私は亜鉛を空腹時に摂取しても大丈夫なのでいつも空腹時に(空腹感はありませんが、食事後6時間ぐらいは空いてます。)摂取しています。亜鉛はサプリメントで一粒10mg入っています。夕方空腹時に一粒摂取しましたが、摂取後何時間で体に効果がでるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

No.1です。



精液には亜鉛が含まれますが、それ以外にも多くのアミノ酸、アルギニン、レシチン、セレンなどの栄養分が含まれています。精液で放出した場合、これらの栄養素も補給してやる必要がありますが、普段から栄養バランスの良い食事を心がけていれば、特別な心配は不要です。栄養面ならレバー、ナッツ類、卵、肉、魚、大豆製品などを不足なく食べてください。

精液がドバーっと出たときの放出する亜鉛量は多くても3mg以内ですので、サプリで1日に10mgも補えば分量として十分です。また放出前に回復するのは若い方で3日くらいと言われています。

亜鉛を摂取後、体に吸収され体作りに回るには7~8時間はかかると思われますが、そもそも亜鉛は正常ならば人体内に2000mg程度は蓄えられています。つまり「貯金」があるわけで、その貯金を利用して射精後補充すべく体が働きます。つまり飲んだ亜鉛がすぐに精液になるわけではありません。

元気な方なら射精しても次まで20~30分もあれば大丈夫じゃないですか。ただそのような精液は薄くなるし分量も減ります。AV男優でもなければ、やりたくもないのに亜鉛を飲んで無理してやることはないですよ。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2014/11/28 12:09

>私は亜鉛を空腹時に摂取しても大丈夫なので・・・・



亜鉛は薬品であれサプリであれ、服用時間は食後、食前、食間を問いませんが、食後の服用の方が体内への吸収は良くなると考えられています。

>夕方空腹時に一粒摂取しましたが、摂取後何時間で体に効果がでるのですか?

なぜ亜鉛を飲まれたのかわかりませんが、亜鉛は通常の食事を摂っていれば特に不足することのないミネラルです。亜鉛不足による味覚障害なら服用し始めて2~7日くらいで戻り始めます。皮膚炎、インポなども一週間くらいから変化が見え始めます。完全に戻るには数か月かかります。ただ、亜鉛だけ補っても、特に皮膚炎やインポは他の様々な栄養素も複雑に絡んでいるので、食事全般を改善しないと必ずしも良くなりません。(卵とかレバーは昔から精のつく食べ物として知られていますが、実際にそうですのでお試しください)

インポで飲んでおられるならバイアグラやシアリスの方がはるかに即効性があります。インポであれ何であれ、亜鉛不足が原因でないなら、亜鉛サプリを飲んでも何の効果もありません。一カ月ほど飲んで、何の効果も感じられないなら、医師に診てもらってください。最近は亜鉛、亜鉛とサプリを飲み過ぎて、亜鉛の過剰摂取の方もいるので気を付けてください。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ありがとうございます。射精後のことで、亜鉛を消費すると聞いたので服用しています。

お礼日時:2014/11/27 11:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサプリメントの一日の摂取量と摂取する時間について

サプリメントには一日の摂取目安量が書いてありますよね。例えば一日3粒なら、朝昼晩と3回に分けるのですか?それとも一度に3粒ですか?また、一度に3粒なら朝昼晩のいつに飲むのが効果的なのですか?

Aベストアンサー

こんにちは。

一般的には,一日3粒ならば,三回に分けて摂るのが普通でしょう。また,摂る時間は,物によります。食前が効果的な物もあれば,食後が効果的な物もあります。どのようなサプリメントか書いてないのでなんとも言えません。詳細は,メーカーのHPを参照するか,記載が無ければ,問い合わせるのが良いでしょう。

Q亜鉛の摂取について。

15歳なのですが亜鉛のサプリメントを摂取してもいいのですか? あと、亜鉛のサプリメントを摂取する時の注意を教えてください。

Aベストアンサー

そうですね、亜鉛を摂取するのであれば、サプリメントよりも海草など自然界のものからの摂取をオススメしますよ。
現代はサプリメントが数多く販売されていますので、ついつい簡単に手に入ることもあってサプリメントに頼ってしまいますが、サプリメントはあくまでも人工的なものです。

自然界で自然のままに成長したもの、というのはやはり正常な代謝や正常なバランスなどが行われて成長したものですから、その正常な状態のものを摂取するというのが理想じゃないでしょうか?

近年、亜鉛不足による味覚異常の報告例が増えていますが、かといって亜鉛だけ摂取すればいい、というほど単純なメカニズムではないんですよね。

なので、若いうちなんですから、美味しく食物から摂取するように心がけてくださいね。
海草は、ミネラルも豊富、若いうちにたくさん摂取し、男女関わらずにきれいに、そして健康に成長してくださいね。

Q亜鉛とカルシウムのサプリメント

亜鉛とカルシウムをサプリメントを利用して摂取したいと考えているのですが、亜鉛とカルシウムは相性が悪く、カルシウムが亜鉛の吸収を妨げると聞いた事があります。

しかし、私が購入を考えているサプリメントは亜鉛とカルシウムが1錠に含まれているのをセールスポイントにしています。

このサプリメントの購入はやめた方が良いでしょうか?
それとも、私の記憶間違いで亜鉛とカルシウムを同時に摂取しても吸収効率には影響されないのでしょうか?

私はあまりこういった知識がないので、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

今の時期ですと、
スーパーで、魚肉ソーセージか小魚、と、貝の牡蠣を1パック買ったほうがはるかに(重さあたりの値段で考えると)低価格だと思います。

カルシウムによる亜鉛の吸収阻害は、かなりの高濃度ときに発生します。
現実には、カルシウムよりも、食物繊維による阻害のほうが頻繁に起こり売るので、食料品の範囲では、とくに機にする必要はないと思います。
(ただし、情報が古いので間違っている場合があり)

実際のところは、この手の商品は、ろくに調査しないで宣伝ばかりするので、信頼できません。
英字表記の商品名が書かれていたら、米国医学図書館で検索してみてください。抄録を読むだけで有る程度見当がつくでしょう。
米国医学図書館
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/sites/entrez?db=PubMed
英和辞書
http://lsd.pharm.kyoto-u.ac.jp/ja/index.html
使い方
http://search.yahoo.co.jp/search?fr=top_table&tid=top_table&ei=UTF-8&p=PubMed%E3%80%80%E4%BD%BF%E3%81%84%E6%96%B9&search.x=0&search.y=0

今の時期ですと、
スーパーで、魚肉ソーセージか小魚、と、貝の牡蠣を1パック買ったほうがはるかに(重さあたりの値段で考えると)低価格だと思います。

カルシウムによる亜鉛の吸収阻害は、かなりの高濃度ときに発生します。
現実には、カルシウムよりも、食物繊維による阻害のほうが頻繁に起こり売るので、食料品の範囲では、とくに機にする必要はないと思います。
(ただし、情報が古いので間違っている場合があり)

実際のところは、この手の商品は、ろくに調査しないで宣伝ばかりするので、信頼できま...続きを読む

Q亜鉛・クロム・セレンを含むサプリメント・・・

DHCの亜鉛・クロム・セレンを含むサプリメントをスタミナ不足の夫に買ってきました。
しかし、工学部出身の夫は「そんな有害物質飲んでたら、体に蓄積されて将来おかしくなる!」と言って見向きもしません。
確かに亜鉛、クロム、セレンなんてのは有害物質であると学校で習ったような気もします。
けども、最近のアミノ酸サプリメントにはこれらのモノは入ってますよね~?
まさか有害物質を企業が売るとも思えないし・・・。
どなたか、納得のいく説明を聞かせてください~。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

亜鉛・クロム・セレンは必須ミネラルでもあり、特に有害物質ではなかったと思います。
有害物質としては、六価クロム、カドミウムなどが有名です。
クロムは金属クロム、三価クロム、六価クロムの三種類があり、六価クロムが強い酸化力で毒性があります。
これらとの混同ではないでしょうか。

これらの必須ミネラルは、人体内では作られず食物からは摂れますが、食事のバランスが悪かったり不規則であったりして、また歳を重ねると吸収が悪くなったりして不足することがあります。
重要な、これらですが撮りすぎると害がありますから、適量は守る必要があります。

なお、ただいま亜鉛・クロム・セレンを飲んでおります。
その効果の経験上の特徴からの老婆心ですが、長期出張が「単身」でしたら、特に不足の実感が無ければ、家庭の平和のために飲ませない方が良いも知れません。
他の栄養剤にした方が無難と思います。
奥様同行でしたら問題ありません。
アドバイスです。

Q亜鉛とカルシウムは、過剰に摂取したとしても...

亜鉛とカルシウムは、過剰に摂取したとしても、排出されて安全なのでしょうか?

Aベストアンサー

毒性は低いですが、亜鉛とカルシウムの摂取過小過多は問題ですね。参考サイトはこちらを。

  http://vitamine.jp/minera/aen03.html   亜鉛欠乏症と過剰症

  http://vitamine.jp/minera/caru03.html  カルシウム欠乏症と過剰症

特に、カルシウムは牛乳・乳製品で摂ろうとしてはいけません。牛乳・乳製品の摂りすぎは、逆に骨粗鬆症の原因になり得ますから控えましょう。乳がん、前立腺がん予防のためにも。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報