの金額で買う事になるのでしょうか?
国が決める事なので、まだ決まってないのでは?とも思いますが、どなたか詳しい方見えましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

既に他の方が回答されているのと、ダブル点も多々ありますが…。

「デノミ」と「預金封鎖&財産税」を混同した議論があるようなので、注意された方が良いと思います。
デノミとは英語ではdenominationで、広い意味では「名称」、貨幣の単位の名称も意味します。(動詞ではdenominate=命名する)元々は、円という単位の代わりに(例えば)「角」という単位を変えただけでも(100円は100角になる)デノミですが、日本では他の方が既に回答されているように、100(旧)円=1(新)円の交換を「デノミ」と言う事が多い様です。こういうデノミが行われると、通常では、ユーロへの切り替えと同じように、一定期間は旧円と新円が並行して流通するし、おそらくそれより長い期間、銀行で旧円を新円に代えられます。だから、理屈上は、単なる読み替えのようなのので、経済活動に対する大きな影響はないはずですが、現実には、値段を新円に切り替える時に端数を切り上げるような便乗値上げが起きる可能性は充分にありますし、質問者の方がまさにお気付きのようにブラックマネーをある程度は炙り出す効果はあります。(新円に代える為には銀行に行かなくてはならないから、把握しやすくなる。)

一方、預金封鎖&財産税は、簡単に言えば、銀行からの引出しを極僅かに制限して、金をほぼ動けなくした後で、税金をとってしまう、というやり方です。第二次大戦直後の日本で、実際に預金封鎖も財産税も行われています。この時は、デノミ=新円切り替えもセットで行われた事から、デノミから預金封鎖を想像する人もいるのでしょうが、預金封鎖もデノミも「財産捕捉」の効果がある点で共通しているだけで、本来は別のものです。

また、預金封鎖単独で考えれば、銀行の取り付け騒ぎを静める為の「預金封鎖」という事もありうるので、預金封鎖が自動的に財産税に結びつくわけでもありません。ここらへんも誤解されている方がいるようですのでご注意ください。

で、質問者の方がおそらく一番心配されていると想像する「財産税」ですが、私は「突然、朝起きてみたら、預金が封鎖されてしまい、金を引き出せないまま財産税をとられる」というパターンは、現状ではまず考えられないと思っています。それ程不人気な政策がとれる根性があるのなら、今の政府はもっとましな事ができているはずです。
この点については他の方へ回答した事があるので、宜しければご覧下さい。
長々と失礼しました。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=435867

既に他の方が回答されているのと、ダブル点も多々ありますが…。

「デノミ」と「預金封鎖&財産税」を混同した議論があるようなので、注意された方が良いと思います。
デノミとは英語ではdenominationで、広い意味では「名称」、貨幣の単位の名称も意味します。(動詞ではdenominate=命名する)元々は、円という単位の代わりに(例えば)「角」という単位を変えただけでも(100円は100角になる)デノミですが、日本では他の方が既に回答されているように、100(旧)円=1(新)円の交換を「デノミ」と言う事...続きを読む

Q日本が預金封鎖されるのを回避するために海外に預金をしている同僚がいます

日本が預金封鎖されるのを回避するために海外に預金をしている同僚がいます。
もうすぐ日本の銀行が破産するから、預金は海外に移してあるそうです。
本人はそれ以上言わないのですが、気になります。
誰かの本を読んでそのような行動をとっているのでしょうが、誰がそう薦めているのでしょう?
また、その手の預金はどんな種類の預金ですか?
外貨建て預金?
なんでしょうか?

Aベストアンサー

誰が勧めているのかは既に回答にありますし、本屋さんへ行けば沢山店頭にならんでいるので、海外の預金の事について回答します。
その前に参考URLをみてください、実はこのQ&Aは2005年に投稿された財政破綻論に関する物です。

今では裕福層を中心に租税回避の為に海外に口座を開く事をしていますが、これはいずれは捕捉されます。
その前提で考えると、海外の預金の税法上の取り扱いは雑所得になります。
ですから、為替差益に対して最高税率50%が適用されます。
これを逃れる唯一の方法は日本国籍を外国の国籍に変える以外に方法はありません。
要は日本人なんて止めてしまえば日本が個人に対して課税できないからです。

現在有利な節税方法は長期的には税法上の取り扱いが変更される事はよくある事です。
実は、「もうすぐ日本の銀行が破産するから、預金は海外に移してあるそうです。」というのは実は非常に馬鹿らしい話なのです。
それが嫌ならば外国国籍に変えるか、資産を大きく増やして税率に負けない運用をするのかのどちらかです。
むしろ、それによって儲かっている金融機関やプライベートバンカーが裏にいる筈です。
それに気付いてほしいのですが・・・

参考URL:http://okwave.jp/qa/q1548395.html

誰が勧めているのかは既に回答にありますし、本屋さんへ行けば沢山店頭にならんでいるので、海外の預金の事について回答します。
その前に参考URLをみてください、実はこのQ&Aは2005年に投稿された財政破綻論に関する物です。

今では裕福層を中心に租税回避の為に海外に口座を開く事をしていますが、これはいずれは捕捉されます。
その前提で考えると、海外の預金の税法上の取り扱いは雑所得になります。
ですから、為替差益に対して最高税率50%が適用されます。
これを逃れる唯一の方法は日本国籍を外国...続きを読む

Q金貨が欲しくなりました

近所で購入できる金貨はメイプルリーフ金貨とウィーン金貨があるようなのですが、基本的にどちらも価値的にはさして変わらずに絵柄の好みの問題でしょうか?
なぜ欲しくなったかというと昨日ニュースでやってたので、投資とかそんな大袈裟なものではないのですが、30gですら15万円だそうで( ̄_ ̄;) 現実的なのは7.5gくらいだろうか…頑張っても15g。。
見てたら発行年が彫られてますが、これは1980年とか1995年とか選べるんですか?ではなくて2013年だから2013年のしかないとかですか?
ご年配の貯蓄がすごい人たちのように何百グラムを買うわけでもなく、お店で「なっ・・7gの金貨を一枚下さい」なんて言ったら恥ずかしいような気もしますしね。

Aベストアンサー

こんばんは

選べるんですが
希望年がない場合取り寄せになりますし
在庫がない事もあります

良いんですよ
小さいオンスからでも購入できます
そう言う買い方をなさる方も多いですよ
マン島キャットコインとか(毎年変わる)
http://beprice.jp/urupo/gold_2/

購入したら袋(ビニール)をあけないで
余り触らないで下さい
(袋のコインが触れていない部分を触ってください)
傷が付くとコインの価値が下がりますので

Q日本国の破綻に備えてするべき事は何ですか?

日本の借金がどんどん膨らんで、あと数年で日本は破綻すると言う説があります。

破綻したあと、ハイパーインフレになるとか、預金封鎖になるとか、

その前に、資金を海外に逃がすとか、外貨預金をするとか、いろいろ言われています。

いずれにしても、借金が膨らんでいるのは事実なんでしょうが、

万が一の時の為の対策はどうすべきなんでしょうか?

様々なご意見があるとは思いますが、お教えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

ユーロ圏でも銀行の破たんが懸念されています、預金が危ないですね。

分散して備えるしかないのでは、私は株をやっています。

メガバンクが一番やばいのでは、ほとんどの銀行が国債を買っています。

今の民主政権には期待はできません、自民党も似たり寄ったりですけれども。

内需拡大のためにパチンコを禁止すれば景気はかなり良くなりますが今の政権では無理です、パチンコ業界から献金を受け取っている、馬鹿議員たくさんいます。

Qだまされない、純金の買いかた

こんにちは。
さて、通貨の価値が上がったり下がったり、預金金利がただ同然だったり。そんなご時世を反映して、金やプラチナなどの貴金属を、貯蓄代わりにする人が増えている(らしい?)と言います。
 延べ棒や、金貨、アクセサリー、様々に形を変える金ですが、純金を買うときには、換金性が重要だと思います。純金を買うときに、いかに偽物をつかまないようにするのか、古今東西今昔の今に通用する方法をご存じの方、ぜひご教示ください。

Aベストアンサー

>24kの金のアクセサリーの資産価値はいかがで
>しょう。(よくジュエリーショップが言いませんか)
>「換金性が高いからアクセサリーは24k」という
>話のことです、換金しようとしてもデザイン料で
>かなり消えてしまいそう。。とても元値は期待
>できないですよね。

金を資産で持つ場合は、必ず1g=?円なのか、相場観算する必要があります。
例えばですが、24k(純金)、100gのネックレスがあったとします。
それで、金相場が、1g=1,000円とします。
ですから、100g×1,000円=100,000円の価値があります。
当然、デザイン料&加工賃が上乗せされるので、10万円では、購入出来ません。
ですから、デザインもくそもないインゴットなどは、デザイン料&加工賃が極めて少ないので、24kのジュエリーよりは、換金する率が良いと言うだけです。
ですから、金を資産として持ちたい、でも、身にも付けたいと言うなら、ジュエリーも有りだと思います。
女性だと、このように考える方もそこそこいると思います。
あと、24kのジュエリーは、少ないですし、また首に掛ける訳ですから、500g(ほとんど手数料を取られない重さ)もある物は、無いです。
ですから、換金率は、悪いです。
あくまで、ジュエリーは、ファッションで持つべきと思います。

>換金性が期待できない=(買ったときと同等の
>売却ができない)なら、14kでも18kでも
>24kでも、デザイン上の好きずきとなるので
>しょうか。

ちょっと違います。極めて換金性の高いジュエリーに、喜平ネックレスがあります。
簡単に言うと、喜平ネックレスには、大蔵省(財務省)の刻印があります。
喜平ネックレスは、おもに、18kが多いので、刻印があれば、75%金ですよと言う事を保障されているような物です。
でも、買取業者としては、純金(24k)に精製(溶かして、不純物を取り除いて24kにする事)して、初めて売却出来るので、相当換金率が悪くなります。
あと、低品位(14k等)ですと、そもそも刻印が無い場合がほとんどですので、もっと、換金率が悪くなります。(商品に信頼性が無い為、溶かして調べる必要がある。溶かす手間賃も、当然、売る方は取られる)
理由は簡単で、ジュエリーの偽物は、大抵「18k」などと、刻印があります。当然、メッキ製品がほとんどですので、価値は、0です。
ですから、いくら金でも、資産で持ちたいのなら、インゴットか、メイプルリーフ金貨で持つべきです。
でも、メイプルリーフ金貨を資産で持つ場合でも、使用してはだめです。
24kは、非常にやわらかいので、身に付けると、すぐきずきずになります。
きずきずになると、前に書いたように、プレミアの価値が無くなってしまい、金の重量のみの価値になります。

参考までに、よく新聞などで、「記念金貨」、「大蔵省(財務省)刻印入」などという商品を良く見ますが、相場換算すると、おそろしく吹っかけている場合がほとんどです。
こんな時、素人は、刻印があれば、大丈夫と思うのでしょうね。
まあ、刻印は、事実ですが、余程の金貨で無い限り、売る時は、地金換算ですから、相場が大幅にアップしない限り、大損になります。

>24kの金のアクセサリーの資産価値はいかがで
>しょう。(よくジュエリーショップが言いませんか)
>「換金性が高いからアクセサリーは24k」という
>話のことです、換金しようとしてもデザイン料で
>かなり消えてしまいそう。。とても元値は期待
>できないですよね。

金を資産で持つ場合は、必ず1g=?円なのか、相場観算する必要があります。
例えばですが、24k(純金)、100gのネックレスがあったとします。
それで、金相場が、1g=1,000円とします。
ですから、100g×1,000円=100,00...続きを読む

Q日本破たんの被害を減らすための外貨預金のメリット?

考えたくはありませんが、もし、日本破たんした時に金や外貨を持っているとどのようなメリットがあるのですか?お金持ちしか関係ない話ですか?どこの国の外貨をどのくらい持っていればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

破綻というのは、財政的破綻ということですよね。
いうなれば、円が無価値になる(というほどではなくても円の価値が極端に下がる)ということです。
円の価値が下がる、つまりは円安になるということです。

1ドル=80円
としましょうか、このときに缶コーヒーを買いました。
(自販機ではなくスーパーで買ったのでちょっと安い)1本80円でした。
この店はドルでも購入することができるお店で、1本1ドルの値札がついていました。
何で日本国内でドルを使わないといけないだ、そう思いつつあなたは店を後にしました。
帰途、銀行前で友人い出会い、円からドルに両替したと聞かされました。
海外旅行に行くわけでもないのに自分には関係ない、そう思いつつあなたは友人と別れました。
ちなみにこの日、金1g=50ドル=4,000円でした。

数日後、日本の財政が破綻し、
1ドル=4,000円と超円安となりました。
日本の財政が破綻してもうちの家計が破綻した訳ではなく、
いくら円安になっても日本で円だけを使って生活しているので、自分には関係ない
そう思いつつまた缶コーヒーを買いに行きました。
缶コーヒーの値札は4,000円になっていました。1ドルの値札は変わっていないのに。
1ケースの値段にしても高すぎる! 何かの間違いだろう。
そう思ってレジで精算すると、やはり4,000円を請求されました。
愕然としていると友人が隣のレジにやってきて、同じ缶コーヒーを買っていきました。
友人は支払いに1ドルを使っていました。
ちなみにこの日、金1g=50ドルのままでしたが、金1g=200,000円に高騰していました。


実際には円が破綻すれば、ドル建ての金価格にも、
物品の流通にも影響が出るだろうから、極端な例ですが。

何が言いたいかと言えば、ドルや金の「価値」が変わらない世界で、
円が破綻して極端な円安になった場合、
ドルから見ると物品の値段は変わらないのに、
円から見ると物品は値上がりすることになります。

円が破綻する前にドルを購入していれば、
破綻後に持っているドルで支払いを続ける限り、
これまでと同じ値段で物品を購入することができる。というわけです。

実際にはドルで購入できるお店はほとんどないので、
持っているドルを円に両替して円で支払うということになるでしょうか。
金の場合も、破綻前に金を購入していれば、
破綻後もドルに対しては同じ値段で換金することができ、
日本円に対しては 円の価値が下がった分 高い値段で換金することができるのです。


外貨や金の保有は、金持ちにしか関係ない話ではありません。
モスクワで外国人が買物をすると
「ルーブルでは売らない、ドルで払ってくれ」
と言われた、という時代もあったわけだし。

ただし、何をどのくらい、かといえば、それは個々人で考えてください。
今の日本では、基本的に円でしか店頭で買物ができませんし、
円高になれば外貨の価値が下がることになるし、
外貨の両替には手数料がかかります。
日本円が危ないからと言って、外貨だけを保有していたのでは生活が成り立ちません。
匙加減は個々人の実情や、経済の先行きを考えて、自分自身で決めてください。

破綻というのは、財政的破綻ということですよね。
いうなれば、円が無価値になる(というほどではなくても円の価値が極端に下がる)ということです。
円の価値が下がる、つまりは円安になるということです。

1ドル=80円
としましょうか、このときに缶コーヒーを買いました。
(自販機ではなくスーパーで買ったのでちょっと安い)1本80円でした。
この店はドルでも購入することができるお店で、1本1ドルの値札がついていました。
何で日本国内でドルを使わないといけないだ、そう思いつつあなたは店を後にし...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報