入社して一か月半です。
ある外資系機械メーカーの営業事務職で入社しました。

表題の通り目標設定で悩んでいます。
具体的に数値化し結果も提出するため記録していかないといけません。4項目考えなければなりませんが、下記の3項目を考え、後の一つが思い浮かびません。

・見積もり回答率(*日以内)を**%
・残業時間を前月比**%削減
・納期通り納入率**%

ミスを何パーセント削減する。とか思いついたのですが、比較がないためこれも難しいかと。。。

見積もり回答、納品書請求書の発行、PO・Invoiceの作成。国内外顧客から受注し、海外工場へ発注、納期確認をし納期回答。入荷したら出荷手配、支払いの督促と一連の業務をしていますが、入社してからあまりに忙しく簡単に記録が取れる内容でないと難しいです。
見積もりに際し、技術的な確認が必須なので、回答にも慣れるまで日数がかかる状況です。

上記3項目は、データを残しているためかろうじて、結果を出せます。
あいまいな目標ではないのでいい例があれば教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

残業時間を入れずに、



・見積もり時の技術的相談・助言提供 ○件以上、(また○%以上)
・見積もりから支払い督促までの当社内責任時間 **%

というように、「技術での強みで売った成績」「物流起因のロス日数ではなく自分が止めてしまった時間」にしてはいかがですか。

「見積もり回答、納品書請求書の発行、PO・Invoiceの作成。国内外顧客から受注し、海外工場へ発注、納期確認をし納期回答。入荷したら出荷手配、支払いの督促」

が一連の業務ならば、見積もり番号ごとに、Excel など表計算ソフトの各行に、

「その案件の番号」「見積もり回答」「納品書請求書の発行日」「PO・Invoiceの作成・物流への指示日」「国内外顧客から受注日」「海外工場へ発注日」「納期確認をし納期回答日」「入荷したら出荷手配日」「支払いの督促日」

の各列を作っておいて、そこに日付を埋めるだけで、あとから簡単に日時をたどれますし、そもそもどれが止まったままか、というチェックリストにもなります。

そして、自分の手にボールがある段階なら、できるだけ相手に早く投げ返して、話を進めよう、というのができているかどうか、というのも表計算で簡単に出せます(どのマスが自分の責任部分で、その日数は統一した計算式でだせる)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

納期通り納入率は、工場のロスも起因するのと、顧客の要望する納期が見積もり時に設定したリードタイムより短いため、正直、設定したくはないのですが、思いつかなくて・・・
おっしゃるとおり自分起因だけの数値設定をしたいのが本音です。

支払い督促の"当社内責任時間"とは具体的にどういう意味なのでしょうか?
支払いが滞る海外ユーザーがおり、支払期日の数日前に督促するのですが、その作業をどのように数値化するのでしょうか。

技術的なアドバイスはしていません。見積もり時に価格を出すのに、技術的なスペックを確認しないと正しい見積もりが出せないからです。ですので、お客様へのダイレクトな技術的助言は特にないので数値にするのは難しいのが現状です。見積もりをだすのに、顧客から提供された一致しないスペックを再確認してもらうような内容です。

自分起因だけで数値化するのはかなり難しいですね。。。

残業時間は入れようと思います。入社以来多いので、一番数値化しやすいと思っています。

お礼日時:2014/11/15 21:50

 


見積もり回答率・・・あまり良くないと思う
理由
1)数値の成果が出にくい
 多分、95%→96%の様に僅かしか変わらない
2)回答は100%であるべきだろと批判される
 回答率96%の場合、4%は回答してないと思われる

私なら、回答までの日数を目標にする
4日→3日なら大きな改善に見える
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

見積もり全部回答したうえなので、(*日以内)で回答する。と目標を立てるつもりです。
ですので、(*日以内)としています。
回答ありがとうございます。
そのほかで思いつくものはありますか?

お礼日時:2014/11/15 18:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q納期短縮交渉と在庫削減について

こんにちは。
仕入業務を遂行しています。
業界・取扱い商品によって異なると思いますが、みなさんどのような方法で納期短縮折衝と在庫削減を行っていますか?
納期短縮については、ただ強制的に製造メーカーに納期短縮依頼をしても駄目ですよね。折衝方法を教えていただければ幸いです。
また、在庫についてもABC分析や季節変動値等の数的分析を行い、発注数をおさえる方法等がありますが、他に良い方法はありますか?
大変、悩んでいます。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 
我が社の場合は折衝はしません。
相手の会社に出向き一緒に納期短縮の方法を検討し改善します。

自社の在庫削減も先ず倉庫を見て改善を考えます、案が出た後でデータで検証します。

 

Q営業費(**%)って何ですか?

ウェブ制作の見積もりに、営業費という項目があって、
消費税のように、小計×営業日**%となっていました。

営業費にはどんなことが含まれるんですか?
通常は何%くらいなんでしょうか?

レストランのサービス料みたいなものですか?

Aベストアンサー

 ご質問の営業費は、その業者の見積り明細の合計ではその業者は”利益”が出ないため、利益金額をのせていると考えられます。
 ウェブ製作であれば、TOPページ何万,etc何万、その積み重ねがトータル金額で良いと思うのですが、他の業者との見積り明細と比較されると”TOPページが高い”等の格差が生じるため、あえて営業費等の名目で”帳尻合わせ”をしていると考えられます。
 a_i_z_a_w_aさんが、見積り合計金額の中で、”この業者に任せたい”と思えるのであれば、営業費が何パーセントであろうと発注する価値はあると思います。
 ウェブ製作であれば、営業費では無く”コンサルティング費”でも良いと思います。
 コンサルティング費が明細にあり営業費を頂戴しようとしているのなら、その業者に問い合わせる(交渉する)のがベターです。
 それだけのサービスができるのなら、%をのせるのではなくコンサルティング費とか1ヶ月サポート費とするべきです。

Q入社までの目標!

今年の四月から社会人となりますが、今から入社までに何か目標を立ててそれを実行しようと思っています。

そこで質問ですが、どのような事を目標とすれば良いでしょうか?出来れば一ヶ月ぐらいで達成出来そうなものが良いのですが・・・。

一応考えてみたのは、「本を五冊読む」「体を鍛える」などです。
それではよろしくお願いします<(_ _)>

Aベストアンサー

既に実行していることかもしれませんが「新聞を読む」ことを
実行されるのはいかがでしょうか。日本経済新聞が特にお勧めです。
読み方も色々あると思いますが
1.5分程度で全体を読む練習をする。
(見出しチェック、必要な記事は内容も読む、全体の構成を掴む)
2.じっくりすべてのページを読む。
(解らない言葉が出てきたら調べながら読む)
この両パターンが身についてると社会人として武器になると思います。

himartaroさんが就職される会社、または業界についての記事は特に
しっかり読まれる事をお勧めます。1カ月継続したら「新聞を読む技術」
が身につくと思います。

Q納期・期日が厳しい場合の回答について

私は製品の企画・設計・試作の業務をしています。
仕事は担当の営業マンを介して依頼を受けてそれに取り組み、期日までに仕上げる、と言った要領で行われます。

時として、時間的、資材的、技術的に厳しく、顧客の要求する期日に間に合わない可能性がある案件も舞い込みます。
この場合、まず期日が厳しい旨を営業マンに伝え、さらにそれを顧客に連絡し期日の延長を要請するなど
その後のスケジュールや対応を検討します。
しかし、その検討内容は営業マンによって異なり、大きく以下の二通りの考え方があるため、
どちらを優先すべきか疑問を感じております。

1、期日が厳しい旨をすぐに顧客へ連絡するパターン。
顧客は、弊社の提案や試作の仕上がりを全体のスケジュールに組み込んでいるハズ。
そんな中で遅延が起これば顧客は元より、その関係各社へも悪影響が広がる恐れがある。
結果的にクレームや、更に大きな混乱に繋がってしまう可能性もあるため、
早め早めに期日の延長や内容の省略を進言すべき。と言う考え方。
(もちろん弊社としても最大限の努力をすることは前提で。)

2、期日が厳しくてもすぐには顧客へ連絡しないパターン。
例え、期日が厳しくてもすぐに期日の延長を申し入れると、こちらの仕事への態度を疑われかねない。
なんの努力もせず弱音を吐いてる、と、顧客の不審を煽り、信用を失う恐れもあるので、
まずは要求通りに取り組み、その上でどうしても間に合わないと判断されたときに
初めて顧客に期日の延長や内容の省略を進言すべき。と言う考え方。
(こちらも、当然最大限の努力をした上でのこと。)

このように、思想が二極化していることがお分かりいただけると思います。
なお、考えの違いは、社内の営業マン毎の考え方であり、
顧客毎の考え方に合わせているわけはないようです。
なので、当然、顧客と弊社(営業マン)との間で考え方が一致していない場合もあるはずです。
(重複しますが、どちらのパターンにせよ期日達成に最大限の努力をした上でのことです。)
私の場合は入社当初の指導者の影響もあってか、パターン1を重んじています。
「徹夜して、金も使って、それでも実際に間に合わなかったらどうするの?」との疑問が大きいです。

大半の営業マンは私(26歳)より年配であるため、意見が合わなくても結局は押し切られることが常です。
私を押し切った上、さらにパターン2の思想を私への諭そうとする人もいるくらいです。

「絶対的にこっちが正しい!」と言うことは無いのかもしれません。
要するに程よいタイミングで連絡することが鍵なのでしょうが。

極論では世論はどちら寄りなのでしょう?

ぜひ、意見をお聞かせ下さい。

よろしくお願いします。

私は製品の企画・設計・試作の業務をしています。
仕事は担当の営業マンを介して依頼を受けてそれに取り組み、期日までに仕上げる、と言った要領で行われます。

時として、時間的、資材的、技術的に厳しく、顧客の要求する期日に間に合わない可能性がある案件も舞い込みます。
この場合、まず期日が厳しい旨を営業マンに伝え、さらにそれを顧客に連絡し期日の延長を要請するなど
その後のスケジュールや対応を検討します。
しかし、その検討内容は営業マンによって異なり、大きく以下の二通りの考え方があ...続きを読む

Aベストアンサー

ケースバイケースになると思いますが、一般的な話をすれば、顧客先が一番望んでいる事は、正しい情報だと思います。

通常の納期はどれ位掛かるのか。
納期短縮の努力によって、それ位縮まる事があるのか?
今回の依頼の中で、納期に関してどの部分がネックになっているのか?

この顧客のニーズにベテランの営業マンなら今までの実績と経験から、的確に依頼主に情報を開示してくれます。
明確な理由があって、納期遅延が不可避であれば、顧客も理解して頂けますし、納期遅延の対応も取っていただけます。
要するに的確な状況説明が出来るか出来ないかで、顧客先の納得の度合いが変わると思います。

一番良くないパターンは、安請け合いをして、指定納期の間際になって、納期遅延連絡を入れるパターンですね。
これをしてしますと、殆どのケースで取引停止でしょう。

よって、私の場合は基本的に色々な情報を迅速にかき集めた上でのパターン1番になります。

QInvoiceについての質問です。

Invoiceについての質問です。
韓国から日本へ商品のサンプルを送ってもらう際に税関で荷物が止められてしまいました。
今回INVOICEが入っていなかった為、数が多く内容確認ができなかった為、一旦返送を再送してもうら予定です。
Invoiceを今まで作ったことがないのでInvoiceのsampleを送って下さいと言われました。
(1)日本から海外向けに送る場合は日本郵便のHPに雛型があるのですが、これは韓国から日本でも使用できるのでしょうか?
(2)Invoiceはフォーマットなどに決まりはあるのでしょうか?
(3)必要事項の記載さえあれば特にフォーマットの関係はなく自分で作っても問題はないのでしょうか?

お手数ではございますが急ぎの為どなたか回答をお願い致します。

Aベストアンサー

>(2)Invoiceはフォーマットなどに決まりはあるのでしょうか?
通常は、フォーマットに決まりはないす。

>(3)必要事項の記載さえあれば特にフォーマットの関係はなく自分で作っても問題はないのでしょうか?
従い、その通りです。

>1)日本から海外向けに送る場合は日本郵便のHPに雛型があるのですが
見たことはないのすが、上記理由で、雛型は、内容があっいてるなら、使用可のはず。

貨物(商品、サンプル、呼び名は何であれ)、海外間の発送には、通関が必要のはずで、Invoiceは不可欠。そんな素人っぽい対応いいのかこの先心配します。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報