今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

キッチン用の漂白剤に、
「塩素系」と「酸素系」がありますが、
それぞれの違い等についてお分かりのことがありましたら、
よろしくお願いします。

たとえば、食器等に使った後での、
漂白成分の残留度合いや、
その成分の有害性とかの関係で、
どの程度良くすすいだりしなければならないんだろうか、
という辺りのことなんですが。

--

A 回答 (3件)

結論:3回もすすげばどちらも有害になるほど残留しない。



どちらの漂白成分も水によく溶けるので、水ですすげばかなり除去されます。
すすぎを全くせずに漂白後の食器を使った場合は塩素系の方が有害性が高そうなので、塩素系漂白剤について以下の仮定で3回すすぎを考察してみます。

<仮定>
漂白液中の有効塩素濃度:300ppm(参考URLより)
1回のすすぎによる除去率:90%(根拠なし)
<考察>
1回目のすすぎによって90%が除去され10%が残るので、残留量は30ppm相当になる。
同様に2回目のすすぎで3ppm、3回目のすすぎで0.3ppm相当となる。
水道水中の有効塩素濃度は大体0.5ppmくらいなので、3回もすすげば漂白剤由来の塩素は有害とはいえないレベルになる。

ここでは1回のすすぎによる除去率を90%と仮定していますが、次亜塩素酸の水溶性から考えれば除去率はもっと高いと思われるので、残留量はもっと少なくなると考えるのが自然です。
それでも不安であればすすぎの回数を増やして下さい。

なお、すすぎが不十分で経口摂取した場合は、どちらも酸化作用によって漂白するものであることから、口や食道の粘膜を痛めることになるでしょう。
ただ、3回もすすげば大丈夫ですから、ちゃんとすすぎさえすればどうでもいいことです。
従って、残留性とか有害性ではなく、用途によって使い分けるのが良いでしょう。
用途による使い分けについては漂白剤メーカーのHP中によく記載されています。

参考URL:http://www.kao.co.jp/LIFEI/info/htmldata/030519_ …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

>すすぎが不十分で経口摂取した場合は、どちらも酸化作用によって
>漂白するものであることから、口や食道の粘膜を痛めることになるでしょう。
>ただ、3回もすすげば大丈夫ですから、・・・

ありがとうございました。

自分でも調べてみてまして、少しご報告したいと思います。
(既にご存知かも知れませんが。)

----
「粉末酸素系」の成分は「過炭酸ナトリウム」で、
水に溶かすと炭酸ナトリウム(炭酸塩)と、過酸化水素に分かれるようですね。

で、過酸化水素(H2O2)というのは、
水で薄めて消毒液の「オキシドール」としても使われているもので、
酸化作用を発揮して酸素を失えば、水(H2O)になるだけなんですね。

「日本市民の化学ネットワーク(JPCCN)設立委員会」のサイトの
次のページでは、
『通常の使用条件においては、使用時や "使用後" に有害物質が全く発生しない』
とされていました。
http://www.jpccn.org/studyroom/detergent_02-001. …

----
「塩素系漂白剤」の関係ですが、
「若山動物病院」のサイトの次のページを見ましたら、
主成分の「次亜塩素酸ソーダ」は、飲料水など水の消毒にも使われているようですし、
こちらも、良く希釈がされていれば、体に入っても心配はないようですね。
なお、ここでは「水の消毒には実効有効塩素約0.8ppm」のように書かれています。

http://www.dr-nyan.com/health/doku/main/37_hyouh …

--

お礼日時:2004/06/11 01:58

ご参考まで



" 漂白剤のQ&A " というページがあります。

このタイトルは、はしょりすぎで、台所用漂白剤の Q&A のページです。

参考URL:http://www.lion.co.jp/life/life2r3v.htm
    • good
    • 0

下記サイトでそれぞれの特徴が詳しく説明されておりますので、よろしければご参照下さい。



参考URL:http://www.fujitv.co.jp/jp/kurashi/katei/j157.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q塩素系漂白剤の安全性について(台所用と洗濯用の違い)

塩素系漂白剤で、キッチンハイター(orブリーチ)のような台所用、
洗濯用のハイターがありますが、どう違うのでしょうか?
人間用や動物用には、より安全な哺乳瓶消毒用を使う方が良いと聞きます。
その考えから想像しますと、台所用と洗濯用では、
台所用の方が安全性が高いということになりますよね?

食器用の中性洗剤は安全性が高く、万一すすぎ残しがあって、
洗剤成分が人体に入っても、害が少ないように作られていますが、
台所用の塩素系漂白剤(一応、赤ちゃん哺乳瓶用も含めて)も
洗濯用とはまったく違うのでしょうか?

Aベストアンサー

洗濯用もキッチン用も主成分は次亜塩素酸ナトリウムで同一です。
異なる点はキッチン用漂白剤には、界面活性剤が入っていて、殺菌漂白効果に加えて、汚れ落とし効果などもありますが、洗濯用漂白剤には界面活性剤は入っていません。

安全と言う観点から見ると決して残留しても大丈夫な物ではありません。やはり良く濯いでください。

Qキッチンハイターで漂白した後は…

キッチンハイターで漂白した後は…

いつも思うのですが、食器類をキッチンハイターで漂白した後、水ですすぐだけで大丈夫なのでしょうか?
布巾なども、浸けおきした後、すすいでそのまま使ってる人を見たのですが、大丈夫なのでしょうか?!
塩素は揮発?すると聞いたことがあり、しばらく放っておけば害はないのかな~と思うのですが…。
私は台所用の洗剤でもう一度洗ってから使っています。
布巾も洗濯してから使います。
皆さんはどうしてますか?

Aベストアンサー

洗剤で洗いなおす=無駄ではないすか。
当方では漂白というよりも、殺菌の意味で使っております。
(濃度的に考えれば、スポンジに残ってあった洗剤だってやはり有害)

現実には、その対象物が水を含みや吸い物で、直接舐めるようなことがなければ問題なし。
また、「布巾は食器以上によくすすいで、乾燥させてください」というよりも、
古くなったものから、拭く場所(もの)を選定して変えるとか、順次取り換えるのがベターです。


人気Q&Aランキング