ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

I have given all these details in order to show what privileges and protection an inventor enjoys when,like Edison,he conducts organized research for a strong company.He has everything at his disposal and can devote himself,without worry,
his work.If he is successful,he gets his liberal share and has no expence.Edison had stuck to the stocks received from the Edison companies for his work he would,
no doubt,have been the largest sharer in electric lighting interests in the country.
But Edison wasn't after money solely.No! He considered it a means of exchange and in that spirit turned it into new activities,new endeavors and new lines of experiment.It was important that he should do so:otherwise history might have had a different course.He didn't wait in leisurely luxury until his electric light shares should grow fat with returns,but from the start took all the money he could raise to his place his great achievements upon a solid commercial foundation under his personal supervision.That was necessary considering the epoch.With him it was push,push,and push again,and with the help of loyal servants the gigantic results of his Menlo Park labors were soon safely set on a manufacturing foundation;in a few years they were fortitled to an impregnable strength.Then the time arrived for others to carry his work of expansion further-this,however,only after a decennium,In 1892 the General Electric Company took up his program of expansion and has been developing it ever since.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私は、発明家がエジソン同様強い会社の為に組織的な研究を行っている時、どんな名誉と保護が享受されるかを示すために、こうして詳細を話してきた。

その人はすべてを自分の思うままに使えて、なんの心配もなく、仕事に自分自身を捧げられるのだ。その人が成功したら、十二分の分け前を得、出費はなくなる。エジソンは間違いなく、彼をこの国の電灯照明株式における、最大の株式保有者にするであろう自分の仕事に対し、彼自身の会社から受け取る株にこだわっていた。
しかしエジソンは単に金が目当てだったのではない。まったく違う! 彼はそれを取引の手段とみなしていて、そういう考えで金を、新規の活動、新しい取り組み、実験の新たな設備に回した。そうするのが重要なことだった。さもなくば、歴史は違った方向に進んだかもしれない。彼は自分の電灯株の株価がリターン(※1)を伴って上がるのを、ゆっくりとぜいたくに待つことはせず、自分が調達できるすべての金を自身の管理の下、当初からしっかりとした商業的土台の上での自分の立場、自分の業績の為に使った。新時代を切り開く出来事を考えることが必要だったのだ。彼と共に、時代は前に前に、さらに前へと進み、忠実なしもべの助けもあって、メンロパークの労働者たちによる巨大な成果は、まもなく確実に、製造業の土台を促進させた。そして何年か後に、彼らは何があっても揺るがない強固な集団という肩書どおりになった。その後時代は、発展した彼の仕事をさらに支える為に、他の者達に到来した。が、このたった10年後の1892年、ゼネラルエレクトリック社が彼の普及プログラムを引き受けて、その後ずっと展開させ続けてきている。

※1:returns
株式投資において、リターンとは、収益のことを意味しますが、実際には配当や利子だったり、株式や債券の値上がりによるものだったりします。そのどれを指しているのかがないので、総合的な意味で「リターン」とそのまま訳しました。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング