オレインリッチサラダ油、ゴマ油、オリーブ油、ラードなどの中で、肉野菜炒め用の炒め油は味、栄養など考えてどれがよいですか。
その他お勧めがあれば教えて下さい。
 
 
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ラード、特に黒豚油は不飽和脂肪酸が多くて体に良い。

--臭みもなくて旨みが多く一番の高級品。
サラダ油は一種類ではない。それぞれに付いて考えないとならない。
 ナタネ油、綿実油、大豆油、ごま油、サフラワー油、ひまわり油、コーン油
 米糠油、落花生油などの調合油 大豆油はにおいがあるので少ない
 オレインリッチは、ゴマ油の白絞りが多いのかな??(下記)
ゴマ油
 オレイン酸(C18:1)40%、リノール酸(C18:2)40%、パルミチン酸(C16:0)12%
 その他αリノレン酸やエイコサン酸、パルミトレイン酸などを少量含む油脂
オリーブオイル
 オレイン酸(C18:1)70%が主成分、
 他に、リノール酸(C18:2)10%、パルミチン酸(C16:0)10%を含む
ラード
 オレイン酸(C18:1)40%、パルミチン酸(C16:0)20%、ステアリン酸(C18:0)10%
 その他、リノール酸(C18:2)10%など
★実際の率は製品によって様々です。

 コレステロールは誤解があるようですが、人体には必須な物質です。いわゆる悪玉コレステロールは多いとまずいですが、卵黄1.4g/100gに比較したら微々たる物でいくらなんでも気にしすぎです。
 ⇒オレイン酸( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AC% … )
 ⇒リノール酸( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%8E% … )
 ⇒パルミチン酸( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AB% … )

 (サラダ油を除き)挙げられた油脂は、いずれもオレイン酸の多い油脂です。そして豚油は必須脂肪酸であるリノール酸も多い。
 ごま油は、最後の風味付けくらいに使用しないと高くついちゃう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 
料理の油についてこれだけ分かれば十分ですね。
ありがとうございました。
 

お礼日時:2014/11/25 00:13

No.4補足です


御免なさい言葉足らずです
最初からごま油だと凄く重たい料理になり 火が通れば風味が飛ぶので最後に風味付けです
天ぷら油として売られてるのは 安く仕上げるための菜種油や大豆油のブレンドです
米油は 関西の料理屋でよく使う油です 関東ではごま油とのブレンドで店により配合は色々です。
ごま油の茶だと香りが強すぎ 風味だけの場合白を使います
玉子焼きもごま油茶はきついですが 白だと柔らかく仕上がります
和風ドレッシングも良く合います
茶では中華風になります。
    • good
    • 0

ヘルシー志向で敬遠がちですが


美味しく仕上げるには ラードです 甘く美味しく仕上がります
動物性の脂なので当然コレステロールが含まれます。

最初にサラダ油で炒めて 仕上がり付近に香り付けにごま油が 中華風に合います。
和風なら 米油が(天ぷらやフライにも)べとつかず美味しく仕上がります。
ごま油の白も風味が良いです。
チーズを使うサラダはやはりオリーヴオイルが相性が良いです。
料理によって使い分けがベストです。

敬遠がちな油ですが 特に女性は便秘によく効くので 良質の油を取りましょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

 
>最初にサラダ油で炒めて 仕上がり付近に香り付けにごま油が 中華風に合います。


ごま油は仕上げ用だったんですね。
参考になりました。


>和風なら 米油が(天ぷらやフライにも)べとつかず美味しく仕上がります。

天ぷら油って米油のことだったんですね。
一つ分かりました。


>ごま油の白も風味が良いです。

白と茶では白の方が味があるのですか。
 
ありがとうございました。
 

お礼日時:2014/11/21 17:27

ラードは健康に悪く、冷えると固まります。


ごま油のみでは味が強すぎて他の味を消します。

一般に、健康的な油とされているものはほとんどが加熱に弱いです。
ですから、炒め物の油はなたね油、コーン油、サフラワー油などを
できるだけ少量使うことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ごま油のみでは味が強すぎて他の味を消します。

ゴマ油は炒めものに使う油ではなかったんですね。


 
>炒め物の油はなたね油、コーン油、サフラワー油などを
できるだけ少量使うことです。

SHOWAオレインリッチ油のラベルをよく見ると食用ひまわり油と書いてありました。
なたね油は値段が安いですがやっぱり野菜炒めにはこれが一番なんですかね。

ありがとうございました。
 

お礼日時:2014/11/21 17:19

使わないのが一番


肉から十分脂が出ます。
    • good
    • 0

椿油

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q揚げ物油で野菜炒め。。。。これって大丈夫なのでしょうか?

揚げ物油で野菜炒め。。。。これって大丈夫なのでしょうか?

揚げ物に使った油で、野菜炒め・チャーハンを家族の者が作ってくれるのですが、これってどうなんでょうか。。。。?

味は確かに、こくが出ておいしいのですが、
健康面で若干心配です。(酸化した油は、健康に良くない。。。)

使っても問題ないのであれば、
どれくらいの期間を目安に・・・とか、アドバイスお願いします。



。。

Aベストアンサー

 うまく使い回しして、再利用してください。
 揚げ物に使用した油は、温度が高いうちにフィルターで漉して、オイルポットに保管しておきます。
 揚げ物は、加熱時間が短いため栄養素を壊さず調理でき、刈るリーも高く、優れた調理方法です。カロリー制限などがない限り活用しましょう。
 まあ、すべての食品には栄養素と共に有害なものも含んでいますから、有害なものを避けたければ、なにも食べないのが一番です。健康のため死んでもよければ・・・(^^)
 家庭での揚げ物のように短時間しか加熱しない場合、繰り返し使用できますが、野菜の素揚げのように油への負担が少ないものから、空揚げや竜田揚げのように負担の大きいものなど色々ありますから、オイルポットは複数あるほうが良いでしょう。
 揚げ物に使用した油は、炒め物や鍋の余熱などに活用してください。
【引用】____________ここから
油の使用回数の目安  揚げ油は上記のように酸化されて傷んでくることがわかりましたが、では実際どのくらい使えるのでしょうか。東京都消費者センターが過去に行ったテストでは、適温で揚げ物をして毎回3分の1程度さし油をすれば、10回くらいまでは少しずつ油の劣化が進みますが、それ以降はさし油のおかげで劣化が見られず、30回使用してもおいしく食べれるとの報告がされています。  しかし油は熱に弱く、2~3回の使用で体によくない物質が生成するのでフライ油は捨てるべきだとの意見もあります。ただ業務用と違い家庭用の油は1日にせいぜい20~30分程度しか加熱されないので熱酸化は比較的少ないと考えられます。  揚げ油の使用回数は油の種類や揚げ物の種類、温度、使用後の保管状況により異なるため一概には言えませんが、目安としては四人家族の場合、同じ油を1ヶ月のうちに3~4回で使いきるのがよいようです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ここまで[e食用油ガイド 油は何回使える?( http://abura.sakura.ne.jp/aburahanaikai.html )]より

【食用油の使用方法と保管・再利用】
★温度を上げすぎない
 ・・・加熱しすぎると酸化や分解が起きます。
★カスは取り除く
 ・・・揚げカスは油の酸化を促進します。調理中は無論、調理後も速やかに取り除く。オイルポットに移すとき高温のままフィルターで漉してしまうこと。【決して冷めるまで待たない】
★酸素に触れさせない
 ・・・口の狭い容器、蓋のできる容器で保管すること
★光を当てない
 ・・・光によって酸化は急激に進行するので冷暗所に光を通さない容器で保管

Q)どのくらい使えるか?
 揚げ物の種類、調理時間、保管方法によって変わりますから一概に言えません。

【参考サイト】
揚げ油は何回使える? : Q & A : 食の安全 : 生活協同組合パルシステム東京 わたしたちは ともに、くらし、つくる、平和なみらいにむけて
  http://www.palsystem-tokyo.coop/activity/food-safety/q-a/2008/02/post_16.html
【参考サイト】
e食用油ガイド 油は何回使える?
  http://abura.sakura.ne.jp/aburahanaikai.html
【参考サイト】
揚げ油の保存と寿命 | 030103_揚げる | くらしと生協のココロ
  http://www.catalog.coop/tane/0301/030103/030103post_169.html

 うまく使い回しして、再利用してください。
 揚げ物に使用した油は、温度が高いうちにフィルターで漉して、オイルポットに保管しておきます。
 揚げ物は、加熱時間が短いため栄養素を壊さず調理でき、刈るリーも高く、優れた調理方法です。カロリー制限などがない限り活用しましょう。
 まあ、すべての食品には栄養素と共に有害なものも含んでいますから、有害なものを避けたければ、なにも食べないのが一番です。健康のため死んでもよければ・・・(^^)
 家庭での揚げ物のように短時間しか加熱しない場...続きを読む

Qゴマは消化されにくい? すりゴマや切りゴマなら大丈夫?

ゴマは消化されにくいと聞きました。
本当なのでしょか?せっかく栄養があるのに・・・・

それなら、切りゴマや、すりゴマのほうが消化されやすそうなので
そっちから摂取したほうがいいのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

いわゆるゴマとはゴマという植物の種子です。

種子の散布の手段としていったん動物に食べさせて
後に糞と一緒に排出させる方法があります。
当然この過程で種子が消化されては困ります。

それはさて置き
すったゴマの方が栄養の吸収だけではなく
香りの方も良くなるので
用途にもよりますが良いと言われます。

Q毎日の食事の野菜を豆苗のサラダにしています。他の野菜のサラダとくらべて足りない栄養はありますか?

毎日かならずサラダを食べるようにしています。
そのためコスパが高く値段のほとんど変動しない豆苗を毎日食べています。

毎日豆苗ばかりサラダとして食べることで何かデメリットや、不足してくる栄養素はありますか?

Aベストアンサー

豆苗はスーパーフードとも言われていますし、本当に栄養価が高く
カラダへの害もまずありません。
もしも気を付けるなら、サラダのドレッシングで高カロリーになることとか、
腹持ちが悪くて別の何かをもっと食べたくなることでの栄養の偏り、過多。
でもそれほど大きな問題にはなりません。

あと生よりも軽く油でいためたほうがβカロチンなどが吸収しやすくなるので
時々炒めるなどもいいですよね。

Qコンビニサラダ(生野菜) と野菜ジュース

コンビニサラダ(生野菜)を食べるのと野菜ジュースを取るのでは
どちらが健康にいいでしょうか?

時間がないため野菜ジュースで栄養をとりたいのですが
やはりちゃんとした野菜を食べた方が良いですか?
しかし、サラダはあまり栄養がないとも聞きました。

効率よく栄養(野菜)をとる方法を教えてください
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

両方摂りましょう。
*以下はあくまでも私見です。
 話半分くらいで参考にしてください。

野菜の何が健康にプラスなのか、
厳密にはわかっていないこともありますが、
栄養として考えられるのは、
ビタミン(やポリフェノール)、
カリウムなどのミネラル、
食物繊維、です。

コンビニサラダ(生野菜)は、おそらく量として不足します。
例えば、ほうれん草をご自身で調理したことがあれば、
かさがかなり減ってしまうことがお分かりと思いますが、
生野菜の場合、山盛りで食べても実際はたいした量ではありません。
コンビニサラダでは、経済的にも損です。

一方の野菜ジュースは、食物繊維は期待できませんが、
その他の栄養はそこそこ摂ることができます。
*詳しくは、以下のQ&Aをご参照ください。
http://okwave.jp/qa/q5105431.html

なお、食物繊維には整腸作用などの働きがありますが、
その他、栄養(炭水化物や脂肪)の吸収を抑える
(ゆっくり吸収させる)といった機能も期待できます。
(インシュリン分泌の抑制→肥満防止など)
ですから、サラダはできるだけ食事のときに一緒に食べて、
不足する栄養を暇なときにジュースで補うのがよろしいかと思います。

参考URL:http://okwave.jp/qa/q5105431.html

両方摂りましょう。
*以下はあくまでも私見です。
 話半分くらいで参考にしてください。

野菜の何が健康にプラスなのか、
厳密にはわかっていないこともありますが、
栄養として考えられるのは、
ビタミン(やポリフェノール)、
カリウムなどのミネラル、
食物繊維、です。

コンビニサラダ(生野菜)は、おそらく量として不足します。
例えば、ほうれん草をご自身で調理したことがあれば、
かさがかなり減ってしまうことがお分かりと思いますが、
生野菜の場合、山盛りで食べても実際はたいした量ではありま...続きを読む

Qエコナとオリーブ油

 「脂肪が付きにくい油」としてエコナとかリセッタと言う新しい商品が売られていますよねえ。
 効能書きによると、消化吸収の段階で油は脂肪酸とグリセリンに分解されるのですが、エコナとかリセッタは対しては、人体がそれを元の油に再構成する能力が無いので脂肪になりにくいそうです。
 でも、エコナが脂肪にならなくても、お肉等から脂肪分を摂っていたら、これは脂肪になっちゃう訳で、結局、総カロリーを減らさないと身体には悪いのでしょうか?
 他方、オリーブ油も身体に良いと言いう定番商品ですよねえ。
 一体、どっちの方が、どう良いのでしょうか?
 健康状態は良くなくて、高コレステロール気味、血糖値高しの場合について教えて下さい。

Aベストアンサー

<脂肪のとり方について>
(1)脂肪は1gあたりのカロリーが他の栄養素に対して高いので、とりすぎない事が重要です。普段食べる肉や魚などに十分含まれているので、油でとる量を控えめにします。また、天ぷらや揚げ物は油分を多く含むのでこれらも食べないか控えます。
(2)脂肪酸は多くの種類がありそれらをバランスよくとることが健康を維持したり、病気を予防する上で重要です。分類すると([]内が多く含む食品です):
  1.飽和脂肪酸
    [肉や乳製品]
  2.不飽和脂肪酸
    2.1.一価不飽和脂肪酸
     2.1.1.n-9系(オレイン酸など)
    [オリーブ油、キャノーラ油、品種改良されたひまわり油・菜種油]
    2.1.多価不飽和脂肪酸
    2.2.1.n-3系(αリノレン酸、DHA、EPA)
    [αリノレン酸:紫蘇油、亜麻仁油]
    [DHA・EPA:背の青い魚(鰯・鯖・鮪など)]
    2.2.2.n-6系(リノール酸など)
    [大豆油・トウモロコシ油・紅花油・菜種油など]
厚生労働省はこれらを次の比率で摂取することが健康維持に大切であると言っています:
  飽和脂肪酸:一価不飽和脂肪酸:多価不飽和脂肪酸=2:3:2
  n-3系脂肪酸:n-6系脂肪酸=1:2
現在の平均的な日本人は飽和脂肪酸やリノール酸をとりすぎており、それが生活習慣病・アレルギー・ガン患者が増えている1つの要因になっています。逆にn-3系脂肪酸は不足気味です。n-6系の脂肪酸の過剰摂取は動脈硬化やアレルギーの原因となりますが、n-3系の脂肪酸はそれを抑制する働きがあります。
(3)以上のように、脂肪は量を控えめに、バランス良くとることが大切ですが、それらを食品からどのようにとればいいかが問題です。ポイントをあげておきます:
 ・肉は一般に脂肪が多いので時々にして、魚や大豆製品でタンパク質をとる
 ・ドレッシングに使用する油は、オレイン酸かαリノレン酸が多いものを使う(ただし、控えめに)
 ・天ぷらや揚げ物を極力控える
 ・炒め物や天ぷら揚げ物にはオレイン酸の多い油を使う
   ←多価不飽和脂肪酸(リノール酸・αリノレン酸は熱に弱い)
 ・マーガリンやショートニングは有害なトランス脂肪酸を多く含むので避ける
以上です。さらに高コレステロール血症・高血糖であれば、全体のカロリーを1600Kcal~1800Kcalくらいにして、栄養バランス良く食事をとり、適度な有酸素運動(ウォーキングがおすすめ)をすることが改善につながります。
<エコナなどについて>
エコナなどが脂肪が付きにくいことは実証されているようですが、発ガン性などの危険性については十分に検証されていないようです。現在、厚生労働省は製油会社に再調査を指示しているようです。ですので、健康法の基本である「疑わしきは避ける」の精神でこれらは用いない方がよいと思います。

あくまでも、適切なエネルギーで栄養バランス良く食べ、適度な運動をするということが基本であると思います。

以上、ご参考まで
 

<脂肪のとり方について>
(1)脂肪は1gあたりのカロリーが他の栄養素に対して高いので、とりすぎない事が重要です。普段食べる肉や魚などに十分含まれているので、油でとる量を控えめにします。また、天ぷらや揚げ物は油分を多く含むのでこれらも食べないか控えます。
(2)脂肪酸は多くの種類がありそれらをバランスよくとることが健康を維持したり、病気を予防する上で重要です。分類すると([]内が多く含む食品です):
  1.飽和脂肪酸
    [肉や乳製品]
  2.不飽和脂肪酸
    2.1....続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報