『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

Again we are in October.Suddenly our kaleidoscape seems to have failed because of the bright light that dazzles our vision:the twenty-first of October brings a new lamp.Thus Edison has accomplished all that he promised to accomplish a year earlier;and the labors of his predecessors are laid on shelves of historical memories.
As I have already written,the thread filament lamp was followed immediately by one whose light-giving element consisted of a piese of paper,known in history as the 'carbonized paper horseshoe lamp.' With those paper lamps Edison gave his first demonstration-it was the first in the history of electricity.It embraced all the fundamentals of distribution as practiced today.I have already told you how long these first paper lamps lasted and may add that when we began to make them in quantities,their average normal life reached three hundred hours;indeed some reached a thousand and more.Edison was actually at that time December,1879-a manufacturer of incandescent lamps,the only one,and you can imagine how much excitement he created.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

再度10月に戻る。

そのまぶしさで我々の視界を奪う明るい光によって、突然万華鏡は用をなさなくなったようだ。10月21日、新しいランプがもたらされる。 こうやってエジソンはその前年、達成を約束したすべてを成し遂げた。そして彼よりも前にこの問題に取り組んだ者達の苦労は、歴史的記憶の中で棚上げされたままだ。
私がすでに記したように、糸製フィラメント(※1)を使ったランプのすぐ後には、「炭素紙U字型ランプ」として歴史上知られる、1枚の紙から成る光をもたらす要素をもつものが続いた。こうした紙のランプを用いて、エジソンは最初の実験~電気の歴史上初~を行った。それは今日営まれているような(電気)分配のすべての原理を包括するものだった。私は、どのぐらいの間こうした紙のランプが存続したかについてすでに述べてきた。さらに、大量にそれらが作られ始めた時、ランプの平均寿命が300時間に到達したことも付け加えておこう。実際には、いくつかのランプは1000時間かそれ以上にも及んでいた。1879年12月当時、エジソンは本当にたった一人の白熱電球製造メーカーだったので、彼がどれほどのワクワク感を生み出したかは想像できるだろう。

※1:thread filament
使われたのは、木綿の糸です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!

お礼日時:2014/11/19 01:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング